親や身近な人に反対されたらラッキー!

留学したい、海外で働きたい、でも親に反対されているというあなたへ。

おめでとうございます!!!

Congratulations to you!!!

 

はっ?!

(そんな声が聞こえてきそうです)

 

なぜなら、それは、あなたは順調に次のステップに向かって進んでいますよ、というサインだと思うからです。

さて、どういう意味でしょうか?

今のあなたがやりたいことを親に反対されているーそれは3つのいずれかの意味があると捉えることができます。

1、あなたがあなたの望むことを表現する・伝える機会

結局のところ、当たり前ながら、あなたの人生はあなたの人生です。親の人生ではありません。あなたが死ぬ時に親はもうすでにいません。あなたが何をしたいのか、何に興味があってどんな時に幸せを感じるのか、これは自分で探していくしかありません。その過程には親とは意見が合わないことも当然ながらあるでしょう。もし、あなたにやりたいことがあれば、たとえ親に反対されたとしても、相手がそれに賛成しようがしまいが、あなたがあなたの望むことを表現する、伝える機会です。「なんで分かってくれないんだ」とフラストレーションを感じたり、分かってもらえないと悲しくなることもあるかも知れません。それも含めて、自分の思っていること考えていることを伝え、それに対する相手の反応や意見をまず理解するということです。

2、相手は反対することであなたの本気度を試している

相手は反対することであなたの本気度を試している、という側面です。親は反対をすることで「あなたはいったい本気なの?」と問いかけているのかも知れません。これが劇の中のシーンならば、親は「悪役」です。頑固な親、わからんちんな親、「そんなの無理だ」と一方的に言ってくる親。。。あなたの親はどのタイプでしょうか。時には、行動ありきで、こちらからどんどん小さな結果を作っていくことが効果的かもしれません。

3、全員に好かれる必要なないことを体験する。

自分が新しいことに挑戦する時には本人も不安でいっぱいです。身近な人や親には応援してもらいたいというのが本音ですよね。でも、あなたの考えや行動を理解してくれる人もいれば、別にそうでもない人もいるものです。応援してくれる人もいればそうでもない人もいる。ただそれだけです。そういうものだと体験できれば、どんなことでも新しいことに挑戦しようと思った時もとても楽に始めることができるでしょう。

 

ゆっくりでもいい。きっと、あなたの努力が実を結ぶ時がありますよ!

海外に行きたいのに親に反対されたら(親の体験編 ① )

南スーダンや東ティモールといった国で元兵士の社会復帰などに関わった私ですが、最初は留学はおろかタイ旅行でさえ母に反対されていました。

あの時反対されたままにしていたら。。。今となっては想像さえつきません。

だって、最初の留学は私だけでなく妹にも両親にも大きな影響を与えることになったからです。そして、最後は母親自身が留学したいと言い出すことにさえなったのですから。。。!!!

まず、私が一年間の高校留学に行っている間、アメリカ人の男の子を夏休みに6週間程ホストファミリーとして受け入れることになりました。私がニュージーランドでホストファミリーと呼ばれる家族に受け入れてもらったように、今度は受け入れる側になろうという訳です。

両親は英語が話せないことが心配だったそうですが、留学生は日本の生活を体験したり日本語を勉強しに来るので、逆に英語は話さないでください、と言われていました。時には、野菜の絵に単語がふられてあるってある絵本を見ながら互いに日本語と英語で野菜の名前を覚えたりしたそうです。

その時の体験がとても楽しかったらしく、私が帰国してからは、再度「恩返し」という意味でも一年間日本で勉強する留学生のホストファミリーをすることになりました。

AFS協会の担当者の方が面接にいらして、家族構成や趣味や雰囲気などを確認して、留学生がマッチングされます。

「娘しか育てた事がないので、マッチョな子は正直自信がありません」という母の要望のせいか、育ちのよさそうなフランス人の男の子がやってくることになりました。トマ(Thomas=フランス語読みでトマ)です。

だんだん体験を積むと、慣れてくるのか食事の度に野菜を指しながら日本語を繰り返したりして、日本語をさりげなく教えてました。トマの日本語も日に日に上達していきました。

