国際機関の面接ではなんで失敗体験を聞かれるの???

 

国連の採用面接では「失敗体験」についてよく聞かれるということをご存知でしょうか?

あまり知られていませんが、よく聞かれる公式な「質問」の一つです。

 

私も面接官を務めた事がありますが、面接官はいじわるをしたいわけではありません。

 

では、なぜこの質問がされるのでしょうか?

 

なぜなら、よく計算されたスピーチのようにペラペラと饒舌に話す人がいたとしても、それは必ずしも面接官が知りたいことを満たすことにはならないからです。

 

面接官が知りたいのは、

***************

この人はどんな体験をしてきて、

そこから何を学んだのか

何を大切だと思っているのか

***************

 

という「リアルな」あなたについてだからです。

 

だって、誰も完璧な人なんていないし、足りない知識があったらこれから学べばいいのだから、「失敗した体験とそこから何を学んだか」の方が、リアルにその人のことが分かるからです。

 

面接とは自分のことをアピールをするものだと思われがちですが、ゴールはあくまでも相手に届くことです。

 

ならば、「失敗体験」を話すことは、自己開示をすることで相手との距離を縮めたり、相手の共感や信頼を得るという意味で、実はお互いにとても効果的なメソッドなのです。

参考記事⇨http://goo.gl/VDDndS

 

 

 

 

「面接やプレゼンがプレッシャー。。。」

「面接でもっとのびのびと自分の言いたいことを言えるようになりたい」

「海外で働きたい!」

「世界で通じる本物のプレゼン力を身につけたい!」

「自分の考えやアイデアを社会のために役立てたい」

 

そんな人たちのために、成功体験を積める安全でな場を創ることにしました。

 

面接やプレゼンの一番の上達法は場慣れをすることです。

 

語学やプレゼンには学習曲線があるのです。練習してるけど上達している気がしないと思っても、ある日突然!ああ!出来る!となる日が来ます。(ほんとです)

 

リーダーシップスキルの一環として、相手をエンパワーする効果的なフィードバックのし方をガイドをします。

 

今回のシェア会では、みんなで一緒にこの自己開示の力を体験します。

時間の範囲内で1~3分づつ、何回かお互いに練習していきます。

 

《テーマ例》

⭐️ なぜ国連の採用面接では「失敗体験」について聞かれるのか?

⭐️ 「失敗」について話すことがなぜ自信や信頼と関係するの???

⭐️ 「失敗体験」について話すことが成功になる時、失敗になる時

⭐️ リーダーシップとしての相手をエンパワーするためのフィードバック

⭐️ 東京オリンピック誘致プレゼンに学ぶあなたの印象をアップさせる一つの質問

 

プレゼンや面接についてのコツは時間内でシェアしますが、基本的にはプレゼンや面接についてレクチャーをする会ではないことをご了承ください。

 

参加する人たちがお互いにお互いをサポートし、より効果的な面接やプレゼンをするためのコツを学び、練習するための安全な場所です。

 

面接、プレゼン、発表、スピーチはもちろん、会社での人間関係、上司や部下との関係、人にお願いする時、グループをまとめる時などにも役に立つでしょう。

お互いの成長を楽しく助け合うコミュニティーを一緒に創りましょう。

《残席3席》です。

2016年3月20日(日)14:00-16:00

恵比寿カルフール(恵比寿駅徒歩5分)

 

《体験談》

「千華さんの実体験からのシェアだったので心に響いて、すぐに使えるものがたくさんありました。」

「人と人が向き合うことがとても神聖なもので特別なことだと気づきました。転職の面接の怖さが優しい時間へと変わる気がします。」

「今日の2時間の体験のすべてが私が味わった事のない空間でした。一対一で親友と会話をしている時に感じる心地良さを全員で初対面の方と感じることが出来ました。」

 

