ほんとうに成功している人は神さまに応援される人②ー神さまが味方してくれるのを遠ざけてしまう態度と原因&対処法

ほんとうに成功している人は神さまに応援される人ー神さまが味方する人の持っている18の特徴

 

という記事を書きました。

 

関連記事→https://goo.gl/K2Rzei

 

仮に「神さま」という言葉が今の自分の日常生活には馴染みのない場合でも、わたしたちはある部分では自分を超えた大きな存在があるということを本能的にわかっています。

 

マザーテレサは、愛の力でもって、世の中のどんな成功したビジネスマンよりも世界中からお金を集め(亡くなられた今でも続いています)、インド、カルカッタにある「マザーハウス」はその場にある愛とインスピレーションの力で今でも毎日世界中の人を引き寄せています。

 

人は行き詰まったとき、生きる指針をみつけたい時、そんな自分を救ってくれるものとして「自分を超えた大きな力」や「愛」を求めるのだと思います。

 

それなのに、私たちの中には、素直に大きな力のサポートを受け取れなくさせてしまう態度や誤解があることがあります。

 

例えば、こういうものです。

 

ー教えられたくない、従いたくない

ーすべてをコントロールしたくなる

ーリーダーに対して批判的になりがち

ー自分に頼る

ー神さまに対して誤解した見方を持っている

ー苦労してやっと報われると思っている

ーお金、物質、他人からの賞賛が安全をくれると思っている

ー人にめいわくをかけてはいけないと思っている

ー人に頼れない

 

こうした態度や誤解は、たいていの場合「拒絶の傷」とかんけいしていて、拒絶の傷が生まれた原因としては例えば以下のようなものが挙げられます。

 

ー親や先生から厳しいしつけ・指導があった

ー両親からのコントロールが強かった

ー勉強や宿題、お手伝いができたから褒められる環境だった(条件付きの愛)

ー学校で批判されたり、誤解されたことがある

ー家庭内に依存症があって恥やおそれを感じた

ーえこひいきがあった

ー成功や一番を目指さないといけないという圧力

ー家庭内でよろこびがない

 

または自覚がなくても胎児期に、予想外だったために母親が「どうやってこの子を養おう?」と思ったことなども含まれることがあります。

 

これらが日常的にどういう風に現れるかというと、以下のようなものがあります。

 

ー自分は人から必要とされていないと思ってしまう

ー自分が悪いと思ってしまう

ー自分を好きになれない

ー自信を持てない

ー失敗することをおそれ、なんとしてでも避けようとする

ーなんでも自分でやらないといけないと感じる

ー親や先生、上司といった人から責められるように感じる

ー劣等感

ー羞恥心

ーあせり

ー罪悪感

ー人に気をつかいすぎる(嫌われなくないから)

 

Mom-Giraffe-and-baby-giraffes-28798810-600-710

 

そして、もう一つの特徴は拒絶されるのをぜったいに避けたいと思うがばかりに、自己防衛のシステムをつくってしまうことです。

 

自己防衛のシステムとは例えばこういうものです。

 

 

ー競争心

ー自己顕示欲

ー完璧主義

ー目標・成果主義

ー嫉妬

ー人を判断してしまう

ー自己顕示欲

ープライド

ー恥ずかしがり

 

こうしたものの中には先祖から受け継いだものもあります。

 

heart pendant

 

私たちは、親の世代(先祖)から引き継いだ「おそれから生まれた人生観」を乗り超えて、「愛から生まれた人生観」に書き換えるという平和のための大仕事が与えられている、と書きましたが、拒絶の傷を癒すことはまさにその根幹の一つと言えます。

 

大変な作業のように聞こえるかも知れませんが、一人が癒されると一人が癒されると32代にも渡ってその癒しが届くとも言われています。ですから、それを癒そうとするならば、そのための大きなサポートも与えられます。

 

そして、自分の傷が癒されると、仕事や人間関係の成果として現れます。

 

一生懸命にがんばっても改善されなかったことが、自分の中の内面の傷が癒されたことで大きく変わったことは私自身の体験でもたくさんあります。

 

癒しはプロセスです。

 

