なぜ一流は先に目的を決めるのか?ー情報も人も運も引き寄せる脳の活かし方

 

エネルギーは意図に従う、という表現があります。

 

 

何かを検索するときに、集中している時ほど、一番初めに開いたサイトでまさに探していた情報をピンポイントでみつけることがあります。

 

 

逆になんとなくネットサーフィンをしている時には、最初何を見ていたのか忘れてしまうくらいに、気が付いたら数時間経っていたということがあります。

 

 

自分の中に目的や問いがある時、脳はそれに関連することや役立つことを常に探していると言われています。

 

 

問いや目的がはっきりしている時ほど、必要な情報や人を引き寄せやすいのです。

 

私も、連載原稿を書く時によくそういうことを体験します。

原稿を書く時、まず最初に全体のテーマを考えます。

 

内容のアイデアはあるけど、切り口や構成案はまだはっきり固まっていないなあという時があります。

 

さて、どういう切り口にしよう?とアイデアを紙に書き出したりしながら、構成案を考えます。

 

すると、

 

たまたまその時にセッションにいらしたクライアントさんからそのテーマに関して質問されたり、たまたま会った人との会話が自分が頭の中で思っていたテーマに及ぶ、ということがよくあります。

 

そしてそんな会話の中からヒントをもらったり、または、この方向でいいんだ、と確認をすることがあります。

 

そういった形でもたらされる情報やヒントは本当に多いのです。

 

 

 

どうやって国連で働くことになったのですか?と聞かれることがあります。

 

登録していたメールマガジンで募集の案内を見つけたのが、初めて募集するきっかけだったのですが、正直とくに目を凝らしてメールを見ていたわけでもありませんでした。でも、そのメールは目に入ったのです。

 

 

これを偶然といえば偶然とも言えますが、私はそうは思いません。

 

問いや目的がはっきりしている時ほど、必要な情報や人を引き寄せやすいのです。

 

 

 

私たちはすぐに解決策に飛びつきたくなりますが、そうした情報に敏感になり確実にキャッチできるようになるには、まず先に目的を持つことです。

 

 

これは大きなことだけに限りません。

私たちは日常的にこの原理を応用することができます。

 

 

今日1日の「目的」を決めます。

本を読む時に「目的」を決めます。

人と会う時に「目的」を決めます。

打ち合わせの「目的」を決めます。

ブログ記事を執筆する「目的」を決めます。

プレゼンの「目的」を決めます。

 

 

この場合というのは目的とは、目標というよりもこうだったらいいなという理想の状態です。

 

 

私が記事を書く時の目的の一つは、読者を「インスパイアーすること」です。

 

新しい視点を提供することです。

 

 

新しい人と会うときの大きな目的はその人を理解して信頼関係を築くことです。

 

 

つい先週に行った講演の目的は、広い世界の楽しさを伝えること、自分で考える楽しさを伝えることでした。

 

もっと具体的な目的がある時もありますが、このような目的を先に設定することで大きな方向性(エネルギーの流れ)を作ってくれます。

 

この差は半年後に大きな効果となって返ってきますよ。

 

エネルギーは意図に従います。

「大変で楽しくない」と感じている人と「大変さも楽しさもある」と感じている人の違いはなあに?ーアスリートの練習日誌を調査したら

米国内で「天才賞」とも称されるマッカーサー賞を受賞したペンシルベニア大学で心理学教授、アンジェラ・ダックワースは、著書「やり抜く力ー人生のあらゆる成功を決める『究極の能力』を身につける」の中で、人が成功して偉業を達成するには、「才能」よりも「やり抜く力」(GRIT)が重要である、と言います。

 

「やり抜く力」は「情熱」と「粘り強さ」という要素でできていて、自分にとって最も重要と定めた目標に対して不変の興味を抱きながら粘り強く取り組む「情熱」と、困難や挫折に負けずに努力を続ける「粘り強さ」がそろっていれば、誰もが目標を成し遂げられるとダックワースは言います。

 

ダックワースは、オリンピック選手から音楽家からチェスのプレーヤーまで、一流選手がどうやって練習を続けられるのかを研究し、どうしたら練習を続けられるのかを調査しました。

 

アスリートの練習日誌を検証したり、聞き取り調査をする中である点に気づきます。

 

練習は「大変」で「楽しくない」という意見も多かった一方で、「楽しさ」も「大変さ」も両方強く感じていた人たちがいました。

 

金メダリストのローディ・ゲインズ選手は、オリンピックで金メダルを勝ち取るために自分がどれだけの猛練習を積み上げてきたかー8年間で練習のために少なくとも、32189キロ(フルマラソン766周分)を泳いだと話しました。

 

「朝の4時に起きる練習はいつも楽しいわけではありません。」ゲインズは言います。

 