今後、大仲千華が主催する講座などの情報を受け取りたい方はこちらからご登録ください⇒登録

Meet Up March 13 2016

Meet Up March 13 2016 感想

⭐️Power of Vulnerability⭐️ 国際機関の面接ではなんで失敗体験を聞か­れ­­る­の? 面接とプレゼンがちょっと優しくなる会­­­­️

Sunday, Mar 20, 2016, 2:00 PM

恵比寿カルフール
東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビルB1 Tokyo, JP

6 enthusiasts Attending

国連の面接ではなんで失敗体験を聞かれるの???なぜなら、面接官が知りたいのは⭕️⭕️だから。。。「面接やプレゼンがプレッシャー。。。」「面接でもっとのびのびと自分の言いたいことを言えるようになりたい」「海外で働きたい!」「世界で通じる本物のプレゼン力を身につけたい!」「自分の考えやアイデアを社会のために役立てたい」これはそんなあなたのためのmeet upです。Have you ever wondered how you can better gain trust of others?Are you Looking for a way to express your passion in a more creative way?Do you want to learn…

Check out this Meetup →

 

自分の英文履歴書の 「印象」をご存知ですか?

突然ですが、自分の英文履歴書の「印象」をご存知ですか?

 

留学準備中の方へ

世界で活躍したい!

自分の才能を思いっきり発揮したい!

と思われている方へ

 

国連で面接官に呼ばれた時に、山積みの履歴書を目の前にしながらふと思ったことがあります。

 

1秒で横のトレーに片付けられてしまう何百もの履歴書がある一方で、

なぜか惹きつける履歴書があるー

 

この違いは一体なんなんだろう?

 

経歴が立派かと思いきやそうでもない、単なる自己主張でもない、

 

この人に会ってみたいと感じさせる「惹きつける」履歴書があるのです。

 

たった一枚の紙。

 

でも、

同じことを言っていても、

表現一つで

魅せ方一つで

 

奨学金をもらえる可能性から

キャリアアップの可能性も

世界で活躍する可能性も

断然に拡がるのです。

 

まず、知っておくことは、英語の履歴書とはただ経歴を羅列するものではなく、

一枚の用紙を通じて自分という人をプレゼンするようなもの。

 

自分という人は何に興味があって何を大切だと思っているのかー

 

だとすると、

英語で履歴書を書くことは自分とはどういう人なのかを世界に向けて表現する大切な力。

 

あなたの履歴書をパワーアップさせてあなたという大切な価値を世界に向けて発信しませんか?

 

合格も奨学金も仕事も引き寄せるパワー履歴書の書き方「ミニワークショップ」大好評でした!

 

日にち: 2015年10月29日(木)

時間: 19:30-21:00

場所: アークヒルズライブラリーにて

 

《内容》

◎ 自己主張で終わる履歴書と自己アピールできる履歴書

◎ 東京オリンピック誘致プレゼンに学ぶ履歴書作成

◎ あなたの弱みを強みにする方法

◎ あなたの気づいていない「魅力」ポイントを探す

◎ あなたの履歴書にインパクトを与える3つの方法

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

海外留学・面接・国連応募 パワーアップコーチング

1秒で横のトレーに片付けられてしまう何百もの履歴書がある一方で、なぜか惹きつける履歴書があります。英語の履歴書とはただ経歴を羅列するものではなく、自分という人はどんな人なのかをプレゼンするもの。自分とはどういう人なのかを世界に向けて表現する大切なツール。あなたの魅力を引き出し、表現するお手伝いをします。

 

《ご感想》

細かいコメント本当にありがとうございました!!自分の英文履歴書のやカバーレターの印象や内容に関して、誰かに客観的にコメントをしてもらったことはなかったのでとても新鮮です☆  ずばり指摘のとおりです・・!とても参考になりました!

海外留学・面接・国連応募 パワーアップコーチング

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

国連の採用面接なんて簡単だー ◎◎◎ を正当化すること

 

実は国連の採用面接は簡単です。

 

なぜなら、ほとんど知られていないことですが、質問される項目がウェブサイトにアップされているからです。

http://www.umid.info/united-nations-competency-based-interview-questions

 

なぜ質問される項目がアップされているのか?