留学生も家族の一員としてお手伝いに加えて下さいと言われていたので、我が家の犬(ウイリー)の散歩がトマの当番になりました。言葉を越えて仲良くなれるので、犬の散歩は気分転換にもよかったみたいです。

トマは公立の高校に通い、柔道部に入部。夏の合宿にも参加しました。合宿ではじめて食べた「なま卵ごはん」が美味しかった!と感動して言うトマにちょっと笑ってしまいました(笑)。

その間、母はトマの保母会や面談に参加したり、父はトマと二人でキャンプに出かけたりしていました。

 

その頃からでしょうか。妹と私、とトマとの間でけんかがはじまりました。犬の散歩の当番をめぐってです(当時としては喧嘩をするには充分な一大事件でした;)。コミュニケーションの齟齬が生じるというか、なぜか妹と私がトマが考えていることが分からないと感じてこちらがイライラしまうという体験でした。

 

家族のように接してくださいと言われていて、そうだとは頭では分かっていても、どこかで遠慮してしまう面もあって、どこかで「あと数ヶ月我慢すればいいし。。。」という考えが正直あったのです。

 

それが、小さな喧嘩が重なることで、話し合った方がいいという流れになりました。

妹と私とトマ。畳の部屋で3人で座りました。

 

妹と私がこちらの言い分を言い終わり、トマの番になった時トマがぼそぼそと話し始めました。

「実は学校でこんなことがあって。。。」

 

日本という個よりも集団を重んじる学校(社会)での習慣やあんもくの文化は個が重んじられるフランスの17歳には受け入れがたい面もあって、でもそれをどう表現していいかも言っていいかも分からない。。。

彼は一人で悩んでいたことがようやくリアルに分かりました。

聞いていた私たちも「あなたの悩みが分からなくてごめんなさい。。。」と喧嘩はすぐにどこかに行ってしまったのでした。

 

トマ自身悩んでいたことをどう表現していいか分からなかった。そして、今思えば、女同士のコミュニケーションに慣れた妹と私にとってもトマとのコミュニケーションには違う工夫が必要だったのでしょう。

表面的には犬の散歩の当番の順番をめぐってでしたが、最後はコミュニケーションの問題でした。それ以来、私たちの距離はぐんと近くなりました。

 

今、トマは日系ブラジル人の女性と結婚してブラジルで暮らしています。トマにとっても日本の体験は大きかったようです。その後両親はフランスにトマを訪ね、トマの両親とお付き合いが始まり、毎年クリスマスの時期にはカードを交換しています。

この一年間、私の両親はフランス人の留学生をわが子のように接するのを見せてくれました。

国や言葉や宗教が違っても関係ない。

その体験はどんな言葉よりも強いメッセージとして私の中に残りました。

 

今度は私が東ティモールへ赴任することに。母は反対。父はびっくり!なぜなら東ティモールは父にとって特別なところだったから。。。(続)

海外に行きたいのに親に反対されたら(南スーダン編)

先日、これから南スーダンへ行くという若い方にお会いしました。首都ジュバにあるユネスコ事務所でインターンをするためだそうです。せっかくのチャンスを得たのはいいけれども「治安面での不安があります」とおしゃっていました。

 

確かにそうですよね。

私も一番はじめの赴任地東ティモールへ赴任した時の治安面での不安は大きかったのをよく覚えています。

 

では、その南スーダンですが、国連要員の一番の死亡原因はずばり何でしょう?

 

夜9時以降は外に出ない(現時点での国連の南スーダンの治安対策による)

無線の使い方をしっかり覚える(現地に着いたら配られます)

無線の点呼に参加する(治安レベルによって行なわれます)

など、まず現時点での国連の南スーダンの治安対策に従うことは必須条件です。

 

その上で、何が国連要員の死亡原因となるのでしょうか?

