トランプ大統領の当選を予測できなかった時代を生きる私たちが自分の「判断基準」を持つために

トランプ大統領が当選したのを知った時に真っ先に思ったこの一つは、これからは「自分で考えなきゃいけない」時代なんだなということでした。

 

なぜなら、メディアや予測もあてにならないし、誰かの意見を一方的に信じていればいいという時代が終わりつつあるのを感じたからです。

 

自分の「判断基準」がより求められる時代なのでしょう。

 

そもそも判断基準ってどうしたら養うことができるんだろう?と考えていたら、

ある人の記事でこんな「くだり」をみつけました。

 

判断基準の一つは、「自然」か「自然じゃないか」ということ。

 

それで思い出したのは、ケニアのサファリに行った時のことです。

 

なぜなら、ライオンがいつでも「勝つ」わけではないからです。

 

 

目の前で野生の象やキリン、ライオンを目の前に見れるのは本当に感動です。

遠く感じるかも知れませんが、ヨーロッパへ行くのと飛行時間がそこまで違いません。

一度は行く価値はあります。

 

Mpata 241

Mpata 239

 

 

私たちの方はオリがついている専用のジープに乗ります。

相手から見たら、人間て「きゅうくつ」そうだなあと思うのかも知れません。

 

 

その時にとても印象に残っているシーンがありました。

 

目の前でイボイノシシの親子たちがのどかに草をはんでいました。

イボイノシシとは、一見ぶたのようなちょっと短足なちょっと「かわブサイク」な(失礼!)動物ちゃんです。

 

子供たちはまだ産まれて数ヶ月なのでしょうか。母イノシシの後で草をはんでいます。

 

そんなのどかな風景でした。

 

 

それが一転緊張状態に!

 

数百メートル先にいたライオンがイノシシたちに狙いを始めたのが見えたのです。

 

野生の動物を見るということは、自然界のなりたちを見るということ。

 

それも含めて、見る価値があるということなのでしょうが、ライオンが一気にダッシュを始めた時には私は思わず一瞬息を止めてしまいました。

 

イボイノシシママもライオンを察知するやいなや、一斉に号令を出したようでした。「散らばれ!」と。

 

そして、子供たちは四方八方に散らばりました。

 

すると❗️

 

ライオンはイボイノシシの子供たちが四方八方に逃げていくのについていけず、「捕獲」は失敗したのです。

 

身体の大きさも足の長さも速さもすべての面で「勝っている」と思ったライオンでしたが、小回りは苦手だったのです。

 

これを「勝敗」とするならば、イボイノシシがライオンに勝ったのです。

 

そして、さらにそこから数百メートル先のところでは、おなかいっぱいの別のライオンは昼寝をし、シマウマや別のイノシシがその周りをウロチョロしています。

 

ライオンは、おなかが一杯の時には、むやみに他の動物を襲うことはありません。

 

自分が必要な分以外は求めないのです。

 

 

たとえ弱肉強食でも、強いものがいつも弱いものに「勝つ」わけでもない。

ライオンはライオン。シマウマはシマウマ。イノシシはイノシシ。

ライオンだけがいても自然じゃないし面白くありません。

 

ぜんぶの存在があることが「自然」。

 

人間も自然界の一部です。

 

私にとって忘れられないシーンの一つです。

 

Mpata 238

2017年は丁酉= 丁酉 (ひのととり)と呼ばれる「火」の性質を持っています。

2017年は「丁酉(ひのととり)」と呼ばれる「火」の性質を持っています。

 

これは、「十二支(じゅうにし)」と「十干(じっかん)」の組み合わせ、そして「五行」の考え方から来ています。

 

十二支は、お馴染みの子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥で、2017年の酉は10番目です。

 

そして、「十干(じっかん)」は、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類から成り立っていて、これを毎年順番に繰り返しています。

 

 

%e4%ba%94%e8%a1%8c

 

 

そして、2017年はその4番目の丁(ひのと)にあたります。

 

干支は十干と十二支を組み合わせたもので作られていて、2017年は単に酉年というだけではなく、「丁酉(ひのととり)」という方が正確なのだそうです。

 

 

そして、さらに木・火・土・金・水という5つの性質を当てていく五行という見方があって、2017年は「丁」にあたり、火の性質を持っていると考えられています。

 

 

「火の鳥」の性質を私たちに伝えてくれる伝承と智慧の一つに「フェニックス」や「鳳凰」、「火の鳥」と呼ばれるものがあります。

 

フェニックスの起源については諸説ありますが、古代エジプトのベンヌBennu(朝日の意)という聖鳥に由来するとされています。

 

この鳥は青鷺の頭と鷲の翼を持っていて、全身がまばゆい光に包まれており、毎日誕生と入滅を繰り返すことから、「時の循環」や「再生」を象徴します。

 

goddess-phoenix-and-bennu-gv311

 

この鳥は、死期が近づくと自ら炎の中に飛び込んで己の身を灼くという風習を持っているとされています。

 

そして、灰の中から再び立ち上がり、まったく新しい美しい姿を見せるのです。そうして、全く新しいサイクルを生きることができるとされました。

 

