「最初の2秒」はやっぱり正しい ー 直感がわかる人とそうでない人の違いはなあに⁉️

人は自分の直感につながっている時、より高い視点で自然に「決断」や「コミュニケーション」ができると言われています。

 

世界累計200万部のベストセラー作家、マルコム・グラッドウェルは、34カ国で翻訳された「『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」で、「長時間考えてたどり着いた結論よりも、人は『最初の2秒』でもたらされた直感やひらめきによって、人は物事の本質を見抜いている」と言います。

 

最近では、直感力とは一部の人だに与えられた特別な能力なのではなく、誰もがトレーニングによって磨いていくものであると認識されています。

 

だとしたら、直感力のメッセージを認識できる人とそうでない人との違いとは何でしょうか?

 

その一つは、自己価値だそうです。

 

自分には価値があると思えるとき、それがどんなメッセージだったとしても、ただそのまま受け取れるそうです。

 

きっと、なんとかなる、自分はできると思える自己信頼につながっているのでしょう。

 

逆の場合はどうかと言うと、いろんなメッセージが来ているのにもかかわらず、「でも、できなかったらどうしよう?」「もしあんなことがあったらどうしよう?」とやる前から心配や疑いが頭の中で瞬時に回り始め、メッセージを無意識にシャットダウンしてしまうのです。

 

直感力を磨くトレーニングを私の先生が開催したときに、通訳として立ち会ったことがあります。

 

その時に習ったのは、私たちは普段基本的に二つの方向にアンテナ(意識)を向けている、ということです。

 

簡単に言うと、「自分」と「社会」です。

 

人間は社会的な生き物なので、誰もが自分と社会との関係とのバランスをみつけてくのですが、

日本の社会の場合は少し特殊で、

例えばアメリカでは「自分」が8割で「社会」2割の割合だとすると、

日本では「自分」に向けられている部分がとても少なく、圧倒的に「社会」に向けられているのだそうです。

 

その結果見られる現象としては、

 

自分で判断できない、他人やメディアの価値観に翻弄されがち、焦る、みんながやるからやる、等です。

 

困ったことに、この場合の「社会」というのはまったく実態がないあいまいなものであるばかりか、愛ではなく、人のおそれや心配や見栄などの集まりが、文字通り「集合無意識」(collective counsciousness)をつくっている点です。

 

私もそうした集合無意識をはっきりと感じたことが何度もあります。

 

とくにいろんな国を経て、その国のハブ空港に降り立った瞬間です。

例えば、南スーダンからスーダン・ハルツームとドバイを経由して成田に降り立つとします。

ハルツームでは独裁政権とアフリカ・イスラム文化のまざったようななんとも言えない集合無意識を感じました。

ドバイに降りると、今度は、イスラム圏でありながらも、西洋のビジネスプラクティスも取り入れる融合性を感じ、

成田に降り立つと、清潔で整然とした空港に安心するのですが、同時に、なにか気をつけないといけないというか、間違えてはいけない、遊びがないというか、ちゃんとしないといけない、といった雰囲気を即座に感じたものでした。

 

しかも、自毎回驚いたのは、長時間のフライトを経て疲れているはずなのに、成田に着いた瞬間に早足になる自分がいるのです。

 

みんなが常に「追われている」ような集合無意識を身体が感じ取るのだと思います。

 

もし、自分が何か得体の知れないおそれや心配や焦りを慢性的に感じているとしたら、「集合無意識」に引っ張られている可能性があります。

この場合の、「集合無意識」というのは少し前の世代の人のいうところの「世間」、または、最近のネット社会も含まれるでしょう。

 

文字通り、そこに暮らす人たちの意識の集合体です。

 

最近はテレビを見ない人が増えていますが(私もほとんど見ません)、

そうした影響からより自由になりたいという理由で見ない人も多いようです。

 

他にはどんなことが役に立つでしょうか?

 

一つは、他人でもない世間の意見でもない、自分の意見・考えにアンテナ(意識)を向ける訓練をすること

 

二つ目は、より高い周波数に自分のアンテナを合わせること(心配ではなく、軽やかで周りにある豊かさに気づき楽しんでいる状態、幸せや感謝)

 

三つ目は、日本の集合無意識から離れた環境に自分の身をおくことです。

 

海外に行って始めて、自分や日本のことを知ることになった、という人がいますが、いつもの環境から離れて始めて、何が自分の意見で何がそうでないのかがわかるという面は実際に大きいのです。

 

 

8月29日~沖縄へ行きます。

詳細はこちら⇨goo.gl/4vU1sk

 

集合無意識から自由になるチャンスです。

大自然の力をかりて、自分の本当の気持ちにつながる機会があります。

この内容は今回だけです!

