日本人は自分だけが儲かればいいだけではがんばれない民族。世界のために果たすべき意義があってこそ日本本来の力が発揮される

日本人は元々自分たちだけがよければいい、儲かればいい、というようなレベルではがんばれない民族だと思います。日本人という人たちには、より根源的なレベルで自らを奮い立たすことのできる「存在意義」が必要なんじゃないか?

 

8月になって戦争関連のテレビ番組や新聞記事に触れながら、そんな想いを強くしています。

 

そして、この数日である問いが私の頭に浮かび続け、ある種のインスピレーションを受け取っています。

 

それは、なぜ日本はあんな焼け野原から世界第3位の経済大国になるまでの奇跡的な復興を成し遂げることができたのか?という問いです。

 

そして、その問いこそに、この閉塞感で行き詰まりの今の日本を抜けさせてくれるヒントがあるんじゃないか、ということを感じるのです。

 

日本の戦後の復興がいかに奇跡的であるかは、国連で紛争後の復興に関わった時改めて痛感しました。

 

例えば、東ティモールと南スーダンにおいては、国連は紛争の停戦だけでなく、その後の国の独立そして「国づくり」にまで関わりました。

 

特に南スーダンは、アフリカ(世界)最長の紛争からの独立だけあって、独立後の国づくりには、国連だけでなくEUや世界中の学者や政策アドバイザーが、それこそ復興のための最善の政策を考え、国連の活動の中でも特段大きな予算も注目もつけられました。

 

そうした外部の支援があっても、一番肝心なのは当事者たちの意思(特に新しく国づくりを担う国のリーダーたち)であるのは改めて指摘するまでもないのですが、南スーダンでは復興が進んでいないどころか、残念ながら内戦が再発し、以前よりもひどい状態になっています。

 

では、自然災害からの復興はどうでしょうか?

 

2006年12月に発生したスマトラ沖地震の津波で壊滅的な被害を受けたスリランカやインドネシアのアチェを例にとっても、その復興は日本の戦後の復興とはまったく程度が違います。

 

東日本大震災の後に、フィリピンやバングラデシュ、スリランカに出張した際には、「戦後の焼け野原から復興を遂げた日本は私たちにとっての希望。だから復興を応援している」という声をたくさん聞きました。

 

東日本大震災の時に日本が受け取った支援額の総額は個人と組織からの寄付を含め、ソマリアやスーダンの支援額を3倍も超え世界一位でしたが(2011年度)、そこには日本の支援(ODA)に対するお礼だけでなく、戦後の奇跡的な復興への「敬意」とさらなる発展に対する希望という意味合いもあると感じました。

 

日本の戦後の復興の要因としては、高い教育水準(識字率)とモラル、朝鮮戦争による特需や冷戦時代に米軍の傘の下に入りながら経済発展に邁進したこと(軍事・政治面での米国依存に引き換えという構図と引き換えに)などが一般的に挙げられてきましたが、果たしてそれだけで説明になっているのか?という指摘は根強くありました。

 

東日本大震災の時にも、今回の震災からの復興を見ることで(もしそれが再現されたなら)、日本の戦後復興の本質がより明らかになるだろう、と指摘した海外の大学教授の声もありました。

 

官僚主導による東日本大震災の復興は残念ながら成功とは言えませんが、それが逆に日本の閉塞状況を象徴するかのようで、同時に、戦後の復興の「特異性」を改めて際立たせることになったとも言えます。

 

そこで冒頭の質問に戻りますが、あらためて、なにが戦後の日本の奇跡的な復興の原動力となったのでしょうか?

 

今、改めてそこに想いをはせるとき、このような見方もできるのではないかと思うのです。

 

より根源的な原動力としては、なぜあのような戦争をゆるしてしまったのか?という悔しさと戦争・敗戦の屈辱を越えて誇りと尊厳を取り戻したいという大きな想いがあったということ、

 

だからこそ、軍事とはまったく違う力で(日本の場合、経済の力で)世界に尊敬される国として地位を再び確立したい、戦争をしたからこそ今度は平和に貢献できる国になりたい、という想いが根底にあったのではないか?と思うのです。

 

バブル崩壊以降、日本の企業や社会は、ますます内向きになり減っていくばかりの内需(人口)のパイを奪いあっています。

 

