人生が少し楽になる秘訣ー「10秒の壁」を一人が超えると次々と周りも越えていく同期現象

なぜ何十年も破られなかった「10秒の壁」を一人の陸上選手が超えると次々と記録が更新されていくのでしょうか?

 

1983年に陸上のカールルイス選手が100メートル走で「10秒の壁」を破った時に、彼は超人と言われました。ただ、何十年も人類が超えられなかった「10秒の壁」を一人が超えると、人間の身体能力自体はそれほど変わっていないはずなのに、その数年内で9秒台で走る人が続出しました。

 

「できる」ことが当たり前になってくるからです。

 

この10秒越え現象は、このような現象とも原理を同じくしています。

 

ー心臓をつくっている筋肉(心筋細胞)がリズムを揃えて、心臓のリズム(心拍数)を一定に保っている。

ー体内の臓器が互いに影響しあって、その人の体内リズム(起床や就寝時間)を決めていく。

ー何万もの蛍が一斉に発光を始める。

ー一緒にいる女性の生理の周期が似通ってくる。

ー象の群れは歩くリズムが同じである。

 

 

先日の記事、「なぜ一流に触れるといいのか?身体とハートが天才性に「共振する」ということ」の中で、「共振」という言葉を紹介しましたが、もう一つの鍵は同期現象(synchronization)と呼ばれるものです。

 

同期現象とは、「一つ一つはバラバラに動いているのに、全体がなぜか揃ってしまう」現象のことです。

 

その科学的な詳細についてはハーバード大学のサイト(https://sciencedemonstrations.fas.harvard.edu/presentations/synchronization-metronomes)に譲りたいと思いますが、論より証拠。

 

最初はバラバラだった32個のメトロームが合っていくこちらの動画を見てみましょう。2分~3分まではぜひ見ていただきたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=5v5eBf2KwF8

 

最初はバラバラだった32個のメトロームが一斉に揃っていきます。

この一糸乱れぬリズムすごいですよね!

 

生物や科学の世界でも、「生命リズム」と呼ばれるより大きな自然のリズムにがあると言われています。月と潮の満ち引きや立春、春分、夏至といった日照のリズム、さらには、宇宙の中での地球公転のリズムというレベルまで実はより大きなリズムがあるのかも知れません。

 

さて、このメトロームの実験は私たちの日常にどう関係するでしょうか?

 

まず、自分が身を置く環境はとても大事だということです。

 

そして、自分の針がどっちに向いているのか?に意識があることが大切です。

例えば、ネットでどんな情報を得ようとしていますか?

なんとなくネットサーフィンを続けていると、針が暗いニュースに「同期」されがちです。なぜなら、ネガティブやセンセーショナルなニュースの方が売れるからです。ネット系のニュースはさらにその傾向が強いです。その理由でネット情報やテレビは最低限という人もいます。

 

とくに、「日本人」は、一斉に針に合わせて突進する性質が強いと言えるので、自分の針の向きを整える方法を知っていることが大切です。

 

ヨガなどで自分の呼吸や身体に意識に向けることも一つの方法です。

 

音楽(クラシック音楽)も針の向きを整えてくれます。音楽は言語よりもさらに抽象度の高い周波数を持っているので、私たちの身体性を刺激してくれ、針の向きを整えてくれます。できるだけ一流の指揮者のものがいいと思います。

 

それから、自然のリズムと繋がるのもいいですね。

裸足で砂浜を歩いたり、土に触れたり、芝生に寝っころがえることです。

芝生の上に寝るってなんだかとても気持ちいいんですよね。😊

大地のエネルギーを身体に取り入れるというか、地球と呼吸を同期させているのかも知れません。

 

ああ!私も芝生で寝っころがりに行こう(^^)ニコ

人が本来持った才能を輝かせる時ホール全体さえ振動させる

metha101216b

 

私のハートは完全にオープンになっていました。。。😍

 

ヤクブ・フルシャの指揮するベートーベン「第九」を聴きながら。。。

 

 

ヤクブ・フルシャ(Jakub Hrůša)は、2011年に『グラモフォン』誌で「大指揮者になりそうな10人の若手指揮者」に選ばれた一人。

 

 

彼が指揮棒を振り下ろした瞬間からすっかり引き込まれてしまい、演奏が第三楽章に入る頃には、私のハートは完全にオープンになっていました。

 

 

そして、私のハートが叫ぶのが聞こえました。

 

 

私も彼みたいに全ての才能を思いっきり表現し尽くしたい!!!

 

 

 

 

人が本来持った才能を輝かせる時、それは周りの人に伝わるのですね。

 

 

あたかも、満席のサントリーホールが振動するかのようでした。。。

 

 

第九は何度も聴いていて、聞きなれたメロディーなのに「えっ?!第九ってこんな曲だったっけ?」と新鮮なおどろきの連続でした。

 

 

2ヶ月ちょっと前に聴く機会のあった世界的巨匠、ズービンメタのような熟成さはないけど(まだ30代ですからね)、でも彼には音楽の神様がついてて、おそらく彼にもその自覚があって、一見軽やかなのに、触れる人の天才性を目覚めさせる魂をゆさぶる演奏でした。

 

 

素晴らしい演奏でした!

 

 

音楽を奏でる人たち&運営する人たちに感謝 です!!! 🙏💛💝

 

サントリーホール⑤.jpg

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a0

 

⬆️ 写真はカラヤンのサインとサントリーホール創設者佐治前社長