日本の雇用システムは学びとモーチベーションを失わせるー業界や職場、企業が変わっても通用する「ポータブルスキル」を身につけよ❗️

キャリアコーチングでは、「ポータブルスキル」を改めて発見していくことをやっています。

 

「ポータブルスキル」とは、「業界や職場、企業を超えて通用する自分のコアに持っているスキル」のことを言います。

 

~(会社名どこどこ)で働いています

広告にかかわってきました

銀行で働いています

国際協力にかかわってきました

 

とはすぐに言えますが、

 

業界の専門用語ではなく

 

自分はこういうスキルがあります、こういう強みがあります、と言えることです

 

~をやってきました、というだけでなく、もう一つ視点を上げて客観視できることです。

 

「ポータブルスキル」が大事になっているのは (わたしは「コアスキル」と表現しています)、「ライフシフト100年時代の人生戦略」が話題になったように、

 

「教育→仕事→引退」という人 生3ステージ制が崩壊している100年時代を考えるとき、高校、または、大学で学んだことだけで、その後の40年〜50年間「食い続ける」ことはできない、ということです。

 

「ライフシフト」が言うように、どこかの組織に所属しながらも、自分の体験や分野を広げていったり、自分で仕事を生み出していくステージが同時に進行していく「人生のマルチステージ化」が進んでいくからです。

 

 

別の言い方をすると、

 

一つの組織でしか通用しないことだけでは追いつかず、常に学び続けることが必要になるということです。

 

わたしが自分の「コアスキル」や強み、自分しかできないことやミッション、存在意義を意識するようになったのには、国連での転職・応募体験があります。

 

わたしは国連で約10年働きましたが、国連とは基本的には自己志願制の有限契約の組織です。

 

そのポストになぜわたしはこの職務内容に対して一番最適な候補者なのか、自分の強みは何なのかをきちんと言語化し、実際の経験を交えて面接でアピールしないといけないからです。

 

国際機関や英語圏では、アピールして当たり前という文化的背景があるので、日本人の感覚的には「それ盛りすぎじゃない?」と感じる面もありますが、

 

日本人はそうした視点が非常に弱いと言わざるを得ません。

 

2018年、リクルートワークス研究所 発行の「どうすれば人は学ぶのか ― 社 会 人 の 学 び 」を 解 析 す る ― 」は、

 

「日本の雇用システムは、特段、学ばなくても定年まで企業にい続けることができ、給料も年齢に応じ 一定レベルで増加するため、学び 続ける ためのインセンティブが弱く、学びの習慣を失わせる」と指摘しています。

 

また、退職経験のない人は同 2 回の 人と比較して、学びの習慣を持っている確率が 4.0%低いとされ、転職経験が3回以上ある人と同2回の人を比べ ると前者のほうが 4.3%高く、転職を通じて、新しいスキルを身につけたり、新しい環境に対応するた めに学びが促進されることが示唆されています。学びの習慣のある人ほど転職しやすい という逆の因果関係も指摘されています。

 

誰にでも転職という選択肢が合うかは分かりませんが、この結果は終身雇用に代表される日本の雇用システムが学ぶインセンティブを阻害している可能性が示唆しています。

 

175カ国もの人が働く国連では、不正防止と透明化のため、採用も人事査定の基準もすべてはっきりと言語化されていたので、

 

その基準を満たすためにはプレゼン能力、文章作成、コミュニケーション能力、交渉、リーダーシップなど常に学び続ける必要がありました。

 

実力主義の国連という組織はけっして甘くはなく、赴任先の国が変われば、言語も覚えないといけないので大変でしたが、新しいことを学び、成長しているがあることと実際に現場を体験することで得られる「学び」の刺激は、わたしにとっては重要で、そうした中で、米海軍大学院で講師を務めるのにも、コーチングをするのにも応用できる「ポータブルスキル」を身につけさせてもらったと思います。

 

さらに、前述の「どうすれば人は学ぶのか ―「 社 会 人 の 学 び 」を 解 析 す る ―」の全国就業実態パネル調査 2018( 有効回収数 50,677サンプル )は、「時間がない」とか「忙しいから」は学ばない理由ではなく、「何を学ぶべきかわかっていない」ことが一番の理由である、と言っています。

