「レジリエンス」や「逆境力」こそこれからの時代に求められる力ー人が困難な状況から再び立ち上がっていく過程にある共通点とは?

最近は人が困難な状況から再び立ち上がっていくプロセスへの注目が集まり、ある共通項があることがわかりつつあります。

 

例えば、最近では、レジリエンスという概念が注目され、「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」というように訳されています。

 

また、これからの時代には、IQやEQ以上に様々な逆境に対応する力(逆境力)こそが重要であるとも言われ、ハーバードビジネススクール客員教授のポール・ストルツ(Paul G. Stoltz)博士によって、「AQ(逆境指数)」という概念も提唱されています。

 

レジリエンスという概念が生まれたのは、第二次世界大戦後でした。

 

ホロコーストで孤児となった子どもの追跡調査で、過去のトラウマから抜け出せずに不幸な暮らしをしている元孤児がいる反面、トラウマを克服して仕事や家庭が充実している元孤児もいることがわかったからでした。逆境を乗り越えられた人たちは、レジリエンス、復活力を持っているとされたのです。

 

日本で「レジリエンス」という概念が言われ始めたのは、震災からの復興や人々の再起という文脈でした。

 

また、トラウマケアの分野には「トラウマ後の成長」(post-traumatic growth)という概念があります。

 

人は単に「回復」するのではなく、文字通り「成長する」という概念です。困難は時に人の内面を根本から揺さぶるため、それによって人を生まれ変わらせる作用があるため、と説明されています。

 

もちろん、実際の体験は、単に理論や概念だけで語ることのできるものではなく、感情的な混乱や痛みなど様々なチャレンジがあります。

 

トラウマとまで言わなくても、人生では自分の思うようにならない時もあれば、理不尽なことも起こります。一人ではどうしたらいいのか分からなくなることもあるでしょう。

 

そんな波の中にいる時にどうしたいいのか?

 

少しでもそんなヒントになるように、トラウマやPTSDの回復理論やレジリエンスに関する研究と私自身の燃え尽き症候群やPTSDからの回復体験を質問形式にしてまとめました。

 

なぜ質問形式なのかと言うと、人それぞれ性格や状況や要因も違うので、「こうしましょう」という決まった一つの方法を示すことはできないからです。

 

ここで挙げている質問は、リラックスして、まずは眺めてみて、思い浮かぶことをありのままに観察してみるというアプローチをオススメします。

 

質問を読んでもに何も思いつかなくても、ふとした瞬間に何か思い浮かぶ事もあるでしょう。

 

自分が前に進んだからこそ、意味を持ってくる質問もあるので、ぜひ定期的に眺めてみて下さいね。^^

 

だからこそあなたが輝くための55の質問目次.001

ダウンロードは⭕️こちら⭕️よりどうぞ 

 

目次

あ、今の自分の状態について把握する

い.自分の「ストレス反応」を知る

う.今気になっていることについて観察する

え.喪失(後悔、自責、サバイバーズギルト)に気づく

お.自己像、自己肯定感、自己受容度に気づく

か.自分の中の「不安」を意識化・言語化する

き.自分のコーピングスタイルを知る

く.自分と相手との優先順位(境界線)と当事者レベルを知る

け.自分のストーリー(解釈・認知)に気づく

こ.回復のストーリーをみつける

さ.試練の中の「意味」について知る

し.再結合・新しい自己の創造

す.回復・再生のためのステップ 

せ.トラウマからの回復・再生のプロセスで体験しうること

そ.トラウマからの回復の三段階

 

ダウンロードは⭕️こちら⭕️よりどうぞ 

 

《プロカウンセラー・コーチ大仲千華》

 

国連ニューヨーク本部、南スーダン等で元兵士の社会復帰支援や現地国政府の人材育成に約10年従事に従事。

南スーダンでは80人強の多国籍チームのリーダーを務め、紛争国での現場体験から、リーダーシップや仲裁について研鑽を積む。

米国政府の専門家として、世界的な研修プログラムにおいて唯一の日本人女性として講師を務める。

帰国後、PTSDから燃え尽き症候群になり、何もやる気がない・起きれなくなる。

心理学やカウンセリングを学び始め、自分の限界やシャドーを受け入れ、統合していくことを学ぶ。海外でトラウマ解放メソッドのトレーニングを受け回復する。

同時に、直感能力とヒーリング能力が飛躍的に開花。

同じ頃、似たような体験を持つ人、社会や人の役に立ちたいという人たちから相談を受けるようになり、もっと日本で自由に生きる人を増やしたいと思いコーチング・カウンセリングを始める。

心理面だけでなく、生理学的機能や脳との関係を踏まえたトラウマエネルギーの解消、豊富な経験と実体験に基づいた職務や人間関係の課題に対するフィードバックを合わせた統合的なセッションは医師、国際機関、ビジネスパーソンなどから支持を受けている。

スリランカ政府防衛省、フィリピン政府防衛省、バングラデシュ政府防衛省、大学など講師歴多数。

クーリエジャポン(講談社)で好評連載中⇨答えを求めない勇気

大仲千華の経歴はこちら➡️ http://peaceblossom.net

大仲千華コーチングはこちら➡️ goo.gl/2b1G8s

 

どうぞお気軽にお問い合わせください。

info(at)peaceblossom.net

 

グーグルと国連で求められる究極の「訓練」①

彼のグーグルでの肩書きを聞くとみんな同じことを思うそうです。

「グーグルで『陽気な善人』というのは、いったいどんな仕事なんだろう?

