時代が大きく変化している時こそ「自分で決める力」ー自分で考え、決めるための10の質問

今、時代が大きく変化しています。

 

時代が大きく変化している時に大切なことの一つは、自分で考えて、自分で決めて、自分で判断できることだと思います。

 

とくに何かを決めるときに、そのステップを知っていることは大きな武器です。

 

何をどの順番で考えていったらいいのかというのは、意思決定(decision-making process)と呼ばれ、誰でも学び身に付けることができます。

 

 

何かを決める際に、何をどう考えていけばいいのかについては、効果的に「考えるため」の型と順番があります。

 

今度、大学で意思決定について教えることになったので、ここでも紹介させていただきたいと思いました。

 

 

クラスでは、累計発行部数5000万部突破のスペンサー・ジョンソンが「1分間意思決定」で紹介しているシンプルで、本質的な「決断の技術」をを分かりやすくまとめ、質問形式で実習を含めて伝えていきます。

 

1分間意思決定

 

 

1分間意思決定」には、次のような課題意識が書かれています。

 

・事実を見ようとしていない中での判断は危険。

・幻想を捨て、現実を認識すること。

・早く真実と向き合うことで、早く判断を下すことができる。

・冷静に頭を働かせれば必要な事がわかり自分に正直になればより良い判断が下せるようになる。

・自分のしたいことが優先で本当に必要なことがおざなりにされている。

 

具体的には、以下の通りです。

 

1、どういう結果を望んでいるか?ゴール、自分にとって理想の状態は何か

2、その結果・状態を実現するためには、どんな選択肢がありえるのか?

3、今どんな情報があるか?何がわかっていて何がわかっていないのか?

4、それはどこに行ったらわかるのか?誰に聞いたらわかるのか?

5、もしこの決断を実行に移したらどうなるのか?選択肢①②③…の場合

6、一番おそれている結果は何か?一番最善な結果は何か?

7、自分に正直になっているか?それは本当のこころの声か?

8、直観を信じているか?決めるときにどんな気分がしているか?

9、本当に大切なことに応えているか?

10、自分の価値を信じているか?信じていたら何をするか?

 

ここでの一つの特徴は、「実際的な質問」と「内面の質問」を両方持つ必要があるとされていることです。

 

これまで何度も「もう駄目か」という時期を体験してきながらも乗り越えてきたある女性経営者の方のお話しを聞いたことがあります。その「どん底」の時期をどうやって乗り越えたのですか?という質問に対して、彼女の答えは、ともかくできること、可能なことを全部書き出して、一つ一つに対して不安や心配に思っていることをノートにともかく書き出した、というものでした。そうしたノートはもう何冊にもなるそうです。

 

彼女は、こうした意思決定のための質問を「がむしゃら」の中で自然とやっていたようですが、彼女のお話しからも、上記の2の「その結果・状態を実現するためには、どんな選択肢がありえるのか?」ということを徹底的にやってきたということ、そしてそれが大切だということがわかります。

 

これら全ては、シンプルに聞こえますが、非常にパワフルな質問です。

 

 

自分で考えて決めるための考える意思決定のステップー①向きを整え②型があり③考える順番がある

「考える」には順番があります。

 

考えるステップには次の三つの効果があります。

 

1、考える向きを整えてくれる

2、考える順番を教えてくれる

3、考えるための質問(型)をくれる

 

 

今、時代が大きく変化しています。

 

時代が大きく変化している時に大切なことの一つは、自分で考えて、自分で決めて、自分で判断できることだと思います。

 

 

とくに何かを決めるときに、そのステップを知っていることは大きな武器です。

 

何をどの順番で考えていったらいいのかというのは、意思決定(decision-making process)と呼ばれ、学ぶことができます。

 

自分で決めることができると自信が生まれます。

 

今度、大学で意思決定について教えることになったので、ここでも紹介させていただきたいと思いました。このコースでは、何かを決める際に、どの順番で何を考えていけばいいのかについて効果的に「考えるため」の型と順番について学びます。

 

《Coure Descriptions》

 

Understanding and knowing the ways and steps to collect and analyze the information and be able to make sound judgement and responsible decisions has become such an important skill and asset in academic life, work-settings and our life in today’s complex, uncertain and fast-changing world.

