「自意識過剰」や「自己嫌悪」にとらわれているときには自分を明け渡す時ーGOOD to GREATという法則

Good to Greatという題名の全米ベストセラーの本(邦題「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」)があります。

 

Good to Great

 

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則.jpg

直訳すると、「グッドから素晴らしいへ」「よいから偉大へ」とでも訳することができるでしょうか。

 

人の真似ではなく、なんとなく周りと一緒でもなく、自分が「自分の人生」を生きることは、今の「個の時代」を生きるために土台となるスタンスだと思います。

 

同時に「自分」にばかり焦点をあてていると、「自意識過剰」になったり、「自己嫌悪」や「自己満足」になってしまったり、逆効果となる時もあります。

 

「自分」が苦悩の原因であるという表現さえあります。

 

または、そこそこまでは自分の努力や自分の力でがんばってできるけれども、グッドからその先に行くにはどうしたらいいのか?という問いにも繋がっていきます。

 

モーツアルトはたった数年の間に何百曲も素晴らしい曲を作曲をして天才音楽家と呼ばれました。

 

彼にとっては、音の塊(かたまり)がメロディーがとしてまさに彼の上に降ってきた、というような体験だったそうです。

 

作曲をすることは、もちろん彼の努力を土台にしていますが、彼の能力を超えた、彼に与えられた役割とまさにギフト(贈り物)でした。

 

わたしはクラシック音楽のコンサートに行くのが好きですが、一生懸命に努力して指揮棒を振る指揮者と、自分が導管(conduit)となってその人を通じて音楽が醸し出されていくかのようにオーケストラ全体から音色を引き出す人の両方を体験したことがあります。

 

簡単にいうと、前者の人は力が入っていて、後者の人は軽やかです。

 

前者は「Good」ですが、やはり「Great」にはたどり着けません。

Greatな演奏は、その人個人を超えたより大きな力と一体になったようなものです。

それがまさに「Great」=「偉大な」と呼ばれるゆえんだと思います。

 

「Good to Great」という本のタイトルは、まさにその違いを見事に一言で表現しているなあと思います。

 

自分を超えたより大きな力である「偉大さ」(Greatness)とつながることを意図しましょう。

 

でも、これは大きなことをするという意味ではありません。

 

仮に「大きな仕事」をしていても中途半端な気持ちで取り組んでいたら、まったく偉大さを発揮できません。

 

逆に聞こえるかも知れませんが、自分ができることの「小ささ」を認めて、大きな力に道を譲って働いてもらうのです。

 

掃除でも、料理でも、一見小さな仕事と見えるものでも、そこに自分を通じて今やっていることに「偉大さ」(Greatness)がもたらされるようにと自分を明け渡すのです。

 

そして、より大きな力に道をゆずるときに、私たちは自分を通じて働く大きな秩序を体験し、畏敬の念を感じ、心が満たされ、充足感を感じるのです。

 

心をこめて何かに取り組んでいるとき、またはその人が情熱を感じていることに取り組んでいるときには偉大さが自然に表れています。

 

だから、自分が好きなこと、情熱を感じることをやりましょう、と言われるのですね。

 

それがもし人と関わるときには、自分を通じて相手の人に対してより大きな力によって愛や慈愛、安らぎがもたらされるように意図しましょう。

 

それは自分の力でできることではありません。

 

明け渡しましょう。

 

より大きな力に働いてもらいましょう。

 

自分が努力をするというレベルでは満たすことのできない部分が私たちのDNAの中には組み込まれています。

広告

疲れやすい人が 自分のエネルギーや身体の バランスを保つにはどうしたらいい?

ともかく疲れている。
意欲が湧かない。
朝起きれない。
疲れやすい人が
自分のエネルギーや身体の
バランスを保つにはどうしたらいい?

