お金があっても水を手に入れることが出来ない?! 何事にも「両面」があるの法則

 

クーリエジャポン(講談社)で連載「答えを求めない勇気」を始め、第一回目の記事をご覧くださった方から感想をいただく中で、改めて思い出したことがありました。

 

記事はこちら⇨ Vol.1 紛争後の南スーダンで兵士たちから学んだ「答えのない状況に耐える力

 

一回目の記事の当時、私は自分のキャリアの中でも大きなチャレンジに置かれていました。

 

それは、プロジェクトマネージメントでも戦略立案でもなく、私はお金があっても水が手に入らないかも知れない環境におかれていたからです。

 

でも、人間って強い生き物。

そして、コミュニケーションのチャレンジは人を成長させてくれるようなのです。

 

 

私は、2007年2月、当時の国連の平和支援の最前線であった南スーダンに赴任しました。

(国連は基本的には自動昇進も自動更新もない自己志願制の組織です。)

 

ニューヨークから一旦、日本へ戻り、少し東京の実家で休んでから、(南)スーダンへ赴任しました。

成田空港から、香港とドバイを経由して、1日半かけてスーダンの首都のハルツームに到着。そして1週間くらいブリーフィングを受けてから、今度は国連機で南スーダンへ移動しました。

 

私にとって初めての南スーダン。

 

出張ではリベリアとシエラレオネには行ったことはあったものの、赴任になると気持ちがまったく違います。

チャレンジは覚悟していたものの、こればかりは実際に行ってみないと分からない。

 

まず暑い。。。

外は45度の灼熱。

 

一旦事務所を出ると電気がないから(発電機で発電するから)、ちょっと外に出るだけで体力は消耗するし、寝るのも一苦労。

お湯のシャワーはないし(後で改善されました)、携帯電話もほとんど通じない (当時)。

 

おまけに、時々、南北国境付近の妨害や雨季やらで物資の輸送が途絶えると、水が手に入らなくなる。。。(本当の話し)

 

「内陸国」という意味を実感しました。

 

ではオフィスではどうだったかと言うと。。。

 

さて、

アフリカ人の同僚たちには「正論」も「本部の理論」もまったく通用しない。

しかも、時々皮肉っぽく「ニューヨーク本部の人」とか言われる。(≧∇≦)

ああ、しかも、士気が低い。。。

 

ああ、どうしてここまで???

 

ニューヨークの本部にいることもできたのに、もしかしたら私はすご~くバカな選択をしたのかも知れない。。。

さすがの私にも、正直そんな考えが何度か頭をよぎりました。。。

 

ただ、もう南スーダンに来てしまったし、思ったより大変なので来週ニューヨークに戻ります、と言う訳にもいかない。

 

なにより、まず、自分が生き延びなければならない!

 

だって、お金があったとしても、私は水を手に入れることが出来ないかも知れないのだから。

 

人間の本能でしょうか。

 

私はオフィスの人達に笑顔で挨拶することを始めました。

 

まだ紛争が終わったばかりの土地です。

国連だってまだ信用を得ている訳ではありません。

 

土地柄、挨拶を交わすことは、文字通り、「私はあなたの敵ではありません。私はあなたを尊重しています。」ということをはっきりと示す意思表示でもありました。

 

この時ほど、意識してオフィスで会う人たちに声をかけていた時期はなかったと思います。

 

どこの社会もそうであるように、アフリカは特に人ベースの社会です。

 

携帯もメールも通じないからなお更。

「正論」も「本部の理論」も通じやしない。

頼れるのはまさに人。

 

こうして、私は文字通り「必要に迫られて」、オフィスにいる同僚たちと毎日挨拶を交わしながら、この人はどうしたら動いてくれるんだろうか~ということを試行錯誤していく事になったのです。

 

その流れの中で、傾聴の力を学び、相手の価値観や相手が本当に必要としていることに意識を向けることがあり、その中で、スーダン人民解放軍との関係づくりがあり、クーリエジャポンの記事で紹介させてもらったような「仲裁」的な仕事がありました。

 

なにより、その時に共に支え合ったオーストラリア人の友人との思い出話しは尽きません。パキスタン軍の人たちも、私と友人達をとても可愛がってくれて、よく本場の美味しいカレーを食べさせてくれました😊

 

こう書いてみると、けっして楽だとは言えない環境だったけれども、当時の状況が体験させてくれ、学ばせてくれた事は沢山あったものだと改めて気づきます〜。

 

何事にも物事には「両面」あるのですね。

 

大変だけど喜びをもたらしてくれるのも人。

成長させてくれるのも人なんですね。

 

 

日本にいると、よくも悪くも便利な分、コミュニケーションにはより意識的な努力が要るようにも感じる時もあるけれども、グッドニュースは、人間って底力と繋がれば何でもできるし、コミュニケーションという分野は、投資をするだけの価値が十分にあるということでしょうか。

 

私自身、そんな事を改めて思い出させてもらいました。

 

感想をお寄せくださったみなさま、ありがとうございました!