 

南スーダン(UNMIS)における国連要員の死亡原因

 

① 病気 41件(68.3%)

② 事故 11件(18.3 %)

③   分類不明4件(6.65%)

④   悪行(malicious act)4件(6.65%)

合計60件(2005-2011年の間)

 

国連本部PKO局ウェブサイトより

http://www.un.org/en/peacekeeping/resources/statistics/fatalities.shtml

 

①   病気

病気の原因の多くはマラリアです。病院施設が限られていること、インフラの不備で輸送手段が限られるため、状態がひどくなった時に搬送まで時間がかかる(場合によってはヘリコプターを使う)ことが理由として挙げられます。

実際には、現地でのストレスレベルが日常的に高いことが認識されないまま、毎日「ついがんばってしまう」こと、積み重なったストレスが免疫レベルを下げてしまうこと、マラリアだと気づかないこと、マラリアくらい大丈夫だと思ってしまうこと、があるようです。実際、母国では実戦を経てきた頑強そうな人たちが病気で命を失くす例が私の周りでもありました。

その病気ですが、統計を改めて確認すると、2006年という始めの国連が首都を越えて地方に展開し始めた一年目で13件と一番多く起きていることが分かり、その後輸送やオフィスの整備が進むにあたり2010年では3件と数が大きく減っています。つまり、輸送手段や医療整備の整備とそのまま関連している事が分かります。

② 交通事故

二番目の原因は交通事故です。PKOの場合は、軍事オブザーバーなどパトロールを行なう時に自分で車を運転する必要のある職種が多々あるのですが、多くの国・場所で交通事故が大きな死亡原因としてあがります。自分の国ではない「解放感」、政府機能が崩壊している国ということで気が緩んでしまう、ストレスが高くなる環境で運転でストレス解消しようとすること、他に娯楽がない環境で仕事中毒になる、などが原因として挙げられます。

すると、直接的原因は6.65%ということになります。この数字を大きいとみるのか小さいとみるかはその国の情勢にもよるので一概には言えませんが、この6.65%の出来事が組織的なものなのか、突発的なものなのかという点でこの数字の評価はさらに変わります。

つまり、南スーダンのような紛争に近い最前線の勤務地・国であっても、93.35%以上は、直接的な行為ではない原因だということです。

 

アフリカ

南スーダン

内戦が再発

民族間の衝突

 

確かにそれだけで「危そう」に聞こえるし、不安が「漠然」と膨らみそうです。

知らないことが多い時には漠然と不安が大きくなるものですよね。

 

ただ、全然で紛争予防や治安維持をする人たちの間でさえ、一番の死亡原因は病気と交通事故だということです。

 

何が本当に気をつけるべきことなのかーそれがはっきりすると不安はずいぶんと和らぐと思います。

party 013

海外に行きたいのに親に反対されたら(7)

さて、大学院の通知とインターンの結果を待ちながら最後の学期の試験とレポートの季節がやってきました。

以外なところから「最後の関門」がやってきました。

15年も飼っていた愛犬が、急に体調を崩しはじめ、動物病院の先生から「もう先は長くないかも知れない」と言われたのです。「犬」だけれども、15年も一緒にいた家族の一員。ショックで心配で全くレポートが進みません。

最後のレポートを提出しないといけない、それでないと卒業できないというまさにそういうタイミングで、側で見守る中亡くなりました。。。(涙)

一晩中泣きはらし、信じてもらえるか分からないけれども、先生に直接会って説明するしかないと思い、泣きはらした顔のまま締め切りに遅れた訳を説明しました。幸い先生は何も言わずにレポートを受理してくれました。

理想を言えば、最後はもう少しいい成績で終えたかったけれども、無事に最後の提出物を終えることができてホッとしたのでした。

 

そして、朗報とは突然やってくるようです。

 

受け入れ先として興味を持ってくださったドイツの企業の社長さんが日本に出張に来るので面接がてら会いたいとの連絡を受けました。きさくにおしゃべりが進み、ぜひお越しくださいとのこと。採用です!

そして、大学院からも合格通知が届きました!

なんと「奨学金の受給候補者になったので、数日中に面接を受けてください」との予想外の嬉しいニュース付きで。

全く予想外の展開でした。

 

なんで人類学を勉強したいのですか?

なんでオックスフォードで勉強したいのですか?

卒業後は何をしたいのですか?