ゲインズ選手のこのコメントは一流の結果を残す人たちの練習量とそれに対する正直な気持ちを代弁しているのでしょう。

 

同時にダックワースが注目したのは、多くの選手から寄せられた次のコメントでした。

 

「ただ、何も考えずにただ練習をこなすだけで進歩のない『マインドレス(目的のない)な練習』は苦痛だと思います。」

 

では、「大変で楽しくない」と感じている人と「大変さも楽しさもある」と感じている人の違いは何だろう?とダッグワースはさらに調査を続けていきました。

 

そして、練習をする時に、明確な「意図」を持って練習に臨んでいるかどうかにに注目しました。

 

その調査の結果、「やり抜く力」の強い人は、他の人よりも単に練習量が多いだけでなく、練習を「意図的」にやっている、と指摘します。

 

そして「意図を持つ」ことが「結果を生むこと」と「続けられること」の相乗効果を生むと言います。

 

練習に明確な意図をもってのぞむにつれて、次第に結果が出るようになります。努力の結果が出た時の高揚感がくせになります。結果がでると、努力が報われることを実感でき、より主体的にかかわる意欲が湧きます。やる気がでるので、努力は続けやすくなります。

 

私自身も意図をはっきりさせることを始めてから、資料の作成やプレゼン、または同僚や上司とのコミュニケーションまで、「結果」が分かりやすく出た体験を持っています。

 

私たちのほとんどはアスリートではありませんが、私たちが仕事に費やす時間を仮に「練習」としてとらえるとしたら、その時間をどんな「意図」をもって過ごすかはとても重要になるでしょう。

 

朝起きた時の最初の10分のモードがその1日の体験を決定する

今朝、朝起きた時の自分の気分を覚えてますか?

 

マインドフルネスに関する研究では、特に意識をしない限り、朝起きた時の最初の10分のモードがその1日の体験を決定する、ということが明らかになっています。

 

朝、自分のために早起きすると気持ちがいい、というのは、物理的に時間を持てるということもそうですが、自分の意思で意識的に早起きをすることによって、余裕や落ち着きを感じられ、しかも自分で人生に向き合っているという「前向き」な気持ちがつくられること、そして、その後の1日もさらに相乗効果のようにスムーズに進む、という面も大きいのではないかと思います。

 

逆に、今日は1日何をやったのか分からないまま終わってしまったと感じる時ほど、その日の意図が明確ではなかったなと私自身気づきます。

 

時間管理や手帳術では、よく最優先事項を先に決めなさい、と言われます。それが決まられていないと、重要でないことに時間を奪われる、のはいとも簡単だからです。

 

「エネルギーは意図に従う」、という表現があります。

 

細かいことを全て計画することはできませんし、全てが計画通りに進むとは限りませんが、「意図」を持って臨むかどうかで大きな違いが出ることは何度も体験しています。

 

意図の力は、打ち合わせや会議に参加する時、特に、日常での人間関係で非常に重要となります。

 

先にお伝えしたように、人間の脳は無意識のうちに他者を分類し、大抵の場合、いったん決められた先入観やステレオタイプ的な見方に従って相手のことを見ているとお伝えしました。

 

これによって、私たちはあまりにも無意識のうちに上司や同僚との関係において、いつもの反応やパターンを自動的に繰り返しているからです。

 

自分の思考と「反応」と実際の行動に意識がない限り、私たちの脳は、「この人は自分の敵か味方か」というレベルにおいて「闘争・逃避反応」(fight or flight)を繰り返しています。

 

こうしたパターンを変えたいと思ったら、その会議や打ち合わせに自分が臨む「意図」、相手との関係における「意図」を先に決めておくことです。

 

例えば、

チーム全体に貢献すること、

相手に与えること

相手のことを本当に理解すること

相手との関係を深めること

チーム全体を勝たせる、

 

といった意図を持つことができます。

 

 

そうした意図とは逆に力にならない欲求があります。

 

自分だけ勝ちたい

かっこいいことを言わなきゃいけない

優秀そうなことを言わなきゃいけない

目立ちたい

賞賛されたい

などです。

 

これらは、守りの姿勢です。

失敗すること、恥をかいて傷つくのを怖れている状態です。

エネルギーが「内」に向いている状態です。

 

 

もちろん、人間ですから誰しもそういう不安や思いはあります。ただ、先にお伝えしたように、その次元にいる限り本当の力は持てません。

 

それを超えた「意図」を持つ時に、本当の力を体験することができます。

 

意図を持つことは、それをどのようにするのか分からなくても、自分のエネルギーを外に向けること、自分が望むことの意思表示をすることになるのです。

金と銀の差を分けるものーフェルペス選手はどうやって逆境を乗り越えることができたのか?