 

これは、国連という組織がどんな組織であるかを理解すると分かります。

 

国連という組織は、2015年11月現在193カ国の国連加盟国が分担金を払って運営されています。

 

これはどういうことかと言うと、国連という組織では、全ての国が納得するように、お金の使い方から人を雇う時の基準までありとあらゆることが文章化されています。

 

どんな分野に関わっていようが、このプロジェクトの根拠は、この安保理決議です、または、この総会決議です、という「バイブル」的な文章が存在します。

 

さて、人事にもそういう明確な基準が存在します。

 

国連という機関は、Core values (コアな価値観)とCore Competency(コアな資質)と言われる価値と資質を大切にしています、したがって、雇う人はこういう資質を持っている人です、ということが文章にされています。

 

ちなみに、Core valuesとCore Competencyとしては以下のような資質が挙げられています。

 

Core values:

Integrity

Professionalism

Respect for Diversity

 

Core competencies:

Communication

Teamwork

Planning and Organizing

Accountability

Creativity

Client Orientation

Commitment to Continuous Learning

Technological Awareness

 

私の時代にはなかったですが、今では国連のウェブサイトにも載っているので、採用のプロセスを透明化して、より優秀な人材を引きつけようという意図があると思います。

https://careers.un.org/lbw/home.aspx?viewtype=AYI

 

しかも、質問例まででています。

実際の質問も多少の表現も違ってもトピックとしてはほぼ同じものが出ると思ってもいいと思います。

http://www.umid.info/united-nations-competency-based-interview-questions

 

さーて、面接官が面接の後にまとめないといけない書類とはどんなものでしょう?

 

国連という機関は、こういうと価値と資質を大切にしています。

             ⬇️

雇う人はこういう資質を持っている人です。

⬇️

国連が雇う人はこの人です。なぜなら、この人はこの資質を持っているからです。なぜならこの質問に対してこういう応えをしたからです。

 

この人はこういう答えをしたので、この基準を満たしています、とあなたの質問に対する「応え」を文章の基準に合わせて「正当化」する文章です。

 

だから、面接の時には、あなたの応えがどうこの基準を満たすのか、という視点で答えてくださいね。

 

Good Luck!

 

https://chikaonaka.com/2015/11/06/面接なんて簡単だ-内向型こそ「失敗」について-3/

 

面接で「リーダーシップ」について聞かれたら

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

海外留学・面接・国連応募 パワーアップコーチング

1秒で横のトレーに片付けられてしまう何百もの履歴書がある一方で、なぜか惹きつける履歴書があります。英語の履歴書とはただ経歴を羅列するものではなく、自分という人はどんな人なのかをプレゼンするもの。自分とはどういう人なのかを世界に向けて表現する大切なツール。あなたの魅力を引き出し、表現するお手伝いをします。

海外留学・面接・国連応募 パワーアップコーチング

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

《ご感想》

細かいコメント本当にありがとうございました!!自分の英文履歴書のやカバーレターの印象や内容に関して、誰かに客観的にコメントをしてもらったことはなかったのでとても新鮮です☆  ずばり指摘のとおりです・・!とても参考になりました!

海外留学・面接・国連応募 パワーアップコーチング

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

 

DSC05183

面接で負けたくないあなたへ

負けたくない?分かるよ。私も同じだったから。

負けたくないから、自分じゃないスタイルで強く自己主張をしてみたり、ついついしゃべり過ぎたり。。。

でも、「手ごたえ」ないし、なんか「後味」悪い。。。

 

ゴルフチャンピオンのタイガーウッズは、優勝をかけた接戦の時でも、相手がパットを打つ時、「このパットが入りますように」と心の中で祈るそう。

ゴルフは究極のメンタルゲーム。その方が自分の為になるってことを彼は知ってる。

 

私たちの人生も一緒。

本当に「勝つ」ことは、相手を負かすことでも蹴落とすことでもない。

自分の道を進むこと。結果、「全員が勝つ」こと。

あなたがあなたらしくいることで、他の人もそれでいいんだと思える。

 