 

 

たった3年前には
重たい身体を引きずるようで
朝も起きれず働けなかった私が

一日12時間を連続で通訳しても
エネルギーに満ちるようになったお話しです。

 

 

さて、私が通訳をしている先生がいます。

直観医療やサトルエナジーの国際学会にも

招聘されるサンドラスウィートマンです。

 

今回で6回目の来日です。

先生の講座は計30回を超え、
随分と慣れてきた通訳ですが、

初めて通訳をすることになった時には
かなり不安がありました。

 

技術的なこともそうですが、
丸1日も体力と集中力を保てるかなあ
という心配でした。

 

サンドラの通訳を始めた頃、
私はいつも疲れていました。

 

「燃え尽きた」体験で
身体に力が入らない状態だったのです。

(≧∇≦)

 

 

私はどうやら繊細なタイプらしい
という自覚が芽生え始めていたので、

 

「エネルギー」のバランスも
関係しているんだろうなあとは
漠然と感じていました。

 

とはいえ、エネルギーについて、
部分的に教えてくれる人はいても、

 

エネルギーに敏感なタイプの人が
どうやって自分のエネルギーや身体の
バランスを保つにはどうしたらいいのか、
正直分からなかったのです。

 

サンドラの通訳を務めることになって、
面白い「偶然」となったのは、

 

100%の集中力が求められる通訳という仕事を通して、
自分の癖やエネルギーの状態が
明らかになっていったことでした。

 

特にショックだったのは、
意識が「とんでしまう」癖でした。

 

意識が飛んでしまうと言葉が口から
出てこなくなるのです。

 

私の課題は通訳の間に意識を
「いま」「ここ」に保っていることでした。

(最近は「マインドフル」という表現がされますね。)

 

 

意識を保つエクササイズをやるなどをして

かなり集中力を保てるようになりました。

 

 

そして!

ある時、

ついに、

 

自分が疲れるどころか
エネルギーに溢れている状態な
ことに気づいたのです。

 

しかも朝から夜まで続けて
12時間通訳をした後のことです。

 

わっ!!!

わたし疲れてない!!!

世界中に向けて
叫びたくなりました~ (*゚▽゚)ノ

(笑)

 

これは私にとって大きな
「ブレイクスルー」でした!

 

自分がエネルギーの導管になる
自分を通じてエネルギーが通っている、

という体験でした。

 

 

ちなみに、
このエネルギーが通る状態というのは、
エネルギーが上にも下にも
両方に繋がっている状態だそうです。

私の場合、下との繋がりが強化されたようです。

 

私自身、通訳をしながら、
毎回新しい情報を受け取っていますが、

身体とエネルギーの状態は
格段に変わっています。

 

エネルギーがクリアリングされていく中で、
自然に直感や内なる力に繋がっていくのを感じます。

 

疲れやすい、
身体に力が入らない時、

もしかしたらエネルギーが漏れていたりするせいで
自分のパワーを十分に活かせてない可能性があります。

 

私にとって特に役に立ったのは
セルフエナジークリアリングです。

 

 

たった3分で

自分のエネルギーフィールド漏れや歪みを

確認してクリアリングできるのです。
誰でもできるようになるメソッドです。

 

講師を務める時、コーチングのセッションを始める時にとても役立っています。

      ↓↓↓

エネルギーマネージメントについて習いたい方は

info@peaceblossom.netまでご連絡ください。

 

ある程度社会経験を積むと、

特に女性は「がんばる」ことから

 

「人にお願いすること」

「弱みも強みを全てを認めること」

「頑張っても望むような結果がでないことも受け入れること」

などを受け入れながら

 

「個人の目標」をより高次の人生の目的に

合わせていくことが求められていくようです。

 

その時により直観的になったり、自分の直観の力に目覚める人もいます。

 

直観力は誰もが持っている力ですが、人生の大きな目的が決まってこそ、開いていく力や才能というのがあるようです。

 

 

内向型診断の30のテスト

あなたは外向型ですか?内向型ですか?

人口の3分の1は内向型だと言われています。

内向的であるというのは、内気とかシャイとイコールではなくて、外向型は、他人と関わりなど外からの刺激によってエネルギーを得るのに対して、内向型は、エネルギーをアイデアや感情など内から得るので、一人でいる時にエネルギーを充電するというエネルギーの取り込み方の違いをいいます。

さて、あなたはどちらでしょうか?