それは本当に幸せの道なのか?と確信を持てない人たち、これから何を目指したらいいのか?と違うものを求める人たち産みだしています。

 

日本人は元々自分たちだけがよければいい、もうかればいい、というようなレベルでは立ち動けない・がんばれない民族だと思います。日本人という人たちには、世界の平和というより根源的なレベルの「存在意義」があってこそ、本来の日本の力が引き出され、発揮されるのではないか?と思うのです。

 

もっと言うと、「戦争をしたからこそできる日本の貢献分野」があると思うのです。

 

これまでは、戦争をしたからこそ世界で目立ってはいけないという力学が無意識レベルで作用していたようにも感じます。

 

それが、昨年5月末のオバマ元米国大統領による広島訪問と、謝罪を求めないという広島のそれぞれの決断により、両者の和解と「日本の戦後」が大きく一歩前に進みました。

 

オバマ元米国大統領が広島を訪問して以来、日本での戦争に関する記事やテレビ番組も視点が国内だけでなくより世界へ視野が広がったような印象を受けています。

 

戦争をしたからこそできる日本の貢献分野は何か?

 

日本の強みや弱みは改めて何か?

 

そして、自分の役割は何か?

 

このお盆休みには、あえて視点を広げてそんな大きな問いかけをしてみてもいいんじゃないかな?と思います。

 

素敵なお盆休みを!

広告

マイストーリー⑩ 「本当の勇気は弱さを認めること」

3.11の朝、私は早朝の便で成田空港に帰国する便に乗っていました。私が南スーダンから帰国してちょうど1ヶ月くらいたった頃でした。

乗っていた便はほぼ定刻とおりに到着し、荷物を引き取り、首都高を経由してバスで自宅に向かっていました。ああ、無事に着いてよかった。ああ、春も近いなあ、とぽかぽかする春の日差しをはっきりと覚えています。

のんびりするのもつかの間、それから1時間後に家が揺れたのです。

幸い私自身も家族も全員無事で、親戚や友人にも直接的に被害にあった人もいませんでした。

 

しかし、私の中で何かが起きたように感じました。

この時の地震で、私の中の「箱」が開いたのです。

震災が、私が南スーダンにいる間に無感覚になっていた部分の箱を開けたのです。

 

もしかしたら、何か少しおかしいんじゃないか?と感じたのは、満開の桜の花びらの下に立っていた時でした。

それまで海外生活の長かった私にとって生の満開の桜を見ることはとても楽しみにしていたことでした。

それなのに、その桜を目の前にしながら、私はきれいだとも美しいともうんともすんとも感じられなかったのです。

 

どうしたんだろう。。。

きっと疲れているからに違いない。しばらく寝て休んだら元に戻るよ。自分に言い聞かせるように思いました。

それからしばらく朝起きれない、という状態が続きました。

身体が空っぽになってしまったかのように、身体にまったく気力が入らないのです。

1日のルーティンといえば、ゆっくり起きて近くを散歩するのがやっと。何もやる氣がしない。誰かに会う気力さえないし、誰にも見られたくもない。。。

 

まさか自分が。。。

それまでバリバリを仕事をこなしていただけに、この自分の状態を受け入れることにはしばらく時間がかかりました。

そして、紛争や世界のニュースに関することをまったく聞きたくなくなり、テレビのニュースを見ることもほとんどなくなりました。

 

トラウマケアに関する研修を受けた時の資料にこう書いてあります。

「私たちの安全を脅かすような出来事に会ったり、極度の緊張状態が続いている時、それは脳の神経系統に影響を及ぼします。

それは、竜巻のようなエネルギーが身体の中に溜まっている状態です。そのエネルギーが数週間のうちに解放されるか統合されないと、いわゆるトラウマの状態を後に引き起こすことがあります。」

記憶は断片的になり、思い出すことができる時もあれば思い出せない時もある。感情を抑圧し無感覚状態(numbness)になります。自然災害や似たような出来事に遭遇することによって抑圧された部分が思い出される時、それは癒しの機会である。

時には激怒や不安、鬱や絶望としても現れる。こうした体験は同時に私たちの人生の『意味』も崩壊させることがある。」

「そうした環境に長い間身を置くこと、または、そうした影響を強く受けた人たちに関わることによって似たような症状を受けることがあり、それは『二次トラウマ』(secondary trauma)と呼ばれる。」

 