 

The overall aim of this course is to equip students with the abilities to make informed and thoughtful decisions by utilizing and examining the information made available by media critically and productively.

 

By using Spencer Johnson’s book ’Yes or No The Guide to Better Decisions’, students will learn the steps of an effective decision-making process, namely collecting and gathering information; identifying the options or alternatives; checking the assumptions and evidence; examining possible scenarios for each option; discerning what matters; choosing and taking actions; and making an objective reflection.

 

 

Some of the questions we will look at to improve our decision- making processes are: do I have enough information in order to make an informed and effective decision? Where do I go to obtain the missing information? What alternatives or options does this piece of new information imply or tell us?

 

This course will also look at the ‘ten instincts’ (Factfulness by Hans Rosling) that tend to distort our perspectives of the world and prevent us from seeing how actually it is.

 

Participants will practice, examine and apply those concepts, frameworks and steps through in-class exercises and assignments in a form of pair work, group work, reports and presentations.

 

Due to the experiential and participatory nature of the course, the course requires participants’ engagement to create and nurture a respectful learning environment.

 

 

《Goals》

 

By the end of this course, participants will:

 

(1) Understand the importance of examining and making the effective use of the information in order to make sound judgement and informed decisions;

(2) Have better understanding of an effective decision-making process;

(3) Develop awareness of possible biases and instincts to affect our perspectives.

 

 

 

《Schedule》

【1】Introduction to the Course and Learning Guides: Learning how to ‘learn’

【2】 How ‘fact-ful’ are we?- Examining instincts and biases that influence our perspectives

【3】Tools to Express Opinions(circle process)1: Procedure, process and practice

【4】 Tools to Express Opinions(circle process)2: Procedure, process and practice

【5】 Decision-making process1: Collecting and Analyzing Information

【6】Decision-making process2: Questioning and Reviewing Information

【7】Decision-making process3: Questioning and Reviewing Options and Assumptions

【8】 Decision-making process4: Understanding Values and Needs

【9】Decision-making process5: Creative Questioning and Reflection

【10】 Empathy and Perspective-taking: Interviewing

【11】Presentations(1)

【12】Presentations(2)

【13】Presentations(3)

【14】Presentations(4)

【15】Reflections on the Course and Summary

 

 

《Text Book》

 

Spencer Johnson(1993) Yes or No: The Guide to Better Decisions, William Morrow Paperbacks.

 

 

《Reference Books》

Pranis, Key(2015). Little Book of Circle Processes: A New/Old Approach To Peacemaking , Good Books.

Rosling,Hans(2018). Factfulness: Ten Reasons We’re Wrong About The World – And Why Things Are Better Than You Think, Sceptre. Schirch, Lisa and Campt (2015).

The Little Book of Dialogue for Difficult Subjects, Good Books.

リック ウォレン(2015) 『人生を導く5つの目的―自分らしく生きるための42章』パーパスドリブンジャパン

スペンサー ジョンソン(2015)『1分間意思決定 ― 決断力が身につくた った1つのルール』ダイヤモンド社

ハンス&オーラ・ロスリング(2019)『FACTFULNESS(ファクトフルネ ス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』 日経BP社

 

西陣オーダーメードバッグができるまでー大切な祖母の着物を500円で売るわけにはいかない!

大切な祖母の着物を500円で売るわけにはいかない!

 

創業のきっかけは、亡くなった祖母が残してくれた着物でした。

 

着物好きの祖母で着物がたくさんあったのですが、試しに下取りの査定してもらったところ、すごく上質のものでもたったの500円でした。

 

その価格にショックを受け、「そんなもったいない!」と思って、それならば自分でリメイクしようと思い、祖母のお気に入りだった帯で帽子とバッグをつくりました。

 

そしてその帽子をかぶって歩いていると、「それはどこで買ったのですか?」と街を歩く人や外国人の方からたくさん声をかけられました。祖母が残してくれた帯でつくったことをお伝えすると、「うちにも帯があるのでつくって欲しい」と頼まれるようになりました。そういうことが何回もあって注文を受けるようになり、注文が一年待ちになりました。

 

そして、お客様が喜ぶ様子を見るうちに、「着物をもっと身近に感じてもらいたい」と思い、これを事業として始めたいという気持ちが強くなってきました。

 

子育てで長い間ブランクがあったので勇気がいりましたが、夫も「やりたければ応援するよ」と言ってくれたのもあって、2016年に事業届けを出しました。

 

s_たまてばこ③.jpg

 

メールの添付のし方も知らなかった私がお店を持つことに!