ある程度の時間も必要です。

 

なにより癒されるライフスタイルを身につけることが大切です。例えばこういうものです。

 

ーなんらかの課題や問題があるとき、それは自分の中の何を癒す機会なのかに意識を向けましょう

 

ー自分でもう役立っていない態度や習慣に気づいたならば、その背後にどんな心の傷があるのかに目を向けましょう

 

ー完璧でない、傷ついた自分を共感をもって抱きしめましょう

 

ー受け入れること(受容すること)を学びましょう

 

ーゆるすことを学びましょう

 

ー大きな力に癒しとサポートを求めましょう

 

ーゆるすことを学びましょう

 

人生は旅です。

 

傷があってもまったく完璧な自分じゃなくても、今の瞬間を楽しむことができます。

 

瞬間瞬間、幸せを選択することができます。

 

少しづつでもそんな瞬間を増やしていきましょう。

 

Empathy 4

 

広告

75%案件に注意❗️「転職エージェントの勧めにしたがったけれどもまったく幸せになれなかった」ケースー「なに」を選びかよりも⭕️⭕️で選ぶか

転職エージェントの勧め通りにしたがったけれども、まったく幸せになれなかったという方の相談にのったことがあります。彼女はベンチャーと大企業の両方の勤務経験を持つ転職エージェントから誰もが羨ましがるような経歴をお持ちでした。

 

別の方では、30代半ばの女性で、今は子育てに専念したいという方がいらっしゃいました。

 

仕事は好きでバリバリ働いてきましたが、今は定時通りに帰れることを優先基準にしました。

優秀な方なので、できたら自分の興味のある分野だったら嬉しいということでした。

子育てをしながらの転職活動中はたいへんだったのですが、幸い旦那さんの協力も得て、幸いすぐにいくつかの案件があがって、面接も通りました。

 

前の職場から今の職場への移動もズムーズにいったのですが、彼女が今悩まれていることは、定時通りに帰れることを基準に選んだはずなのに、帰れないことが続いているという状態です。

 

日本の会社でそんなことは当たり前だよと言い捨てるのは簡単ですが、今思えばその点についての判断がブレたかもしれない、と振り返ります。

 

数件の中から選ぶことになったのですが、「どこも定時に帰れます」という条件の中で、最終的にポイントとなった点の一つは、その会社が業界で有名だったことです。

いくつもの大会社とのコネクションを持っていることでした。

そういう場に身をおくことで、次の転職に役に立つかもしれないと思ったのです。

その判断自体は、しごくまっとうな理由だと思います。

 

ただ、だからこそ、本当に定刻通りに帰れる職場環境で上の方の理解がありそうなのか、その点について見極めるのが甘かったかもしれないと言います。

 

とくに日本人は、前ほどではないとはいえ、まだまだ大企業主義や権威主義があります。

 

わたし自身、国連をやめようかということが頭によぎってから、実際に辞めるまでに2年半もかかりました。

 

自分のことを振り返ってもよくわかりますが、人は弱いので大きな組織、有名な組織のかさの下にいることで安心したいと思います。

 

自分の中に自信のない部分があったり、なんらかの過去の体験やコンプレックスを持っていると、肩書きや組織など華やかな業界などで「そこで働いているわたし」という外のイメージでそれを埋めようとします。

 

そういう部分は誰にでもある程度あると思いますが、何か重要なことを決めるときの自分の状態に気づいていることがとても重要になるのは、それによって自分の判断がぶれることがあることです。

 

しかも、それは「75%案件」といって、一見ほぼいい案件なのです。

「ほぼいい案件」なので、それが悪いわけではけっしてありません。

 

ただ、残りの25%が思っていたよりもけっこう重要だった、ということがあります。

 

彼女の場合、苦労をして転職活動をしたにもかかわらず、まだ苦労の日々が続いています。

 

人間ですから、そういう選択をすることはあります。

 

実際に体験してみてわかることもたくさんあります。

 

そういうことも含めて、自分で選択することこそ、生きるということを学ぶことなのかも知れません。

 

