わたしたちの想像をは・る・か・に超えた解決法を招き入れるための秘訣 ーあなた特注オーダーメイドで注文すること❗️

実は昨日からちょっと興奮気味です。

 

「人生の一つの大きなレッスンとは「奇跡」を受け入れることなのかも知れない、と思います」と3週間ちょっと前に書きました。

 

「これまでどんなに頑張っても上手くいかなかったことが自分の想像を超えた方法で物事が展開し始めるのを見るとき、思わず手をあわせて空を見上げたくなるような瞬間があります」と続けました。

 

今日クライアントさんから聞いたことは、「わたしたちの想像を超えた方法」で、ほんとうに、まったく、まったく「わたしたちの想像を は・る・か・に超えた方法」で物事が展開しつつあることでした。

 

まだ詳しいことをお伝えできないのをおゆるしいただきたいのですが、やはり「奇跡」はあります。おこります。

 

 

今日聞いたことは、想像をはるかに超えたもので、彼女もわたしも「こんな方法があるなんてまさに奇跡!」と、まずそう言葉にせずにはいられなくて、興奮しながら、次の瞬間には、私たちを超えた力が見せてくれたことに対して、わたしはすっかり「スピーチレス」(感動で言葉もでてこなくなること)になってしまいました。

 

 

何回かのセッションを経て、その方にとっての大きなブレークスルーを体験すると、その体験や成果、奇跡を分かち合って、そこまでの体験を自然に振り返りながら、その感動をお互いに味わう回が時々おこるのですが、今日はまさにそのような回でした。

 

彼女の体験からヒントとして今お伝えできることを言葉にしてみると、

 

一つは、「夜明け前が一番暗い」です。

そして、「望みを伝える。あとはお任せする!」です。

 

彼女の場合、もうこの数ヶ月間、会社を辞めようかと思い浮かび始めていたものの、次のステップとしてまだ「ピン」とくるものもなく、なかなか踏ん切りがつかずにいました。

 

 

この春会社内で移動があり、よりによって評判のよくない上司にあたり、さらには組織内の構造的な問題もあって、疲れもさらに溜まっていきました。

 

猛暑の疲れも重なったらしく、8月中旬、夏休みの休暇中に身体に不調と痛みがおこりました。

 

そんな痛みや不調が実はこの数ヶ月何度かあったそうです。

 

身体が何かを強く訴えているような気がして、そして、彼女いわく、今年の猛暑からも「もう無理」「あなたはほんとうにそれでいいの?」「あなたはどうしたいの?」と言われているような気がしたそうです。

 

そして、彼女は自分がどんなライフスタイルや働き方を望んでいるのか、自分の心に正直になって手帳に書き出し始めました。

 

書ける時も書けない時もあったけれども、「もうこんな働き方は嫌だ!」と心底思った瞬間がありました。

 

そして、ともかく次の方向性にかんして少しでもいいからヒントを得たい!という思いで、ノートに向かい、自分に正直になって、「どういうライフスタイルや仕事を自分は望んでいるのか?」とひたすら書き続けました。

 

そんな職場がいったいあるのか?それはどんな職場なのか、そんな夢みたいな仕事はあるのか?とそんな考えも浮かんだけれども

 

体調も悪かったし、別に失うものがないなら書いてみよう、という気持ちでした。

 

そして、奇跡が起こったのです。

 

今お伝えできる範囲でしかお伝えできないのをご了承いただきたいのですが、彼女が望んでいたことが全てかなったのです!

 

しかもまったく想像を超えた方法で!!!

 

 

彼女にもたらされた機会は、転職エージェントでも転職サイトにのっているものではない、まさに彼女のためのオーダーメイドの特注で注文されたような仕事でした。

 

聞くと「そんな仕事が世界に存在していたのか!」と思うと思いますが、彼女はまさにオーダーメイドの特注をしたのだと思います。

 

 

「職業に自分を合わせる時代は終わりだ」とも言いました。

 

 

それは、自分が望むことをほんとうにしようと思った時には、それは既存の職業のリストにあるとは限らず、肩書きを複数持つこともフツーで、あくまでも自分という存在が先にあって、それを活かすのに最適な機会や仕事が与えられて、それを表現するのに一番近い職業や肩書きがその時々に選ばれ、つくられていく、という意味です。

 

わたしも世界中を旅しながら、教える仕事ができるなど思ってもみませんでした。

 

関連記事→ なぜ職業に自分を合わせる時代は終わりなのか?ー人生100年時代輝く大人でいるためのたった一つの質問

 

 

彼女の体験が改めて伝えてくれているのは、

 

 

どのようにそれが起こるのかわからなくても、まず自分の望みを明確にすること、書き出すことの大切さです。

 

こんなの無理とか、そんな仕事がいったいあるの?という考えが頭に浮かぶかもしれませんが、自分が望むことを自分で明確にしなければ、そのチャンスを引き寄せることもないし、その世界をみることはありません。

 

そして、望みを伝えたら、結果への執着を手放して、それが「どのように」(How)起こるのかは神様におまかせすることです。

 

グッドニュースは、人の「奇跡体験」を聞く人は、自分も奇跡を体験するという原則があること、そして、奇跡を体験した人は他の人にもその体験を伝えていくことで奇跡の循環をさらに広げていけることです。

 

さて、ここにあなたの理想や感覚に近いものはありますか?

