2017年に「感受性」を強みとして発揮するために知っておく《5つのポイント》

2017年から「新しい流れ」が始まるようです。

 

新しい時代においては、自分の強みや才能を知っていることがより重要になってきますが、その中でも、これまではあまり「強み」として捉えられてこなかったような特性がより重宝されていくように思います。

 

 

その一つは「感受性」です。

 

このシリーズでは、「感受性の高い」人の強みとチャレンジ、そして、そういうタイプの人が自分の特性を強みとして活かすために知っておくべきポイントをお伝えしていきます。

 

私のところにセッションに来られる方の中には、「感受性」が強く、エネルギー的に繊細 (sensitive)なタイプの方が多くいらっしゃいます。

 

ここで言う「繊細な」という意味は、その人の「構造」というか「つくり」というか、特性が繊細であるという意味であって、「ナイーブ」であるとも「弱い」という意味とも違います。

 

別の言い方をすると、感じ取る能力が高い人、共感能力の高い人たちです。

 

「繊細」とだけを聞くと、「競争社会」の基準からすると「弱み」のように聞こえるかも知れませんが、これからの時代、「感受性が高い」ということは「大きな武器」となっていくことでしょう。

 

 

では、「感受性」が高いことの「強み」とは例えばどういうものでしょうか?

 

例えば、相手が伝える1の情報から、その何十倍もの情報を読み取る能力です。または、より大きな全体像をつかむ能力です。

 

これは、「洞察力」(insight)と呼ばれます。

 

例えば、この人は、言葉ではこう言っているけど、その人の本心はいったい何なんだろう?または、「このミーティングで部長はこう言っているけど、どうも他の人たちはしらけてるなあ。みんなの本心はいったい何なんだろう?

 

今、会議で起きていることやこの組織全体で起きていることは何だろう?」といったより深層の部分が「分かる」能力です。

 

 

これは、人と関わる仕事、交渉や仲裁、ファシリテーション、リーダーシップといった分野で大きな力になります。

 

または、一つのニュースからより大きな流れを読む能力です。

 

例えば、私にとっても紛争地の現場でこの力が大きな助けとなりました。

 

例えば、南スーダンのような紛争地では、この先数ヶ月、政情がどうなるのか分からないというような環境に置かれます。

 

そのような環境の中で、国連のスタッフは、いろんな人に会って情報収集をし、分析を加え、あり得るシナリオなどを考えながら、それぞれの場合どう対処したらいいかを決定していきます。

 

私は、そういう地で仕事をする人として、いろいろな人に会って生の情報(感覚)を得て、この先の流れを掴んでおくことは、決定的に大事なことだと本能的に感じていたので、できるだけそういう時間を意識的にとっていました。

 

なので、新しいニュースがあったり、政情的に何かが起こっても、「ああ、これはこれ以上『大事』にはならないな」とか「今回はちょっとヤバい」とか、ある程度流れが読めたり、予測がついたりしました。

 

私にとってはあまりに自然にやっていたことだったのですが、

 

えっ?!、みんな気づいてないの?!!!

 

と逆にびっくりしたこともあって、「ああ、これは知らせなきゃいけない」じゃないけど、正式な職務の一部であるかどうかは関係なく、分析レポートを書いて重宝されたこともありました。

 

そして、私の分析が全体像を掴んでいた、先を見越していた、ということが実際にありました。

 

同じ街にいながら、同じ国にいながら、同じ人に会いながら、同じ情報を耳にしながら、その人が導き出す結論や分析はまったく人それそれでした。

 

断片的な情報から、全体像を「掴んでいく」能力はまさに大きな才能なのです。

 

こういう場合の「分かる」能力は、ロジカルシンキング的に一生懸命考えてたどり着く結論というよりは、感覚的に「わかる」という種類のものです。

 

私の場合、この能力が、今ではどう発揮されているかと言うと、例えば、カウンセラーとしてある方の相談内容について聴いている時に、その方が言わんとしていることの全体像や課題の根っこの部分が「パッと」把握できる能力です。

 

もちろん、いくつか質問をして、課題を探ったり、それを確認してきますが、その能力は高い方だと思います。

 

また、いくつかのニュースの断片を合わせていって、大きな流れやより大きな全体像をつかめることです。

 