そして再び、天高く舞い上がることができるのです。

これが不死鳥と呼ばれる所以です。

 

 

 

火の性質は、浄化を促すエネルギーを持っています。

同時にこうした伝承が伝えてくれるように火の性質は、「創造」の機会でもあります。

 

 

世界情勢も激動の動きが続いていますが、同時に、より根本的な変化が必要だと感じているのは米国の有権者だけではないと思います。

 

 

 

「実践的」で、かつ「イノベイティブ」な解決法が役に立つでしょう。

 

 

2016年が土壌を整える年だったとしたら、2017年は、拡大の年です。創造の年です。

 

 

2017年はこれから新しく始まるサイクルに向けた変容のための基礎となる年になります。

 

 

 

この「丁酉」のエネルギーが本格化するのは、2月の後半からです。

 

 

旧暦新年の四日目に、「新年の瞑想会」を開催します!

 

 

happychinesenew-year

 

 

中国では、新年の4日目に火の神様を祭っていた習慣もあり、意識を新しい年に合わせていくのに最適な日です。

 

 

この「2017年を最高の年にする新年の瞑想会」では、2017年のエネルギーに繋がりながら、2017年という新しい年がもたらしてくれる恩恵を受け取る準備を整えていきます。

 

 

まだ手放していないことがあるのならそれらを手放していきます。

 

不安や役に立たないくせを解放していきます。

 

 

2017年を収穫と拡大の年にするための実践的なツールとスキルを受け取ります。

 

 

新しいサイクルの流れが本格化するのは、2月の後半です。

 

 

新年に同じ体験をしたくないと思うものを手放す時間はまだあります。

 

 

 

 

新たなサイクルで体験したいことは何ですか?

 

どんな収穫を受け取りたいですか?

 

 

そうすれば、2017年があなたに用意してくれていることにすぐに取り掛かることができるでしょう。

 

 

 詳細はこちらより⇨ goo.gl/a3zceL

 

マインドフルネス(3): 12時間通訳してもエネルギーに溢れる時

 

最近は、googleなどの企業やイチロー選手も瞑想を取り入れていることが知られるようになって、「マインドフルネス」がビジネス界でも流行っているようです。

確かに、私自身、一日12時間通訳をしても、疲れるどころかエネルギーに溢れている状態を体験した時はたぶん「マインドフル」な状態だったと思います。

 

ちなみに、「マインドフルネス」は、意識が完全にここにある状態、または「今という瞬間に全力を傾ける」という心の在り様と説明されています。

「マインドフルネス」を高めることのメリットとしては、集中力が増すこと、創造性が上がること、ストレスが抑制され免疫力が上がること、健康になること、幸福感が上がることなどが指摘されています。

 

また、日本特有の事情としては、地震を体験した時、または地震のニュースを聞くだけでも、わたし達の意識は瞬間的に「飛びがち」だということなので、

地震の多い国に住む私たちとしては、そういう視点からも意識が散漫だと感じた時に意識を戻すグラウンディング・エクササイズ、または感情を落ち着かせるエクササイズを一つは知っておくとよいのではないかと思います。

 

そういう訳で、一昨日の

セラピストやコーチなど人と深く関わる人のためのエネルギースキルを飛躍的にアップさせる『エネルギーマネージメント講座』では、

すぐに出来るグラウンディング・エクササイズもいくつか習いました。これをやった後では、「わあ、身体に芯が通ったみたい!」とあちこちから声が上がりました。

 

続けて、自分で自分のエネルギーの状態を調整するセルフエネルギー・クリアリングのエクササイズを習いました。

その内の一つは、サンドラ先生が直観医療やエネルギー心理学の学会で発表したという誰でも簡単にすぐにできる手法だったのですが、

その場で全員で一緒に体験していく中で、ずっと調子の悪かった身体の部分がよくなったとシェアしてくださった方もいました。

実際、先生のクライアントで慢性的な腰痛に悩まされていて、いろいろな所で診てもらったけどよくならず、半信半疑でこの手法を試してみたら、3分でよくなった、という方もいらしたそうです。

 

そのシェアしてくださった方の状況を実際に目撃した会場の方々からは、「えー!こんな簡単な手法でどうして?!」との声があがりましたが、サンドラ先生は落ち着いたままこう応えられました。

 

「あなたが癒されるという選択をしたからよ。たとえ、どんな素晴らしいテクニックがあったとしても一番大事なのはあなたの意図だから。」

 

また、ある方からは、「ある時期、体調を崩した時があったのですが、エネルギーのバランスの影響が大きかったと思います。」という感想もよせられました。

 

サンドラ先生によると、グラウンディングしていないこと、またはエネルギーのバランスが崩れている状態は、疲れやすい、病気になりやすいということだそうなので、

やはり、自分のエネルギー(意識)の状態と健康の関係はかなり大きいのでしょう。

 

また、「自分が講座を提供する側なのにも関わらず、今まで『エネルギーマネージメント』ということに無頓着でした。」

「クライアントに会うと疲れてしまうという状況に対してどうしたらいいのか分からなかったのですが、これからは何をしたらいいのか分かりました。」という感想も寄せられました。

