日本全国少子化と高齢化の中でなぜ沖縄小浜島の「おばあ」たちは元気なのか?

日本全国で少子化と高齢化が進む中で、人口増加率トップ5を更新し続け(沖縄県竹富町)、おばあたちがとても元気な島があります。沖縄県八重山諸島の一つ小浜島です。

 

この「小浜島」は、沖縄の八重山諸島に位置する人口約600人の島です。

東京からだと

羽田ー那覇(2時間)

那覇ー石垣島(50分)

フェリー(30分)

を乗り継ぎ到着します。

 

私が小学生の時は、南西航空というプロペラ機での移動でしたが、今は直行便もあります。ちなみに、東京ー石垣間は1950キロで、東京ー上海よりも長い羽田発の一番長い路線だそうです。

 

小浜島の丘からは海が見えます。海が本当に綺麗です。

 

小浜島道

 

さて、この小浜島のおばあたちには元気の秘訣がたくさんあります。

 

もう80代、90代のおばあ達ですが、毎日の日課は、朝起きたら、お隣りの家に行って、

 

「おーい、あんた生きてるか〜?一緒に東京に(合唱団の公演に)行くんだよ。まだ死んだらダメだよー。」とそれぞれが周るのだそうです。

 

そして、みんなが集まっておしゃべりをする中で、「みんな歳をとり始めたけど、何かお互いを励まして元気になる方法はないかねえ」、と、そんな話しになったそうです。

 

そして、いつものようにお茶会を開いていたら、誰が言い始めたのか、初恋ばなしを披露することになり、それがすごい盛り上がったそうです。

 

そして、戦争で着られなかったから、結婚ドレスを着ようということになって、お化粧もしてもらうことになったそうです。

 

そしたら、80歳を超えた「おばあ」たちに恋ごころが蘇ったように笑顔と元気が溢れ、みんなで「きゃっきゃっ」とすごく盛り上がったそうです。

 

おばあドレス

 

おばあ達が元気な小浜島では、入会の資格は80歳以上で、70歳はまだ「研究生」、60代はまだまだ「ひよっこ」と呼ばれます。

 

ドレスと恋ばなが恒例になって合唱団を結成。それがきっかけで、島内のリゾート「はいむるぶし」のステージに呼ばれるようになりました。

 

日本全国で生産人口減少、高齢化、少子化が進む中で、全国に元気を与えた、とサントリー地域文化賞も受賞しています。

 

そして、KBG84というグループ名で「徹子の部屋」にまで出場するほどになりました。

 

kbg84 徹子

 

こんなにニコニコと全国の人たち、いやいや、世界の人たちにも(つい最近は、北海道とシンガポールに招聘され公演してきたそうです!)に惜しみなく笑顔を振りまいているおばあ達ですが、この一件温和なおばあたちの笑顔の内には、同時に沖縄の強い日差しにも負けない「芯の強さ」と「知恵」があります。

 

おばあ達が海外にも呼ばれるのは、おばあたちの姿を通じて、島の生活を生き抜いてきた強さと包容力、そして島での生活でつちかった知恵をわたしたちがどこかで感じるからではないかな、と感じます。

 

東京生まれの私が初めて小浜島を訪れたのは6歳の時。

 

小浜島は最初「カルチャーショック」の連続でした。

 

台風がやってきて丸3日間停電。

それなのに、叔母たちはまったく動じず、淡々とろうそくで食事の準備していました。

 

東京生まれの私にははじめての体験ばかりです。

 

ーテレビはNHKしか映らない。しかもよく乱れる(当時)。

ーラジオをつければ、英語か中国語の方がはっきり入る。

ー海辺を歩けば、中国語の漂流物がいっぱい(台湾がすぐそこだから)

ーお店(商店)は全部で3件。でも東京で買ってたものは売ってない(当時)。

 

 

なにより、おばあ達の言葉がわからない!

 

子供ながらにはっきりと感じました。

 

「国境」なんてしょせん人間が作ったものなんだ!、と。

 

 

日中はさとうきび刈りなどの農作業。

時々海に出てたこを釣ってくるなど日常の生活はシンプルなものです。

 

そんな生活の中で、おばあ達がキリリと凛々しい表情を見せる日があります。

 

神に豊作を感謝するために踊りと歌を捧げる祭の時です。

 

いつも見かける叔父達が、突然「きりっと」笛や太鼓、さんしんの名手に変身し、おばたちは、白い衣装に身を包み、神様を迎えるという大役を果たします。

 

島全体で、三日間、神に歌と踊りを捧げるのです。

 

「かっこいい」!!!!!