ただ、なんだか同じようなことを繰り返しているなと思ったら、自分が「なんで」それを選んでいるのか気づきましょう。

 

孫子の兵法には、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。

 

もちろん、 100%完璧な同僚や上司、職場や仕事があるわけではありませんし、問題もない完璧な職場や仕事が存在するわけはありません。

 

でも、この人とはご縁を感じるというような同僚がいたり、魂が満たされるような深い友情を体験したり、魂のファミリーと感じる人に会ったり、最初は大変だったけれどもすごく鍛えられたというような体験があったり、その先につながるようなスキルを身につけさせてもらっているような体験があったりと、直感的に「ああ、ここには導かれてきたなあ」という感覚のある職場のことです。

 

仕事だけではなく、日々「選択」は続きます。

 

転職、仕事、パートナー、マンション買うか買わないか、どこで買うか、どこに住むのか。。。

 

自分の選択がどこから来ているかに気づきましょう。

「愛」か「おそれ」か?

 

「愛」を選びたいですか?「おそれ」を選びたいですか?

 

愛とはワクワクする状態、広がりを感じる状態、穏やかさを感じる状態です。

 

おそれとは「ちゃんとしないといけない」といった義務感や世間像にあわせること、自分の過去やコンプレックスからその選択が生まれている状態です。

 

前者は軽やかでスムーズです。守られているような感じがします。

 

後者は重荷をかつぐような重い感じがします。

一生懸命にやらないといけないというふんばりやがんばらないといけないと感じます。

 

愛からの選択を求めましょう。

 

あなたは愛を受け取るのにふさわしい存在です!

 

愛から選ぶと決めましょう。

自分の力を超えた大きな力を味方にしたい人へ!2018年後半あなたの運を上げるために知っておくこと

先週末、ガーナから日本にやってきたばかりの友人の子どもたち二人がうちに遊びにきてくれました。

 

簡単なご飯をつくったのですが、中一と高三の男の子なので、びっくりする位にたいらげるよ!と聞いてはいたものの、わたしの用意した分があっという間になくなって、びっくりしました(!)😆

 

みごとな食べっぷりでした!

 

それを見ながら、高校二年生のときにニュージーランドに留学したときのホストファミリーを思い出して、一年間もほんとうによく毎日ご飯をつくってくれたものだと感謝の気持ちで思い出しました。

 

私が帰国した後、わたしの両親が今度はうちの番だといって、一年間フランス人の男の子を迎えホストファミリーになりました。

 

わたしが大学一年生のときで、妹とわたしは部屋を彼に渡して、和室に布団を敷いて寝たりしたのですが、彼がきっかけでうちの家族はワインとチーズにはまり始め、その後、両親は彼の家族に会いにフランスに旅行をしたりしています。

 

父はもう30年以上も毎週末ある電話当番のボランティア活動をしています。

 

ガーナの子たちの食べっぷりを見ながら、わたしは両親から「与えるのは受け取ること」という原則を教えてもらっていたなと思います。

 

母としては4人分つくるのも5人分つくるのも変わらないと思っていたのかもしれないけれども、たった一回ご飯をつくるのは簡単だけど、一年になるとまったく違いますよね。

 

日本語のわからないときには、気をつかうこともありますし、病気になったら病院に連れていったり、保護者会にも出席します。

 

でも、新しく誰かを家族として迎えるという体験、彼の家族とのフレンドシップ、その後も続いている手紙、その後妹が留学したこと、などなどすぐに思い出す思い出や恩恵だけでもたくさんあります。

 

でも、もっと感じるのは、これは直感的に感じることなのですが、それ以上に宇宙から何十倍もの恩恵が両親、そして家族全体に与えられてきたと感じることです。

 

それは、何をしたというよりも、見返りを求めないあり方に対してだったと思います。

 

一昨日から、私たちの選択には究極的には「愛」(安心・やすらぎ)か「おそれ」(不安・孤立・無力感)の二つしかありません、というお話しをしています。

 

愛がわからないと思うのなら、愛を与えましょう。

 

愛を人に求めると自分の期待通りにならないのでフラストレーションばかりたまりますが、愛を与えると自分も愛を体験します。

 

