国連ではなぜ失敗体験について聞かれるのか?ー失敗体験の「ART」と「恩恵」

国連の面接でよく聞かれる質問の中に、「最近、どんな失敗をしましたか?その体験から何を学びましたか?」という「失敗体験」について聞くというものがありました。

 

%e9%99%b0%e3%81%a8%e9%99%bd

実は、これは国連だけでなく、欧米の大学への出願しかり、国連での面接しかり、外資系での面接しかり、奨学金の面接しかり、こうした場で「失敗体験」について聞かれることはかなり定番というくらいよく聞かれる質問です。

 

例えば、「最近、どんな失敗をしましたか?その体験から何を学びましたか?」という具合です。

 

私自身、国連で採用面接官を務めたことがありますが、面接官は別にいじわるをしたいわけではありません。

 

では、なぜ面接で失敗した体験について聞かれるのでしょうか?

 

なぜなら、物事や人生とは予定通り上手く行かないことの方が多いもの。

 

 

誰も完璧な人なんていないし、人間だれでも時には失敗する。

 

大きなものから小さいものまで。

 

 

 

人間だれでも課題や挫折に直面する時があるのだから、その時にどうしたの?ということの方がその人のことが分かるという訳ですね。

 

また、「失敗体験」を話すことは、自己開示をすることで相手との距離を縮めたり、互いの共感や信頼を得るという意味でも、お互いにとって効果的な方法の一つである言われています。

 

だとすると、仮によく計算されたスピーチのようにペラペラと饒舌に話す人がいたとしても、それは必ずしも面接官が知りたいことを満たすことにはならない。

 

 

面接官が知りたいのは、

この人はどんな体験をしてきて、

そこから何を学んで、

どんなことを大切だと思っているのか?

 

 

つまりあなたってどんな人なの?という

 

「あなた」という人についてです。

 

 

あなたの知識ではありません。

 

 

ちなみに、他によく聞かれる質問には以下のようなものがあります。

 

 

◎ これまでチームとして働いた時、うまく行かなかったのはどんな時でしたか?それはどうしてですか?どう対処しましたか?

 

◎ 難しい課題に直面した時にどう対処してどう切り抜けましたか?

 

◎ 仕事上で自分の苦手分野を発見したことはありますか?それに対してあなたはどうしましたか?

 

 

こうした質問は全て同じ発想から来ています。相手が知りたいのは、チャレンジに直面した時、あなたという人はその状況から何を学びましたか?、ということです。

 

「失敗」が「失敗」で終わらず、また、「大変だったこと」やチャレンジから学んだ自分なりの結論がきちんと導き出されていればいいという訳ですね。

 

 

なんでも上手くいっている時にはそんな風には思えないかも知れませんが、人間はなんらかのチャレンジに直面してはじめて、自分のやり方を見直したり、他人の意見に耳を傾けられるようになる面もありますよね。

 

私自身、紛争地での勤務からPTSDになり、燃え尽きと無気力状態に落ちいり、苦しんだ時期がありました。

 

私の例は少し極端かも知れませんが、人生では予期せぬことも起こります。

 

でも、それは自分の方向性を見直す機会や、なんらかの能力が開く機会だったりもします。

 

そうしたことも含め、魂レベルの「計画」というものがあるのだと後で知りました。

 

 

 

人間は「課題」を通じて体験するため、成長するために転生してくるとも言われています。

 

 

そういう意味では、課題もなんのチャレンジもない人生は「息」はしていても、「生きている」人生とは言えないかも知れません。

 

そして、それに直面できる勇気や辛抱さ、智慧があるからこそ、またはそれらを身につけるために、そうした課題が生まれてくるとも言われています。

 

まあ、誰しもいろんな課題を早く解決したい、と思うものですが、同時にそのジャーニーを過程も楽しんでいけるといいですね。

広告

私の先生は「失敗」するのが上手です。

 

私の先生は、失敗するのが上手です。

 

私の先生は、カナダ人ですが、例えばこんな事があります。

 

「あら、セッションのスケジュール間違ったわ」

 

「ああ、為替の手数料の計算間違った。」

 

 

「宇宙に修正する機会をもらえるようにお願いしたわ。」

 

 

講座を受けられた方はご存知のとおり、先生自身はすごいセンセイな訳ですが、なんとも人間的だと思ったり、えーこんな軽いノリでいいんだー😲と時々びっくりします❗️

 

 

人間誰でも間違えることはあるのだから、それに対して次にどうしたらいいのかが大切なのよ、という訳なのですね。

 

