海外に行きたいのに親に反対されたら(親の体験編 ① )

南スーダンや東ティモールといった国で元兵士の社会復帰などに関わった私ですが、最初は留学はおろかタイ旅行でさえ母に反対されていました。

あの時反対されたままにしていたら。。。今となっては想像さえつきません。

だって、最初の留学は私だけでなく妹にも両親にも大きな影響を与えることになったからです。そして、最後は母親自身が留学したいと言い出すことにさえなったのですから。。。!!!

まず、私が一年間の高校留学に行っている間、アメリカ人の男の子を夏休みに6週間程ホストファミリーとして受け入れることになりました。私がニュージーランドでホストファミリーと呼ばれる家族に受け入れてもらったように、今度は受け入れる側になろうという訳です。

両親は英語が話せないことが心配だったそうですが、留学生は日本の生活を体験したり日本語を勉強しに来るので、逆に英語は話さないでください、と言われていました。時には、野菜の絵に単語がふられてあるってある絵本を見ながら互いに日本語と英語で野菜の名前を覚えたりしたそうです。

その時の体験がとても楽しかったらしく、私が帰国してからは、再度「恩返し」という意味でも一年間日本で勉強する留学生のホストファミリーをすることになりました。

AFS協会の担当者の方が面接にいらして、家族構成や趣味や雰囲気などを確認して、留学生がマッチングされます。

「娘しか育てた事がないので、マッチョな子は正直自信がありません」という母の要望のせいか、育ちのよさそうなフランス人の男の子がやってくることになりました。トマ(Thomas=フランス語読みでトマ)です。

だんだん体験を積むと、慣れてくるのか食事の度に野菜を指しながら日本語を繰り返したりして、日本語をさりげなく教えてました。トマの日本語も日に日に上達していきました。

留学生も家族の一員としてお手伝いに加えて下さいと言われていたので、我が家の犬(ウイリー)の散歩がトマの当番になりました。言葉を越えて仲良くなれるので、犬の散歩は気分転換にもよかったみたいです。

トマは公立の高校に通い、柔道部に入部。夏の合宿にも参加しました。合宿ではじめて食べた「なま卵ごはん」が美味しかった!と感動して言うトマにちょっと笑ってしまいました(笑)。

その間、母はトマの保母会や面談に参加したり、父はトマと二人でキャンプに出かけたりしていました。

 

その頃からでしょうか。妹と私、とトマとの間でけんかがはじまりました。犬の散歩の当番をめぐってです(当時としては喧嘩をするには充分な一大事件でした;)。コミュニケーションの齟齬が生じるというか、なぜか妹と私がトマが考えていることが分からないと感じてこちらがイライラしまうという体験でした。

 

家族のように接してくださいと言われていて、そうだとは頭では分かっていても、どこかで遠慮してしまう面もあって、どこかで「あと数ヶ月我慢すればいいし。。。」という考えが正直あったのです。

 

それが、小さな喧嘩が重なることで、話し合った方がいいという流れになりました。

妹と私とトマ。畳の部屋で3人で座りました。

 

妹と私がこちらの言い分を言い終わり、トマの番になった時トマがぼそぼそと話し始めました。

「実は学校でこんなことがあって。。。」

 

日本という個よりも集団を重んじる学校(社会)での習慣やあんもくの文化は個が重んじられるフランスの17歳には受け入れがたい面もあって、でもそれをどう表現していいかも言っていいかも分からない。。。

彼は一人で悩んでいたことがようやくリアルに分かりました。

聞いていた私たちも「あなたの悩みが分からなくてごめんなさい。。。」と喧嘩はすぐにどこかに行ってしまったのでした。

 

トマ自身悩んでいたことをどう表現していいか分からなかった。そして、今思えば、女同士のコミュニケーションに慣れた妹と私にとってもトマとのコミュニケーションには違う工夫が必要だったのでしょう。

表面的には犬の散歩の当番の順番をめぐってでしたが、最後はコミュニケーションの問題でした。それ以来、私たちの距離はぐんと近くなりました。

 

今、トマは日系ブラジル人の女性と結婚してブラジルで暮らしています。トマにとっても日本の体験は大きかったようです。その後両親はフランスにトマを訪ね、トマの両親とお付き合いが始まり、毎年クリスマスの時期にはカードを交換しています。

この一年間、私の両親はフランス人の留学生をわが子のように接するのを見せてくれました。

国や言葉や宗教が違っても関係ない。

その体験はどんな言葉よりも強いメッセージとして私の中に残りました。

 

今度は私が東ティモールへ赴任することに。母は反対。父はびっくり!なぜなら東ティモールは父にとって特別なところだったから。。。(続)

海外に行きたいのに親に反対されたら(1)

海外に行きたいとあなたが言い始める時、何パーセント位の親が賛成し反対するでしょうか?