しかも『それは誰にも否定しようがない』という注釈まで付いている。。。」

 

彼はグーグル初期の検索アルゴリズムを作った天才エンジニアらしい。

でも、何かコードを書いている訳でもなさそうだ。彼の仕事とはいったい???

 

実は、彼こそが、グーグルで受講待ちが絶えず、廊下まで人が溢れるほどの自己開発プログラムを開発し、この数年でシリコンバレー発の「マインドフルネス」ムーブメントを起こしている「火付け役」なのです。

彼の名前は、チャディー・メン・タン。グーグルの創設期のエンジニアだった彼は、組織の中核でバリバリと活躍していたものの、「職場で過ごす時間はもっと楽しくていいはず」と思い、それを可能にする研修プログラムを作りたいと思います。

メン(グーグルでの呼び名)は、職場で穏やかでいながら創造的であるための能力を育むツールとして瞑想に注目し、「仕事の時間の20%は自分が好きなことを学ぶ時間として使ってよい」というグーグルの制度を利用して、有志のグループと一緒に瞑想を始めます。

グーグルにはさまざまな自主学習のグループが存在し、メンの取り組みも、当初はその一つだったそうです。それが、徐々に社内で大きな話題になり、彼は、正式に研修プログラムの開発を担うことになります。

「エンジニアに平穏さを育む研修プログラムを作らせるなんて、なんて会社だろう!」と自分でもジョークにしている通り、メンは、グーグルのエンジニアらしく、瞑想の効果を、脳科学や医学における臨床結果を含め、科学的に証明されている最先端の研究結果を踏まえて検証していきます。

さらに、ダライ・ラマにも会いに行き、その分野における第一人者やリーダー達の知見を集めます。ダライ・ラマの意向にも沿う形で、メンは次々と協力者を得ていきます。

「これは、頭を丸め僧衣をまとった人たちのものではなく、実社会で暮らし、実業界で高いストレスを体験をしている人に向けたもの」とメンが言うように、EQや瞑想、マインドフルネスと呼ばれているものがどう仕事に役に立つのかを分析し、その上で「この方がエンジニアには説明がしやすい」と再構築され、まとめられたのが「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」です。

SIYは、正式に開講されるやいなや、グーグル内で熱狂的に支持されます。グーグルに正式に導入されてからは、「仕事が楽しく創造的になり、かつ生産性を上げる」として有名企業によって次々と導入され、ザッポスのCEOトニー・シェイからも賛辞が送られています。

 

siy

SIY Spanish.jpg

siy-jpn

⬆️ 世界26カ国で翻訳・出版! New York Times ベストセラー

 

「最も働きがいのある企業」の第1位にも輝き、自由だと言われるグーグルでさえ、職場で同僚たちと一緒に過ごす時間を含め、仕事を楽しいと思えるには努力がいるという事実を知って、思わず共感してしまいます。

 

SIYの内容については、同タイトルの『サーチ・インサイド・ユアセルフ』(英治出版)でも紹介されているのですが、SIYの中でも重要な要素として挙げられているのが、「認知の力」を鍛えることです。

 

ここで言う認知の力とは、次のような能力を指します。

(1)ある出来事に対する自分の反応と見方を理解する自己認識力

(2)他人が関わっているとしたら、同じ状況を相手はどう見ているのか、そして、どういう選択肢があるのかを客観的に眺められるようになる能力

 

では、認知の力を鍛えるとはどういうことなのでしょうか?それを理解する鍵の一つは私たちの脳の機能にあります。

 

脳科学の研究が指摘するように、人間の脳はポジティブなものよりもネガティブな情報や出来事に対してずっと強く反応するという特性を持っています。

この事は、私たちが目の前の人をどう認識するのか、という認知プロセスに関する理論からも説明することができます。

私たちが目の前の人を認識するには、次のようなステップを経ます。

 

1、二分化

脳は、目の前で起きている出来事を理解するために、自分と相手との関係を判断しようとする。この際に脳がとる思考法は、人間に本能的に備わった最も基本的な分類。「この人は自分の敵か味方か?」脳は目の前にいる人が自分の敵でないことが判明するまでは、基本的に相手のことを「敵」だと認識します。

 

2、確証バイアス

同時に、私たちの頭の中に瞬時に浮かぶのが、職業、性別、社会的階層、人種、民族、宗教などの「カテゴリー」であり、私たちは「○○の人は~だろう」という、それぞれのカテゴリーに関する解釈や推測を瞬時に行う。

 

3、対応バイアス

そして、そのカテゴリーに関する自分の中の解釈にしたがって、自分が見ると予想していることを相手に見る。

 

ストレスが高い時にはこうしたバイアスやステレオタイプがさらにが強化される傾向があるそうです。

つまり、特別な人がステレオタイプや偏見を持っているのではなく、この認知プロセスに関する理論によると、私たちは本当に相手のことを見ているというよりも、自分の好きなように相手のことを見ている、という事になります。

 

しかも、一度自分の中で決められた第一印象は自動的に修正されることはなく、その印象が変わるためには、その印象を覆すだけの脳への刺激が必要とされます。(初頭効果)

 

例えば、自分の上司が微笑みかけた瞬間はすぐに忘れてしまっても、上司が大きなため息をついたのを聞いたがばかり、そのことが気になってしょうがなくなる、ということもありえる訳です。

 

心理学者のバーバラ・フレドリックソンは、すでにあるネガティブな印象を変えるなら、少なくともその3倍以上のポジティブな印象をインプットする「変換作業」が必要だと言います。

 

私たちを突き動かしているものは、事実というよりも認知なのです。

 

認知の力を鍛える方法の1つは….グーグルと国連で求められる究極の「訓練」②に続く