日本では「失敗」とはもっと「重~い」ぜったいにしてはいけないものとされているので、そんな風に言っているのを聞くと、ああ、「失敗」ってこんなに軽くていいんだととても新鮮に感じます。

 

念のために一言書いておくと、先生の場合、そんな言い方ではありますが、けっしてその事実を無視したり、なかったことにする訳ではありません。

 

もちろん、事実を認めることは大事だけど、いつまでも申し訳なさそうに頭を下げ、縮じこまっていることも相手にとって役に立たない。

 

 

自分の責任を所有するのは大事だけど、縮じこまる必要はない。

自分が次にできることを考えること、

そして、最善の自分でいることの方がよっぽど相手の役に立つー

 

という訳です。

 

ああー、なるほど、本当の意味での責任を所有するというのは、こういうものかも知れないと見せてもらった気がします。

 

日本の場合、特に「恥」という感情がそこに介入してきますが、、恥という感情と事実を分けて、事実を事実として認識し、対処することが役に立ちますね。

 

もしかしたら、日本に生きる私たちは「失敗恐怖症」になっているかも知れません。

 

新しい年を迎える時に、今年のことを「振り返る」人も多いでしょう。

 

「失敗」が「失敗」で終わらず、大変だったことなど、その体験から学んだことが自分の中で導き出されていればいい訳ですね。

 

 

振り返り(reflection)という視点でも、自分を責めるのでもなく、ただ事実を確認することは役に立つでしょう。

 

 

以下に《2017年を恩恵の年にするため》に《2016年を振り返る》11の質問をご紹介しています。

 

 

20100107-%e7%8c%ab%e3%81%b2%e3%82%89%e3%82%81%e3%81%8d

 

以下は、それを助けてくれるアファメーションです。

 

 

◎わたしは学ぶことを選択します。

I choose to learn.

 

◎わたしは自分を責めるニーズから解放されています。

I choose to be free of the need to judge myself.

 

◎わたしは自分を理解します。

I give myself understanding.

 

 

みなさま、どうぞよいお年をお迎えください!

(^^)ニコ

 

 

⭐️2017年1月31日「2017年を大きな飛躍の年にするための新年の瞑想会」を開催します。

 

ちょうど、新年(旧暦)の四日目にあたります。 中国では、新年の4日目に火の神様を祭る習慣もあり、私たちの意図や意識を新しい年に合わせていくのに最適な日です。

どうぞご参加ください⇨ goo.gl/a3zceL

言ったら死んじゃう。スーパーエリート女性の誰にも言えないお悩み

「私は組織に必要とされていると思いたい。


「頑張って、上司、部下、同僚のみんなに認められたい。

 みんなにどう思われているか実はすっごく気になる」

 

失敗したくないから、自分を守るための鎧やら盾を身につけて仕事に行く。

しかもどんどん重くなる。。。

 

 

ありのままでいられたらどんなに楽かと頭ではなんとなく分かるけど、じゃあどうしたらいいの?

 

 

 

私は長い間そんな感じのがんばる女子でした。

 

これはそんながんばる女子が少しづつ楽になっていったお話しです。

 

 

東ティモールとカザフスタンでの勤務を経て、私はニューヨーク国連本部に赴任することになりました。国連の中でも花形部署と呼ばれる部署への赴任です。

 

嬉しいのと同時に大きなプレッシャーを感じたのも覚えています。

 

ニューヨークに赴任してまだ数日も経ってない時、新しい上司に呼ばれました。

 

「ノルウェー政府代表部に行ってきてくれないかな。オスロからPKO担当者が来てるみたいだから。

今どうしても空けられないんだ。話し聞いてくるだけでいいから。」

 

ノルウェーは独自の平和外交を行うなど、国連外交にも積極的な国です。

国連と意見交換をするためにニューヨーク来ているということでした。

 

さっそく対外的な「初仕事」です。

 

マンハッタンのミッドタウンの国連本部を出て、目の前にある「トランプタワー」の前を通って、(当時、ニューヨークヤンキースの現役だった松井選手が住んでいました)、オフィスからそんなに遠くない距離に借りていたアパートに戻りました。

 

クローゼットを開けて、

「一番貫禄のありそうなスーツ」を探しました。

 

当時、20代後半半ばだった私のお悩みの一つは「若く見えること」もっと言うと、「童顔」だった事でした。(海外では単純に若いというより、賢く年を重ねた感じの人が尊重されますね。)

 

別のスーツに着替え直して、少しは貫禄らしきものがついたかな?と思い込んで、ノルウェー代表部に向かいました。

 

nowary.jpg

3人の大佐の人たちに迎えられ、資料を見せてもらいながら、意見交換をして、ミーティングは無事に終わりました。

 