 

同時に、学び続ける人は、賃金からキャリアでも学びは報われる、とはっきり結論が出されています。

 

転職をしてもしなくても、人は自分を知ることや自分の学びのために自己投資することは、とても重要なことだと思います。

 

そして、英語や資格の勉強も大事ですが、

 

自分のコアスキルや自分の役割を発見するための学びのための時間をとって欲しいと思います。

 

このことは、100年時代を生きるために決定的に重要だと思っています。
AI脅威論も、100年ライフシフトの本質も、常に学び続け、自分の役割やミッションを求めないと、つまり、自分がやるべきこと以外のことをやっていては、自分の人生を生きていなければ生きていけないよ、というのが、究極のメッセージなのではないかと思っています。

 

 

100年時代を大胆に生きるための本質的な学びをサポートします。

https://chikaonaka.com/coaching/

広告

「ギフテッド」と「インディゴチルドレン」

「ギフテッド」と「インディゴチルドレン」と呼ばれる新世代の子供達は、共通する点が多いようです。

 

特徴としては、例えば以下のようなものがあげられます。

 

⭐️ インディゴチルドレンは、人類や動物を助けたいという強い願いを抱いています。

 

⭐️ 典型的な特徴として、なんでも自分で学んでしまいます。学ぶのが早いです。

 

⭐️ インディゴチルドレンは、権威を信頼せず、古い体制や慣習を嫌います。

 

⭐️ 目上に対する敬意が足りないという理由で、反社会的だとか問題児だと思われてしまう傾向があります。

興味深いことに彼らに敬意を払わない人々を尊敬しないようです。

 

⭐️ 常に真実を追求し、自分にも周りにも嘘がつけません。周りに何か正しくないところがあると感じると、直感的に反応します。

嫌なことを無理にさせられると、身体が反応したり、ストライキを起こしてしまいます。高潔なインディゴチルドレンが、胃の不調や頭痛、喉の痛みに苦しむことは珍しくありません。

 

 

⭐️ インディゴチルドレンは信頼する大人に対しては、生来の直感力、感受性、共感性を発揮します。

 

ギフテッドでもありインディゴでもあると自認する私個人の体験として一言追加をさせてもらうと、「インディゴチルドレンは、権威を信頼せず、古い体制や慣習を嫌います」は、「権威だからといって言うことを聞くわけではないし、逆に権威や古い時代の規則やルールを押し付けられるととても反発するが、正直な先生やこちらを尊重してくれる先生に対してはこちらも敬意を持つ」という傾向があるように思います。

 

こういう繊細で敏感な子供たち・大人たちがいるということが分かり、まず本人や親御さんが安心できるきっかけになればいいなと思っています。

 

同時に「ラベリング」や「カテゴリー」はあくまでも「一般的な特徴」なので、自分を知るというプロセスの一つとして参照にする位でいいと思います。

 

アニ・セノフ「ピュア・インディゴ&ピュア・クリスタルの子供たち 」p.36より

 

エンジェル

ギフテッドとキャリア

ギフテッドは、会社や組織にポジティブに関わることを強く望んでいます。

 

⭐️ ギフテッドの子達(大人)は、プライベートでも仕事でも、有意義さや正直さをきわめて重要視します。

 

⭐️ 会社に勤める時も、ギフテッドは自分の哲学や人生の価値観に見合う会社を選びます。そうでないと、会社に対する忠誠心を持てないと感じるからです。

 

⭐️ ギフテッドは、特に会社や組織での待遇や規則が公正であることを重視視します。

 

⭐️ 評価方法も、公正で努力にふさわしい評価を望みます。

 

⭐️ 会社や組織に貢献するために自分の才能を認められ十分に発揮できる機会があることを強く望んでいます。

 

⭐️ ギフテッドはできることならば、ある程度自由や裁量を与えられた環境で働くことを望んでいます。

同時に会社や組織の全体性を願い、利己的なわけではありません。

 

⭐️ギフテッドは、社会に関わることをとても重要に思っています。短期的な会社の利益のみでなく、仕事を通じて社会全体のために関わることにモーチベーションを得ます。

 