私はクーリエジャポンという媒体で連載記事を持っていますが、2016年8月3日付けの記事 Vol.3 大仲千華「答えを求めない勇気」で英国のEU離脱について書いたことが、今回の米国大統領選挙にもそのまま「当てはまる」ので自分でも少しびっくりしました。

 

Beautiful landscape
Beautiful landscape

 

 

また、「感受性が高い」ということは、「エネルギーを伝達できる能力」にも繋がるので、スピーチや文章を書くなどなんらかの表現をする人にとって大きな力になります。

 

その人が感動したことについて伝えようと思うと、その感動のエネルギーが文章なりを通じて相手に伝達されるからです。

 

私はずいぶん長い間スピーチが苦手だと思っていて、自分がスピーチが上手だと思ったことはなかったのですが、南スーダンの紛争地の現場にいる時、私が話し始めると、それまでしらけていた参加者が耳を傾け始めるということを体験することがありました。

 

南スーダン政府との会合で、

南スーダン人民解放軍の人たちと一緒にいる時、

スタッフミーティング等々で、

 

 

相手がこちらに耳を傾けるのが分かり、上司や他の人たちから「Chikaのスピーチすごくよかったよ」と言われることがあると、嬉しいのだけど、

 

 

「えっ??、はて、私はいつからスピーチが上手になったんだっけか??」と、当人としては「狐につままれる」ように感じたこともありました。

 

 

当時の南スーダンの状況は

(今でもそうですが)、紛争が再発する要因もいくらでもある。

独立できるかどうかも分からない状況。

 

 

 

そんな真剣勝負みたいな日々だったので、

 

「たった今私がこの場でここにいる人たちに届けられる一言は何だろう?」と、私なりに必死に考え、何かを真剣に伝えようとしていた気持ちが相手に伝わったのだと思います。

 

img_0990

⬆️国連のスタッフデー@南スーダンにて。

民族衣装を着て来たエチオピア人の同僚と一緒に

 

多国籍チームのリーダーに抜擢されてからは、政府やNGOとのミーティングでも「国連代表」として一言求められたり、視察とか出張先で一言求められるなど、その状況もよりフォーマルになっていきましたが、

 

私はそんな体験を経て、「かっこよく話す」ことも、「国連職員とはこうあるべき」もやめて、誠意を持ってハートから話すことの方が効果的だということを学んでいったのでした。

 

最近のコミュニケーションに関する研究では、言葉や文字として伝わるのは10%以下(またはもっと低い)ということが言われています。

 

今では、文章を書く時でも、言葉を超えて全体のエネルギーとして何を伝えたいのか、ということに意識を置いています。

 

だとするならば、言葉を超えて、全体のエネルギーを伝えることができる能力とは、まさに「繊細さ」や「感じ取る能力」「感受性」の大きな強みなのです。

 

 

こうした能力が開花すると、

 

人に教えること、講師、執筆、ダンス、デザイン、演劇、絵を描く、歌を歌う、音楽、イラスト、建築、彫刻、織物、アスリートなどー

 

そういうタイプの人たちの、自分の中から「湧きでるもの」を表現する意欲、そしてそのベストを追求する「内なる意欲」はもともと強いので、それが助けとなり、それがどんな分野であっても、自分の表現や作品は自然と高い水準に達していきます。

 

 

「感受性」「繊細さ」や「感じ取る能力」を自分の強みとして成功している有名人としては、例えばこのような人たちが挙げられています。

 

スティーブン・スピルバーグ

メリル・ストリープ

アガサ・クリスティーン

アルバート・アインシュタイン

エリザベス・キュープラ・ロス

デール・カーネギー

などです。

 

Dan Millman 33:6.jpg

Dan Millman.jpg

 

Dan Millman ‘The life you were born to live: A guide to finding your life purpose’ p.242より

邦題 ダン・ミルマン「「魂の目的」ソウルナビゲーション―あなたは何をするために生まれてきたのか」より

 

 

ただ、どんな人にとっても、その人の強みとチャレンジは「表裏一体」であるように、そういうタイプならではチャレンジもあります。

 

では、こういうタイプの人たちが、その「感受性」「繊細さ」や「感じ取る能力」を才能として「開花」するためにはどんな事が役に立つのでしょうか?