ああ、これだ!と知ったのは随分、後のことでした。

 

そして、無感覚な状態は、傷に鈍感になるだけでなく、

創造性、愛や喜びにも鈍感になってしまう、ことを知りました。

 

私は、自分の体験がここまで抑圧されていたとはまったく気づかなかったのですが、

こうした現象は、紛争地でなくとも、カウンセラーや看護師さんといった対人援助職に就く人にも多く見られること、

特に繊細なタイプの人や共感能力の高い人は自分の痛みと他人の痛みを区別すること(自分と他人との間に健全な境界線を持つこと)を学ぶ必要があることを知りました。

 

 

そして、

同時に、

これは、

 

私にとって、

「本当の勇気は弱さを認めること」だと学ぶこと、

そして、少し大げさに聞こえるかも知れませんが、

生きる意味を再発見していくプロセスでした。

 

この時の私の体験をとても上手に表現してくれている本があります。

(著者のTEDでのスピーチは視聴回数ベスト3にランクインしています)

 

自分がどんな人間で、どんな体験をし、何が大切なのかを認め、人生の不完全さを引き受けるには、不完全さの中に美があることを知る必要があります。

そのために役に立つことは、

・心の痛みを無視したり、自分を批判するのではなく、自分自身の温かい理解者になること

・人間は誰でも悩み、自分の無力さを感じることを知ること

・否定的な感情を抑えすぎず誇張もせず受け入れること。痛みを無視したら痛みに共感することはできない。弱みや不完全さを認めず、あるべき姿にそぐわない部分を切り捨て、認められるためにヘトヘトになるのでもなく、否定的な感情や思考と「一体化しすぎない」こと、です。

ブレネー・ブラウン「本当の勇気は弱さを認めること」2013年、より

http://edu-dev.net/2012/08/29/ted_vulnerability/

本当の勇気は「弱さ」を認めること-ブレネー-ブラウン-ebook/dp/B00GTAV3P6

Brene Brown

 

ああ、これだ。

決して、簡単には聞こえなかったけれども、解決の方向が分かった気がして、安堵を覚えました。

 

私は少しづつ、

自分の弱さを受け入れること、

ないものではなく、あるものに目を向けること、

すでにあるものに感謝すること、

を学び始めました。

 

その頃、国連の平和維持活動のトップリーダー(国連事務総長代表)研修参加者の募集の案内を見ました。国連事務総長代表とは、リタイアするくらいの人たちの一握りの人たちが検討される位のポストです。

30代の私が受ける研修ではないのはないのだけど、なぜか私は履歴書を送っていました。

数週間後、東京の外務省のある会議室に私は座っていました。隣には、世界で初の防衛大臣になったフィンランドの元大臣や国連特使、国連PKOの元司令官などの方たちが座っています。

私は「オブザーバー」という立場での参加がゆるされたのです。この研修を受けるには1~2周りも年齢も若いけれども経歴が買われ、正式に「話す」権利はないけれども、研修にいてもいいよという訳でした。

 

さて、この研修は、Senior Misson Leaders Trainingと呼ばれ、国連の平和維持活動を指揮する国連事務総長代表候補者を養成するという目的でした。

参加者としては、各国から推薦された軍人や警察のトップ、ニューヨークやアフリカやアジアなどで現地のトップを勤める国連の幹部などの人たちが揃っていました。

彼らは、国を代表している立場であり、この研修で推薦され国連外交で主要ポストにつくことが目的なので、すべての講義や課題が評価の対象となるのでかなり真剣です。

 

私は「オブザーバー」という立場での参加だったので、正式に発言することはできません。

前線で活躍してきた講師陣の生のリーダーシップについての体験を聞ける機会がありながら、課題をしたり発言をするプレッシャーから解放されているのですから、ある意味とても理想的なシチュエーションだったかも知れません。

米軍が作っただけあって課題はけっこう本格的で、内容が面白かったので、正式には何の評価にもならなかったけれども、資料は読んだし、私だったら答えはこうかなあと課題にも取り組んでました。

 

その様子があまりに熱心に映ったのか、初めの1週間が過ぎてから、特使がパネルのメンバーとして参加して欲しいと言ってくれました。

「えっ?でも、私『オブザーバー』だし、みなさんそれぞれの国のトップのような方たちですけど。。。」

断わるのはあまり得意ではなく、せっかくのチャンスだし、除隊兵士の武装解除・社会復帰支援(DDR)という分野での南スーダンでの体験は私しか喋れる人が他にいなかったので、引き受けることになりました。