 

自分が成長している実感を感じられること

誰かの役に立っていると感じられること

世界を飛び回ること

人に勇気を与えること

自分である程度進められる裁量があること

お互いに尊重があってコミュニケーションがある職場

助け合うような人間関係がある職場

早く出世できるところ

お金をたくさん稼げるところ

スーツを着なくてもいい仕事

おしゃれな人たちを一緒に働けること

デザインや感性を活かせる会社

ものづくりに関われるところ

 

自分が望む体験を自由に発想するのはあなたの権利です。

 

自分が望むことを明確にすることこそが大切なスタートの一歩です!

 

 

広告

「人生は大変だ」と思うこともできるけど、もっと楽にスムーズにやってもいい❗️ー人は思っている通りに体験する

さて、今日で8月も終わり。

 

今年の夏は一つのみなさんにとってどんな夏でしたか?

 

記録的猛暑や記録的大雨などのニュースが続き、当たり前のことは一つもないことをわたし達に思いださせてくれました。

 

そんなニュースに触れて「人生は大変だ」と思うこともできるけど、同時に、そんな時にこそ感謝の気持ちを思い出して、「もっと楽にスムーズにやってもいい❗️」という方向に向き続けることの大切さを感じています。

 

そんな体験をした最近の旅行の体験を感謝の気持ちも含めて綴っておきたいと思います。

 

さて、先週末三日間、山梨県の道志川へ旅行へ行ってきました。

 

道志川は冨士の北西に位置し、山麓から注がれる道志川の水は清流を言われ、猛暑の日でも足を氷につけているような涼をくれました。

 

清流が流れる地域だけあって水が美味しくて、山と川のエネルギーにとても癒され、お天気にも恵まれました。

 

IMG_20180826_104803

 

そんな恵まれた旅行でしたが、出発の前々日にちょっとびっくりしたのは、スマホでニュースのヘッドラインを見ていたら、1時間に100ミリ以上の記録的大雨が降ったとかで、突然山梨県の道志村に大雨警報がでたことが表示された時でした。

 

そのすぐ数時間後には、降り始めからの雨の総雨量が370ミリに達し、土砂災害の危険性が非常に高くなっているために、夜8時に道志村全域の623世帯、1710人に土砂災害避難勧告が発令されました。

 

ちょうど台風が西日本に上陸した日で、その夜には和歌山県の熊野川が氾濫危険水位になったという台風関連のニュースが続いていました。

 

最近は局地的にとつぜん大雨が降るニュースが続いているので、いつどこで大雨やゲリラ豪雨が起こってもおかしくないなあと思いつつ、台風からはまったく関係のない山梨県道志村にスポット的に大雨が降ったことに不思議な感じを覚えていました。

 

西日本豪雨のことなどを思うと無理をしない方がいいと思ったので、もしかしたら旅行は取りやめかも?という思いがよぎりました。

 

とはいえ、楽しみにしていた旅行だったので、予期せぬ突然の展開に、少し心が動揺しました。

 

そして、心を落ち着ける時間をとりました。

 

すると、わたしの心に浮かんだのは、これまで何度も家族や姪っ子と旅行をしてきて、お天気に恵まれてきたのに、それも「当たり前」だと思って、それに対してなんの感謝もしてこなかった、ということでした。

 

すぐにその姿勢を改め、これまで何度もお天気に恵まれて、旅行ができたことに感謝しました。

 

そして、熊野川付近の住民の方など、たった今、台風や大雨の影響で不安に感じている人がいたら、その人たちに必要な助けが届き、西日本豪雨で被災された方々を含め、必要な支援と安心と慰めが届くようにお願いしました。

 

次の朝起きてみて、もし道志村方面で土砂災害が起こっていたらしょうがない、そしたら受け入れようと思いました。

 

朝起きたら幸い道志村地方に大きなニュースはありませんでしたが、土砂災害避難勧告はまだ続いており、ハザードマップでは道志村の辺りだけスポット的に危険度が高いことを示すオレンジのマークがついていました。

 

「土砂災害の兆候について」を一応確認しました。

 

そして、また心を落ち着けると、これまで受けてきたたくさんの祝福に感謝してこなかったことが思い浮かび、反省し、これまでの体験を感謝するお祈りをしました。

 