 

西表島で見つける新しい自分「私はこれでいい!」詳細はこちら⇨goo.gl/4vU1sk

脳の中身を「書き出す」だけで成果が変わるー『最初の2秒』で人は本当は分かっている「瞬間思考」

『最初の2秒』という言葉があります。

 

世界累計200万部のベストセラー作家、マルコム・グラッドウェルは、34カ国で翻訳された「『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」で、「長時間考えてたどり着いた結論よりも、人は『最初の2秒』でもたらされた直感やひらめきによって、人は物事の本質を見抜いている」と言います。

 

例えば、面接官はたいてい最初の2秒で相手を採用するかどうかを決めていて、その後の質問などのやりとりはそれを「納得させるため」の作業である、例などが挙げられています。

 

私も国連にいた時に面接官を務めたことがありますが、その時の経験を思い出してみても「確かに」と思います。

 

直感能力は、誰にでも産まれながらに備わっている能力です。

 

ただ、私たちは頭の中が騒がしすぎて、直感やインスピレーションに気がつかないのです。

 

というか、それはおそらく「生ぬる過ぎる」表現で、私たちは知らない間に直感やインスピレーションも「シャットアウト」しているのです。

 

心の平安を取り戻すという意味でも、Googleやシリコンバレーで「マインドフルネス」といった瞑想法が見直されていますが、

 

瞑想の効果も味わえながら、クリエイティビティーや発想法を鍛えることもできるのが、「ノート」を使った練習方法です。

 

私は原稿を書く時に、この方法を使っていますが、いったん発想を自由にするプロセスを持つことを原稿のオリジナルティーはもちろん、深みも左右する大事な過程だと感じています。

 

やり方・ルールは簡単です。

 

気になっていること(あの人とどうしたら仲良くできるか)や解決したいこと、例えば、どうしたら今の仕事を通じて成長できるか?(例)といったテーマ(お題)を一文で書く。

 

私の場合、テーマは、例えば「今回の原稿で伝えたいことは何か?」です。

 

・思い浮かんだことをともかく書く

・単語でいい

・なんでもいいーこれは関係ないんじゃないか?など考えない

・疑問が浮かんだらそのまま疑問系で書き出す

・考えずにペンを動かし続ける(絵を描いてもいい、色を変えてもいい)

 

ちなみに、「楽しい」「自分があがる」という単純な理由で私はカラフルなペンを使っています。

 

こんなシンプルなことですが、これはとても重要な「トレーニング」になります。

 

なぜなら、私たちは「考えている」ようでいて、実際のところ頭の中はグルグルと忙しく回り続けているだけで、「考えていない」からです。

 

そして、日常的に、こんなこと言っていいのだろうか?と私たちは、自分の中から湧き上がる感覚や発想を自分が自分で止めているからです。

 

こんなこと書いてなんの役に立つんだろう?」とそんな思考がよぎったとしても、

 

「判断しない」でまず「なんでも」「ともかく」紙に「書き出す」ことが重要になります。

 

慣れてくると、快感にさえなってきます。

 

そうだったんだ!と腑に落ちた時や、全体像がひらめいた時には文字通り「コレだ!」と手を叩きたくなります。瞑想の効果のα波に近い状態でしょう。

 

そんな分かりやすい「成果」がある時もあればない時もありますが、私が感じる一番の効果は、こんなことを言ってはいけないという「内なるセンサー」を外すということ、そして、自分が自分の「内なる声」を尊重する」ということだと思います。

 

どれがただの「思考のおしゃべり」でどれが「直感の声」かわからない、と最初は思われるかも知れませんが、まずは、そもそもこちらから直感に耳を傾けなければわかりません。

 

相手の言い分としたら、「いつも無視するくせに突然話しかけられても困るよ」というわけかも知れないですから。

 

トレーニングを続けていくと、コレ!という腑に落ちる感覚を掴んでいきます。

 

内なる声と対話を続けてみてください。