 

こうした姿を見て育つ小浜島の子供達の憧れは、社長でもサッカー選手でもなく、三線や笛、たいこ、そして歌と踊りが上手い人です。

 

その祭を6歳の時にみた私もあまりの迫力に圧倒され、「大人になったら、絶対にこの祭に参加する!」と誓ったのでした。(成人すると正式な参加資格を得ることができます。)

 

世界中の神話や神に捧げる儀式は突き詰めていくと、どこかに共通点があって、

 

人間が生きていくための知恵を教えてくれていると、人類学者や神話の研究者が言っていることを思い出します。

 

台風が来たらすべてが寸断される環境において、小浜島のおけるこうした祭事というのは、一人ではけっして生きられない島で生まれた「生き抜く知恵」を、おじいやおばあが全身で後世に伝えていく神聖な空間なのでしょう。

 

なんとも深遠な仕組みが出来ているものだと深い感銘を覚えます。

 

 

小浜島では年長者は知恵のある人として敬われます。

 

年長者は若い人に「知恵」を伝える役割があるとされています。

 

 

 

97歳の「カジマヤー」という長寿を祝うお祝いでは島全体で祝福します。

 

ヒデおばあのお祝いの時には、島の小中学校の生徒全員が手作りの竹笛を練習してお祝いをしました。(小浜島は竹笛が有名です。)

 

小浜島おばあ④

 

ちなみに最近「カジマヤー」を迎えた山城ハルおばあ(96)もKBG84のメンバーです。

小浜島⑤

🔼 写真:小浜島リゾート「はいむるぶし」さんのブログより

 

人は誰もが誰かの役に立ちたい生き物。

 

当たり前だけれども、

人は物でもないし、お金でもない。

 

生産するとか消費することと全く関係ない次元にそもそも本来の人の価値は存在する。

 

そして、

 

「いのち」には、

次の世代にほんとうに大切なことを伝えたい・残したい、

よりより社会を残したい、という本能が備わっていることを思い出します。

 

そんな人の奥深くにある自然な本能を「小浜島」は思い出させてくれるのです。

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

《新プログラム》開始しました❗️

 

沖縄には、人がその人本来の姿でない状態を表わすのに「魂が抜けている」と言うことがあります。人は、その人の自然な想いや本当の気持ちに繋がるとき、その人本来の力と輝きを取り戻します。

 

自分の人生について改めて考えたい、前に進みたいという時に、普段の環境と切り離されることはとても役に立ちます。

 

普段無意識に感じている「こうでなければならない」という囚われや集合意識、過去の経験から物理的に離れることができるからです。
この特別プログラムでは、世界の中でも自然がピュアで、生命エネルギーが高い形で残る沖縄の西表島へ行きます。

 

詳細はこちら❗️⇨ https://peraichi.com/landing_pages/view/krgi1

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

広告

売るスキルは読み書きと同じ位フツーの時代「大学は先生の研究を一方的に聞くだけ。私はどうしたらもっと売れるようになるのかをもっと学びたい」

「ここにあった!」私は思わず叫んでしまいました。

 

なぜなら、その店にあったのは、私がこの数ヶ月ずっと探し求めていたものだったからです。

 

大吉七菜海さんに会ったのは、東京赤坂アークヒルズ前のヒルズマルシェ。

 

彼女がおしゃれなラッピングに包み手にしていたのは「ケール」でした。

 

ケールは「野菜の王様」と言われるほどミネラルが豊富で、私の身体は疲れてくるとケールを求めます。そして、そのミネラルが身体に染み通ると、インスピレーションも湧き、執筆も進みます。

 

テニスチャンピオンのジョコビッチ選手も世界一位になるまでには、「起きていられる時間にできることはすべてやった」と言い、その一つが食事改革で、彼が公開しているメニューの中にもほぼ毎日ケールが登場します。

 

ケールは希少な野菜です。基本的には冬の野菜なので店頭に並ぶのは3ヶ月ほど。

 

しかも、普通のスーパーでは売っておらず、あちこち廻ってなかったので諦めていたところだったので、思わず叫んでしまったのです。

 

彼女はどうやってケールを調達して、都会のど真ん中でたった一人で、どうしてケールを売るようになったのか?

 

私は興味を持ちました

 

しかも彼女のお名前は大吉さん。

 

彼女の田舎の鹿児島県の指宿(いぶすき)とではごくごく一般的な性で、同級生の名前もみんな大吉、中吉、小吉、末吉だったそうで、町を離れて始めてそれが珍しいことに気づいたそうです。(❗️)

 

彼女は大学で社会学を学ぶ大学2年生でした。

 

彼女の実家は、いぶすきで東京ドーム5個分の土地で農業を営むキャベツ専門の農家さんで、これまでずっとキャベツを育ててきたそうです。

 

町のほとんどの人が農家で、農家=キャベツという図式ができあがり、それになんの疑問も持たなかったある日、七菜海さんのお母さんが家族にこう言ったそうです。

 

「このままキャベツだけやっていたら危ない。もし不作になったらおしまい。何か他のこともやらないといけない」と。

 

お父さんはそれなりに上手くいっているのだから「キャベツでいいじゃないか」と言い、その時はそれで終わったそうです。

 

その一方で、お母さんは着々と準備を進めていました。

 

農業の6次産業化するサポートをする「女性農業次世代リーダー育成塾」へ通い、東京へ行くようになりました。

 

「テレビの見過ぎかも知れないけど、あまりに東京で通うから、実はお母さん『アヤシイ』って思ってた時期があったんです。今だから言えるんですけどね(笑)」

 

七菜海さんは、当時高校二年生でした。

 

そんな日々がしばらく続き、お母さんからニュースを聞くのです。

 

新宿の伊勢丹と銀座三越で大吉農園のケールを売ることになったと。

 

お母さんは、東京に行くたびにケールを片手に、卸売り市場を回り、ケールを扱ってくれませんか?『ケールの味には自信があります』と営業をしていたのです。

 