 

わたしは職人気質でミシンに向かうのはまったく苦になりません。元々パタンナーとして働いていまして、芸能人の衣装も手がけたこともあるので縫製技術と品質には自信がありました。ただ、まず事業を始めてみて直面したのは、縫製だけでなく、商品説明を考えることも、接客をすることも一つ一つ覚えていかなければいけないということでした。

 

今では笑い話なのですが、最初はメールに添付をする方法も知らず、Eメールの送信の仕方も娘に一から教えてもらいました。

 

一番苦手だったのは人前で話すことでした。創業支援を受けるためには事業計画を書いたり、人前で発表しないといけなかったのですが、なんとかそれもこなして、品川区の創業支援を受けられることになり、2018年6月1日から武蔵小山にお店を出店することになりました。

 

バッグを紹介したいと思って始めたインスタのフォロワーが2000人を超えるようにもなり、娘にもその進歩ぶりを褒められています(笑)

 

その原動力はどこから来るのですか?と聞かれると、祖母の影響で着物が好きなこと、「思い出の着物を大切に残しておきたいと思っている人は私以外にもきっといるはず」と思ったこと、そして、着物の文化を継承していきたい、という想いだと思います。

 

s_たまてばこ①

 

「おばあちゃん」のようにどんな時もそっと「見守ってくれるバッグ」

 

わたしは武蔵小山という下町文化の残る街で生まれたのですが、小さい頃には家を囲むように親戚の家があって、その家の中心には着物を着て正座をして座ってきた祖母がいました。祖母は「しゃん」としながら、太陽のようにほがらかで明るい人で、母が夕食の準備をしている間に祖母の話しを話しを聞くのが楽しみでした。

 

ちょっと嫌なことがあっても祖母の顔を見たらすぐに嫌なことも忘れてしまうほどでした。

 

いつも側にいてくれてそっと見守ってくれていた祖母の存在は、今思えばわたしに大きな安心感と勇気をくれていたと思います。

 

ですので、その方にとっての「大切な思い出」を丁寧に形にして残していくお手伝いをさせていただく気持ちでバッグをつくっています。

 

成人式の時にお母さまと一緒に選んだ着物をバッグにしたい、というお客さまがいらっしゃいましたが、そのバッグを持っていると「いつも母がそばで見守ってくれる気がする」と伝えてくださった方もいらっしゃいます。お祖母さま、お母さまの着物を大切にしたい、という方は多いです。

 

亡くなられたお祖母さま、お母さまのかたみの着物をどうしようか迷っているという方は、リメイクをした方がいいのか、そのままにしてとっておいた方がいいのか、どのように活かすのがいいのか、丁寧にお話しを聞いていきますので、捨てる前にぜひ一度ご相談にお越しいただきたいと思っています。

 

たまてばこ11

 

海外でも注目が高まる西陣織ー「絹の宝石」と呼ばれる西陣織のバッグはまさに「オンリーワン」!

 

「絹の宝石」と呼ばれる西陣織のバッグは華やかさを加えてくれますから、普段のコーディネートにアクセントを求めている方やパーティー用のバッグをお探しの方にとくにお勧めです。

 

最近海外でも改めて注目が集まっている西陣織ですが、京都発祥で古都京都の華やかで色鮮やかな図柄が特徴の一つです。お店に来ていただければわかると思いますが、帯一つ一つがとても光るように色鮮やかで、とくに金色の絹糸はまさに「ゴールドの輝き」を放っています。

 

西陣織では、和紙の上に金箔を張り付けていく金糸や芯の周りを金の箔を巻き上げてつくられた糸など、金の部分にはほんものの金箔が使われています。

 

糸は全て絹(シルク)を使っていることから、わたしは「絹の宝石」と呼んでいます。

 

お店では色鮮やかな帯を揃えています。帯を実際に手にとっていただき、ご自分の指先で流れるようなシルクの感触を感じていただき、12世紀から受け注がれてきた金糸のゴールドの輝きをご覧いただけます。どうぞお気軽に覗きに来てください。

 