連日リオデジャネイロ・オリンピックの接戦が繰り広げられていますね。

 

その中で、「水の怪物」と呼ばれているアメリカのフェルペス選手が、北京とロンドンオリンピックで圧勝した後に目標を失い、アルコール依存になったり、一時期は自殺を考えた時期から、どうやってその逆境を乗り越えることができたのかに興味をそそられました。

 

実際に彼は、北京オリンピックと、ロンドンオリンピックが終わった時点で、それぞれこう言ってます。

 

「北京のような練習をもう一度するなんて冗談じゃない。もう目標を達成したから、やるべき事なんてない。世の中にはもっと楽しいことがある。自分探しをしたい。」

 

2年ほど経ってから、ロンドン五輪を目指して再びプールに戻ってきたものの、目標は明確ではなく、練習への遅刻、無断欠席が続いたそうです。

 

「何もかもどうでも良かった」

 

「30歳になったら泳ぐのを絶対にやめるんだと自分に言い聞かせてきた。30歳の人を悪く言うわけではないけれど、それを自分にずっと言い聞かせてきた。あと3年後には30歳になる。だから、今後3年間を泳いでいきたいとは思わない。」とも言っています。

 

私たちがテレビで目にするのは華やかな舞台ですが、その影にはものすごい練習量があって、自分を支える新しい「目的」や「意味」を探しているようなニュアンスも伝わります。

 

そんな彼が、いったん目標を失った後、再び泳ぎ始めるきっかけとなったのは何だったのでしょうか?

 

フェルペス選手は、7歳の時に父親が家を出て行ってから、母子家庭で育ち、1つのことに集中できず、色々なものに注意がいってしまって落ち着きがないことからADHDと診断され、これを克服するために水泳を始めたと言われています。

 

そして、彼の才能を見抜いてくれたバウマンコーチとの運命的な出会いを経て、北京とロンドンで18個ものメダル獲得する偉業を達成。

 

ロンドンオリンピックの後には、バウマンコーチに「最高の水泳選手になることができたのは、ここまであなたと一緒にやってこれたからです。」と感謝の言葉を伝えます。

 

メディアにも「彼がしてくれたことがなければ、今僕はこの場になっていないでしょう。この15年間、クズみたいな僕にずっと我慢して面倒を見てくれた彼に心の底から感謝しているし、愛しています。文字とおり、感謝してもし尽くせません」と語っています。

 

96632453_bowman-phelps-large_trans++-PSyyIpYuv3hhTxnBm0pRmOkz75bEWdW3CpTA5dFee4

 

 

そんな彼ですが、ロンドンオリンピック後、アルコールとカジノに溺れ始めます。

 

「家族は母と姉2人で男は僕1人。北京、ロンドンというような節目に、これからどう生きていったらいいんだろう。そう思っても導いてくれる父親がいなかった。辛かった。」

 

家族の誇りであり続けなければならないプレッシャー。

相談する相手もいない。

またお金目当てで近づいてくる人たちにも疲れて、アルコール依存に陥った、と言われています。

(http://number.bunshun.jp/articles/-/826266より)

 

 

一時期は自殺を考えるほどになります。

 

日本ではあまり報道されていませんが、彼は米国のメディアで当時の心境を赤裸々に語っています。

 

“I was a train wreck. I was like a time bomb, waiting to go off. I had no self-esteem, no self worth. There were times where I didn’t want to be here. It was not good. I felt lost,” Phelps revealed.

 

「一時期は、自分がこの世の中からいなくなったらいいのに、とさえ思った。まったく自信をなくし、自分に価値があるとも思えなかった。」

 

Screen-Shot-マイケル.png

 

 

そして、一週間ほぼ何も食べず、ほとんど眠らず、自殺することを考える。。。

 

そんな時期、フェルペス選手の長年の友人で、NFLで活躍するレイルイス選手が、フェルペス選手にアルコールを断ち切るためのリハビリ施設に入ることを勧め、ある一冊の本を彼に手渡します。

 

その本とは、アメリカで発売後1年で1000万部を越え、現在では3000万部を超えるRick Warren著の、The Purpose Driven Life (邦題: 人生を導く5つの目的―自分らしく生きるための40章)でした。

 

PurposeDrivenLife

 

そして、フェルペス選手は、その二日後にリハビリ施設からルイス選手に電話をします。

 

“Man this book is crazy! The thing that’s going on…oh my gosh…my brain, I can’t thank you freaking enough, man. You saved my life,” Phelps told Lewis with excitement.

 

「この本はクレイジーだ!オーマイガッシュ。。。信じられない。君にはお礼を言っても言いきれない。君に救われたよ。」

 

 

別のインタビューでは、さらにこう答えています。

 

In a recent interview with ESPN Magazine, Phelps explained that the book “turned me into believing there is a power greater than myself and there is a purpose for me on this planet.”

