2020東京五輪ホスト国として知っておきたいことー1964年東京五輪から2016年リオ五輪参加国はなぜ2倍になってるのか?

1964年東京オリンピック参加国はいくつでしょうか?

なぜリオではおよそ2倍になってるのしょう❓

1964年から2016年の間に何がおこったのでしょうか?

 

国連加盟国よりもリオ五輪参加国が多いのはなぜでしょうか❓

 

東京オリンピック vs リオ五輪.001

 

まず先に答えをお伝えします。

 

1964年東京オリンピック参加国は=94

2018年国連加盟国数=193

2016年リオデジャネイロオリンピック参加国=207です。

 

リオ五輪参加国がおよそ2倍以上になっているのは、1964年当時アフリカは多くの国がまだ「植民地」だったからです。

 

まだ独立国として東京五輪に参加できていなかったからです。

 

zambia

 

「1964年10月24日、東京五輪閉会式の日、アフリカのザンビア共和国は独立した。
開会式とは違った新国旗を持って、残留したたった一人の選手が、誇りたかく入場行進してきた。満員の観覧席からは、精一杯の拍手が送られた。」 吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)「新・徒然草」より

 

当時の読売新聞にはこうあります。

 

「ザンビアのプラカードと旗手が入場し、最後に開催国日本の旗手・小野喬(体操)が入場した直後、各国の選手たちが一丸となって入り混じり、互いに手を握り、肩を叩き、抱き合い、踊りながら入場してきた。そして、すぐさま追いついた、日本とザンビアの旗手を肩車にして担ぎ上げた。」

 

1964年東京五輪は、敗戦後の悔しさから日本が国際社会への復帰をアピールする機会だと捉えられました。

 

では当時参加する人たちにとって1964年東京五輪はどんな機会だったのでしょうか?

 

アメリカの選手団もほとんどが白人選手です。まだ人種差別が公然と行われていた時代でした。

 

「平和の祭典」と言っても、世界の半分も参加していないということになりますね。

 

では2020年東京五輪に参加する人たちにとって、五輪というのはどういう場なのでしょうか?2020年五輪には国籍のない人たちや「難民」と呼ばれている人たちも参加できるのでしょうか?

 

ほんとうの意味での「平和の祭典」にするには、ホスト国として「私たちの視点」だけでなく、「彼らの視点」も持ちたいものです。

 

さて、中学校の総合的な学習の時間ではそんなお話しもしました。

 

なにより、国連の現場で見て感じたことをそのまま伝えることを一番大切にしています。

 

専門用語は使わず、わかりやすく心に届くようにお話しします。

 

「世界のことをもっと知りたいです!」
「勇気をもらいました!」

 

本何十冊読んでもピンとこなかったことが、腑に落ちる、

世界の最前線の現場の生の声に触れることで、もっと知りたいと思うようになったーそのような感想をいただいています。

 

他にはこのような感想をいただいています。

 

「答えを提示するわけでもない」という言葉に触れて、「自分の考えが間違いでも答えが一つだけではないと教えてもらい、私の支えとなりました。」

 

「私が使っている教科書には、紛争が起こる原因として宗教の違いと書かれて、私もそうだとずっと思っていました。でも、大仲さんのお話しの中で、ケニアの難民キャンプでは宗教が違くても普通に暮らしていたと伺いました。それを聞いて、紛争が終わらない理由は、みんなが宗教の違いが原因だと思い込んでいるからだと思いました。」

 

「一番印象に残っているのは、『大人になったら答えのない問題に立ち向かわないといけなくなる。だから、学生のうちから答えのない問いに立ち向かっていく勇気を持つことが大切』というお話しです。これからはこのことを意識して生活していきたいと思います。」

 

「現代社会の先端を生きる大仲様の話しはとてもおもしろかったです。」(笑)

 

九段中感想①.jpg

 

詳細はこちら➡️goo.gl/stsivZ

 

どうぞご連絡ください。

たくさんの人にお話しできることを願っています!

 

話さないスピーチ⑨ 講師は全部知っていなくていい?!

スピーカーや講師という立場としてのプレッシャーを感じている時によくあるのは「全部知っていなければいけない」という思い込みです。

 

私自身、講師としてあるコースの準備をしていた時、いくらやっても準備が終わっていないような不安な時がありました。

 

「これを聞かれたらどうしよう?」

「これについても調べておかなきゃいけない。。。」

芋ずる式にどんどん出てきて、さっぱり準備が終わりません。

 

「でも、これが相手が知りたいことなんだろうか?」

さすがに真っ当な疑問が湧いてきます。

 

そもそも相手が聞きたいことは何だろう?

これを抑えればこのコースのポイントは抑えたと言えるポイントは何だろう?