一人旅をしたい、海外に留学したい、海外で働きたい、アフリカに行きたい。。。自分がやりたいことを実現する、しかもそれに海外に行くことが含まれると誰もが通らないといけない「関門」に親の反対に直面する、または親を説得するということがあるようです。

正式な統計がある訳ではありませんが、周りの人たちを見ていても、最初から親が全て手放しで賛成したというケースはほとんどないようです。

結果的に8カ国計12年の海外勤務・生活を送り、国連では南スーダンでも勤務した私ですが、一番初めに留学したいと言った時は母に反対され、大学一年生の時にはじめてタイに旅行に行った時には、1週間に一回電話をするという条件でオッケーされ、帰国の日には私を迎えに成田空港に来る程でした。(バックパック旅行の話しです。。。(汗))

さて、一番初めに留学したいと言った時の理由は「治安が心配だから」という答えでした。

「治安」ー 確かに親にとっては最大の心配だろうけど、高校二年生にとって諦めるにはあまりにも漠然としすぎてリアルな説得力がない「治安」という理由。。。

「じゃあ、もし安全だったらいいの?

同じクラスのミエは9月からアメリカに留学するんだよー。

アメリカじゃなくてニュージーランドとかオーストラリアならいいの?

AFSの交換留学プログラムは安全なんだってー。」

 

身近に短期留学に行った友達がいたこと、高校自体に交換留学プログラムがあってそれにも応募したけど落ちた事、例をたくさん出して話していく内に段々と、安全な先でサポート体制がしっかりしているところを探すというのが条件となりました。

 

資料請求をし、書類を揃え、担任の先生にも推薦書の作成をお願いしました。

そして、試験の日が来て、面接にも行き、合格通知が届きます。

そんな既成事実をどんどん作っていったらもう親も反対しづらいのでしょう。

晴れて、私は高校二年生の1月から1年間ニュージーランドの高校に交換留学しました。

 

国連では南スーダンでも勤務した私ですが、高校2年生でニュージーランドに留学をするのを決めた時が一番勇気がいったような気がします。行き先というよりも、当時インターネットもEメールもなくて海外に行くことの意味がもっと大きかった時代、日本人がいない日本語もまったく通じない環境へ飛び込むと決めた一歩の「一歩」は文字通り大きかったのだと思います。

 

さて、念願の留学もかない、大学に入学して一番はじめの夏休みに旅行をしていろんな国を自分の目で見たいと思った時、次の「反対」の「関門」は以外とすぐにやってきました。

(海外に行きたいのに親に反対されたら ②に続く)

Bali 2010 612

21年も続いているクリスマスカード

21年前にお世話になったニュージーランドのホストファミリーからクリスマスカードが届きました。21年たった今でもまだカードの交換が続いていることを思うと、とても感慨深いです(涙)

IMG_1331

当時、わたしは高校2年生の17歳。AFS(American Field Service)の交換留学生として、人口3万人のニュージーランドの街 Timaru (ティマル)というところで高校3年生の一年間を過ごしました。

日本にいたら受験勉強に忙しかったはずですが、テニスをしたり、トレッキングをしたり、ジョギングをしたり、ずいぶんのんびりした高校3年生を送っていました。大学に進んでもいいし、専門学校に進んでもいいという、それぞれの個性がより尊重されるという社会でした。今思えば、そんな価値観の中で高校3年生を過ごしたことで、全員が一斉に受験や競争をしないといけないといった自分の中の世界から一旦自由になれたことはとても大きかったように思います。

けっきょく、わたしは帰国後、普通の受験勉強になじめなかったのですが、その頃から「社会とはこういうもんだ」というものは、えっ?そうかな?そうじゃないかも?になり、世界にはいろんな道があるということを腹で学んだような気がします。

17歳のわたしを無償で一年間も受け入れてくれ、ほんとうの娘のように面倒みてくれたホストファミリーのHarriet とGerald Byrne夫妻、Tui Walsh(AFSのリエゾンパーソン)は私にとっても今でもとても大切な人たちです。私がその後、国連などで世界で働くようになったのも根底には彼らがみせてくれた精神があるように思います。本当に本当にありがとう。感謝しています。

Thank you for showing me what is important in life and for making me what I am today. I love you.