一本から たまてばこ.jpg

 

「着物は高いもの」、「高いものを売りつけられるんじゃないか」ではなく、身近に親しんでもらいたい

 

実は西陣織のバッグをつくりたいと思ったは背景には、西陣織自体が数十年後にはなくなってしまうのではないか、と言われている危機感もあります。西陣織をつくるのには、いくつもの製作過程があって、それぞれに熟練の職人さんが要るのですが、職人さんたちが高齢化しているという背景があるからです。

 

例えば、西陣織が完成されるまでには、絵柄を考える職人さん(紋屋)、繭から糸をとり出して糸を製造する職人さん(原糸)、絹糸を染め上げる職人さん(糸染め)、糸を必要な長さと幅にそろえてたて糸の準備をする職人さん(整経)がいて、さらに糸をつくる職人さん等がいます。そして、最後の工程に、さまざまな種類の絹糸を組み合わせて手旗で織り上げていく(製織)職人さんがいます。まさに、熟練の技が組み合わせられてようやく完成する貴重なものなのです。

 

ただ、日常的には「着物は高いもの」というイメージや「高いものを売りつけられるんじゃないか」といった心配から、西陣織(着物)について知ることや気軽に触れることのできる機会はなかなかありません。また、一つ一つ人の手によって紡ぎだされるからこそ醸し出される味わい深さと機械には出せない質感があります。

 

 

西陣織を普段使いにできるとしてコーディネート

ですので、西陣織のよさを知ってもらいたいと思い、「着物をちゃんと着なくても、西陣織を普段使いにできるコーディネート」も合わせてお伝えしています。普段のお洋服を写した写真をスマホなどで持ってきていただけましたら、それに合うバッグの色やデザインやコーディネート案をご一緒に考えていくこともできます。

お持ちの帯をバッグにすることはもちろん、お店にある帯を使って完全オーダーメードでバッグやサンドル、アクセサリーをお作りすることができます。オーダーメードは初めてという方でも、ご要望を一つ一つ丁寧にお聞きしていきますので安心してご利用いただけます。

オリジナルなバッグをお探しの方、西陣を取り入れたい方、お着物を活かしたいと思っている方、どうぞお気軽にお越しくださいませ。

 

お店にてお目にかかれますことを楽しみにしております。

 

たまてばこ15.jpg

 

たまてばこ16

 

******

「たまちゃん」とおばあちゃんにも親戚にも呼ばれていた勝間さん。今でもあだなは「たまちゃん」だそうです。お店の名前である「たまでばこ」が「いいものが生み出されていくように」という願いからつけられました。

日本の和の文化。和は調和の和。調和は英語でいうとハーモニー。

和を取り入れることは、日常的な習慣のなかにあった「全体がほどよくつりあって、ものごととものごとが互いに和合していること」という(調)和のある習慣や生活を思い出させてくれるのかも知れません。

確かな縫製技術と西陣の光沢、そしてお客様の想いが出会い、たくさんの「いいもの」が生まれています。

 

インタビュー・文責:エンパシークリエーション 大仲千華

 

 

〒142-0062 東京都品川区小山3-27-5-102

武蔵小山駅(目黒線・南北線・三田線徒歩3分)

たまてばこ お問い合わせ

 

Tel:090-5534-5784

Email: tamatebako@tamatebako.online

 

https://www.tamatebako.online

 

 

新しい時代のストーリーを紡ぐ「エンパシークリエーション」

 

人は商品だけを探しているわけではありません。

人は共感できるものを探しています。

「この人から買いたい!」と思えるものを探しています。

 

エンパシークリエーションは、あなたの商品やサービス、商品の概要、想いやなぜこの商品を扱うことになったのかというあなたの「想い」や「体験」「ストーリー」を言語化します。

 

エンパシークリエーションは、あなたの体験や想いを引き出し、あなたのサービス・商品とお客さんの「この人から買いたい!」をマッチさせます。

 

 

⚪️ あなたの商品・サービスとお客さんの「この人から買いたい!」をマッチさせることで、あなたにピッタリのお客さんとの出会いをサポートし、ウィンウィンの関係性を築きます

⚪️ 信用・信頼が上がります

⚪️ あなたのブランディング力があがります

⚪️ 「専門家」としての認知力があがります

⚪️ あなたのサイトの検索順位があがります (SEO対策として)

(検索上位に表示されるためにはある程度のボリュームがあり、かつ有益な情報であると認識される必要があるため)

 

エンパシークリエーションは、共感やつながりをもたらすビジネスを応援し、新しい時代のストーリーを紡ぎます。

 

info(at)peaceblossom.net までお気軽にお問い合わせください。

燃え尽き症候群とPTSDからどうやって回復したのかーその体験から今同じような体験をしている方にお伝えしたいこと

もう同じアプローチでは限界。

もっと別のやり方があるんじゃないか?