 

就職活動の面接も無駄じゃなかったかも知れません。

今度はスムーズに応えることができました。

結果は合格。

 

あまり知られていませんが、外国人にとっては、オックスフォードは大学院に入る方が門戸が広くなります。世界的な大学として、多くの国からの学生が集まることを一つの大きなアピールポイントとしているため、奨学金を出して各国から留学生を集めるためです。ちなみに、2006年度で138カ国から学生が集まり、大学院では63%が外国人留学生です。

オックスフォード大学留学生比率

 

さっそくイギリス人の先生に報告をしました。とても喜んでくれました。

それ以来、似たような立場の人に会ったら私も肩を押してあげられるようになろうと思えるのはこの時の体験があったからです。

 

そして、ようやく両親に報告できました。今なら分かります。

親は子どもには苦労して欲しくないーだから安全や安定を優先するもの。

自分たちの体験や想像を超えたことは単純に分からないこと。

そして、ある意味「通過儀礼」だったと。

反対することを通じて、親はあなたはどれだけ本気なの?と私にチャレンジを課すという意味で応援してくれていたこと。

 

私はこの体験を通して、

仕事の場や機会は日本だけを見ていたら「ない」ように見える時でも、

日本の当たり前は世界では必ずしも当たり前ではないこと、

世界に目を拡げたら全く違う大きな機会が目の前に開けること

 

そして、

 

信じれば道は拓けることを体験したのでした。

 

あなたの努力が報われるときがきっと来ると信じています。

 

海外に行きたいのに親に反対されたら(了)

海外に行きたいのに親に反対されたら(6)

海外の大学院に行こうと思った時に、アメリカではなくてイギリスを選んだ大きな理由は「期間」と「費用」でした。

アメリカで大学院を終了するのは2年間かかるのに対し、イギリスでは一年でとれること。2年かかるという事は、授業料と合わせ生活費もかかるということー資金面での理由でした。

そして、次の選択ポイントは学部でした。

国連で働くには、国際関係が有利なのか、経済学が有利なのか?そんなことも考えましたが、私は好きな科目と苦手な科目の成績の差が激しいタイプだったので、有利そうだけど苦手そうな科目を選ぶという選択はあまり合いそうもなかったし、勉強した分野は直接関係ないので自分が好きで得意な科目を選べばよいというアドバイスに従い、社会学・人類学を選びました。

(この選択は私の場合よかったようです。)

 

そして、一番大切なのが志望動機。

ボスニアでの民族紛争やルワンダでのジェノサイドがショッキングで、私の中には「民族」や文化の差が紛争になる時はどんな時で、それはどうしたら防げるのか?という関心がありました。

「民族」や「紛争」という現象について人類学・社会学的な視点から検証することはきっと必要とされると思う。そして将来、国際機関で紛争予防にかかわる事が私が大学院で勉強する目的ですーそれがそのまま志望動機になりました。

 

そして、イギリス人の先生が言ってくれた一言。

「なんでオックスフォードも受けないの?ロンドン大学とそんなに差はないし、受けてみないと分からないよ。」

 

そうなの ?!?!?!

オックスフォード?「私なんかがついていけるのだろうか」という考えは何度も頭をよぎったけれども、イギリスの大学院に応募するのには、全校共通の英語のテストをクリアすれば、筆記試験を受ける必要もない。出願するにはお金はかからない。なにより、確かに先生が言ってくれたみたいにまず書類をださないと結果なんて誰も分からないー。

ようやく応募書類が揃った時には思わず書類に向かって手を合わせました。

 

後は結果を待つだけ。

卒業まであと3ヶ月でした。

海外に行きたいのに親に反対されたら(7)に続く

 

20130530162754

海外に行きたいのに親に反対されたら(5)

就職活動に落ち、ミャンマーへの一人旅から戻ってきてから、親に伝えました。

 

国連で働きたいと思っていること、

そのためには大学院に行く必要があるから就職はしないこと、

国連で働くためには海外の大学院を出た方がいいらしいのでイギリスの大学院を目指すことにしたこと、

そして大学院に入学するまでに少し時間があるからその期間は海外でインターンすること。

 

「緊急家族会議」が招集され、父の一言。

「そんな夢みたいな事を言ってないで就職しなさい。」

 

就職活動に落ち「退路」を断たれた状況でもあったので、

大学院入学が「最後ののぞみ」をかけた「一大プロジェクト」になりました。

 

まず、直面した現実。

今のままでは成績がギリギリなので今期はなんとしてでも成績をかなり上げる必要があること、

苦手なマクロ経済が必須科目として残っていること、

英語力(スコア)を短期で上げる必要があること、

合格するには小論文と志望動機が重要であること、です。

 