 

私にふられた質問は一つ。話した時間は3分くらいでしょうか。

 

そこからの展開には自分でも自分で驚きました。

その5分後、私は国連特使から他の国の軍隊に国連の平和維持活動についてトレーニングをするプログラムの講師にスカウトされたのです。

 

そして、自分の心境の変化にもっとびっくりしていました。

関わり方は違っても、また世界の紛争や国連のPKOという現象に向き合ってみよう、と。

 

少しづつ気力が戻っていたのを感じました。

 

何かに向き合うことーそれは、自分に力を取り戻してくれるんだと、この研修に参加することで体験したように思います。

3.11のちょうど一年後、バングラデシュの人が伝えてくれたこと

3.11のちょうど一年後、私は仕事でバングラデシュにいました。

バングラデシュ軍の同僚が「今日は311の1周年だね。みんなで祈りをささげましょう。」と言ってくれ、一日の稼ぎが100円にも満たない人たちが日本の復興のためにたくさんの寄付をしてくれたことを教えてくれました。

バングラデシュではほとんどの人が銀行口座を持っていないので、10円や100円単位のスクラッチカードを買って通話をします。ある通信会社は、その何パーセントかを日本に寄付することにしたそうです。

527b47ea4e30f-cheque_handover1

⇧ バングラデシュの人たちから日本への寄付

その後、スリランカやフィリピンでも同じような声を聞きました。

「私たちは日本の復興を願ってます。

戦後の焼け野原の状態からあそこまでの経済大国になった日本は私たちの希望なんです。」と。

私たちは世界に対してどんな価値を発信していくのかー改めて考えさせられた瞬間でした。

今、世界では何が起きているのか?

何が必要とされているのか?

日本の技術やサービスは世界の課題の解決のためにどう役に立てることができるのか?

私たちが世界に与えられる価値とは何か?

今年も早くも3日が経ちました。今年もこのブログを通じてて、この問いに対する答えをより多くの人と一緒に考えていきたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

3.11に遭遇したあのイギリスの人たちは

はじめての体験でした。指揮棒が振りおろされる前から涙があふれてくるなんて。。。全員が泣いていました。

一年前にBBCフィルが東日本大震災のための鎮魂のレクイエムを演奏してくれた時です。それはBBCフィルにとっても特別な体験でした。

2011年3月11日、

BBCフィルは公演のため横浜みなとみらいホールに向かっている途中で東日本大震災に遭遇。本国の決定もありやむなくツアーをキャンセルして帰国します。

ただ、「こういう時だからこそ音楽を届けよう」という想いも強くあって、途中で帰ることになったのもつらく、絶対に戻ってこようとみんなで誓ったそうです。

そんな体験を経ての復活ツアーでした。震災は彼らにとってもショックな体験で、「正直怖れもあった。だけど日本に戻ってきたかった。」彼らの音色には、今度はぜったいにやり遂げるぞという意気込みと日本への大きな愛が溢れていました。指揮者佐渡裕さんとピアニスト辻井信行さんからもこの復活ツアーにかけてきた想いが伝わりました。

レクイエムが始まった瞬間、

辻井さんが鍵盤に触れた瞬間、

隣の人もその隣の人も、会場全体が涙を流していました。最後は前代未聞のスタンディングオベーションでした。日本であんな反応を見るのは初めてでした。

BBCフィルの人たちにとっても特別なツアーになったそうです。最後のリハが終わった時、普段は真っ先に食事に走るメンバーたちが、誰も席を立ち上がろうとしなかった。そして、みんなが次々に佐渡さんと辻井さんに「I miss you」と言い始めたそうです。イギリス人ってシャイな人多いし、世界中のいろんな指揮者と演奏するBBCフィルは普段はそんなことを言わないんだとか。

日本を代表する指揮者&ピアニスト × BBCフィル。それは、日本と世界による共同作業を象徴するようでした。

助けることで助けられる。

助けられることは助けること。

今日は3.113周年。

日本って何でも自分でやろうとしちゃうから、こうやって世界に助けられることを学んでいるのかも知れません。助けられ上手になって、再び世界にお礼をしていきたいものですね!