⭐️ビジネスと社会問題の垣根があまりありません。政治、環境問題、社会問題、児童福祉、障害者の福祉、子供の教育、地域の発展、オーガニック農業など広く社会に関わる機会があれば喜んで関わるでしょう。

 

indigocrystalchildren

ガツガツ自己主張をするのが好きでない人のための「話さないスピーチ」③

ガツガツ自己主張をするのが好きでない人のための「話さないスピーチ」のコツ③です。

 

第一回目で、自分が好きなことを話そうとお話ししました。

 

なぜ、好きなことを話すのがいいのか?

それはその人の情熱や感情が自然にこもるからです。

 

東京オリンピックの誘致プレゼンを覚えていますか?

「お・も・て・な・し」が話題になったスピーチですね。

 

結果的に、東京が2020年のオリンピック開催地に決まりましたが、2013年5月の段階ではIOC委員は、イスラム圏(イスタンブール)での初のオリンピック開催という歴史をつくるのに名を残す方が魅力的だと感じていて、東京は劣勢だったのです。

 

二度目の挑戦での、これで結果が決まるという最終プレゼン。

 

東京オリンピック誘致コンサルタント、ニックバレリー氏はこう言っています。

「太田選手にはそれこそ何百回も練習してもらったよ。」

 

太田選手が何百回も練習したというセリフとは?

 

『銀座のパレードには50万人もの人が集まりました』

 

「この一言の感動が本当に伝わることが大切だったんだ。」

 

銀座パレード

銀座のパレード②

銀座パレード③

 

 

「この一言の感動が本当に伝わることが大切だったんだ。」

 

 

それが何であれ、その人がそれを楽しんでいる感情、その人の情熱や感動がそのまま聴き手に伝わるのですね。

逆に言えば、内容がどんなことが人は案外覚えていないものですが、話し手が一生懸命に話している様子は伝わるものです。

 

だからこそ、自分が好きなトピックが話しやすいのですね。

普段は人を遮って話す方じゃないけど、このテーマについてはつい饒舌になるっていうテーマはないですか?

 

自分がつい話したくなることについて話しましょう。

内向型こそ話さないスピーチ!② 人前に出ると緊張するという人へ

内向型だけでなく、話すのは苦手だな、と感じている人は多いようです。

 

人前に出ると緊張するという人へ。

 

まず、

 

ー 賢くみられたい

ー かっこいいことを言いたい

ー スマートなスピーチをしたい

そういうのは今すぐ諦めましょう。(笑)

 

なぜなら、その方が自分が楽になるからです。

 

いわゆる成績がいい方が評価される学校教育のためか、なぜか私たちは、「頭がわるい」と思われることを必要以上に恐れているようです。

 

アメリカでは、自分を内気だと思っている人の割合は1990年代で50%に至るそうです。

2012年に出版されたSusan Cain (スーザン ケイン)著、’Quiet ‒ The Power of Inroverts in a World That Can’t Stop Talking’ ー邦題「内向型人間の時代: 社会 を変える静かな人の力」がミリオンセラーになったのは、それだけ常に賢く自分をアピールするように振る舞わないといけない、というプレッシャーが強い中で、ホッとした人が多くいるのだと思います。

 

でも、皮肉なことに、どこかで賢くみられたい、とか「かっこいいことを言いたい」と思えば思うほど、時間が長くなったり、専門的になりすぎて逆効果になることは多いのです。

 

でも、今のスマホ時代、情報や知識はすぐに検索すれば分かることなので、聞く人はあなたの体験を聞きたいのですよね。

 

そして、いくらあなたが「素晴らしい」スピーチをしたところで、素晴らしいという人もいれば、ふーんと思う人もいるし、前列で「こわい顔」をして聞いてる人がいると思ったら、その人が後で寄ってきて、素晴らしかったと言うこともあったりするのですよね。(本当です(笑))

 

人がどう思うかなんてコントロールできないですね。

 

 

あなた自身がリラックスできると、自然にいいスピーチができるようになります。

 