しかも、大手百貨店におかせてもらえれば、信用が付き販路も広がるだろうとその機会を探っていました。

 

そして、その地域の農家としては珍しく、野菜のラッピングのデザインもつくりました。

 

ケールが緑なので、文字ははえる「赤」にしよう、と赤のリボンまでついています。

 

彼女は高校生でしたが、そんなお母さんの影響で、デザインを一緒に考えるようになったり、ロゴや袋のデザインが実際につくられていく様子をずっと見てきたそうです。

 

「そんな経験があって、我が家の新鮮な野菜をたくさんの人に食べてもらいたい、と思ったのと、人生経験が広がるだろうと考えてマルシェで出店することになりました。

 

昨年7月に初めて出店して、初めて「完売」した時は感慨ひとしおでした。その時の経験は大きな自信になっています。」

 

そして、自然にケールがどうしたらもっと売れるようになるのかを考えるようになったそうです。

 

「スーパーに行くと、それまでは気にならなかったポップが目に入るようになりました。

 

例えば、『どうしたら商品を手に取ってもらえるか』『「自分がどんな接客を受けると嬉しいか』などに意識が向くようになりました。」

 

 

ケール

 

ケール②

 

 

「お客様と話しているときが一番楽しいです。マルシェ出店での人との出会いは学校では経験できない貴重な機会です。ひとつひとつ経験を積んで、実体験を通して自分の実力をつけていきたいです。」

 

「大学は先生の研究を一方的に聞くだけ。私は、例えばこのケールがどうしたらもっと売れるようになるのかをもっと学びたいです。」と七菜海さんは続けます。

 

大学と仕事や就職のギャップは全世界的に指摘されている課題の一つでもあります。

 

実際に体験するからこそ、勉強することのほんとうのモーチベーションも湧くんですね。

 

きっと、これも多くの大学生や学生や今の若者の声を代弁したものなのでしょう。

 

寮でもケール料理を友達にふるまっているという七菜海さんは、「一時間で5品も作れるようになったんです!」とケールパスタ、スープ、サラダにバーニャカウダの美味しそうな写真を見せてくれました。

 

ケールサラダ.jpg

 

大吉農園(だいきちのうえん)は、指宿ではパートさんを雇うほどの農家になり、最初は反対したお父さんもいまでは全面的に協力しているそうです。

 

Dean & Delucaでも、キウィ&ケールスムージーが今年の夏の看板メニューになっているように、ケールも身近になっているので、大吉農園のケールをもっと身近に目にする日も近いかも知れません。

 

最後に個人的にどんなことをやってみたいですか?と聞いてみました。

 

「個人的には、春休みに短期留学を予定しています。マルシェをはじめて一番痛感したことは、言葉の壁でした。アークヒルズのマルシェは外国人のお客様が多いんです。

 

ジェスチャーや知っている単語で多少は伝わるけれど、本当は話したいことも聞きたいこともたくさんあります。

 

商売をする上で、コミュニケーションは欠かせないので、今一番頑張りたいことです。今まで英語から逃げてきたけど、このままだと絶対に後悔すると思うので、この1年間は留学のために必死に勉強をして、貯金します。」

 

「このままではいけない」と感じ取った女性の「第六感」。

 

『ファースト・ペンギン』に反対はつきもの。

 

反対されても形にしていったお母さんの勇気が、ケールを通じて指宿と東京をつなぎ、女性に勇気を与えてくれているように感じます。

 

 

そして、七菜海さんの話しを聞いていると、ビジネスとは最初から何か大きなことである必要もなく、意地はってやるようなことでもなく、起業か就職かの二者選択でもなく、

 

自分がいいというものを周りに「売る」ことというのは、日常生活の延長にある身近な行為で、簡単に楽しく気軽にやっていい時代なんだ、と感じます。

 

 

時代は後からついてくる。だから時代の変わり目では自分で道を切り開くしかない。

 

いいものを必要な人へ。

そして軽やかに楽しく。(*^-^)ニコ

 

大吉農園おすすめケールバニラシェイク

 

ケール&バニラ&豆乳(お好みで)をシェイクします。

私はさらにパイナップルを加えてみました。美味しかったです!(^^)ニコ

 

バニラアイスとケールのケールシェイク試してみてくださいね!

 

大吉農園

https://www.instagram.com/explore/tags/大吉農園/

http://www.thepicta.com/user/daikichifarm/3965071611

 

 

 

お問い合わせ先

大吉農園(だいきちのうえん)

鹿児島指宿市湯の浜6−3−21

daikichifarm@gmail.com

 

ミレニアル世代にとって、「学びたい」「インスパイアーされたい」「チャレンジしたい」という欲求は「生きる」と同じくらいに重要

では、ミレニアル世代の力を活かすためにその上の世代やリーダーが知っておくこととは何でしょうか?

また、ミレニアム世代自身がより自分らしい働き方をみつけるために知っておくことは何でしょうか?