(8:2の法則)

 

全てを知っていなければならないと思うと、大きなプレッシャーになりますが、全てを知っているのはそもそも無理ですよね。

 

相手があるトピックに関する知識を求めていて、それをこちらが知らない場合には、単純に調べてお伝えします、と答えても問題はないものです。

 

相手はあなたという人の体験や、あなたならこの課題についてどう考えるのか、を知りたいと思っていることも多いので、そうならば、そのトピックに関する自分の考えをお伝えすればいいですね。

 

earth observatory

打ち合わせや会議の結果をガラッと変える「秘密の準備」

どうしたら究極の男性社会の代表みたいな軍人の人たち相手に講師ができたの?と最近友人に聞かれました。彼女に自分の体験を話しながら、これは難しい会議とか打ち合わせといったシチュエーションにも当てはまると思いました。

今回は、感情的な事前準備という点にフォーカスしてみたいと思います。

資料の準備とか、自分が扱うテーマに関する事前のリサーチはもちろん大切ですが、この場合の感情的な事前準備(若干大げさな表現ですね)とは、これから関わる相手に対して自分が感じていること、

相手に対するなんらかの判断、思い込みや過度の期待がないかに気づくことという意味での準備です。

心理学的に言う相手に対する投影を自覚すること。

そういうものは言葉に出さなくとも伝わってしまうので、もしなんらかの判断があるなら自分の認識を正しておくと後ですごく楽になりますよね。

例えば、

あの人のいばってる感じ嫌だな、あの人威圧的、あの課長って優柔不断でイライラしちゃう、誰も本音言わなくて困るなあ。。。等です。

私が軍人相手の研修の講師を勤めることになった時、私の最初の感想は「えー軍隊?!」でした。

例えば、スリランカ軍は当時、人権侵害の当事者として批判されていた対象でした。

わー怖いなあ、ひどい、この人たちも内戦でさんざんなことをやったんじゃないか。。。等、

さすがに私の場合、自分にとって感情面での内的な準備をしておくことは「死活問題」でした。

事前の準備のお陰か、そんな相手でさえ、現地に着いたら相手をまず一人の人間として見れる余裕を持つことができました。

もし、そんな気分にいたれない時、また初めて会うので全く相手のことが分からない時は、これから会うであろう相手を想像してただ「祝福」するといいよ、と、あるベテラン同時通訳の方に教えてもらいました。

自分が感情的に落ち着いていられると、一息つける余裕が生まれます。

余裕ができると、相手のことや今何が起きていているかを観察できるようになります。

観察できるようになると、じゃあ何をしたらいいのか、何を言ったらいいのか、ということがより分かるようになります。

なにより自分がよりリラックスしてその場を楽しめるようになりますよ。

難しい会議、打ち合わせやファシリテーションがあると思ったら、10分でも15分でもいいのでこうした事前準備をしてみて下さい。

きっと結果が楽になりますよ!

 Bali 2010 708

女性だからこそ軍人相手に講師ができたわけ

「どうしたら究極の男性社会の代表みたいな軍人の人たち相手に講師ができたの?」と最近友人から聞かれました。確かに女性として軍人に関わる苦労はあるけど、女性だからこそ軍人相手に講師が出来たという面もあると思うのです。

私が軍人対象のトレーニングの講師として雇われた理由の一つは私が女性だからでした。

それは、この人達が国連要員として派遣される国の住民の半分は当たり前ながら女性なので、女性のことをよく理解しないといけないよね、ということが認識されつつあるからです。

そして、私自身トレーニングに関わるうちに女性だからこそ相手に伝わることがあることに気づきました。

相手は軍人。

実際に内戦にかかわった人もたくさんいる。

とは言え、当たり前だけど彼らも人間。

1週間、2週間と一緒に過ごす内に彼らの葛藤が見えてくるのです。

 

「被害者も加害者も両方苦しみますよね」

そんな言葉はたぶん女性から発せられる方が相手は受け取りやすいのだと思います。

そして彼らはポツリポツリと話しだすのです。

 

「自分の国に帰ったらこんなことは言えないけど、僕はずっと『反政府勢力』と対話をするべきだと思ってたんだ。」

「僕はやっと最近気づいたんだ。『敵』も人間として扱うべきだって。」

そんな言葉を2回もイラクに派遣されたアメリカ人の軍人の人の口から聞くとは思いもよらず。。。

「長年軍隊にいて葛藤があったけど、『人間』らしくあることを自分に求めていいんだって思えた。」

「僕、バングラデシュ軍を辞めようと思っていて。。。」ついにはお悩み相談まで。。。

 

そんな事をボソっと言ってしまうのは、相手が女性だからという部分もあるんじゃないかなと思いました。

私も軍人という人に対して、かなりの偏見と思い込みがあったのですが、この体験は、相手がどんな人であろうと、相手に対する判断や偏見を超えて繋がることができるという自信になりました。

分野は違いますが、最近受けた運転免許証の更新講習の講師の方がちょっと年配の女性の方でした。少し前は警察官のおじさんがちょっと偉そうに講義をしていた記憶があるのですが、この女性の方が話してくださると、ああ交通事故に気をつけよう、命を大切にしようと思えるのです。

男性社会のさなかにいる本人たちも葛藤している。争いをやめたいと思っている。人間らしくなりたいと思ってる。

それには女性的な力が必要とされているんじゃないかな ー つい何でも解決したくなるけど、まず聴く、理解する、葛藤を葛藤のままにいったん受けとめる。。。そこで生まれるスペースがある。

これから増々こういうリーダーシップのスタイルが求められていくんじゃないかな。

それがすごく腑に落ちた体験でした。

さて、どんな相手にでも通じて、打ち合わせや会議、会話の結果がガラッと変わる10分の「秘密の準備」とは?⇒ https://chikaonaka.com/2015/02/12/打ち合わせや会議の結果をガラッと変える「秘密/

Bali 2010 637