「大丈夫。旅行はGO」という直観を受け取りました。

 

数時間後、避難勧告は解除され、さっきまで道志村だけがオレンジだったハザードマップは今度は道志村だけが危険度がほぼないことを示す真っ白になっていました。

 

次の日、予定位通り家を出発しましたが、今度は高速に入った途端に想定外の20キロの渋滞に遭ってしまいました。

 

東日本では22日ぶりの猛暑日とかで、クーラーをかけていても車内が暑かったので、なんとかスムーズに動いて欲しいと思いました。

 

また、心を落ち着けてみると、次に心に浮かんだのは、「計画をたてて、準備したのだから、『予定通り進んで当たり前』という考え方が傲慢だ」という思いでした。

 

これも反省して、宇宙のサポートに感謝をしました。

 

そして、とくに渋滞の時に効くというお祈りを思い出してそれを何度か心の中で唱えて、楽にスムーズに着くことを願いました。

 

5分ほどすると車は流れ始め、渋滞の仕組みはわかりませんが、あの車はどこにいった?と思うくらいスムーズに道は開かれ、蓋を開けてみればほぼ予定通りに現地に到着しました。

 

そういえば、カナダ人の世界的なカウンセラーの先生と一緒に朝8時台の東京の満員電車に乗って移動をしたとき、駅の改札に人が突進してくる様子を見てわたしが思わず「ああ大変だ」とつぶやいたことがあったのですが、その時に先生に「大変だ」じゃなくて。「スムーズに楽に着くことを意図しなさい」と言われて、すぐに思い直したことがありました。

 

そしてわたしが目撃したのは、朝の8時台の山手線なのに車内がガラガラという風景で、わたしたちは何の苦労もなく余裕で座わることができ、楽に快適に目的地に着いたのでした。

 

たまたまそういう時間帯や車列にあたったのかも知れません。

 

ただ、私がそのときに直感的に受け取ったのは、私たちは自分が毎瞬毎瞬選択していることを体験する、ということでした。

 

「人生は大変だ」と思い、実際にそういう人生を送ることもできるし、「もっと楽にスムーズにやってもいい」と思って、実際そのような体験をすることもできるのだと思います。

 

もし、場所や人が変わってもなぜか同じような体験を繰り返している気がする、としたら、自分は人生に対してどんな「考え方(観念)」を持っているのかに気付きましょう。

 

人生は大変だ?

仕事は苦労して当たり前?

苦労してこそ報われる?

 

それとも、

 

楽にスムーズにやってもいい?

 

わたしたちには常に自分がどんな体験をしたいのか「選択」が与えられているのです。

 

もしそんなこと意識したことないと思ったら、あなたは無意識にいつものパターンを繰り返していると言えます。

 

来年になってもさ来年になっても同じことが続くとも言えるでしょう。

 

もし、人生をもっとよい方向に変えたいと思ったら、または、今なんらかの苦労や課題を体験していたら、とくに自分の中の人生にかんする観念に気づくことが大切です。

 

そして、物事をもっと楽にズムーズに進めたいと思ったら、「当たり前」だと思っていることに感謝することは助けになります。

 

感謝もせずに「当たり前」だと思っていると、その大切さを思い出させてくれるような出来事が起こります。

 

もしそんな気持ちに気づいたらすぐ気持ちを改めて、感謝をし直しましょう。

 

自分が送り出すものが自分が受け取るものですから、

 

感謝をする人には、さらにいいこと(感謝をしたくなること)が返ってきます。

 

そしてまた感謝する

 

そんな「感謝の好循環」が起こるとしたら

 

な、な、な、なんて素晴らしいことでしょう❗️❗️❗️

 

 

一緒に感謝の好循環を受け取っていきましょう!

 

(*^-^)ニコ

 

あなたの次のステップをみつける「コーチング」受け付けています!

https://chikaonaka.com/coaching/

上司に相談12.7%、12.9%の人が会社を退職ー多くは仕事の悩みを安心して相談できる相手がいない という実情

燃え尽き症候群やパワーハラスメントの相談件数が年々増えています。

 

厚生労働省が平成28年に行った「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」によると、

 

過去3年間でパワーハラスメントを受けたり、見た・相談を受けたという人は、およそ3人に1人となっており、前回の平成24年調査から大きく上昇しています。

 

このように、燃え尽き症候群やパワーハラスメントは誰にも起こりうることです。

 

同時にパワーハラスメントを受けた人で、上司や社内の相談窓口に相談した人は12.7%にとどまり、家族や社外の友人に相談した人が20.3%と一番多く、12.9%の人が「会社を退職した」と回答しています。

 

この調査結果からも伺えるように、働いている人の多くは仕事の悩みを安心して相談できる相手がいない という実情があります。

 

では、パワハラとは何が本当の問題なのでしょうか?