 

スイスの名門MBAプログラムIMDの学長を務めるドミニク・テュルパンは、働き手の中心世代が変わり、働き方や職場の文化、情報などに対するスタンスも大きく変化するに従って、彼らの才能をどう活かしたらいいのか、というリーダーシップのスタイルや職場の文化も適応することが求められていくだろう、と指摘します。

 

そして、この世代の世界共通の特徴として非常に面白いのは、ミレニアル世代は自分を成長させてくれる機会に貪欲であること、そして、仕事に意義を求めるという点です。

 

先に紹介した「Youth Speak」でも、こうした点が確認されています。

 

1、ミレニアム世代は「自分は社会をよくするために働いているのだ」と感じられることに価値をおく

ミレニアム世代は「自分は世界をよくするために働いているのだ」と感じられることに大きな価値をおきます。それは、ある人にとっては、自分が自分であることを表現することとほぼ同義語です。

 

個人や組織、社会全体の発展がなければ成功などありえない、と信じています。組織に対する忠誠心を持たせようとするよりも、仕事の先にある目的や意義が感じるられることが彼らにとってのやる気につながります。

 

2、ミレニアル世代は自分を成長させてくれる機会に貪欲

ミレニアル世代は、収入や福利厚生よりも自分を成長させてくれる機会を重視します。先に紹介したYouth Speakによると、世界100カ国、18-25歳の42,257人の61%が「将来起業したい」と答えています。この数字はそれまでの世代と比べても断トツに高いです。

 

また、64%が将来責任のあるポジションに就きたい、とも回答しています。彼らにとっては、10年経たないと責任も持てないし、大きな仕事をやらせてもらえない、というコースはとても長く感じられるかも知れません。

 

そういう意味で、彼らにとって、「起業」という意味は、会社を上場させるといった従来のニュアンスよりも、自分を表現し、自分を成長させる機会といったものに近いのでしょう。

 

3、ミレニアル世代に「やれと言ってるんだからやれ」は通用しない

ミレニアル世代には、「やれと言ってるんだからやれ」は通用しません。たとえ権威を持つ相手であっても、賛同できなければ表面的には従っているように見えても、彼らの力を引き出すことはできません。なぜ、どうしてそれが本人の成長のために大切なのか、自らを高める機会になるのかを示すことができれば彼らは本来の能力を発揮するでしょう。

 

また、すでに出来上がったやり方を一方的に伝えるだけではなく、どんな方法があって、何がうまくいって何がうまくいかなかったのか、よりよくするにはどうしたらいいのかを自分に考えさせてくれるな導き方が求められるでしょう。

 

そして、人が上の立場であっても、同じ人間としての対等性を求めます。説教口調ではなく、対等な関係としてより相手を尊重することが求められるでしょう。

 

 

4、理想の職場を一言で表現すると「クリエーティビティー」

彼らは、Ipadとデジタルペン一つで、新しいイラストやコンテンツを作り出し、YoutubeやSNSで自由に発信する世代です。すでに出来上がったものを決められたルールに従って繰り返すことよりも、何かを一から創り出す、生み出すことに対する熱意はとても高いと言えるでしょう。

 

5、ミレニアル世代は講義ではなく「体験して」学びたい。

 

同じ調査によると、53%のミレニアル世代が、大学を始め今の高等教育と実際に職場で求められることには大きなギャップがあると感じています。理論だけでなく、実践的な、チームワークやコミュニケーション能力やプレゼンスキルや表現力などを身につけたいと感じています。

 

世界の課題で一番重要なものに「教育」を挙げ、将来自分が才能を発揮するためにどんなスキルが必要だと思いますか?という質問に100カ国の若者は、①語学力、②プレゼン能力、③リーダーシップスキルを挙げています。

 

ミレニアル世代にとって、「学びたい」「インスパイアーされたい」「チャレンジしたい」という欲求は「生きる」と同じくらいに重要なことです。日々の中でそうした体験を感じられることに価値をおいています。

 

 

シリコンバレーでのマインドフルネスブームをつくったグーグルが、なぜそもそもマインドフルネスプログラムを作るようになったのかと言えば、Google初期にアルゴリズムをつくったエンジニアの社員の人の体験と感想が始まりでした。

 

「毎日こんなに職場で時間を過ごすんだから、職場での時間はもっと楽しくていいはずだ」と。

 

彼らの才能をどう活かしたらいいのか、というリーダーシップのスタイルや職場の文化も適応することが求められていくのでしょう。

 

なによりミレニアル世代の人自身が自分にあった働き方をみつけるためにも、世界の若者たちはどう感じているのか参考になったらいいなと思います。

世界の若者の61%が起業したいと望んでいるー世界100カ国、18-25歳の42,257人の調査より若者の本音とは①

 

世界の若者の61%が起業したいと望んでしている。

世界の若者が仕事に仕事に「意義」を求めている。

理想の職場を一言で表すと「クリエーティビティー」

 

これは、2015年に国連とアイセック(AIESEC)という国際的な学生団体が世界の若者の声をまとめた「2015 Youth Speak Survey Millennials Insight Report」という報告書の一部です。

 

この報告書では、世界100カ国、18-25歳の42,257人の調査より若者の仕事観などの本音が紹介されています。

 

なぜ、若者の声なのかというと、冒頭で挙げたように、全世界的に見ると2025年までには全世界の労働人口の75%は若者たちになるからです。

 

全世界的な選挙の低投票率化などの現象をとってみても、若者たちの意見は十分に反映されていないんじゃないか?彼らの関心や彼らのニーズを政策は反映しているのか?という問題意識があるからです。

 

