米軍の安全対策を海外進出する企業に応用すると?

安全対策(情勢分析)でのリスク分析のフレームワーク(考え方)の一つを紹介しました。

リスクレベルを、脅威(threat)× 脆弱性(vulnerability)と捉える考え方です。

例えば、外務省発行の安全対策ブックレットにも、その社会での「脅威」について知りましょう、とあってもどう脅威を判断し評価すればいいのかは書いてありません。

この考え方は、ありうる脅威を把握すると同時にこちらの安全面での弱い部分=脆弱性(vulnerability)を下げること =予防出来る面を増やすことでリスクを下げることができるというものでした。

今回はリスクを単に軽減するという視点だけでなく、先を見越してより積極的に安全に投資をするこという視点を取り上げたいと思います。

リスクレベル= 脅威(threat)× 脆弱性(vulnerability)× 強み(strengths)です。

例えば、米軍や国連の平和維持活動でも自身の身の安全を守ることに対して数々の対策や研修が行なわれていますが、

その内の考え方の一つにPosture(姿勢) & Perception(どう見られているのか)というものがあります。

 

こちらが言語として相手側に伝えているのはあくまでも一部であり、非言語領域でも全ての面で相手にどんなメッセージを送っているのかを認識し、より効果的なメッセージを送ろうという考え方です。例えば、備品の置き方、車の駐車の仕方、現地の人とのコミュニケーションをする時のボディ-ランゲージなどです。

確かに、私が南スーダンの現場にいた時、治安の維持のために派遣されたいろいろな国の軍に接してきましたが、素人ながらそれぞれの軍の士気や強さが想像できたものです。

 

「この軍ジョギングしてるけどなんか士気がなさそう。。。いざという時大丈夫だろうか?」

「そごいこの軍!きびきびしてる!この軍なら安心した。」

 

さて、これを企業の文脈に応用すると、どうなるでしょうか?

◯ 駐在員の方は普段現地の方にどう見られていますか?どんな現地との接点がありますか?どこに行くことが多いですか?

◯ 駐在員のご家族はどんな現地社会との接点がありますか?

◯ 会社や精神やサービス自体はどういう風に見られていますか?

◯ 本社(日本)や日本の動向はどんな影響を与えていますか?

◯ ホームページやプレスリリースはどんなメッセージを発信していますか?

◯ それは現地の人に伝わっていますか?

◯ こちらが伝えたいメッセージと現地の人が受けとっているメッセージの間にどんなギャップがありますか?

◯ 現地のメディアや政府や商工会議所からはどんな風に伝えられていますか?

◯ どんなメッセージを今後より積極的に送っていきたいですか?

◯ どんな方法がありますか?

◯ どんなアクションをとりますか?

 

まとめると、

1、より積極的に安全に投資をする。

2、今後どんなメッセージをより積極的に送っていきたいかを確認する。

3、Posture(姿勢) & Perception(どう見られているのか)という非言語領域にも意識を向ける。

4、ホームページやプレスリリースなどが発信しているメッセージを見直す。

5、駐在員本人だけでなく、家族や出張者も会社の代表・広告塔であるという意識を全員が持つ。

 

 

Sri Lanka Triangle 128

クライアントのどこが悪いのかではなく「助言する」立場にある自分に焦点を当てる

講師やカウンセラーや先生といった分かりやすい立場でなくとも、人間が二人集まると私たちはどちらかが自然に「アドバイス」を始めたりするようです。

 

フラストレーションを感じたり、

こちらの意図が伝わらなかったり、

コミュニケーションが噛み合なかったり、

こちらが早く成果を出したくて焦ってしまい

相手の反発を招いたり、

そんな失敗を重ねて、気づいたこと。

 

それは ー

 

相手のどこが悪いのかに焦点を当てるのではなく、

「講師を務める」「助言する」立場にある自分に焦点を当てるということ。

 

この人は何を感じ、

何を必要としていて、

 

わたし自身はこの人に対して何を感じているのか?

私自身が必要としていることは何か?

 

相手と私が必要としていることを両方満たす方法がみつかるとたいてい上手くいくということ。

 

 

これがPeace Blossomが研修を提供する際の心構えになっています。

 

Peace Blossomが提供している研修のテーマ例です。

◯ 法人・海外赴任者向けの研修(現地スタッフ育成、安全対策、CSR、メンタルヘルス・ストレス対策)

◯ 若い人(中学生や高校生も含む)向けの世界の課題を実践的に学ぶプログラム

◯ 自分の意見を伝えたり、互いに違う意見でもいいと体験することを学ぶ教育プログラム

などです。

http://peaceblossom.net

 

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

IMG_2345

海外を訪れる・海外で働く人のための安全対策の視点とは?

海外赴任者の方々の安全対策の見直しが緊急に行なわれています。昨今の世界情勢の変化で赴任に対する不安はもちろん、個人旅行でさえキャンセルをされる例も少なからず起きていると聞きました。

安全対策は、海外赴任者の方、特にご家族で赴任されている方にとって日々の生活に直結する課題ですよね。日々安心に過ごすことができることは、赴任されている方が仕事に集中できる土台でもあり、ご家族全体の海外赴任自体の体験をも左右することになるでしょうから、対策できるところは対策いただいて、海外赴任という貴重な体験を、ご自身とご家族・お子様のために有意義な体験にしていただきたいと思っております。

安全対策は、南スーダンや東ティモールといった紛争地で働いていた私にとっても日々の生活に直結する課題でした。国連の場合、この数年地域によってはテロの直接的な対象にもなっている背景もあり、例えば、以下のようなテーマを安全対策の一環として扱いました。

 

◯ 通勤時に注意する点

◯ 安全対策としての住居の選び方

(どんな対策や設備、連絡手段の用意があるとよいか)

◯ 出張先のホテルの選び方

(何階のどの位置に部屋をとるのがいいか)

◯ レストランではどこの席に着くのがいいか

◯ 日常的なコミュニケーションで気をつけること

◯ デモやストライキが起こった際にとるべき行動は

◯ 万が一、人質にとられた時のための行動と心の保ち方

◯ コンパスや地図、GPSの読み方

 

確かに、事前に知っておく事で対策をできる部分やちょっとしたことで未然に防げることは多くあると思います。

そして、例えデモやストライキが起きたとしても落ち着いていられます。

ただ、

長年南スーダンや東ティモールといった紛争地で働いてきた体験から言えるのは、

安全対策のためにまず大切な視点とは、

「私たちはどう見られているのか?」という視点を持つことだと思います。

 

政情が流動的である程、

外国人である私たちがその社会における自分たちを見る視点と、

実際、現地の人からどのように見られているか(perception)との間にギャップがあることがあります。

 

例えば、これは世界的に知名度もあり中立と人道の立場をとる国際赤十字委員会もこの例外ではありません。国際赤十字委員会の主催する研究会に委員として呼ばれたことがありますが、その時に話し合われたのも、まさにこのperceptionのギャップの問題でした。

 

私たちはこの社会の中でどう見られているのか?

 

この問いは今更に重要になっています。

 

Peace Blossomは、安全対策に関する研修を提供しています。

詳しくは、http://peaceblossom.net

info(at)peaceblossom.netまでお問い合わせください。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご連絡くださいませ。

 

IMG_2345