もうかっこつけてる場合じゃありません。

毎日大学の図書館に通い詰めました。

 

以前は教室の後ろの方でつまらなそうに授業を受けていた人が、

突然、まるで別人のように最前列に座り質問までし始めるのです。

苦手だったマクロ経済も最優先にして必死にがんばりました。

(やればできるじゃん、と自分で自分にツッコミを入れたくなりそうです(笑))

 

大学院に行くためにモーチベーションを保つことも大切でした。

この時に考えた私の「作戦」は、面白しろそうな大学院の科目を聴講させてもらうことでした。

あるイギリス人の先生を訪ね、断られるのを覚悟で直談判に行きました。

 

「私、今度イギリスの大学院に行こうと思っています。

以前受けた先生の授業が面白しろかったので、もし出来たら大学院の授業を聴講させていただきたいと思っています。

リーディングもやって参加します。」

 

。。。

 

一瞬間が空いた後で、「いいよ。」とのお返事。(ほっ)

 

この先生の授業は面白く、合格するかどうかも分からない大学院応募のモーチベーションを保つのにとても役立ちました。

同時に、留学生も交じりながら少人数で議論が行なわれていく空間に身を置きながら、もしかしたら私でも大学院に行けるかも。。。段々とそんな気がしてきたのでした。

 

大学院の相談にものって頂きました。

ある日、志望動機を見てもらった時のことです。

 

「なんでオックスフォードには願書を出さないの?

ロンドン大学もオックスフォードもそこまで変わらないよ。」

 

そうなの???

オックスフォードってあの皇室の方が行くところじゃなかったっけ?

 

海外に行きたいのに親に反対されたら(6)に続く

oxford-university-aerial.storyimage

海外に行きたいのに親に反対されたら(4)

ミャンマーから帰ってきて、すぐに親に伝えました。

 

国連で働きたいと思っていること、

そのためには大学院に行く必要があるから就職はしないこと、

国連で働くためには海外の大学院を出た方がいいらしいのでイギリスの大学院を目指すことにしたこと、

そして大学院に入学するまでに少し時間があるからその期間は海外でインターンしようと考えている、

ことを伝えました。

 

今度は母親だけでなく父親までが出てきて、

「緊急家族会議」が開かれました。

 

大学院に入るにはどういう手続きが必要なのか?

周りに国連で働いてる人はいるのか?

どれ位の可能性があるのか?

などと質問をされました。

 

質問されればされる程、科学的にも理論的にも説得力ある説明ができません。

当時はFacebookもなく、ネット上の情報も限られていて、

今ほど「国連」がキャリアの一つとして認識されているわけでもなく、

大学の就職課でそんな話しができるわけでもなく、

私にとっての唯一の頼りだったのは、

「明石康国連に生きる」と「カンボジア元気日記」とカンボジアの体験談の本とアルク出版の「国際協力ガイド」だけだったのです。。。

 

「緊急家族会議」が結論に近づいてきました。

会議は父親の言葉でしめくくられました。

「そんな夢みたいな事を言ってないで就職しなさい」。

 

逆の立場だったら私も同じことを言ったであろうと思うのですが、

 

将来困って欲しくないから就職してもらいたいと娘のことを思う両親と、

 

「たしかに『夢』みたいに聞こえるかもしれないけど、本人は本気なんだってば」と我が道を進むことを決めた娘。

 

かくして、

娘と両親は

同じ家に住みながら卒業までほぼ半年も口を聞かなくなってしまったのでした。

最低限の「連絡事項」は妹を経由してなされました。(≧∇≦)

 

さて、私の方は、

国連という組織はいろいろな国の人が働いているところなので、

海外で働くという体験が将来ぜったいに役に立つ時が来るだろうと思い、

アイセックという団体での海外インターンに申し込むことにしました。

 

アイセックとは元々ドイツで始まった学生団体で、

世界中にある受け入れ企業と、世界中にいるインターンを希望する学生をマッチングさせる団体でした。

インターンと言っても、数ヶ月〜一年以上フルタイムでその企業の一員として働き、生活費ももらえるので職種によってはかなりやりがいのある仕事ができるという仕組みでした。