日本では少子化ですし、日本も含めそもそも若者の声が聞かれることはとても少ないように感じるので、若者層とその前の世代がお互いを理解するためにも若者層に注目する意味は大きいと思います。

 

さて、この若者たちは、スマホやSNSと共に大人になってきた今まで人類が体験したことのない世代です。

 

この世代では、特に、テクノロジーや情報、働き方、リーダーシップなどに対する共通点があると言われています。

 

生まれた時から充分にものがある世代、

小さい頃から自分の携帯・スマホがあったデジタルネイティブ、

環境や世界の課題の課題がより身近になったこと、

FacebookやYoutubeなどで個人でも気軽に世界に情報を発信するグローバル世代、

 

といった特徴なども、世界の若者世代の価値観を共通の方向に導きつつあることがこの数年で明らかになっていきています。

 

日本では、ゆとり教育とバブル崩壊がこの世代の特徴を述べる時の要因としてよく指摘されますが、それだけではこの世界的な現象を見落としてしまいます。

 

ところで、日本で言うところの「ゆとり世代」は、欧米では、ミレニアル世代、または、ジェネレーションYと呼ばれます。

 

スイスの名門MBAプログラムIMDの学長を務めるドミニク・テュルパンが、ミレニアル世代が企業の中心的な働き手となりつつある点について、次のように指摘しています。

 

今、世界では 次に挙げる三つの大きな変化が起きています。

 

1、競争環境の変化

2、市場(顧客)の変化

3、働き手の変化

 

ここで注目しているのは、三つ目の、「働き手の変化」ですが、ベビーブーマー世代 (1946年~64年生まれ)が世界的に引退に近づく一方で、ジェネレーションX (1965年~1980年生まれ)とジェネレーションY (1981年~1994年生まれ)が企業の中心的な働き手となりつつあります。

 

それぞれの世代によって価値観や転職・働き方に対する意識が変わります。とくに、転職や働き方、テクノロジーに関する点です。

 

 

《転職・働き方について》

ベビーブーマー世代:「転職はキャリアを後退させるもの」

ジェネレーションX:「転職を含め自分の可能性を追求するのは当たり前」

ジェネレーションY:「転職するにも起業するのに垣根はない」

 

《テクノロジーに対するスタンス》

ベビーブーマー世代:「テクノロジーはあんまり得意じゃない。正直面倒。」

ジェネレーションX:「テクノロジーは不可欠」

ジェネレーションY:「テクノロジーは基盤。最新のものが必要」

 

《リーダーに対するの期待》

ベビーブーマー世代:「『とにかく仕上げろ』と叱咤激励して欲しい」

ジェネレーションX:「『コーチ』として自分の力を引き出し、動機づけて欲しい」

ジェネレーションY:「同じ目的に向かって『パートナー』として共に歩んで欲しい」

 

《情報へのスタンス》

ベビーブーマー世代:「情報を小出しにすることで自分の権威を守ろう」

ジェネレーションX:「ネットワークを形成し、その中で情報を動かし生かす」

ジェネレーションY:「公私問わず、常につながり、コラボしていく」

 

「ふたたび世界で勝つためにーグローバルリーダーの条件」(日本経済新聞社)より

 

では、ミレニアル世代の力を活かすためにその上の世代やリーダーが知っておくこととは何でしょうか?

 

また、ミレニアム世代自身がより自分らしい働き方をみつけるために知っておくことは何でしょうか?

 

続く

ホームページもないのにNHKから電話がかかってくるミラクル農家: 東京的里山資本主義

東京で新宿から35分圏内で専業農家をしているミラクル農家があります。

ホームページもブログもないのに、ある日、突然NHKの大河ドラマの担当者から電話がかかってきて「おたくの野菜は新鮮で野菜らしい野菜なので大河ドラマで使いたい」と言われ、農家さんなのにカウンセラーのようでもあり、働くママまで支える農家さんなのです。

確かに、大河(時代)ドラマで、スーパーで売っている形はいいけれども野性味のない野菜は使えない。

 

それにしてもすごい!と思ったのは、ホームページもブログもないのに、口コミだけで?評判がNHKに届き、しかも、地方にも農家は山ほどあるのに、新鮮で野菜らしい野菜としてテレビ映りがいいと思われたこと。

 

実際、見栄えがいいだけでなく、この清水さん(清水農家)は、日本の中でもフレンチのクオリティーがトップクラスに入る東京の国立(くにたち)から車で10分位なので、国立のフレンチレストランにも直接野菜を卸している、影で国立のフランス料理を支えている実力派の農家さんなのです。

 

さて、この清水さんがスタンドを始めたのは、10数年前。農協経由だとどうしても規格から外れてしまう大量の野菜を見る度に、形のいい野菜よりも野菜らしい野菜を作りたい、と思ったのがスタンドの始まりだったそうです。

 

最初は、自分が作った野菜を直接近所の人たちに届けられるのが嬉しくて、来てくれるお客さんにいつも家でやってる「野菜が美味しく食べられるおうちレシピ」を教えてあげたそうです。人に喜んでもらうのが好きだからいつもついつい「おまけ」をしちゃう。しかも、大量のおまけ。私もいつも両手で抱えきれない位の野菜をもらったものでした。

 