与えることは受け取ること、だからです。

 

同時に与えるとは「なにかをすること」とは限りません。

 

例えば、

誰かにあいさつをする。

笑顔をかえす。

目の前の人のいい点をみつける

相手をほめる

家族、友人、知人に思いやりのある言葉をかける

相手の健康や幸せ、成功を祈る

 

などでです。

 

4歳の姪っ子は与えるのがとても得意です。

 

近所の電気屋さんのおじさんに満面の笑顔でニコニコと笑顔をふりまきます。

 

わたしは思い立ったら「元気?暑いけど元気でね」と頭に浮かんだ人にLINEメッセージを送ります。気持ちは姪っ子のように(笑)

 

日々の生活の中に愛を増やしましょうね。

(*^-^)ニコ

 

あなたの人生の次のステップをみつけるコーチング受付中です。

https://chikaonaka.com/coaching/

 

コーチ・講師・伝える人必見❗️世界を舞台に学んだ「人を動かす伝える力」ー人は正論では動かない?!それならどんな時に動くのか?

人間はそれほど理性的ではありません。

 

例えば、「経済は感情で動く」という本では、人は何かを選ぶときに、合理的に判断しているつもりでも実際には感情といった要素の方が強く判断に大きく影響するという例がたくさん紹介されています。

 

世界累計200万部のベストセラー作家であるマルコム・グラッドウェルは、34カ国で翻訳された「『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」で、長時間考えてたどり着いた結論よりも、『最初の2秒』でもたらされた直感やひらめきの方が正しい、と言っています。

 

これまでの教育制度や従来のビジネス慣習では、感情などの主観的なものは出来る限り排除して考え、説明し、対処できることがプロフェッショナルだと思われてきました。

 

ただ、最近は商品の性能だけでなく共感といった要素が購買の基準になっていることに見られるように、「人が何かを選び、判断する理由は合理的な要素だけではない」ということ、そして、この合理的な要素でない部分の方がビジネスやプレゼン、人間関係の成功に大きく影響している、と言われています。

 

とくに、今の時代に大きな価値となるのは「信頼」です。

 

なぜなら、スマホと一緒に寝起きをするような「情報洪水の時代」を生きる私たちは常に「この情報が正しい」「これを買えば幸せになれる」「これを信じれば上手くいく」、といった無数のメッセージや広告にさらされ、大量にやってくる情報に対して守りの姿勢にあるからです。

 

相手は常にアンテナをはっていて、「あなたの情報は耳を傾けても大丈夫なのか?」「あなたの情報は信頼できるのか?」とあなたのことを判断しているのです。

 

つまり、まずあなたと相手との間にある溝に橋をかけないと、こちらが相手にとってどんなに有益な情報や商品、サービスを持っていたとしても耳を傾けてもらえないのです。

 

同時に、人は信用したいと思っています。

 

人を信じたい、善を信じたい、世界はいいところだと信じたい、なにより自分を信じたい、と思っています。

 

でも、そう思えない時もあるからこそ、人は信頼できる人や対象を常に求めています。

 

だからこそ、信頼が大きな価値となる時代なのです。

 

信頼してもらうには、あなたの人となりを知ってもらうことです。

 

聞き手があなたに求めているのは知識だけではありません。あなたの本音から生まれる言葉やあなた自身の個人的な経験です。

 

私は米軍の専門家としてスリランカ軍に派遣され、国連の平和維持活動について教えるトレーニングの教官・講師をしていた時に、ある難しい質問をされた時に、「正しく答える」をやめて、国連の公式見解も米軍の専門家という立場もすべてとっぱらって、自分がどう思うかという個人的な体験を語ったことで、逆に信頼を勝ち得たことがあります。

 

少しその時にお話しをしたいと思います。

 

スリランカ軍といえば、26年も続いたわたる内戦の当事者で、内戦終結時には制圧を断行したことで何十万人もの犠牲者を出し、国連の人権委員会などから批判を受けていた張本人でもありました。

 

研修は始まったものの、 最初の数日は、相手は紛争解決や国連PKOについてどれだけ本気なんだろうか?と、しばらくお互いに「腹の探りあい」のような状況が続きました。

 