以下の30の項目に当てはまるものをチェックしてください。

どちらがいい悪い、正しい間違いもないので、リラックスして気楽にやってみてください。迷ったら直観に従いましょう。

 

(1) 休息が必要なときは、グループで過ごすよりも自分だけか、二、三人の親しい人と過ごす方が好ましい。

(2)  プロジェクトに携わるときは、細切れでなく、まとまった長い期間を与えてもらう方がいい。

(3) 話しをする前に予行練習をすることがよくあり、時には自分用のメモをつくる。

(4) 概して話すよりも聞く方が好きだ。

(5) 人から物静かだ、謎めいている、よそよそしい、冷静だとも思われることがある。

(6) 祝い事は、大きなパーティーを開くより、ひとりの人か、数人の親しい友人だけでしたい。

(7) 通常、返事をしたり、話したりする前には、考えなくてはならない。

(8) たいていの人が気づかないような細かなことに気づく。

(9) ふたりの人が喧嘩をした直後には、緊迫した空気を感じる。

(10) 何かをすると言ったら、ほとんどの場合、その通りに実行する。

(11) 仕事に締め切りや緊急性があると不安を感じる。

(12) あまりに多くのことが同時進行していると朦朧としてしまう。

(13) 何かに参加するかどうかを決めるのは、しばらく見学してからにしたい。

(14) 長期的な人間関係を築くほうだ。

(15) 他人の邪魔をするのは好きではない。邪魔されるのも好きではない。

(16) たくさんの情報を取り込んだときは、整理するのにしばらく時間がかかる。

(17) 刺激の多すぎる環境は好きではない。世間の人がなぜホラー映画を見に行ったり、ジェットコースターに乗ったりするのか、さっぱり分からない。

(18) 匂い、味、食べ物、天候、騒音などに強い反応を示すことがある。

(19) 創造的で想像力に富んでいる。

(20) たとえ楽しんだとしても、社交的な催しの後は消耗してしまう。

(21) 人を紹介するより、紹介されるほうが好きだ。

(22) 人のなかや活動の場に長くいすぎると、不機嫌になることがある。

(23) 新しい環境には、しばしば居心地の悪さを感じる。

(24) 人に家に来てもらうのは好きだが、長居されるのは好きではない。

(25) 怖くて折り返しの電話をかけられないことがよくある。

(26) 人と会ったり、突然発言を求められたとき、頭が空っぽになることがある。

(27) ゆっくりと、あるいは、とつとつとしゃべる。疲れてる時や、考えながら話そうとしているときは、特にその傾向が強くなる。

(28) ちょっとした知り合いは、友達とは考えない。

(29) ちょっとしたかたちになるまで、自分の作品やアイデアは他人に披露できないと感じる。

(30) 周囲の人に、自分で思っているより頭がいいと思われて驚くことがある。

20-30: 内向型の傾向高い。自分の考え、印象、希望、価値観を通じて世の中と関わっている

10-19: 両利きの人のように内向型でも外向型でもある。一人になりたいという気持ちと、外出して人と関わりたいという気持ちの板挟みになることがある。それぞれの時に自分を元気にさせるのはどちらなのかに意識を向けましょう。

0-9: 外向型の傾向が高い。

確信が持てなかったら、ストレスを感じた時や「危機」の時に自分がどんな反応をするか考えてみましょう。ストレス下にある時、人間は生来の行動様式に立ち返るからです。

「人間がみな同じだったら、この世界はひどく退屈だろう。世の中を豊かにするには、わたしたち全員の能力と限界が必要だ。」

マーティ・レイニー

「内向型を強みにする」より引用

こちらの長所は相手の短所。

こちらの短所は相手の長所。

 

人間は基本的に誰もが誰かの役に立ちたいと願っているとしたら、それぞれの気質が補え合えたら理想的ですね。

 

私たちの誰もが、外向型と内向型の気質を両方持ち合わせています。世の中のバランスを保つためには両方の気質が必要です。自分の内向型を気質を受け入れるほど、逆に外向型の気質が表れるなど、私たち自身の中でもバランスがとれてきます。

このブログでは、内向型の長所がいかに外向型の限界を補えるか、に焦点をあてています。

内向型を強みにしている内向型の有名人

1545021_255546674616373_1874698378_n_1024