 

次回に続く。

ストレスを「力」に変え芯を生きる人のための ⭐️セルフエンパワーメント⭐️ 講座

empowered-self

 

私は長年の紛争地での国連ミッションから日本に帰国して気づいたことがあります。それは日本人の共感能力の高さです。

もしかしたら、「当たり前」のように思われているかもしれませんが、これは世界的に見ても非常に稀有な能力です。

これからの時代、「感じとることができる能力」はますます求められていくことでしょう。

 

同時に、そのせっかくの共感能力が、活かされていない、または、逆に「重荷」になっているケースもあるように思いました。

本当はなんとかしたいと思っているけれども、課題の大きさと複雑さにあまりに「圧倒される」ように感じるがために、防衛反応として、「無感覚」になっているのではないかと感じたからです。

 

ストレス研究が説明してくれているように、無感覚になることは自分を守ろうとする反応の一つです。私たちは、「心地悪さ」や「ストレス」を感じた時に、さまざまな方法で自動的に自分を守る体制に入るからです。

 

例えば、

何も感じないように自分の心を麻痺させる。。。

完璧主義になる。。。

クールを装ってみる。。。

失敗しそうなことは避ける。。。

先手を打って誰かを攻撃したり批判したりする。。。

何も問題がないふりをする。

などです。

 

 

私たちは、こういう風にすれば傷つかなくて済むと思っていますが、ただ、本当の課題を解決していることにはなりません。

 

こういう反応は、ほぼ自動的にしているのですが、まず私たちは、自分のストレスの状態をありのままに認識し、自分はどういう時にストレスを感じやすいのか、何がストレスの本当の原因になっているのかを発見し、自分にはどんな「思いグセ」があるかに気づくことができます。

 

ストレスを感じている時は、軽い不快感から、強い悲しみ、怒り、絶望にいたるまで、自覚があるなしにかかわらず、自分の中のある特定の「考え方」や「心のあり方」がそうした反応を引き起こしていると言えます。

 

ストレスに強くなるというのは、ストレスを全く失くそうとするのではなく、一旦それを受け入れて、「ストレス」を引き起こしている本当の原因に気づくことです。

 

このワークショップでは、 自身や他人をあらゆるストレスや恐れから解放してくれるメソッドとして知られるバイロン・ケイティーの「ストレス置き換えワーク」を基に、より簡単にした形式で、ストレスや不安を引き起こしてる考えを見つけ、それに対する問いかけを通じて問題を解決していく方法を学びます。

 

バイロン・ケイティーのワークは、ニューヨークタイムズベストセラー作家、ジャネットアットウッドなどからも紹介され、世界中で実践されているワークです。

 

 

 

《このワークショップで扱うこと》

⭐️  自分の自動反応を知る「ストレス・リアクション」テスト

⭐️  抵抗と受容の宇宙の法則とストレスの関係

⭐️  あなたのストレススイッチを発見する「かくあるべき」ワークシート

⭐️  ストレスの「本当の原因」をみつける

⭐️ こんなことが起きたら嫌だなと思った時にできる自分への伝言

⭐️「ストレス置き換えワーク」実践編

 

 

《この講座を受けていただきたいのはこんな方です》

◎ 職場での人間関係に葛藤をストレスを感じている

◎ 焦りや「~しなければいけない」という感覚に急き立てられてリラックスできない

◎ 頭の中がいっぱいで考えられない。整理したい。

◎ 気力や意欲が持てなくて、心因的な原因があると感じている方*

◎ 自分よりも他人を優先させてしまう方

◎他人や社会の価値観ではなく自分の価値観を優先に生きたい方

◎自分を大切にしながら、かつ社会や人の役に立ちたいと思っている方

 

 

《日程》

⭐️第一回 日時: 2016年11月23日(祝) 13:30-16:30 

場所: スクエア荏原第一小会議室 

 

お申し込みはこちら⇨ お申込みフォーム

スクエア荏原アクセス: http://goo.gl/VNzroL

 
 

⭐️第二回 日時: 2016年11月27日(日)13:30-16:30 

場所: スクエア荏原第一小会議室

お申し込みはこちら⇨ お申込みフォーム

スクエア荏原アクセス: http://goo.gl/VNzroL

(南北線、三田線、目黒線武蔵小山駅、戸越銀座より徒歩10分)