 

英語の試験を受け、

異文化の適応力があるかなど簡単なインタビューの要件を満たしたら、

こちら側のバックグランドや希望を伝え、

企業のオファーを待ち、

互いに希望がマッチングするかを確認するという流れです。

 

私と同じ時期にアイセックのインターンを希望した人の中にはIT業界や、インドのバンガロールがいいとか、

IT系・技術系の人も多かったのですが、

私の目的は多国籍な環境で働くための体験だったので、

「対人的な仕事」であれば国はどこでもよい、というなんとも大雑把な希望を出しました。

 

さて、再び季節は巡って再び秋です。風が冷たくなってきたなあと思えばもう卒業まであと3ヶ月半。

 

さて、ワタシはインターンに行けるのか、大学院に行けるのか、国連で働けるのか?!。。。

両親と口を聞ける時は来るのか?!

 

海外に行きたいのに親に反対されたら(5)に続く

アイセック

海外に行きたいのに親に反対されたら (3)

大学2年生の時に香港に交換留学してから日本に帰ってきたのは大学3年生の時でした。

せっかく勉強の楽しさに目覚めはじめた時期でしたが、夏休みが終わるとすぐに慌ただしく就職活動が始まりました。

 

さて、私は何をしたいのだろう?

リクルートスーツとヒールといった外見はなんとか揃えたものの、いざ、就職活動をはじめようとすると、さっぱり分からなくなってしまいました。

「とりあえず」エントリーシートを数十件記入し、何件かは筆記試験も受けに行き、面接も受けました。

 

「なぜ弊社に興味を持っていただいたのですか?」

採用の面接なら必ず聞かれるであろう質問なのに、上手く答えられなかったり、それなりに答えたと思ったのに不合格の通知を受けました。。。

 

私は何をしたいんだっけ?

私には何が向いているのか?

 

周りのクラスメートが内定をもらい始める中、面接で相手に受けそうなことも言えない私ってなんでこんなに不器用なんだろう。。。日々「焦り」がつのる日々でした。

ここの企業に落ちてもここならと最後の望みをかけていたJICAや協力隊にも落ち、自信はさらにガラガラと崩れ落ちていきました。。。

音がガラガラと聞こえるようでした。。。(_ _)

 

就職スーツを着はじめた時には紅葉深まる秋だったのに季節は一週し、秋から冬に、桜も咲き、内定を一件もないままついに夏になりました。

悩みを抱えたままでしたが、夏休みにミャンマーに一人旅に出ることにしました。「旅に出る」といったら聞こえはいいかも知れないけど、ともかくどこか違うところに行きたいー心の中は泣きそうな気持ちで一杯でした。

 

行きたかったパガンというクメール遺跡の地で、

美しい遺跡がポツポツと目の前にいっぱいに拡がっているのを毎日一日中ただ眺めていました。

本当に毎日ただ遺跡を眺めていました。

 

 

100330

 

burma-pagan-1-1998

 

遺跡を眺めて丸3日位が過ぎた位の頃でしょうか、

なんだか突然自分の問題がちっぽけな問題に見えてきたのです。。。

 

そして気づいたのです。

本当は「国連で働きたい」という深い部分での想いがあったことを。

ただ自信がないのでそれを「封印」してきたまま就職活動を始めたことを。

いざ就職活動を始めたものの面接にも落ちまくり、すっかり自信をなくしてしまったことを。

 

そして、国連で働くなんてどんな確率で可能なのかさっぱり分からないけど、

そんな叶うかどうかも分からないことにチャレンジしたいと。

 

「ははは、私ってバカかもしれない。でもそんな自分なんだからしょうがないな」。

ようやく就職活動ができない自分を「諦める」ことができました。

 

海外に行きたいのに親に反対されたら(5)に続く。

海外に行きたいのに親に反対されたら(2)

大学に入学して一番はじめの夏休みに旅行をしていろんな国を自分の目で見たいと思った時、次の「反対」の「関門」は以外とすぐにやってきました。

大学一年生の時の「夏休みにタイに旅行に行こうと思ってる」と言うと以外にも「反対」が返ってきたのでした。理由は「治安が不安だから」。もちろん、どこの地域にいっても例え日本にいても完全に安全なわけではありませんが、今となって振り返ってみると「知らない」=「未知の不安」というのはこういう風に影響するのだと、改めて思います。

