何もなかったのに一年半後に国ができた!

何もなかったのに、一年半後に国ができた!

学校ができた。憲法もできた。政府ができた。

人間ってすごい!!!

おばあちゃんが生まれたのはいつですか?
ポルトガル時代ですか?
日本時代ですか?
インドネシア時代ですか?

私の国連での初仕事ー

村々を周って
有権者名簿を作ること。

生年月日の分からないおばあちゃんには、

おばあちゃんが生まれたのはいつですか?
ポルトガル時代ですか?
日本時代ですか?
インドネシア時代ですか?

と聞いて、有権者であることを確認(笑)

11746004_446397375531301_2064759200_o

何度もやってる内に現地語覚えちゃった。

人生初めての投票。
憲法って何?選挙って何?説明して村々を周る。
字が読めないおばあちゃんとは投票の練習。

選挙スタッフの公募をし、面接して、採用手続きを進め、

人生で初めての選挙というものに対し、選挙っていうものを理解してもらう。

治安の不安のある中、当日の選挙の手順を何度も何度も練習。

待ちに待った独立国に向かうための初めての選挙だから、みんな気合いが入る!

選挙は無事に終了!

 

 

11264158_446397532197952_1284213144_o-2

11748322_446397572197948_1227520296_o

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

選挙が無事に終わって誇らしげな東ティモール人スタッフ。

2002年5月東ティモールは独立。

なんでそういう仕事をしようと思ったのか?
それは6歳の時に過ごした沖縄小浜島での衝撃。。。
国際結婚コンサルタントの塚越悦子さんのポドキャストです!

http://ameblo.jp/mypeacefulfamily/entry-12055853715.html

字が読めない人はどうやって投票するの?!ガッテン!なその仕組み

わたしの一番はじめの国連での仕事は東ティモールでの選挙支援でした。紛争の直後で人口が何人かも分からないからまず、選挙名簿をつくるのが仕事でした。では、選挙名簿をつくって、選挙教育をします。次はどんな準備が必要でしょう?

投票の「練習」です。

投票所に行って投票用紙をもらい、候補者を選び、投票箱に入れるという一連の作業は字が読めない人にっては、とても複雑な作業だからです。

だから、字が読めない人(特に女性)でも分かるように、個人の候補者は写真付きで、各政党は絵で表されます。そして、字を書く変わりに候補者や政党に釘で穴をあけて、投票の意思を示します。その一連の作業を模擬投票用紙を使って村々で「練習」します。

 

East Timorese election commission shows ballot paper during ballot counting for the second round of presidential election in Dili

⇧ 大統領選挙の投票用紙(候補者の写真付き)

360_timor_vote0705

⇧ 政党を選ぶ投票用紙(政党のシンボル付き)

 

_430431_form_s_300

⇧ 1999年 東ティモールの独立を問う住民投票(上はインドネシア併合、下は独立)

そして選挙当日。東ティモールという独立国としてのはじめての自分の国の代表を選ぶ「晴れ舞台」に、おばあちゃんたちが朝の4時から一張羅を来て列に並んでいました。

自分の国の将来を自分で決めるこの一票を投じるために、何十年も待たなくてはならなかった人たちの一票にかける想いがひしひしと伝わってきました。

1999年にインドネシアが撤退する際に国を破壊した民兵グループによる選挙に対する妨害の可能性はあり、もしもの際の想定訓練もしてはいたのですが、結果何もなく無事に投票は行なわれました。

投票率は、91.3%でした。

こうして、はじめての選挙(政権議会選挙)が無事に終わったのでした。

その日を境に国全体のエネルギーが変わったのをはっきりと覚えています。これからは国連じゃなくて、独立国として自分たちで国を運営するんだー!という明らかなターニングポイントでした。

自分の意思で選択をする力というのは、国全体の雰囲気まで変えることができる!そんなことを見せてもらった日でした。

貨幣も警察もない!「国をつくる」という仕事

私が一番最初に赴任した 東ティモールでは、市場に行ったら3種類のお金が出回っていました。 インドネシアルピー、米ドル、オーストラリアドルです。 中央銀行が機能していない状態だったのです。

トマトを一つ買うのにも毎日値段も貨幣もコロコロ変わりました。「えっ?今日は one dollar??昨日は5000インドネシアルピーだったけど?!

せっかくこの前インドネシア語で5千ルピーっていう意味の「リマリブ」(約50円)っていう単語を覚えたのに、また新しい単語覚えなきゃ(≧∇≦)しかも、ドルで払うと端数切り上げになるから、ルピーで払う方が『お得』なんだよね、と、トマト一つ買うのにも為替も影響する大変な一仕事です。(笑)

また、街では車があっちこっちを秩序なく走っていました。 警察も法律も存在していなかったのです。インドネシア政府が撤退して東ティモール自身の新しい政府ができるまで、まさに「国」の機能が崩壊していました。

軍事的なプレセンスで一時的に紛争を止められることがあっても、けっきょく国が機能しないと平和は定着しないので、紛争をしていた国では、国連が「国づくり」(state-building)の支援にかかわることになります。

紛争が長く続いた国は、建物が焼けてなかったり、政府がほとんど機能していなかったりという状態が多いので、物理的に政府のビルを建てたりということから、憲法を制定する支援という国の理念や枠組みを決める支援も含まれます。

例えば、選挙を実施すること、憲法をつくること、議会を運営すること、公務員を採用すること、カリキュラムを決めること、先生を採用すること、学校を再開することです。

東ティモールのような場合には、警察や税関の制度を決め、それを実際に運営するということまでも含まれます。国連は政府と一緒にそうした作業を行うので、面白いところでは南スーダンには刑務所の整備のためにその分野の専門家が職員としていました。

「国づくり」には山ほどの作業が伴います。

わたしの国連での初仕事は東ティモールでの選挙の運営支援でしたが、人口や状況が分からないので、選挙のための住民名簿を作成するために、村を一つ一つ訪ね、村長さんに「こちらの村の人口は何ですか?」と聞いてまわりました。私がかかわった国連の仕事の中でも一番「歩いた」仕事でした。

ちなみに、東ティモールは国連がかかわった国の中でも「成功事例」で、私がいた一年4ヶ月の間に警察ができ、憲法ができ、学校が再開され、国が正式に独立しました。

実際の仕事内容は言ってみないと分からないのわけ ⇒ https://chikaonaka.com/2015/01/15/わたしの初仕事:「実際の仕事内容は行ってみな/

6_0

⇧東ティモールで行なわれた選挙