より高い次元のアプローチを見つけたい。

 

 

南スーダンや国連ニューヨーク本部等で約10年間、国連職員として和平合意の履行支援や元兵士の社会復帰支援に関わり、国連を辞めると決めた時のことです。

 

 

南スーダンでは、大きなプロジェクトの多国籍チームのリーダーを務め、長い間不可能だと言われていた南スーダン独立のための住民投票が実施されるのを見届け、「やりきった」と感じていました。

 

なんらかの形でまた「世界」に関わりたい。でも、何か違ったやり方があるはず。

 

 

ナイル川を見ながら、それがどういう意味か分からないけど、漠然とそう思ったのを覚えています。

 

しかし、帰国してからの私は、そんな思いとはほど遠い状態でした。

 

 

それまでの緊張の糸がプッツンと切れてしまったのでしょう。

私の身体は空っぽになってしまったかのように、まったく力が入らなくなってしまいました。

 

国連での勤務を終え、日本に帰国した後、もしかしたら何かがおかしいんじゃないか?と初めて感じたのは、満開の桜の下に立っていた時でした。

 

10年ぶりの桜を楽しみにしていたのに、満開の桜の真下に立ちながら、私にはうんともすんとも、美しいとも、きれいだとも何も感じることができなかったのです (PTSDの過程の中で、人間の「防衛反応」として、感情を抑圧し、numbingという無感覚になる過程があります)。

 

一日のルーティンといえば、ゆっくり起きて近くを散歩するのがやっと。

人に会う気力もないし、こんな姿を誰にも見られたくない。。。

少しよくなって動けるようになったと思ったら、また起きられない。。。

 

 

ともかく身体が「重い」のです。。。

 

紛争を思い出させるものに触れたくなかったのか、私は世界のニュースを見ることもなくなりました。南スーダンに関する記憶は断片的で、思い出す部分もあれば全く思い出せない部分もありました。

 

 

当時、私が「二次的外傷性ストレス」(secondary trauma)と呼ばれる症状を受けていたことを知ったのはもう少し後のことでした。

 

 

国連時代に受講した「トラウマケア」に関する研修の資料にこう書いてあります。

 

「安全を脅かすような出来事に会ったり、極度の緊張状態が続いている時、それは脳の神経系統に影響を及ぼします。それは竜巻のようなエネルギーが身体の中に溜まっている状態で、そのエネルギーが解放されるか統合されないと、いわゆる『トラウマ』の状態を引き起こします。

 

そうした環境に長い間身を置くこと、または、そうした影響を強く受けた人たちに関わることによっても同じ症状を受けます。それは『二次的外傷性ストレス』(secondary trauma)と呼ばれる。」

 

少しよくなってきたかと思ったら、私にとってさらに衝撃的な出来事が起こりました。約40年続いた内戦を経て和平合意が結ばれ、2011年7月にやっとのことで独立を果たした南スーダンで再び内戦が始まったのです。

 

停戦から独立までの6年間の間に少しづつ築き上げられた街は一変。見慣れたはずの首都ジュバの幹線道路は逃げまとう人たちで溢れかえっていました。

 

そして、元同僚からは、「これまで見た中で一番ひどい状況」が伝えられ、南スーダン人の友人からは姪っ子を亡くしたという連絡が届きました。私の中の「世界」がガラガラと音をたてて崩れていくのが分かりました。

 

プツンと糸が切れるように「心の堰」が決壊したのでしょうか。私の中から激怒が溢れ出てきて、しばらくすると、「もう何も信じられない」という無力感と絶望感に襲われました。すっかり「意味」を失った私は、何の気力も意欲も感じられず、暗くて長いトンネルの中に入り込んでしまったような気がしました。

 