スピーチというと、私たちは「話すこと」ばかり考えて、何度も何度も原稿を書きなおしますが、話す前の準備の段階(心の状態)でスピーチの成功は8割決まるとも言えます。

 

「話さないスピーチ」③に続く

1551697_717434644941709_1509760951_n

内向型こそ話さないスピーチ① 演奏の質を決めるもの

二人の巨匠クラスのピアニストの方の演奏を聴いた時のことです。このレベルになると一体何が演奏の質を決めるんだろう?と単純な疑問が浮かびました。

 

一人は世界的に有名なコンクールの優勝者で、後者は優勝こそしていないけれどもやはり世界的に長い間活躍されている方でした。

 

普通はこういう方々が同じコンサートで弾くことはないのですが、3.11のチャリティーコンサートということで、特別に企画されたものでした。

 

結果から言うと、私は後者の方の演奏に感動し、演奏中に何度もハンカチを取り出すほどでした。

 

「ピアニストの格」としてはコンクールの優勝者の方の方が上なのでしょうが、私の心の琴線に触れたのは、もう一方の方の演奏だったのです。

 

クラシック音楽は素人の私ですが、単純に感じました。

 

ああ、この方はピアノを弾くのが本当に好きなんだろうな、と。

上手く弾こうとかそういう領域をとっくに越えているんだな、と。

 

表現しているものが何であれ、その人の感情や情熱というものが聴き手に伝わるのですね。

人は正論では動きません。

心が動かされた時に人は動かされるのです。

 

だから、話すのが苦手だと思っている人へ。

 

話すのが苦手だなと思っている人は、だからこそ、自分の好きなこと、情熱を感じられることこそを選んで話してください。

立派なことを言う必要も、大きなことを言う必要もありません。

 

人はあなたはどんなことを体験して、どんなことを学んだのか、あなたはどんなことを大切にしているのか、というあなたのこと、について聞きたいのです。

 

自分が心から話したいと思うことを話しましょう。

 

Suntory Hall

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

メールマガジンだけでしかお伝えしていない情報や大仲千華の講座についてお知らせしています。

大仲千華のメールマガジン ご登録こちら

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

「他人に振り回されがちな心優しい人」が頭を緩ませるエクササイズ

感受性が高い、繊細な「高反応タイプ」は、同じ情報を聞いても本人の自覚を超えた部分で数(十)倍の刺激として受けることがあるので、より多くの情報の処理が必要となると言われます。

 

頭が空っぽで何も意見がない。。。

何も考えられない。。。

よくわからない。。。

最近あまりエネルギーが湧かない。。。

 

というのは何も考えがないのでもなく、

頭がわるいわけでもなく、

もしかしたら頭が「パンク状態」かも知れません。

 

今日は、

「他人に振り回されがちな心優しい人にはぜひお勧め」というロルファーの藤本靖さんの

「疲れない身体をいっきに手に入れる本」より、

頭がパンク気味の現代人にオススメの「耳ひっぱり」エクササイズを紹介したいと思います。

 

疲れない身体

 

 

身体の芯の緊張の原因は、身体の内外にある情報をとりいれるセンサーの緊張にあるので、

それをゆるめるエクササイズだそうです。

 

耳ひっぱりエクササイズ

 

両手で両耳に軽く触れ、優しくマッサージをする感じで少しづつ耳を広げていきます。

こんな簡単なエクササイズなのですが、耳は身体の緊張と直結しているとかで、緊張がゆるみます。

 

頭蓋骨の中のスペースが広がる、というか、満杯だった頭に少しスペースができるためか、情報処理能力が上がるのを感じます。

 

私たちの身体は外の世界にある情報に思っている以上に影響を受けやすく、反応し緊張するのだそうです。

 

「自分の身体の反応とセンサーの使い方を学べば、身体的にぶれない「自分の軸」を作れます。」

 

現代人は「頭」が忙しすぎて、つい身体がおろそかになりがちです。

 

 

私たちの身体というのは精密機械のようなもので、

頭が忙しかったり(メンタル)、心の状態(感情)、深い充実感を感じているか(魂)などは、全て繋がっていて、

お互いに影響し合うのですよね。

 

 

感受性の高い人こそ、自分の身体により重心を持てるとよさそうです。