さて、今日もそろそろ研修が終わりという時、講義の最後の最後に質問の手があがりました。

 

「とはいっても、国連はシリアで何も出来ていないじゃないか?」

 

部屋全体に緊張が走り、

部屋にいた全員の視線がいっせいにこちらに向けられたのを感じました。

 

なるほど。。。

 

この予期しなかった質問に一瞬ドキっとしましたが、同時にこの質問はしごく健全なコメントだとも思いました。

 

なぜなら、私自身を含め、全く同じようなフラストレーションを感じていましたし、もし逆の立場だったら、私もまったく同じような質問をしたかも知れなかいと思ったからです。

 

その質問に対してはいろんな角度から答えることはできましたが、この発言の真意は別のところにあると感じました。

 

その質問の真意とは、

「公式意見じゃなくてあなた個人の意見を聞きたい。」

 

もっと言うと、

「あなたはどういう意気込みでこの課題を捉えているんだ?」

 

さらに言うと、

「あんたってどんな人なんだ?」

 

そして、究極的には「僕たちは内戦をしてきた軍隊なんだ。理論も単なる理想主義も信じられない。どうしたらあなたの言うことを信じられるんだ?」ということだったと思ったのです。

 

経験上、こちらの本気度が試されていることを直感的に感じとった私は、腹をくくりました。

 

私は真っ直ぐ彼の方に向きなおし、ゆっくりと一言一言はっきりと話し始めました。

 

「私個人の意見をお話しします。。。」

 

その瞬間から、流れが一気にガラッと変わったのをはっきりと覚えています。

 

私は驚くような解決策を提示したわけでもなければ、誰もがはっとするような意見を述べた訳でもありません。

 

ただ、その地球的な課題に対して今自分がどう考えているのか、何がほんとうの問題だと思うのか、どんなことが必要で大切だと思うのか、を自分の言葉ではっきりと伝えました。

 

何を言ったのかは正直もう覚えていません。

 

でも、そこから「じゃあ、あなたの言うことに耳を傾けてみようか」という相互プロセスが確かに始まったのです。

 

その日以来研修は順調に進み、スリランカ軍の参加者が個人的な体験を打ち明けることもありました。国連や外部の調査団の立ち入りを何度も拒否してきた歴史を考えると、まったく私の予想を超えた展開でした。

 

この件以来、私は正直に自分の考えや体験を伝えることで信頼を得ることができることを体験して、とても楽になりました。

 

そして、人が話し手や講師、リーダーに求めているのは知識だけでなく、その人の体験やそこから生まれたその人自身の考え方であること、そして、人は「信じられるもの」があると目の前の問題さえ克服していく力を取り戻すことができることを、この体験から学びました。

 

人は知らない人を信頼しません。

 

でも、人は信じたいのです。

 

データや分析、数字だけでなく、あなたの言葉でなぜこれがいいと思うのかを伝えてください。

 

人はクールで冷静なビジネスマン・ビジネスウーマンとしてのあなたではなく、人間としてのあなたを知りたいと思っています。

 

あなたという人はどんなことを大切にしているのか自分の言葉で伝えてください。

 

「完璧な人」ではなく「リアルな人間」としてのあなたはどんな人なのか相手に見せてあげてください。

 

あなたが自分に正直にオープンになれば、あなたの心と相手の心の間に言葉を超えた「橋」がかけられていきます。

 

相手にあなたを信じさせてあげてください。

 

今年 8〜9月に書籍を出版予定です。

その章の一つは「世界を舞台に学んだ人を動かす伝える力」についてです。

 

面白い内容に仕上がってきています。

 

どうぞ楽しみにしていてください!