私が国連で働きたいと思った時に、試験には何度も落ちたけど、諦めそうになった時は何度もあるけど、最後は導かれるように道が拓いて、多国籍チームのリーダーに抜擢され、元兵士達からも信頼を寄せられた。

 

試験経由の倍率は10,000倍。自分の人生の道の倍率は0倍。

私に特別な才能があったわけじゃない。諦めなかっただけ。

私たちは全員すでにファーストクラスのチケットを持ってる。

地球上の70億人全員が輝ける場所がある。

 

あなたが好きなことをやっている時、そういう道が拓けてくる。

何をしたらいいのか分からなかったら、まず自分の道に進むと決めること。

あなたの席をみつけよう!

999238_580003905425625_1954176158_n

海外に行きたいのに親に反対されたら(7)

さて、大学院の通知とインターンの結果を待ちながら最後の学期の試験とレポートの季節がやってきました。

以外なところから「最後の関門」がやってきました。

15年も飼っていた愛犬が、急に体調を崩しはじめ、動物病院の先生から「もう先は長くないかも知れない」と言われたのです。「犬」だけれども、15年も一緒にいた家族の一員。ショックで心配で全くレポートが進みません。

最後のレポートを提出しないといけない、それでないと卒業できないというまさにそういうタイミングで、側で見守る中亡くなりました。。。(涙)

一晩中泣きはらし、信じてもらえるか分からないけれども、先生に直接会って説明するしかないと思い、泣きはらした顔のまま締め切りに遅れた訳を説明しました。幸い先生は何も言わずにレポートを受理してくれました。

理想を言えば、最後はもう少しいい成績で終えたかったけれども、無事に最後の提出物を終えることができてホッとしたのでした。

 

そして、朗報とは突然やってくるようです。

 

受け入れ先として興味を持ってくださったドイツの企業の社長さんが日本に出張に来るので面接がてら会いたいとの連絡を受けました。きさくにおしゃべりが進み、ぜひお越しくださいとのこと。採用です!

そして、大学院からも合格通知が届きました!

なんと「奨学金の受給候補者になったので、数日中に面接を受けてください」との予想外の嬉しいニュース付きで。

全く予想外の展開でした。

 

なんで人類学を勉強したいのですか?

なんでオックスフォードで勉強したいのですか?

卒業後は何をしたいのですか?

 

就職活動の面接も無駄じゃなかったかも知れません。

今度はスムーズに応えることができました。

結果は合格。

 

あまり知られていませんが、外国人にとっては、オックスフォードは大学院に入る方が門戸が広くなります。世界的な大学として、多くの国からの学生が集まることを一つの大きなアピールポイントとしているため、奨学金を出して各国から留学生を集めるためです。ちなみに、2006年度で138カ国から学生が集まり、大学院では63%が外国人留学生です。

オックスフォード大学留学生比率

 

さっそくイギリス人の先生に報告をしました。とても喜んでくれました。

それ以来、似たような立場の人に会ったら私も肩を押してあげられるようになろうと思えるのはこの時の体験があったからです。

 

そして、ようやく両親に報告できました。今なら分かります。

親は子どもには苦労して欲しくないーだから安全や安定を優先するもの。

自分たちの体験や想像を超えたことは単純に分からないこと。

そして、ある意味「通過儀礼」だったと。

反対することを通じて、親はあなたはどれだけ本気なの?と私にチャレンジを課すという意味で応援してくれていたこと。

 

私はこの体験を通して、

仕事の場や機会は日本だけを見ていたら「ない」ように見える時でも、

日本の当たり前は世界では必ずしも当たり前ではないこと、

世界に目を拡げたら全く違う大きな機会が目の前に開けること

 

そして、

 

信じれば道は拓けることを体験したのでした。

 

あなたの努力が報われるときがきっと来ると信じています。

 

海外に行きたいのに親に反対されたら(了)