 

 

 

《講師 大仲千華》

国連ニューヨーク本部、南スーダンなどにおいて、元兵士の社会復帰支援など国連の平和支援に10年従事。国連支援の最前線で多国籍チームのリーダーに抜擢される中で、聞く力や共感力が大きな力となること、自分の強みを活かしたリーダーシップのスタイルを発見していく。

国連退職後は、米国政府の専門家として、国連の平和支援に参加するアジアの軍隊に派遣され、講師を務める。

帰国後、燃え尽き、何もやる気がしない・起きれない・働けなくなり、心理学やスピリチュアリティーを学び始める。

自分の「弱さ」やシャドー受け入れ、統合していくことを学び、直感能力とヒーリング能力が飛躍的に開花する。

外からの評価を求めるのではなく、自分が自分でいられる安らぎとエンパワーメントを広げたいと思いコーチングを始める。

ワークショップ参加費:5,000円

 

 

《体験談》

◎ この前の講座を受けてから、プロジェクトと向き合う姿勢が変わりました。正式な役職に関係なく、関わる人たちの間を調整するのは、私の役割であるということに気が付きました。千華さんのリーダーシップのあり方をお聞きできたことが大きいです。ありがとうございました。

東京都在住 政府機関勤務、M.H.さん

◎ 職場で自主的な勉強会を立ち上げました。安全で安心できる医療を提供できるようにするためです。2か月しないうちに当初の予定よりも何倍もの人が参加してくれました。チームとしての意識が上がると同時に、学ぶ楽しさを体験してもらっています。参加する人たちが眼を輝かせているのを見るのはとても嬉しいです。

大阪府在住 医師  S.H.さん

◎ 大仲さんには、自分の思っていることを素直に話せる雰囲気があります。コーチングを受けて、ぼんやりしていた自分の課題が具体的に見え、では何をしようか?というふうに変わりました。それを職場で実践する中で新たに見えてくることもあり、転職を決めました。自分の言葉で考え、納得できる選択をする後押しをしていただいたなと思っています。ありがとうございました!

◎ 国際映画祭のディレクターに決まりました!講座の3日後が面接で、アドバイスされたことを意識して相手を見つめていると、なんと相手が涙目になって自分の夢を語り始めるという前代未聞の展開になりました。そして2時間後に採用の電話が来ました!これから世界を相手に活躍できるのが本当に夢のようです!

◎千華さんには、現場に立った人独特のパワーを感じます。自分の視点が広がりました。自分が学んできたことを世界で生かしたいです!

◎ 今まで私のいた環境では自分の分野や悩みがあまり理解されない面が多かったように思います。理解してもらえることによる大きな安心感を感じました。「迷い」や「恐れ」は、想像以上に膨大なエネルギーを私の中から奪っていたのかもしれません。受け入れいただけたことが支えになっていると思います。 今本当に充実しています!

 

heart5

 

《最後にー国連職員だった私がなぜコーチング・カウンセリングを始めたのか?》

長年の紛争地での国連ミッションから日本に帰国して気づいたことがありました。それは日本人の共感能力の高さです。

もしかしたら、「当たり前」のように思われているかもしれませんが、これは世界的に見ても非常に稀有な能力です。

これからの時代、こうした「感じるとる能力」はますます求められていくと思います。 

ただ、同時に、自分が思うように出来ないことに無力感を感じて、その感覚に圧倒されるばかりに「無感覚」になっている人も多いんじゃないか?とも感じました。

もしかしたら、私が南スーダンなどで見てきた紛争とは形は違えど、「根っこ」は一緒なんじゃないか?

私自身、帰国して気がついたら燃え尽き症候群になっていましたが、何のやる気も感じられず、働けなかった状態から、少しづつ気力を取り戻していくに従って、要らないものが「削げ落ちていった」のでしょう。

自分が自分を受け入れ、認めていることの安らぎ、自分がただ自分であることの安心感を感じるようになっていくにしたがって、外からの評価を求めるのではなく、自分が自分でいられることによる安心感や本当の「力」を伝えたいと思い始めました。

 

自分が自分であること。

誰かと比べる必要もなく、ただそれぞれが自分であること。

その安心感とエンパワーメントが広がっている世界。

 

そんな人が一人でも増えたら世界はもっと優しいところになると思う。 

これが私がコーチングを始めた理由です。(*^-^)ニコ

それはあなたの本当の声ですか? 世界で2 人目の認定を受けました!