 
ニュースレターにご登録ください。
➡️ ニュースレターご登録はこちら
新しい本の出版や大仲千華が開催する講座についてお伝えします。

内心怒って満員電車でぶつかる人が多いのは、自分で決めてないからー義務とほんとうの責任の二つの違いをまなぶ時

自分で「決める」たびに本来の力を取り戻していく体験をお話ししました。

 

その選択が自分の価値観に沿っているときには、

いい気分がして、物事も身体も自然に動きます。

 

自分で決めると納得感がありますし、なにより自分で決めたという体験自体が自信になります。

 

自分の意思で決めたので多少の困難があっても、ふんばれます。

 

関連記事⇨10年働いても指示待ち&自分で考えられない人 vs どんどん自信をつけていく人ーその差は普段自分はどうやって○○○しているかを意識しているかにあった!

 

 

では自分で決めないとどうなるでしょうか?

 

「こんなはずじゃなかった。」

「そんなこと聞いてなかった」と

誰かのせいにしたくなる気持ちがでてきます。

 

この数年「アンガーマネージメント」が注目されていますが、内心怒っている人が増えているのは実は自分で考えて決めていないことに対する不満が無意識でたまっているからじゃないか、と私は思っています。

 

深層の部分では自分で決めていない、自分で自分の人生の責任をとっていないことを自分で知っているので、自分が自分に怒っている、という訳です。

 

 

「決める」の別の表現として「意思決定」、英語ではdecision-makingという言葉があります。

 

では、decision-makingの「反対」は何でしょうか?

 

ちなみに、英語を英語のニュアンスで覚え身につけていく英語脳的学習法の一つに、新しく覚える単語を英語の類義語(synonyms)と反対語(Antonyms)と関連させて覚えていくという方法があります。

日本語よりも英語の方がよりダイレクトな言語なので、「決めないこと」「決めること」のニュアンスが、反対語と類義語を引用することでより伝わるなかと思い、それぞれ辞書を引いてみました。

 

⭕️decision-makingの「反対語」は

 

untrustworthy=信頼できない

immature=成熟していない

immune=逃れている

exempt=外れている(免除された)

excused=言い訳的な

 

⭕️decision-makingの「類義語」は

 

responsible=対処能力のある

accountable=責任を持つ

in charge=仕切っている

engaged=関わっている

in control=主導権を握っている、制している、掌握している

 

です。

 

こうやっていざ並べてみるとそのニュアンスがよりはっきりすると思います。

 

とくにダイレクトな意味である

immune=逃れている、と

exempt=外れている(免除された)で、

 

自分で判断して決めないというのは、「人生から逃れている、自分で自分の人生から外れている」ということと同じだよ、とはっきりと伝えてくれています。

 

 

ところで、英語で「責任」というと「Responsible」を思い浮かべるとおもいますが、

Responsibleの本来の意味は、日本語の責任という言葉が持つ「重荷」のニュアンスとはまったく違います。

 

「Responsible」の意味は、

Response (対処)+ Able(能力がある)= 対処できる、

という直訳で、「自分の本来のパワー」というニュアンスを伝えてくれています。

 

対処できる、というのは、目の前にある状況や結果を引き受け、所有すること、その中で出来うる最善を尽くす、という意味です。

 

もし、責任という言葉に対して重荷を感じるとしたらそれは「義務」とごちゃ混ぜになっています。

 

義務は自由ではありませんが、自分で選んだ選択や状況にたいして自分で責任をとっていくという意味での責任は、大人で成熟した態度ですし、自由や解放といったニュアンスも含みます。

 

なにより、私たちにはそもそもこんなに選べることがあると改めて気づかせてくれます。

 

ちなみに私が働いていた南スーダンといった国では紛争があったり、職業が限られていたり、いろいろな意味で選択が制限されています。

 

アイスクリームショップで今日はどの味にしようかなと、色とりどりのアイスを眺めながら少し迷ってみるのも楽しみの一つだけれども、

 

ただ、私たちが決めることはほんとうはおそらくとてもシンプルです。

 

他人の人生を生きるか

自分の人生を生きるか

 

そして、心の内では答えは知っているのです。

 

大丈夫。🐱

 

勇気をもって進みましょう。

たった一人の意見や基準であなたの能力を決めてはいけない!あなたが評価される場所へ行こう

私はいい音楽に触れると、文(書きたいこと)が浮かぶことがあります。

食べ物を口にしてそのような感覚を受けたことがありました。

ミシュラン三ツ星レストラン、ピエール・ガニェールさんでの体験でした。

 