出来るだけ農薬は使わないポリシーだから、子供にいいものを食べさせたいママもわざわざやってくる。若いママが集まるようになるから、自然に子育て相談が始まることも。。。だから、清水さんの顔は時にカウンセラーのよう。

 

そして、なぜか、子供たちが学校の帰りにスタンドに立つ清水さんに挨拶をするのです。

共稼ぎの家庭が多い東京の郊外。

 

ママは子供に「帰る時には清水さんに一言でいいから『こんにちは』って言うのよ」と言い、清水さんは後で、仕事帰りに買い物によるママに「~ちゃん、何時に通ったわよ」、と一言「報告」をする。

 

これ、東京の郊外に自然に根付いた子供の見守りシステム。

都会的里山資本主義。

 

清水さんのスタンドはお花が飾られていて、いつも全国各地のお土産でいっぱい。「おまけ」のお返しに、お客さんが旅行先で買ってくるから。

 

2014年ベストセラーになって新書大賞を受賞した「里山資本主義」の副題は「日本経済は「安心の原理」で動く」。

 

JR中央線国立駅から車で、清水さんの畑に近づいてくると、空気が変わるのが分かります。都会にいるのにそこはとても落ち着いた平和な空間なのです。

 

農業と平和って一般的には別々の分野のものだと思われているけれども、清水さんのスタンドに来ると「農業平和賞」というものが存在してもいいなと思うのです。

ブルーベリー

里山資本主義④(了)

日本全国少子化と高齢化の中でなぜ沖縄小浜島の「おばあ」たちは元気なのか?

日本全国で少子化と高齢化が進む中で、人口増加率トップ5を更新し続け(沖縄県竹富町)、おばあたちがとても元気な島があります。沖縄県八重山諸島の一つ小浜島です。

 

この「小浜島」は、沖縄の八重山諸島に位置する人口約600人の島です。

東京からだと

羽田ー那覇(2時間)

那覇ー石垣島(50分)

フェリー(30分)

を乗り継ぎ到着します。

 

私が小学生の時は、南西航空というプロペラ機での移動でしたが、今は直行便もあります。ちなみに、東京ー石垣間は1950キロで、東京ー上海よりも長い羽田発の一番長い路線だそうです。

 

小浜島の丘からは海が見えます。海が本当に綺麗です。

 

小浜島道

 

さて、この小浜島のおばあたちには元気の秘訣がたくさんあります。

 

もう80代、90代のおばあ達ですが、毎日の日課は、朝起きたら、お隣りの家に行って、

 

「おーい、あんた生きてるか〜?一緒に東京に(合唱団の公演に)行くんだよ。まだ死んだらダメだよー。」とそれぞれが周るのだそうです。

 

そして、みんなが集まっておしゃべりをする中で、「みんな歳をとり始めたけど、何かお互いを励まして元気になる方法はないかねえ」、と、そんな話しになったそうです。

 

そして、いつものようにお茶会を開いていたら、誰が言い始めたのか、初恋ばなしを披露することになり、それがすごい盛り上がったそうです。

 

そして、戦争で着られなかったから、結婚ドレスを着ようということになって、お化粧もしてもらうことになったそうです。

 

そしたら、80歳を超えた「おばあ」たちに恋ごころが蘇ったように笑顔と元気が溢れ、みんなで「きゃっきゃっ」とすごく盛り上がったそうです。

 

おばあドレス

 

おばあ達が元気な小浜島では、入会の資格は80歳以上で、70歳はまだ「研究生」、60代はまだまだ「ひよっこ」だそうです。

 

ドレスと恋ばなが恒例になって合唱団を結成。それがきっかけで、島内のリゾート「はいむるぶし」のステージに呼ばれるようになりました。

 

日本全国で生産人口減少、高齢化、少子化が進む中で、全国に元気を与えた、とサントリー地域文化賞も受賞しています。

 

そして、KBG84というグループ名で「徹子の部屋」にまで出場するほどになりました。

 

kbg84 徹子

 

こんなにニコニコと全国の人たち、いやいや、世界の人たちにも(つい最近は北海道とシンガポールに招聘され公演してきたそうです。)に惜しみなく笑顔を振りまいているおばあ達ですが、この一件温和なおばあたちの笑顔の内には、同時に沖縄の太陽にも負けない「芯の強さ」と「知恵」があります。

 

おばあ達が海外にも呼ばれるのは、おばあたちの姿を通じて、島の生活を生き抜いてきた強さと包容力、そして島での生活でつちかった知恵をわたしたちが感じとることができるからではないかな、と感じます。

 

東京生まれの私が初めて小浜島を訪れたのは6歳の時。

小浜島は最初「カルチャーショック」の連続でした。

 

台風がやってきて丸3日間停電。

それなのに、叔母たちはまったく動じず、淡々とろうそくで食事の準備していました。

 

 

ーテレビはNHKしか映らない。しかもよく乱れる(当時)。

ーラジオをつければ、英語か中国語の方がはっきり入る。

ー海辺を歩けば、中国語の漂流物がいっぱい(台湾がすぐそこだから)

 

なにより、おばあ達の言葉がわからない!