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

こんなことを書いて欲しい、こんなことについて聞きたい!という方はinfo@peaceblossom.netまでぜひメールをください。

 

⭐️お待ちしています~⭐️

キャリアと人生の法則【①】「もう信じらんない」時に何を学ぶのか

キャリアと人生の法則【①】受容と学びの法則

 

ある女性のお話しです。

彼女は、国連の平和支援の一環で独立前の東ティモールに赴任しました。

彼女にとって初めての国連での仕事。

 

オーストラリアのダーウィンと東ティモールの首都のディリでブリーフィングを受け、同僚と一緒に車で山の中を4時間ほど登りました。

 

これから一緒に仕事をする人たちはどんな人たちだろう?

これから住むところはどんなところだろう?

 

もうドキドキです。

同僚のメンバーはオーストラリア人、パキスタン人、イギリス人、カメルーン人、チリ人と日本人の彼女でした。

 

そこで一番年配だったパキスタン人の男性がグループリーダーという役を担うことになりました。

 

初めての国連。

はじめてのミーティングってどんなんだろう。

ドキドキ。

 

ただ、そのミーティングで、パキスタン人のチームリーダーの口から聞いた言葉に彼女は驚くことになります。

 

「これからやらなければならない仕事は山ほどあるが女には無理だな。」

 

えっ???

今、この人、みんなの目の前で「女には無理だ」って言った?!

 

彼女は、隣にいたオーストラリア人の女性の同僚の方を見ました。

国連という組織のことも、仕事内容も、東ティモールという国の事情についても分からなかった彼女は、聞き間違いじゃないかと思って(願って)、その時は黙っていました。

 

しかし、そうした彼の言動は更に続きます。男性のチームメンバーには挨拶をするのに女性の同僚には、一言も挨拶はなく、召使いに接するような「命令」口調で私たちに指示をだしてくるのです。

 

女性は医師や教師以外は補助的な業務にしかつかず、一般的に男性が先に食事をし、女性は台所で食事をするというパキスタンでは、彼は今までの人生の中で女性とはほとんど働いたことがなかったのかも知れません。

国連って女性の権利とか平等を謳ってる機関じゃないわけ?!

 

彼女はそれから、「こういう場合はいったい相手に何と言って、どうやって対処して、どうやってこの問題を正式に提示したらいいんだろう」と悩みます。

 

そんな日々を終えて戻る部屋はかろうじて屋根があって、ほのかに灯がともされるろうそくがあるだけ。

 

ニュースで聞く「国連」と現場での「国連」のギャップに大きなパンチをお見舞いされたような気分でした。

 

国連なんて理想的な職場にいたのだから「ブラック」な問題もないだろう、と、もしかしたら思う人がいるかも知れませんが、どんなことにも物事には両面があるものです。「理念」が大きい分、組織としての課題(影の部分)も大きいものです。

 

彼女はその事実にしばらくショックを受けていましたが、しばらくたって、彼女は他の同僚たちに協力を求め、仕事ができるように助けてもらい、丁寧に地元の人たちに向き合い、信頼を勝ち得ていきます。

 

そして、たくさんの失敗を重ねましたが、彼女はこの経験を通じて沢山の大切なことを学びました。

 

特に、

◎ 必要であれば「ノー」と言うことを含め、自己主張をすべき時を知ること

◎ 同僚たちに助けを求めること

◎ 事実(facts)と人(person)を分けること

 

です。

 

それから数年たって、彼女はこの時に学んだことが、その後、彼女が国連という組織でキャリアを積んでいくためにとても役立っていたという事実に気づくのです。

 

運を下げる人は、そうした状況を受けれられず「こんなこと信じられない」と文句を言います。

 

運を上げる人は、そこで留まらず、与えられた状況を一旦受け止め、その状況は何かを学ぶ機会をくれているのだと捉えます。

 

⭐️キャリアと人生の法則【①】受容と学びの法則⭐️

 

⬇️ 運を下げる人は、そうした状況を受けれられず「こんなこと信じられない」と文句を言います。

 

⬆️ 運を上げる人は、そこで留まらず、その状況を一旦受け止め、その状況は何かを学ぶ機会だと捉えます。学ぶべきことを学び、自分ができることをを探します。

 

 

⭐️現在募集中の講座⭐️

自分にあったリーダーシップスタイルを見つけ、相手の主体性を引き出す

「ファシリテーションスキル」講座

https://wordpress.com/page/chikaonaka.com/4641

6月19日 (日) 9:30-17:00@スクエア荏原

7月10日 (日) 9:30-17:00@スクエア荏原

7月17日 (日) 9:30-17:00@スクエア荏原