60歳で南スーダンに派遣されたスーパー「おばあちゃん」

国連のような国際機関で働くことの楽しみの1つは、一緒に働くいろんな国の同僚・友人たちの存在でした。一緒にご飯を食べながら、なにげなく聞く彼ら・彼女たちの話しにびっくりさせられたことは数えきれない。

そのうちの一人はラオス出身のミリポン(ニックネームはミリ)。

ミリはラオスの王朝だったルアンパバン王朝の末裔として生まれ、教育を受ける機会もあって、両親と兄弟と共に平和で恵まれた日々を送っていました。その穏やかな生活は内戦がはじまってから一転します。。。

彼女の家族は新しくできた政権から敵視され、家を追われることになり、身を守るために何ヶ月もジャングルの中に避難することになったそうです。

「何でも食べたし、どこでも寝たわ。突然人生が変わっちゃったのよ。」

でも、王朝の血筋なのか芯の強さを秘めた彼女はあの手この手でなんとかして夫と共に冷戦下のソ連に渡ります。

「チカ、配給って知ってる?ソ連は社会主義だったでしょ、何時間も列に並んでやっとパンをもらえるの。あとね、当時のソ連ってアジア人がほとんどいなかったの。だから地下鉄ではよくじろじろ見られたわー。」

彼女は、当時ラオス人がほとんどいなかったモスクワでロシア語を覚え、毎日配給でパンを受け取りながら、異国の地で子どもを二人生み育てます。

90年代に入って、ラオスの政情が落ち着き、経済が少しづつ発展をはじめたころ彼女は自分の国の発展に関わりたいと思いはじめ、20年以上ぶりに母国の土を踏みます。

そして、ソ連での留学経験と持ち前の頭のよさが買われて、国連開発計画(UNDP)ラオス事務所のジェンダー専門家になります。ロシアで育った二人の娘さんもラオスで結婚。「ようやく母国に戻れて幸せだったわ。」

普通ならここでハッピーエンドで終わりそうですが、彼女の人生はまた動きだします。「娘たちが結婚して親としての仕事が終わったと思った時、世界で仕事をしたいって思いがこみ上げてきてね、挑戦するならこれが最後のチャンスだと思ったのよ。」彼女の性格をよく理解している旦那さんと上司の応援もあって、書類作成や面接を見事パスします。

そして、派遣されたのが南スーダン。はじめてのアフリカ、はじめての国連PKO、はじめての超多国籍組織、はじめてのアフリカ人上司。彼女はもうすでに60歳才近く。南スーダンでにいる間に孫が生まれたからまさに「おばあちゃん」の挑戦。

ミリは明るく世話好きでみんなの人気者だったから、20年も30年も若い人たちに囲まれても、全然年の差を感じさせなかった。スーダン在住のたった一人のラオス人で、誰もラオスがどこにあるか知らなくても、

「チカ、今日会った人なんてラオスが南アメリカにあると思ってるのよー。ザンビアってアジアだっけ?って言ってやったわー!」としたたかにかわしてました。

私は教科書でしか知らない「冷戦の歴史」を生きてきた彼女の体験に興味津々でした。しなやかな強さを見せてくれる素敵な人です。

もし語学留学や海外ボランティア、国際協力への参加を希望されている方がいらっしゃったら、年やいろんな不安はあるとは思いますが、ぜひぜひ思いきってチャレンジしていただきたいなあと思います。

きっときっとあなたのチャレンジ自体が周りに大きな勇気を与えると思うから。ミリの勇気が周りの人に大きな勇気を与えたように!

チャレンジばんざい!!!

明けましておめでとうございます!!!

A Happy New Year!!!

みなさま明けましておめでとうございます!!!

今年もどうぞよろしくお願いします (*^o^*)

たくさんの感動や喜びをたくさんの方と分かち合っていきたいと思ってます。

新しい年が皆様にとって素晴らしい年でありますように~☆☆☆

 1000608_597841720281196_739171373_n

65947_477674952297874_1538156900_n