しばらくして、海外のカウンセリングを紹介され、それがきっかけで、心理学やカウンセリング、ヒーリングについて興味を持ち、学ぶようになりました。

 

その過程の中で、わたし自身高い共感能力を持つこと、同時に周りの環境に影響を受けやすいエネルギー的に非常に繊細・敏感な構造を持つ面があること等を知りました。

 

当時に、それらは強みやギフトでもあり、その同じ特質が、国連で働いていた時に、洞察力や直観力として発揮されてきたこと、紛争地の現場で試行錯誤しながら学び発揮されていったリーダーシップのスタイルや自分の強みが改めてわかりました。

 

また、燃え尽き症候群といった現象は、紛争地でなくとも、医療従事者やソーシャルワーカーといった対人援助職でも多く見られることで、自分が責任を持つ範囲を明確にする健全な「境界線」(boundary)を持つことが大切だと知りました。

 

 

癒しは段階的に進んでいきました。そして、わたしは心の中の葛藤を外に出す必要がありました。「人間はどうしてこんなに残酷なことができるんだ。」

 

そんな思いがどうしても拭いきれなかった時に、触れたものにこうありました。

 

「自分の力では変えられないものを受け入れることから回復が始まる。」

 

それから、アメリカをはじめ世界各地で実践されている「セレブレートリカバリー」と呼ばれる回復のアプローチを一つ一つ実践していきました。その中で、過去をありのままにとらえるというものがありましたが、ある時に自分の中での過去への見方が変わったと感じる瞬間がありました。

 

これまで、たくさんの学びや解放、ヒーリングを受ける恵みに授かりました。重かった身体が嘘のように元気になっているだけでなく、新しい身体と心を与えられ、前よりもさらに良くなっているという感覚を今はっきりと受け取っています。

 

「時が解決する」という一般的な考え方がありますが、時間が経てば解決されるとは限らないと言われています。実際、時間が経っても「心の重荷」がのしかかったままのケースも沢山ある中で、本当にここまで回復し、再生されたことに心から感謝です。

 

その中でも一番の感謝は、その大変だった時期について、昔とはまったく異なる理解が与えられたことです。

 

「ファイナルクエスト」(リック・ジョイナー、生ける水の川出版、2000年)という本の中にこうあります。

 

「負を負うこと大変名誉なことなのです。私たちも打たれて傷を負うことによっていやしの権威を授かるからです。…  わたしたちが傷ついた場所で、ひとたびいやしを受ける時、私たちは他の人をいやす力を授かります。いやしの働きを通して他の人々への憐れみが満ちあふれるためです。… すべての傷、すべての災いが、善を行うための権威になります。」

 

回復・再生した際には、その自分が通った体験を通じて、今度は人を助けることができる、ということです。

 

私の例は少し極端かも知れませんが、人生では予期せぬことが起こります。

 

ただ、そうした体験は、自分の人生の方向性を見直す機会だったり、自分が生まれた目的やギフトに招かれていく機会とも言えます。

 

自らの回復の経験から、同じような体験を持つ方々のサポートをしたいと思い、これまで、医師、医療従事者、臨床心理士、JICA職員、元国連職員といった対人援助職の方などの燃え尽き症候群からの回復をサポートしてきました。

 

次のような方はぜひご相談ください。

 

⭕️ 対人援助職で身体的な疲れ以上のものを感じている方、燃え尽きた方

⭕️ 対人援助職は自分の適職、天職だと感じているが同じやり方では続けられない、別の方法を身につけたいと感じている方

⭕️ 転職をするかどうか迷っている方へ

⭕️人生の転機にあると感じている人

⭕️より効果的に人に関わり援助できるようになりたい方へ

 

どうぞお気軽にご連絡ください。

https://chikaonaka.com/トラウマケア

 

お申込み・お問い合わせは info@peaceblossom.netまでお願いいたします。

 

《カウンセラー・セラピスト関連資格》

ー米国バージニア州イースタンメノナイト大学 The Center for Justice and Peace-buildng, STAR (Strategies for Trauma Awareness and Resilience)トラウマケアトレーニング修了

ーVison Dynamics Institute, Relationship Therapist Course 修了

ー 在米CAPACITAR INTERNATIONAL Module1、Module2、Module 3、Module 4修了

ー 在米CAPACITAR INTERNATIONAL Advance Course修了

ー21Century Christ Church プロフェティッククラス終了

ー21Century Christ Church サーバントクラス終了

 