 

私もまったく同感、そして個人的にはかなり「ホッと」したのでした。

 

まず、エネルギーという側面について、とても分かりやすく、かつ、体系的に説明してもらったことで、それがどう日常の生活やパフォーマンスに影響を及ぼしているのかが少しづつ分かり始めたこと。

身体、感情、メンタル、スピリチュアル面のすべてが日々のエネルギーの状態を構成していて、全体が繋がり合っていることー

その上で、

自分の身体や感情やエネルギーの状態を最善に保つために簡単にできるエクササイズを習ったことで、自分の身体とエネルギーの状態に対して、自然とより所有し始めています。

 

なぜある時とても疲れやすい時があって、今はどんなエネルギーの状態の時に疲れやすくて、逆にどういう状態の時にエネルギーに満ちた状態になれるかを少しづつ体験しています。

 

自分のエネルギーの状態をケアするということは、

一日の最後にシャワーを浴びたり、自分の身体に取り入れるものに気を配るのとまったく同じことー

 

全部がつながりあっているから、全部が「セルフケア」なんだと腑に落ちた一日でした!

 

 

今回は、以前にサンドラの講座を受けた方々から「エネルギーマネージメント」を習いたいとのリクエストがあがり、急遽追加開催が決まった講座でしたが、

(株) ボディーマインドスピリットの渡邊愛子さんの「これを必要としている人はたくさんいる!」との呼びかけで、定員を超えるたくさんの方にお集まりいただきました。本当に有難うございました!(⌒-⌒)

 

==============================

2015年10月18日開催、

セラピストやコーチのためのエネルギースキルを飛躍的にアップさせる

「エネルギーマネージメント講座」は盛況のうちに終了いたしました。

 

オンラインコースを含めたサンドラスウィートマンの講座の受け付けを近日中に開始いたします。

今後のサンドラスウィートマンのワークショップやオンラインコースの情報を受け取りたいという方は、こちらよりご登録をお願いいたします。

 

ご登録⇨ サンドラスウィートマン登録

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

マインドフルネス(2): 12時間通訳してもエネルギーに溢れる時

メンターの先生の通訳を務めることになって、自分の日常のくせが日々の自分のエネルギーの状態とパフォーマンスにどう影響しているかがはっきりと明らかになっていきました。

ある時、内分泌系やら、慣れない身体の部位がたくさん出てくる生物学のような内容を理解するのに戸惑っていた時、

「完全に起きる」エクササイズをやって、理解度が「ぐいん」と上がったことがありました。

苦手意識がある内容でも、意識がより〈ここにある〉 (マインドフル)という状態だと、理解度も上がるようなのです。

 

最近は、googleなどの一流企業やイチロー選手も瞑想を取り入れていることが知られるようになって、ストレス軽減や集中力が高まるということで「マインドフル」という表現が流行っているみたいですが、

確かに、意識が「ここにある」かどうかでこんなにも身体面で大きな違いをもたらすと実際に体験したことは、確かに目からウロコでした。

 

通訳中には、思い出しては一日に何度もこのグラウンディングのエクササイズをやるようになって、かなり集中力を保てるようになりました。

 

そして!ついに、一日12時間通訳をしていても、

疲れるどころかエネルギーに溢れている状態であることに気づいたのです。

 

わっ!わたし、疲れてない!!!

 

時々疲れない?と聞かれるのですが、

そういう時の状態は、わたしの場合、言葉を頭でほとんど考えていなくて、というか考えていたら言葉・訳がついていかないので、言葉が自然に出るのに任せているような状態です。

 

自分を通じてエネルギーが通っているという状態なんだと思います。

 

12時間しゃべり続ければ疲れるものだと思えば疲れるし、でも、疲れない状態も可能なんだと実際に体験したことは、

私にとっては「ブレイクスルー」でした。

 

ちなみに、このエネルギーが通る状態というのは、自分のエネルギーが上にも下にも両方に繋がっている状態だそうです。私の場合、きっと下との繋がりが強化されたのだと思います。

 

そして、通訳として今回一番の褒め言葉をいただきました。

「千華さんの通訳はハートからハートへの通訳でした」と。

 

シンガーの大嶋潤子さんよりいただいたコメントですが、潤子さんは目がお見えにならない分、身体全体がセンサーのように感覚がとても敏感な方なので、そのように感じて頂けた事はとても嬉しいことでした。

 

ちなみに、最近「マインドフルネス」を高めることのメリットとして、集中力が増すこと、創造性が上がること、ストレスが抑制され免疫力が上がること、などが指摘されています。

ではどうしたら日常的にそういう状態を簡単に取り入れることができるのか?どうしたらそういう状態を保てるか?

ということを実践的な視点で教えてくれる機会は実はそう多くないようなのです。

 

幸いにも、そういうことを分かりやすく、かつ、実践的に教えていただく機会に恵まれました。

 

12時間通訳してもエネルギーに溢れる時 (3)に続く