あんまり感動したので、どうしてもシェフの方に一言だけお話しを聞かせてください、

とお願いしたことがあります。

 

そうしてピエール・ガニェールから厚い信頼を受け、ピエール・ガニェールの冠をつくレストランを全面的に任されている赤坂洋介シェフにお会いしたのですが、そのお話しの中で印象に残っていることがあります。

 

「料理人には突き詰めることを得意とする人もいます。伝統を重んじるタイプの方もいます。でも、僕は新しいものを創り出すのが好きなタイプです」と強調されていた点です。

 

言ってみればたったそれだけなのですが、

自分が戦う土俵を見極めよ、という原則をよく教えてくれていると思いました。

 

料理人の世界が保守的なのはよく知られています。

 

ミシュラン三ツ星レストラン、ピエール・ガニェールさんが入っている同じホテルの別の階には懐石料理の立派なお店もありました。

 

そうした世界では、創造性よりも伝統の味をできるだけ性格に再現することの方に価値がおかれるのでしょう。

 

もちろん、ピエール・ガニェールや彼の料理が「革新的」、「斬新」「芸術的」などと表現されても、

そこにもしっかりとした料理の基礎や土台や目に見えない部分での努力があるのは間違いありません。

 

実際、赤坂シェフは、毎シーズン、新メニューを決めるまで何十回も何百回も試食を重ねるだけでなく、私が驚いたのは、

 

「1日たりとも前日と全く同じ料理を出したことはありません。僕も進化し続けているので、自分が生み出すものは毎回変わります。

その時に自分が出せる最高のものを出したいと思っています。」と話し、実際その日に改良した点を教えてくれました。

 

「1日たりとも同じ料理を出したことがない」には(❗️)本当にびっくりしました。

 

関連記事→ ミシュラン三ツ星シェフピエール・ガニェールに学ぶ「創造性」とは?ー新しいものを生みだすヒント

 

改めて思うのは、技術はもちろん「毎日違うものを出したい」という彼の資質と

実際に彼が腕を思いっきりふるえる場(ピエール・ガニェール)がぴったりと合っているのだな、ということでした。

 

いくら彼が腕のいい努力家の一流の料理人であったとしても、これが懐石料理(あくまでも例の一つです)だったら、そうはならなかったでしょう。

 

私はニューヨーク本部や南スーダンなどで約10年間元兵士の社会統合支援や仲裁、人材育成などにかかわりましたが、国連を意識し始めた理由の一つは、まだまだ終身雇用や大企業主義が強かった時代に日本企業で女性が思いっきり活躍できそうには感じられず、それなら厳しいだろうけど能力主義の国際機関の方が思いっきり働けそうだ、と思ったからでした。

 

 

イエスキリストはこういう言葉を残したと言われています。

 

Go where invited. Stay where welcomed. If you are no longer welcomed, leave the dust behind and leave immediately.

 

招かれているところへ行きなさい。歓迎されたところに留まりなさい。

歓迎されなくなったらすぐに去りなさい。

 

 

たった一つの価値観や基準(偏差値や一流企業への就職)であなたの可能性や能力を決めつけないでください。

 

たった一人の意見や誰かに評価されなかったからといって諦めないで下さい。

 

自分の価値が評価されるところへ行きましょう。

 

あなたを評価してくれる人が必ずいます

自分は何もできませんという 「偽りの謙虚さ」と自分を誰かの下にする自己卑下は実は「傲慢(ごうまん)」

自分に正直になるということは
自分を小さくしないということ
自分は何もできませんという
「偽りの謙虚さ」と自分を誰かの下におく「自己卑下」は「傲慢さ」です。
あなたの人生はあなただけのものではありません。
あなたがこれまで体験した経験、あなたが感じていること、あなたに与えられた教育、日本に生まれたあなたに与えられた機会、神さまから生まれもって与えられた能力や才能はあなただけのものではありません。
偏差値や学校や社会の一つの評価軸で自分の能力を決めつけてはいけません。
自分を狭い箱の中からそっとゆっくり出してあげましょう。