そもそも意見交換という目的のミーティングではあったものの、

何か話しをしたような中身があったような、なかったような、

なんだか「キレ味の悪い」感じが残ったのを覚えています。

 

今思えば、

「国連の本部で働く人」はこうあるべき、

なんか「かっこいい事」を言わないといけない、

『エリートっぽいこと』言わないといけない

という私の中の得体の知れない「かんちがい」と、私の中の理想像とのたたかいと完璧主義の始まりでした。

 

国連の花形部署の中で、しかも、その中でも特に優秀な人たちが集まったセクションで働く機会を得て、

今だったらそんな機会をもっと楽しめ、

その有り難さをより味わえると思うのですが、

(優秀なだけでなくハートもある本当に優秀な人たちが集まっていました。)

 

いつも自分の能力や努力が「足りない」気がして、

この「足りない」という強迫観念のような私のお悩みはかなり長い間続きました。

 

一番苦しかったのは、

何かをやっても達成した気がする訳でもなくて、いくらやっても自分の中で「これでいい」と思えなかったこと、でした。

 

ちょっとした失敗に対しても、

自分が完璧でなかったせいだと思い、いっそう完璧主義の深みにはまっていくのです。。。

 

私にとって精神的なストレスが一番大きかったのはおそらくこの頃で、

出張とストレスが重なって、機内で倒れたこともありました。(汗。。。)

 

この完璧主義のピークを経て少しづつ楽になってきたのは、その後南スーダンに行ってからです。

 

まず、灼熱のスーダンでスーツを着なくなったこと(笑)

 

「国連本部で働く人はこうあるべきだ」

「『かっこいい事』を言わないといけない」

「『エリートっぽいこと』言わないといけない」

という私の中の得体の知れない思い込みよりも、

 

現地ではこんなことが起きている、

もっとこうした方がいいんじゃないか、

という当たり前ながら一番大切なところに発言の意図そのものが移っていったのです。

 

自分のエネルギーの向きが内ではなく外に向かっていったのです。

 

南スーダンでは別の意味でのチャレンジがたくさんありましたが、

この事によって、どれだけ楽になったか計り知れません。

 

皮肉なことに、そうなってからは、

当時の幹部の人達にうちの部署で働かないかと誘われることもありました。

 

今は、この「完璧主義」というものの正体をもう少し余裕を持って見ることができます。

 

完璧主義とは向上心ではなく守りの姿勢なのですね。

 

完璧であれば、失敗や批判を避けることができて、傷つく可能性も避けることができると思っているから。

 

鎧やら盾やらで、自分の姿を見られないように防いでいるような感じです。

 

 

完璧主義にはまっている時は、「人からどう思われるか」に目が向いています。

 

自分の価値は、どれだけ達成したかで決まる、という思い込みがあるのです。

 

失敗したらどうしよう。。。

間違えたらどうしよう。。。

人の期待に応えらえなかったらどうしよう。。。

 

そんな不安ばかりだと誰だって足がすくんでしまいます。

 

ちょっとした失敗をしても、

「ああ、私のせいだ。自分に足りないところがあるからだ。」と、

自分が成し遂げたことよりも、出来なかったことに目を向けてしまう悪循環を繰り返してしまうのです。

 

これは本当に苦しいですよね。

 

そもそも完璧というものは存在しないし、

絶対に手の届かない目標。

 

ベストセラー作家で、この「足りない病」(欠乏意識)についての本を書いたリン・ツイストさんは、消費カルチャーの時代を生きる私たちは常に「足りない」「足りない」「足りない」というメッセージにさらされている、だから、意識して「足りている」状態に目を向けていくトレーニングをする必要があると言います。

 

もっと言うと、日本が世界の中で第3位の経済大国でありながら、不安と閉塞感に覆われているのは、この「足りない病」とも関係があるんじゃないかな、と個人的には感じます。

 

完璧主義にもおそらくいろいろなレベルがあって、誰でもある程度こういった傾向を持っているのだろうけれども、

 

完璧主義から解放されるには、「人からどう見られるか」から「私はこれでいい」と少しづつでも思えるようになることです。

 

自分の価値を認めることができるのは自分なのです。

 

 

自分の価値を認めることができるのは自分

 

 

自分の強みも弱みもただ受け入れること、

出来なかったことではなくて、出来たことに目をむけること、

「ない」ものではなく、「ある」ものに目をむけること。

 

「ありのままでいる」ことはそんなところから始まるように思います。

 

pearl-ocean