 

子供ながらにはっきりと感じました。

 

「国境」なんてしょせん人間が作ったものなんだ、と。

 

 

お店は全部で3件。

 

日中はさとうきび刈りなどの農作業。

時々海に出てたこを釣ってくるなど普段の生活はシンプルなものです。

 

そんなおばあ達がキリリと凛々しい表情を見せる日があります。

 

神に豊作を感謝するために踊りと歌を捧げる祭の時です。

 

いつも見かける叔父達が、突然「きりっと」笛や太鼓、さんしんの名手に変身し、おばたちは、白い衣装に身を包み、神様を迎えるという大役を果たします。

 

島全体で、三日間、神に歌と踊りを捧げるのです。

 

「かっこいい」!!!!!

 

こうした姿を見て育つ小浜島の子供達の憧れは、社長でもサッカー選手でもなく、三線や笛、たいこ、そして歌と踊りが上手い人なのです。

 

その祭を6歳の時にみた私も、あまりの迫力に圧倒され、大人になったら、絶対にこの祭に参加しようと誓ったのでした。(成人すると正式な参加資格を得ることができます。)

 

世界中の神話や神に捧げる儀式は突き詰めていくと、どこかに共通点があって、

 

人間が生きていくための知恵を教えてくれていると、人類学者や神話の研究者が言っていることを思い出します。

 

台風が来たらすべてが寸断される環境において、小浜島のおけるこうした祭事というのは、一人ではけっして生きられない島で生まれた「生き抜く知恵」を、おじいやおばあが全身で後世に伝えていく神聖な空間なのでしょう。

 

なんとも深遠な仕組みが出来ているものだと深い感銘を覚えます。

 

 

小浜島では年長者は知恵のある人として敬われます。

 

年長者は若い人に「知恵」を伝える役割があるとされています。

 

 

 

97歳の「カジマヤー」という長寿を祝うお祝いでは島全体で祝福します。

 

ヒデおばあのお祝いの時には、島の小中学校の生徒全員が手作りの竹笛を練習してお祝いをしました。(小浜島は竹笛が有名です。)

 

小浜島おばあ④

 

ちなみに最近「カジマヤー」を迎えた山城ハルおばあ(96)もKBG84のメンバーです。

小浜島⑤

🔼 写真:小浜島リゾートはいむるぶしさんのブログより

 

人は誰もが誰かの役に立ちたい生き物。

 

そして、「いのち」には、次の世代にほんとうに大切なことを伝えたい、残したい、よりより社会を残したい、という本能が備わっているのです。

 

当たり前だけれども、

人は物でもないし、お金でもない。

 

生産するとか消費することと全く関係ない次元にそもそも本来の人の価値は存在する。

 

そんな当たり前のことを「小浜島」は思い出させてくれるのです。

 

 

 

 

里山資本主義②: あるものから自分と周りに価値を生むシステム

 

短近な資源を活用しながら、マネーの経済システムと並行して、個人の範囲で小さくてもいいから「お金に依存しないサブシステム」を並行して持っておこう、という考え方がじわじわと拡がっているようです。

 

地域エコノミストの藻谷浩介さんの講演を聞きました。

 

なんで?

いろいろなアングルがあるとは思いますが、一つは、生産人口減少、高齢化、少子化という課題です。

 

東京を含め、日本のあらゆる地域が14歳までの子供の人口の減少、生産年齢と言われる1564歳までの人口の減少、65歳上の人口の急増という問題に直面しています。

 

平成合併前32,000市町村のすべてをほぼ私費で訪問したという藻谷さんが見せてくださった全国の市町村のデータによると、

 

今までは、人口の減少は交通の不便なところの問題と思われていたのですが、交通の便がよくて工場があっても、例えば、静岡市といった新幹線も止まる東海道本線上の場所でも人口減が続いているそうです。

 

そして、地方の過疎化のインパクトが強くて、人口減少は地方の問題だと思われがちなのですが、

 

65歳以上の老齢人口が増えていくという点では、この現象は、早いか遅いかの違いだけで、実は都市部の方が顕著なのだそうです。(団塊の世代の多くはリタイア後も都会で暮らし続けるからです。)

逆に、地方の一部では老齢人口の増加は止まってきている所もあります。(団塊の世代の多くは東京に出てるままだからです。)

2050年日本人口2050年日本人口

これって、どういうことかと言うと、都市部では医療、福祉・介護予算は増加し、消費人口が激減する=今の経済規模は保てない (移民の受け入れなどなんらかの対策がとられなければ)、ということで、それならば、全体的に考えると、新鮮な野菜に魚、おいしい水のある生活の方がいいかも、という人たちが出てきます。

 

thumb_IMG_4283_1024

 

だから、

交通を整備する

工場を誘致する

観光客を誘致する

というよりも、

 

藻谷さんは、

人口が減らなくなること

若者が定住し、ずっと子供が生まれ続けることを考えようと言います。

 

今の住民が毎年1歳ずつ歳を取っていくこと、

若者が進学や就職のために地域を出て行くことはある程度は止められないにしても、

 

🙆   若者たちを呼び戻す工夫をすること、そして

🙆子育て世代の支援で出生率を高くできる、と言います。

 

実際に、そのことに早くに目をつけた北海道のニセコ町は、北海道の豪雪地帯の中でも特別豪雪地帯に指定される冬の生活はけっして楽とはい言えない「僻地」にありながら、住環境を整備して子育て支援策を充実させた結果、30代の子育て世代が転入し、人口増加率が全国でナンバー3に入ったそうです。