 

 

 

相手のやる気や主体性を引き出していく力ー国連職員研修よりファシリテーション講座

⭕️ チームメンバーや部下、地域住民のポテンシャルを引き出し、それぞれの自主性と総力による変化を起こしたい。

⭕️ いつも似たりよったりの結論ではなく、いろいろな発想やアイデアが尊重されるような場を創りたい。

⭕️ 世代やバックグラウンドなど価値観が多様化する中で、上の世代やコミュニティーを尊重しながら、同時に若い人たち、外国人などの多様性が尊重され、お互いの強みが活かされるような場を設けたい。

⭕️ 相手をエンパワーし、相手の強みを引き出すコミュニケーションを身につけたい。

⭕️世界を舞台に活躍できるようなスキルを身につけたい!

詳細・お申し込み⇨http://peatix.com/event/162355

 

私たちは人はいろんなレベルで社会の変化を感じています。「未知」と「予測できない」ことが日常になってきています。もはや前例のない「解がない時代」です。

そんな世界を指す言葉として、VUCAワールド= Volatility, Uncertainty, Complexity & Ambiguity (変化が激しく、不確実性の高い、複雑な世界)という言葉も生まれています。

そんな解のない時代に解を生み出すにはどんなことが必要なのでしょうか?

ハーバード大学大学院で 「生徒に一番影響を与えた教授」に選ばれ、リーダーシップを教えるディーンウィリアム ズ教授は、この変化の時代を生きるリーダーに求められることは「答えを示さない勇気を持てる人」だと言います。

なぜなら、今の問題は複雑すぎて、リーダー一人が「正しい解」を示せるわけじゃないか らです。別の言い方をすると、答えがない状態をホールドできる力、参加者から学びを促せ る力です。

では、さらにその上で、そこからどんなことが必要なのでしょうか?

または、どんな言い方、どんな問いかけをしたら相手に主体的に動いてもらえるでしょうか?

支援する側と支援される側に信頼が生まれ、本当の協力関係になるためにはどんなことが必要なのでしょうか?

「押し付け」や一方的な提案や支援でもない、相手の成長につながるプロセスを創り出していくための関係性とはどういうものなのでしょうか?

効果的なアプローチの一つは、相手が本当に何を必要としているか意識を向け、分からないことや現状を整理し、適切な「問いかけ」によって、相手のやる気や主体性、自分の考えを引き出していく方法です。

 

コミュニティーワーク、ビジネス、組織変革、国際協力、地域おこしーどのような仕事においても、関わる人た ちの主体性を引き出し、新しい「解を生み出す」ファシリテーションスキルはますます重要になっています。

この講座では、相手の自主性を引き出す質問の力を一緒に体験していきます。

支援する側のあり方とともに、適切な問いのたて方などを学び、一緒に体験し、互いにフィードバックをしながら、すぐに実践できるように学んでいきます。

 

リーダーシップスキル、部下の育成、マネージメント、コーチングスキル、コミュニケーション能力や人間関係が上がります。

 

《手法》

リーダーシップ、仲裁、交渉、ファシリテーション、コーチング研修といった分野において、国連や米国政府の交渉研修等で使われているすでに実践知の積み重ねがあるメソッドを中心に紹介します。本講座は、現場ですぐに実践できることを目指しているため、講義形式が2~4割でワークを中心とした体験型の講座です。

 

《講座の内容》

⭐️ それぞれの参加者のニーズに気づき、理解し、察知することとは?

⭐️相手の主体性を引き出すための適切な問い(パワークエスチョン)を設定する方法

⭐️相手をエンパワーし、信頼を得るための方法

⭐️二人以上がいるとおこりうるグループダイナミックスを理解する

⭐️支援する人と支援される人の関係性と効果的な支援者としてのあり方

 