それはあなたの本当の声ですか?

「ハート・インテリジェンス」という言葉があります。

 

人は自分の直感につながっている時、より高い視点で自然に「決断」や「コミュニケーション」ができると言われています。

 

世界累計200万部のベストセラー作家、マルコム・グラッドウェルは、34カ国で翻訳された「『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」で、「長時間考えてたどり着いた結論よりも、人は『最初の2秒』でもたらされた直感やひらめきによって、人は物事の本質を見抜いている」と言います。

 

少しだけ個人的な体験をお話しすると、私の場合、自分の直感に繋がるようになったのは、燃え尽き症候群になって仕事ができなくなった後です。バリバリと働いてきた私にとって「まさか自分が燃え尽き?!」と最初はショックでしたが、それがきっかけで、自分がカウンセリングを受ける中で、心理学やセラピーのメソッドに興味を持ち始めました。

 

今、振り返れば、長年貯めてきた自分の中のくせや思い込み、「鎧」を一枚一枚脱ぎ捨てていく機会でした。

そうしたものを脱ぎ去っていくにつれて、より自由になって、気がつけば直感力が開花していることに気づきました。

 

本来、直感力は誰もが持っている能力です。そして、自分の直感に繋がるのに「燃え尽きる」必要もなければ、何か大変な体験をする必要もありません。

 

この「ハートメタセッション」は、プラクティショナーが自分の直感に繋がることで、受ける人も自分の直感に繋がりやすくなる、ハートとハートで繋がることで生まれる『ハートコヒアレンス』(heart coherence)の状態をを創ります。

 

その状態の中で、受ける方も自分の「ハートインテリジェンス」(ハート、直感、内なる知恵)と繋がりやすくなります。そして、『ハートコヒアレンス』によって生まれる空間の中で、直感を邪魔するもの(焦り、プレッシャー、「しなければいけない」といった観念など)を解放していきます。

 

heart-math

⬆️ 「ハートインテリジェンスが活発になっている時」Heart Math.Instituteより

その解放が起きた後は、同じ出来事がまったく新しく見えたり、今までは感じられなかったことが分かったりします。

 

やり方はとても簡単です。プラクティショナーが言うことを聞きながら、自分の意識を自分の直感に合わせていきます。

 

それを自覚的に感じる人もいれば、「何が起きたのかよく分からなかったけど、楽になった」という人もいます。それでも、効果は十分にあります。

 

本来は誰でも自分の直感とつながっています。それを邪魔するものが取り除かれていくと、誰でも自然に本当の自分の声と繋がり、より自由に、簡単に、楽に「決断」し、人生をより「楽しめる」ようになるでしょう。

 

《このような方に向いています》

◎ 職場や家庭での人間関係に葛藤をストレスを感じている

◎ 焦りや「~しなければいけない」という感覚に急き立てられてリラックスできない

◎ 頭の中がいっぱいで考えられない。整理したい。

◎ 気力や意欲が持てなくて、心因的な原因があると感じている方*

◎ 自分よりも他人を優先させてしまう方

◎他人や社会の価値観ではなく自分の価値観を優先に生きたい方

◎自分を大切にしながら、かつ社会や人の役に立ちたいと思っている方

*医療行為に代わるものではありません。

 

《ハートメタセッションの効果》

⭐️  よりはっきりと「決断」できるようになる

⭐️ 「迷い」や「怖れ」の正体が分かり、目の前の状況をより落ち着いて見られるようになる

⭐️  人間関係が改善する(苦手な人が苦手でなくなる)

⭐️ 大変だと思っていた状況に意味をみつけたり、ポジティブに見ることができるようになる

⭐️  自分に対する「自信」を感じることができる

⭐️  自分を責めたり罪悪感を感じるのではなく、その状況は何について「学ぶ機会」なのかが分かる

⭐️  自分を止めているブロックや思考を解放することができる

⭐️  古い傷やトラウマが解消される

⭐️  自己理解や自己認識が増し、自分の才能や人生の方向性について分かっていく

 