さて、タイの件については、タイ人のクラスメートの留学生が夏休みに母国に帰るので案内してくれること、1週間に一回電話をするという条件でオッケーがでました。

タイを拠点に隣国を廻ったのですが、電話で「タイはどう?」と聞かれて「うん、ご飯が美味しいよー」とかなんとか言ってしのぎました(笑)。よっぽど昨日の遺跡がすごいきれいで感動したの!と言いたかったのですが、なに事にもタイミングというのがあるのかも知れません。

さて、そんな電話連絡を果たし、2ヶ月ぶりに帰国する日に、母が成田空港に迎えに来ると言うのでそういうことになったのですが、飛行機が一緒だった友人に母がわざわざ成田空港に迎えに来ていると言うのがとても気恥ずかしかったのを覚えています。^^

その後、大学二年生の時に香港に交換留学しましたが、一回目の留学と2ヶ月のアジア旅行という既成事実が作られていったせいかこの時は反対された記憶がほとんどありません。

次の大きな反対は二回やってきます。大学4年生の時に「国連で働きたいから大学院に行く。だから就職しない」と言った時、そして、国連ではじめて東ティモールに赴任することが決まった時です。

この時は。。。。

(海外に行きたいのに親が反対したら③に続く)

 

Thailand May 09 047

海外に行きたいのに親に反対されたら(1)

海外に行きたいとあなたが言い始める時、何パーセント位の親が賛成し反対するでしょうか?

一人旅をしたい、海外に留学したい、海外で働きたい、アフリカに行きたい。。。自分がやりたいことを実現する、しかもそれに海外に行くことが含まれると誰もが通らないといけない「関門」に親の反対に直面する、または親を説得するということがあるようです。

正式な統計がある訳ではありませんが、周りの人たちを見ていても、最初から親が全て手放しで賛成したというケースはほとんどないようです。

結果的に8カ国計12年の海外勤務・生活を送り、国連では南スーダンでも勤務した私ですが、一番初めに留学したいと言った時は母に反対され、大学一年生の時にはじめてタイに旅行に行った時には、1週間に一回電話をするという条件でオッケーされ、帰国の日には私を迎えに成田空港に来る程でした。(バックパック旅行の話しです。。。(汗))

さて、一番初めに留学したいと言った時の理由は「治安が心配だから」という答えでした。

「治安」ー 確かに親にとっては最大の心配だろうけど、高校二年生にとって諦めるにはあまりにも漠然としすぎてリアルな説得力がない「治安」という理由。。。

「じゃあ、もし安全だったらいいの?

同じクラスのミエは9月からアメリカに留学するんだよー。

アメリカじゃなくてニュージーランドとかオーストラリアならいいの?

AFSの交換留学プログラムは安全なんだってー。」

 

身近に短期留学に行った友達がいたこと、高校自体に交換留学プログラムがあってそれにも応募したけど落ちた事、例をたくさん出して話していく内に段々と、安全な先でサポート体制がしっかりしているところを探すというのが条件となりました。

 

資料請求をし、書類を揃え、担任の先生にも推薦書の作成をお願いしました。

そして、試験の日が来て、面接にも行き、合格通知が届きます。

そんな既成事実をどんどん作っていったらもう親も反対しづらいのでしょう。

晴れて、私は高校二年生の1月から1年間ニュージーランドの高校に交換留学しました。

 

国連では南スーダンでも勤務した私ですが、高校2年生でニュージーランドに留学をするのを決めた時が一番勇気がいったような気がします。行き先というよりも、当時インターネットもEメールもなくて海外に行くことの意味がもっと大きかった時代、日本人がいない日本語もまったく通じない環境へ飛び込むと決めた一歩の「一歩」は文字通り大きかったのだと思います。

 

さて、念願の留学もかない、大学に入学して一番はじめの夏休みに旅行をしていろんな国を自分の目で見たいと思った時、次の「反対」の「関門」は以外とすぐにやってきました。

(海外に行きたいのに親に反対されたら ②に続く)

Bali 2010 612