ギフテッドの特徴①: ごまかしが嫌いー正直な大人を尊敬する

 

気性が激しい、感情の起伏が激しい、頑固、こだわりが強いなどから、母親にとって育てにくい・理解できないと感じるお子さんのタイプがいます。

その気質の多くの一つが、ごまかしが嫌いということ。

girl

ギフテッドの姪っ子が2歳半くらいの時、テレビに映っていたメルケル・ドイツ首相とプーチンロシア大統領の会談のワンシーンについて、テレビを指差して「今何しているの?」と聞いてきました。

ウクライナ情勢の複雑なことは話しませんでしたが、

「あのね、『一つの場所についてね、お互いに自分のものだ』って争っているんだよ」、と説明しました。

そんな説明でよかったのかは自信はなかったのですが、

そしたら

 

あっ❗️❗️❗️

 

と閃いたように、「あっ、それ保育園でもあるよ。」と言って、

おもちゃ取り合うしぐさをしてくれました。

 

「その通り!」

「一言しか言わなかったのによく分かってるなあ」と私の方が関心すると同時に、「ああ、この子には適当な事は言えないな。出来るだけ誠実に説明しよう」と思いました。

きっと、似たような体験をお持ちの方も多いと思います。

 

私もギフテッドなので、自分の体験を思い起こしてみても分かりますが、そういう子供たちは、正直な大人を尊敬します。

「正直な」という意味は、なんでも知っているという意味ではなくて、

その子が発する質問に誠実に対応してくれ、

自分なりの意見をその子にシェアしてくれることです。

 

もし聞かれたことが分からないなら「分からない」と言ってもいいし、

 

「その事についてはよく知らないから後で調べてみるね」、

「調べてみるからその時一緒に考えてみようね」、

と言うとたいてい「うん」と言って納得してくれます。

 

他にも、大人同士でも答えるのが難しいテーマについて聞かれることはよくありますが、

「そうね、これはちかちゃんの個人的な意見なんだけどね、こうじゃないかなって思う」などと、出来るだけ答えるようにしています。

 

私のカナダ人の友人に小学校の時から世界のことに興味があって、なんで「ルワンダの虐殺」が起きたのか?と、学校の先生に聞いたら、

「そういう難しいことは大人に任せて、かわい子ちゃんはさあお勉強しましょうね。」と言われて憤慨した人がいます。

その10数年後、彼女は世界各地を周りドキュメンタリーを作成し、20代後半でTEDにも登壇しています。

http://theparadigmshiftproject.org/project/

 

彼女のお母さんは幸いにそういう彼女の質問を自然に受け止めてくれたそうです。

 

子供は彼女・彼らなりにとても真剣に質問をしているので、大人がごまかしたり、適当な答えを続けていたら、その内にその子たちは失望して自分の殻に閉じこもってしまいます。

 

子供たちは大人が忘れてしまった本来なら聞かれて当たり前の質問をわざわざ投げか私たちに思い出せてくれているという「大仕事」を担っているのでしゃないか?なんて思います。

 

⭐️⭐️⭐️このブログについて⭐️⭐️⭐️

私自信が「ギフテッド」という自覚のある今、「理解できない苦しみ」と「理解されない苦しみ」が少しでも埋まったらいいなと思ってこのブログを書いています。ぜひ似たような人たちにご紹介ください。urlのリンクはこちらです。chikaonaka.com

ガンジーもビルゲイツも内向型だった!: 内向型人間の持つ強み (1)

人口の半分から三分の一は内向的 (introvert)なタイプだそうです。

現代社会では、活動的なこと、積極的であること、社交的であることが評価される傾向が強いけれども、最近は、内向的な人の資質が注目されています。

きっかけは、2012年にアメリカで出版されたミリオンセラー Susan Cain (スーザン ケイン)著、’Quiet ‒ The Power of Inroverts in a World That Can’t Stop Talking’ ー邦題「内向型人間の時代、社会 を変える静かな人の力」です。

この中で、スーザンは、内向的の人はクリエイティビティーやリーダーシップといった分野で大きな役割を持っていると指摘していて、内向的なタイプの著名人を挙げています。

例えば、ガンジー、ビルゲイツ、オバマ、アインシュタイン、オードリー・ヘプバーン、エイブラハム・リンカーン、「ハリー・ポッター」の作者 J・K・ローリング、ウォーレン・バフェットなどなど。

ちなみに、内向的であるというのは、内気とかシャイとイコールではなくて、

内向的か外向的かの違いは、エネルギーの取り込み方のことを言います。

外向型は、他人と関わりなど外からの刺激によってエネルギーを得るのに対して、内向型は、エネルギーをアイデアや感情など内から得るので、一人でいる時にエネルギーを充電するのだそうです。

例えば、オードリー・ヘプバーンは、「私は1人でいるのが好きで、犬と散歩をしながら木や花、空を眺めるのが好きなの」とよく言っていたそうです。

そして、内向的であるというのは、内気とかシャイであるとも必ずしもイコールでもなく、

スーザンケインによると、ビル・ゲイツは、もの静かで家で読書をしているのが好きというタイプだけど、他人の意見に動じない強さを持った、シャイではない内向的な人の典型だそうです。

ウォーレン・バフェットには、知的な粘り強さと用心深い思考、市場が荒れ周りの人間が気が動転しているときも、慎重に考えられる力があって、それが彼の力となってきたのではないか?と指摘されています。

という訳で、

目立つことや自己主張が強いことと、

能力やリーダーシップはイコールではなく、

内向的なタイプには、内向性の強みがあるそうなのです。

そういう私も内向型で (本人の自覚はあるし、いつだか研修の一環で受けたテストでもそう表れたこともあります)、

当時は「内向型」という言葉は知らなかったけれども、国連という自己主張が強い機関で働いていながら、声が大きい方がよいみたいに自己主張をするのが好きではない、私みたいなタイプはいったいどうしたらいいだろうと悩んだこともあり、

それ以来の自分の中の答えに、スーザンの洞察が合わさって、

頭の中でたくさんのライトがピカピカ💡💡💡と点滅中です。

内向型な強みとしては、例えば。。。(続く)

スーザンケイン本