Woman-at-peace

 

《ハートメタテクニックの特徴》

ハートメタテクニックは、氣の流れをよくする、エネルギー心理学、経絡療法(けいらくりょうほう=身体を巡る経絡を通じて働きかけ身体のエネルギーを調整するもの)を基本にしています。

例えば、エネルギー心理学を起源とするメソッドにEFTがあり、EFTは、身体面におけるエネルギーの不調の解放に大きな効果を持つことが知られています。ハートメタテクニックは、EFTと同様の効果をより簡単にもたらすことができ、さらに、魂の領域においても扱うことができます。

魂の領域とは、例えば赦し(forgiveness)に関することです。ハートメタテクニックはとてもシンプルながら、赦しを促し、ハートを開くことに大きな効果があります。

 

メタは古代パーリ後で慈悲 (compassion)を意味します。

 

heart-6

 

《体験談》

会社での人間関係に心が乱されることが多くあったので、ハートメタセッションを受けることにしました。

ハートメタセッションを受けて特によかったなと思うのは、 心に引っかかっている出来事を、すべて具体的にプラクティショナーに話す必要もなく、それでもセッションの流れの中で言葉を聞いているうちに、または繰り返しているうちに、自分が会社で体験していることに共通点があること、そして、自分の心の奥にある感情に気づくことができたことです。

その後の職場での体験には自分でもびっくりしました。それまでこちらが挨拶しても、無視されたこともあったのが、相手の方から声をかけてきたからです。相手の方のフレンドリーさも感じますし、感謝さえ感じています。

ハートメタセッションは受ける人に優しく寄り添ってくれるメソッドです。安心して受けることができました。

なんだか分からないけど、モヤモヤするという方、人生にもう少し軽やかさをもたらしたい方にぜひ受けていただきたいです。

東京都在住 保険業界 Y.M. さん

 

職場と家庭における葛藤とストレスがあったので、ハートメタセッションを受けることにしました。

ハートメタセッションを受けて特によかったなと思うのは、 自分自身の内なるの声に耳を傾け、気づくことができたことです。そして、どんな出来事にも、より良い視点を持つことができるようになりました。

セッション後においても、自分自身の調和が日常のあらゆる場面に反映されていくことを日々実感しています。本気で自分に向き合いたい方、人生を変えたいと思う全ての人にハートメタセッションをお勧めします!

東京都在住 医療従事者 K.F. さん

 

《このような方が受けています》(これまでの講座やコーチングの参加者)

医師、看護師、医療従事者、カウンセラー、講師、政府機関勤務、NGO勤務、元国際機関勤務、ビジネスパーソン、公務員、イラストレーター、主婦、大学生など。

 

対面 または Skypeにて。

スカイプにて、日本国内、海外在住の方も対応可能です。

*時差14時間圏内ともセッションを行っています。具体的な時間帯に関してはご相談しましょう。

 

《料金》

60分 18,000円(税込み)

90分  22,000円(税込み)

 

それはあなたの本当の声ですか?

あなたの内なる声に優しく寄り添う

ハートメタ・セッション。

今すぐお申込みください!

 

⬇️ ハートメタセッションお申込み方法は以下の通りです。⬇️

 

① メールにてinfo@peaceblossom.net宛てに以下についてお知らせください。

お名前:

ハートメタセッション希望の日程 (第三希望までお知らせください): 

携帯電話番号 (当日ご連絡が必要な場合のみ使わせていただきます):

ご相談されたいこと:

 

② 日程と場所についてお知らせいたします。

 

③ セッション料を以下の口座宛にお振込みください。

振込先名義: 株式会社 Peace Blossom

カ) ピースブロッサム

ゆうちょ銀行

【店名】〇〇八(読み ゼロゼロハチ)

【店番】008 普通 6766130

ゆうちょ銀行から振り込みの場合

記号 10030 口座番号 67661301

 

④ セッションの当日お会いしましょう。リラックスしてお越しください。

あなたとの出会いを笑顔でお待ちしています。(*^-^)ニコ

お申込み・お問い合わせは info@peaceblossom.netまでお願いいたします。

Onaka 2016 March pic

 

⬇️「ハート・コヒアレンス」の効果についてHeart Math.Instituteより