 

私自身も国連でパワハラを受けたときには悩みました。

 

自分がやるべきことは淡々とやりましたが、電気もお湯もないような任地で、国連の1年目分からないことだらけだったので、大きなストレスと精神的な負担になったのは言うまでもありません。

 

その後、私は部下を持つようになり、南スーダンでは多国籍チームのリーダーを務めるようになりました。上司になって新たに見えたこともありました。

 

今度はカウンセラーになって新しく見えることもあります。

 

「パワハラ」では、人間関係のくせやこれまでの「課題」が「噴出」して現れることがあります。

 

新しいステージへ上がるために、自分の課題や生き方を見直すのは大切なことです。

 

何が本当の課題なのか?

何を学ぶ機会なのか?

自分はどうしたいのか?

 

まずは、今の自分の状態や体験を落ち着いて整理することが大切です。

 

今の自分の状況を整理して、ではどうしたらいいかを考えられるように、自分の体験と相談を受ける中で気づいたことを質問形式にまとめました。

 

なぜ質問形式なのかと言うと、人それぞれ性格も違うし、会社や上司の状況とかいろんなことが違うので、「こうしましょう」という決まった一つの答えはないからです。

 

今の自分の状態や体験が整理でき、理解できると、自分の奥からほんとうの力が湧いてきます。

 

ご希望の方は、こちらからご登録ください。

 

「だからこそあなたが輝くための105の質問」

https://www.reservestock.jp/inquiry/10874

 

少しでもお役に立てましたら幸いです。

 

コーチングご案内

⇨ https://peraichi.com/landing_pages/view/krgi1

 

お申込み方法

⇨ https://chikaonaka.com/1729-2/コーチングお申し込みの流れ/

 

問い合わせ先 メールアドレスinfo@peaceblossom.net

ボランティアに行かなくても今すぐに被災した人のために出来ること

すでに必要な助けが届いていて、
被災した人たちが逆行を乗り越えた
勇気あるストーリーが新聞一面を
飾っているのを思い浮かべることー

 

先日、ある講座の中で体験したことです。

なぜなら、

相手を大変な状況にある人、
支援を必要としている人、
かわいそうな人として
見ること自体、

相手を弱体化させる
エネルギーを
送ってしまうから。

もし、自分の中に

誰かを『助けなきゃ』と
感じる衝動があるなら
それを癒すこと。

 

南スーダンやら
紛争地の最前線にいた
私にとっては
大きなテーマでした。

 

より効果的な関わり方は、

 

相手の完全な姿を見ること。
相手の中にある強さを見ること。
そういう逆行を
乗り越えられる魂なのだから。

 

マザーテレサと一緒に働いた
世界一のファンドレーザーの
リンツイストさんも言ってました。

 

エチオピアで飢餓が起きた1980年代、

資金集めに関わった後、

彼女はエチオピアで「助けが来るのをただ待っている人達」に直面します。

 

飢えた赤ちゃんを掲げてアピールする人さえいました。

彼らのアイデンティティーは「助けがないと生きられない人」になってしまっていたのです。

 

今までは、どんなことが起きても何とか乗り越えていた人たちが、

自分たちの自立心を投げ出してしまっていたのです。

 

かわいそうな人たちに寄付する・支援する側とその支援を待つ側ー

「助ける人」と「助けが必要な人」の構図がつくられてしまっていたのです。

 

だとすると

「難民支援」
「貧困問題」
教育や
コーチング

どれも

きっと基本的な構造は一緒。

 

マザーテレサと一緒に働いた
世界一のファンドレーザーの
リンツイストさんも言ってた。

たとえ何万ドルを寄付された
としても断ることがある。

なぜなら、

何をやるかよりも、
支援する側とされる側の関係性が大切だから。

最近、この意味がより分かります〜。

(*^-^)ニコ

 

「押し付け」や一方的な提案や支援でもない、相手の成長につながるプロセスを創り出していくための関係性とはどういうものなのでしょうか?

 

コミュニティーワーク
ビジネス
組織変革
国際協力
地域おこし

関わる人たちの主体性を
引き出し解を生み出す
ファシリテーションスキル講座
https://chikaonaka.com/講座・イベント/

 

⭕️ 第四回 日時: 2016年6月19日(日)9:30-17:00

場所: スクエア荏原第一小会議室

 

⭕️ 第五回 日時: 2016年7月10日(日)9:30-17:00

場所: スクエア荏原第一小会議室

 

⭕️ 第六回 日時: 2016年7月17日(日)9:30-17:00

場所: スクエア荏原第五小会議室

 

本講座は(株)Peace Blossomが提供する民族や宗教の違いを超えて人をつなぐことのできる
リーダー育成事業の一環です。

お申し込みご希望の方はinfo@peaceblossom.netまでお知らせください。

https://chikaonaka.com/講座・イベント/