 

「自分の力よりも大きな力が存在するってことを信じるようになったんだ。そして、この地球に生まれた目的があるってことを。」

 

Lewis

 

 

そして、彼はさらに、母親が離婚して以来ほとんど会ったことのなかった父親に会いに行くことを決めます。

 

“I didn’t want to have that ‘what if.’ I didn’t want to go through life without having the chance to share emotions I wanted to share with him. That’s what I missed as a kid,” Phelps said.

 

「僕の気持ちを伝える機会を一生逃したくないと思ったんだ。僕は子どもの頃から自分の父親に自分の気持ちや感情をシェアしたいってずっと思っていたから。」

 

 

そして、その3ヶ月後、彼は、長年のガールフレンドだったニコールにプロポーズをして籍を入れます。

 

そして、すぐに子どもに恵まれます。(ちなみに、子どもの名前のミドルネームにはコーチへの尊敬の念を示して、コーチの名前をつけています。)

 

愛する家族に自分のプレーを見せること、が彼の新しい原動力になり、3連覇、金メダル23個、という今回の「偉業」につながったのです。

 

michael-phelps-baby.jpg

 

 

陸上やラグビ一など体が大きい方が圧倒的に有利な競技はありますが、オリンピックの決勝レベルになると、身体能力の差はごく僅かだと言われています。

 

高校野球を見ていても、一回戦で圧倒的な勝利を収めたチームが二回戦では気持ちが緩んだのか、同じチームとは思えない位ぼろ負けをすることがあります。

 

そんな時に人に「力」をくれる「考え方」とはどういうものなのでしょうか?

 

もし、身体能力にはそれほどまでの「差」がないのだとしたら、最終的に金メダルと銀メダルの「差」を決めるものは何なのでしょうか?

 

 

続く

引き寄せと意図の力ー新しい事を始めたばかりでまだ完全に自信のない時

先日、私がPTSDから燃え尽き症候群になり、自信を失っていた時から、まったく新しくコーチ・カウンセラーとして活動を始めてから、どんどん予約をいただくようになったことに触れました。

 

その過程には、自分の中の自信のない部分や「わたしにそんなことが出来るのかな」といった自分に対する疑いなどを解放していくことなどもあったのですが、

 

私の先生から習って、とても役に立ってる実践的な「引き寄せ術」があるので紹介したいと思いま〜す。

 

コーチ・カウンセラーとして活動を始めたばかりの時、私の心の中はこんな感じでした。

 

 

「コーチ・カウンセラーとして活動を始めたから、クライアントに来て欲しいな。

でも、その人に対して、もし私が対応できなかったらどうしよう???

(だから、あまり来ないで。。。)」(苦笑)

 

 

来て欲しい、だけど、来て欲しくないーそんな「葛藤」です。

 

宇宙は困ってしまいますね~。

 

 

そんな時に先生から習ったこと。

 

「自分が相手にとって役に立てる(serviceできる)人だけをクライアントとして送ってもらうように宇宙に伝えなさい。」

 

とても、シンプルに聞こえますが、ここには重要な要素が含まれています。

 

1、まず、クライアントという人はこちらが奉仕(service)する相手だということ。

こちらにただお金を運んで来てくれる客でもなく、その対価としてお金という報酬をいただきますが、相手は宇宙がわたしの元に遣わせてくれ、私の才能や能力を役に立たせていただく人です。

(『お客様』を上にする「へりくだった」関係とも違います。)

だって、誰かの役に立てることを体験できるということはとても恵まれたことですから。

 

 

2、「意図」を明確にすること

そして、私は、なんのためにコーチングなりセラピーなりをやるのかというこちら側の「意図」を宇宙に対してはっきりを意思表示をしています。

 

 

3、言葉の力、リクエストの力

また、「今の自分の能力とスキルでできる範囲で」ということを明確にすることによって、全員 (クライアント、定期する人、宇宙)がwin-win-winになる方法をみつけることができます。

効果的なお願いの仕方、リクエストの力は学ぶことができます。

 

そうやって、自分が相手にとって役に立てる(serviceできる)人をクライアントとして送ってもらうこと、そして、実際にそうした事を体験していくことによって、自分と宇宙に対する信頼と自信が高まっていきます。

 

もちろん、人間ですから、実際の中で「自信がない」というシチュエーションはたくさん出てきます。

 

特に新しいことを始める時はそうですよね。

 

そんな時こそ、なんのためにそれをやるのか、という「意図」を明確にすることは特に大切なようです。

 

参考になりましたら幸いです。

(*^-^)ニコ