《期待される効果》

  • 会議などでおこるダイナミックについて理解することができ、ファシリテーター力が上がる。
  • 苦手な人への対処法が分かり、職場での人間関係が改善する。
  • ビジネス、会議、国際協力、地域活動、教育現場などにおける現場での課題に対して、新しい視点から現場を診断し、適切な対策を見つけることができる。
  • 自分の反応をより客観的に観察できるようになり、一対一、一対多のシチュエーションにおいて、その状況で目的と参加者の要望を満たすためにできる最善の方法を探る視点を持てるようになる。
  • リーダー一人が引っ張る従来のリーダーシップスタイルだけでない自分にあったリーダーシップのスタイルをみつけることができる。
  • 会社や職種を超えて、仕事や職業の可能性を世界に広げることができる。

 

《講師: 大仲千華》

国連ニューヨーク本部、南スーダンなどにおいて、元兵士の社会復帰支援など国連の平和支援に10年従事。国連支援の最前線で多国籍チームのリーダーに抜擢される中で、聞く力や共感力がゲリラ兵との関係でも大きな力となること、自分の強みを活かしたリーダーシップのスタイルを発見していく。

国連退職後は、米国政府のコンサルタントとして、閣僚経験者も講師を務める世界的なプログラムにおいて唯一の日本人女性として講師を務める。

燃え尽き、PTSDとうつになった体験から、心理学やコーチングを学び始める。うつを乗り越えた時に、人の才能を引き出す能力と楽しさに目覚め、現在キャリアコーチとして、会社や職種に限らず仕事をみつけたい人、ハイキャリア女性、ギフテッドの人たちの才能をみつけるお手伝いをしている。

COURRiER Japon クーリエ・ジャポンで2016年4月下旬より連載記事をもつ。

 

詳細・お申し込みはこちら⇨http://peatix.com/event/162355

 

《体験談》

◎ 国際映画祭のディレクターに決まりました!講座の3日後が面接で、アドバイスされたことを意識して相手を見つめていると、なんと社長が涙目になって自分の夢を語り始めるという前代未聞の展開になりました。そして2時間後に採用の電話が来ました!これから世界を相手に活躍できるのが楽しみです。本当に夢のようです!

◎ 大仲さんには、自分の思っていることを素直に話せる雰囲気があります。コーチングを受けて、ぼんやりしていた自分の課題が具体的に見え、では何をしようか?というふうに変わりました。それを職場で実践する中で新たに見えてくることもあり、転職を決めました。自分の言葉で考え、納得できる選択をする後押しをしていただいたなと思っています。ありがとうございました!

◎千華さんには、現場に立った人独特のパワーを感じます。自分の視点が広がりました。自分が学んできたことを世界で生かしたいです! 

◎ 千華さんの実体験からのシェアだったので心に響いて、すぐに使えるものがたくさんありました。

◎人と人が向き合うことがとても神聖なもので特別なことだと気づきました。転職の面接の怖さが優しい時間へと変わる気がします。

◎ 今まで私のいた環境では自分の分野や悩みがあまり理解されない面が多かったように思います。理解してもらえることによる大きな安心感を感じました。「迷い」や「恐れ」は、想像以上に膨大なエネルギーを私の中から奪っていたのかもしれません。受け入れいただけたことが支えになっていると思います。 

◎ この分野の仕事には向いていないのでは、と思っていた面もあり、感受性はプラスになるというお話は本当に驚きでした。そういえば、友人が似たようなことを言ってくれていたことを思い出しました。本日は有難うございました❗️

 

《フォローアップ・コーチング》

研修の内容が濃いため、講座で習ったことをしっかり身につけていただくことをお手伝いするために、講座終了後の3〜4週間後に、その後の実践をフォーローアップするための一対一のコーチングセッションをお勧めしています。

講座で習ったことを職場や現場で実践していただいた後で、実際の成果やチャレンジを一緒に振り返り、現場での実践をお手伝いするものです。対面またはスカイプでの実施になります。

通常90分30,000円のコーチングをフォーローアップとして10,000円プラスでサポートが受けられます。

 

第一回目
日時: 2016/04/17 (日) 9:30 – 17:00
会場: スクエア荏原
参加費:講座+フォローアップコーチング付き: 35,000円、講座のみ: 25,000円

 

詳細・お申し込みはこちら⇨http://peatix.com/event/162355

 

第二回目 
日時: 2016/04/29 (祝) 9:30 – 17:00
会場: スクエア荏原
参加費:講座+フォローアップコーチング付き: 35,000円、講座のみ: 25,000円

 

詳細・お申し込みはこちら⇨http://peatix.com/event/162355