ちなみに、町長が「町全体で子供を育てます!」とYoutubeで熱く宣言しています。

 

ちなみに、とても興味深いと思ったのは、全国的に少子化が進む中で、人口増加率ナンバー5はみんな「辺境」にあることでした。

 

沖縄県竹富町

沖縄県北大東島

北海道ニセコ町

鹿児島十島村

沖縄県宮古島市

(順不同)

 

子育てがしやすい、ということと、そこにある資源と魅力を最大限に生かした町づくりをすれば人は来るという可能性が示されているように思います。

 

ニセコの例はさらにヒントをくれます。

ー移住者の受け入れ態勢を徹底的にとっていること、

ー家探し(賃貸)の支援を徹底していること(地方では家を貸してくれる家が少なく、まず移住者が苦労するのは家探しだそうです。)

ー外国人の受け入れ態勢を徹底的にとっていること、

ー外国人む含め誰にでも広く就職の門戸を開いていること、

ー結果的に、国際結婚も多くなって、永住につながっていること、

ーそれが田舎でありながら開かれた文化をつくっていて、移住者も住みやすいと感じること、

 

そして、驚いたのが冬よりも夏の観光客の方が人数が多いということで、その理由ー「川下り」と「トレッキング」はもともとニセコを訪れたオーストラリア人のアイデアだったという点です。

 

地元の人に「当たり前」のことも外の人から見たら「当たり前」じゃない。

 

「辺境」を自覚していることもあってか、ニセコ町の町民の方々も外国人を受け入れるための努力をしていること、「外部(外国人も含め)」の意見やアイデアにもオープンな点は大きそうです。

 

そして、地域活性化のためのもう一つの提言が、地消地産を進め、地域外に出ていくマネーを減らしすでにある周りのものから価値を生むお金に依存しないシステムを並行して持っておこうという「里山資本主義」です。

 

世界中から一番安くて大量に作られたものを買ってくるのではなく、地元産の質を上げて地元産をもっと使うライフスタイルです。

 

例えば、伊勢原市民1人当たりの年間のモノ消費のたった《1%=1.2万円》を、地元産品の消費に使えば、12億円が地元経済に回ることになり、雇用を300人分増やせます。

 

他には、

設備費は地元の業者に発注する

地代は地元の人には安くする

光熱費は中東から何万マイルもかけて運ばれてくる石油ではなく、里山から調達できる「まき」を使う

貯金は都会に預けず地元に再投資する

原材料は出来るだけ物々交換をする

地元学校での給食や介護施設などでの食事では農家から直接野菜を買い取り100%地元の食材を使う

観光客に出す食事にも徹底的に地元産の食材を使うなど、

まだまだ出来る余地はたくさんある、と言います。

 

特に、燃料は石油を輸入するのではなく、日本には里山という大きな資源があるのだから、それを燃料として最大限に利用しよう、と提唱しています。

オーストリアは林業を復興させて、年間に1兆円弱の木材資源を輸出する外貨を稼ぐ産業になり収入の高い職業として若者に人気だそうです。

 

ハイテク産業は、商品陳腐化のスピードが速いので、藻谷さんが提唱するのは徹底的に地元産の付加価値をあげること・ブランド化することでした。ニセコの例にも繋がりますね。

 

さて、この話しを聞いた後だったので、川根本町の有名な秘境温泉寸又峡でいただいた食事で、地元産のものはどれですか?と聞いたら、幸いに野菜や魚のほとんどが地元産でした。

 

質素に暮らした方がいいとか

都会を捨てて田舎暮らしをしようとか

自給自足をしようとか

マネーは悪だ

そういう意味ではないし、

 

そこにある自然の資源を活かそうという発想も

「お金で計れない価値」も

地消地産という考え方も

生活の質という視点も

 

当たり前と言えば当たり前なのだけれども、

 

藻谷浩介さんの講演は、人口統計や経済的なデータも含めて示してくれたことで、

 

しかも年間に400回も文字通り全国各地津々浦々で講演をするとかで(1日辺り2回以上です)、

 

あまりモノを買うことに興味のないさとり世代やゆとり世代とのそれ以上との世代との「世代間の橋渡し」的な言語にもなっていて、

そういった価値を直観的に感じてきた人たちを超えて、全国的な議論のきっかけをくれているんじゃないかと感じました。

 

この川根でのイベント自体が、地元のリーダーと全国と世界の若い人たちがつながって開催し続け今年7回目を迎えるとかで、そんなフラットな横のつながり自体も象徴的だと感じました。

 

thumb_IMG_4216_1024

 

そして、人口増加率が全国的トップレベルと紹介された沖縄の竹富町の小浜島からは、平均年齢84歳のおばあアイドルグループ「KBG84」が最近メジャーデビューを果たしました。

品川プリンスでのコンサートは満席で、NHKにも民放にも「徹子の部屋」にも出演し、BBCやCCTVにも取り上げられています。

この小浜島は、私の父が生まれた島で、私のおばさんもKBG84に参加しています。

 

小浜島のおばあ達ってなんでそんな元気なの?

小浜島的「里山(離島)資本主義」の秘訣とは???

 

里山資本主義③: BBCでも絶賛84歳のアイドルグループを生んだ小浜島の秘訣とは?