やる気がないのはあなたのせいじゃない! 最新スポーツ科学・トラウマケアによる発見ー溜まった緊張や感情が身体を固まらせ、気力を枯渇させる❓❗️

スポーツ科学やコーチ・カウンセラーの間で知られている表現に、「筋肉に感情が宿る」というものがあります。

 

緊張して身体が固まるのではなく、溜まった緊張や感情が身体を固まらせ、気力を枯渇させるという考え方です。

 

燃え尽き症候群やパワハラ・トラウマケアにとって、身体に残ったエネルギー(感情)を解放していくことはとても大切です。

 

そうしたエネルギーが解放されるにしたがって身体は自然と軽くなっていきます。

 

私が身体のアプローチやエネルギーの解放に興味を持ったのは、トラウマケアの手法を学んでいたときでした。

 

その過程で、一流アスリートや音楽家のトレーニング、トラウマケアにはある共通点があることを発見しました。

 

「体が変わると意識も変わる」という心身一致の考え方です。

 

例えば、アスリートや音楽家は、身体を柔らかくしていつでも最大限のパフォーマンスを発揮できるように気を配っています。楽器を鳴らす前に複式呼吸をしたり、ストレッチをしたり、身心がリラックスした状態であることが大切だと経験的に知っています。

 

燃え尽き症候群やトラウマケアにとっても同じことが当てはまります。

 

緊張を強いられるような環境にいたり、なんらかの辛い出来事を体験する時、身体に緊張やトラウマのエネルギー、感情が溜まることがあります。

 

その時、私たちは「身体が重い」と感じます。本来の健康や活力を取り戻すには、なんらかの形でそうしたエネルギーを身体の外に出していく必要があるのです。

 

本来、人間の社会には、共同体での儀式やダンスなど、そうしたものを解放するなんらかの伝統儀式や習慣が存在しました。

 

例えば、気功や呼吸法、ヨガなどもそうした役割を果たしてきました。

 

なぜ身体からのアプローチ(エネルギー解放)が効果的かといえば、頭であれこれ考えるよりも、身体を通じて脳に心地よい「快」情報をたくさんインプットする方が、ネガティブな思考をポジティブなものに速く置き換えられるからです。

 

それによって、新しい脳内の配線(シノプシス)を刺激して、より太くしていくことができます。

 

この身体的なアプローチと共に、エネルギーの解放が起こる現象も、さらに詳しく解明され始めています。

 

そのキーワードは、「同期現象」または、「共鳴」(コヒアランス)です。

 

 

coherent-heart-graph

 

上の図は不安やフラストレーションを感じる人の心臓のリズムです(リズムは乱れています)。

 

左の下の図は、コヒアランスの状態にある人の心臓のリズムで、一定のリズムを保っています。

 

人がコヒアランスの状態にあると、心臓や臓器が互いに影響しあって、神経系、ホルモン系、免疫系が効率的にバランスよく機能し、肉体的・心理的・感情的システムが互いに向上していきくことが知られています。(ハートマス研究所、Heartmath Instituteより)

 

不安やフラストレーションを感じる人がいても、調和した状態にある人のそばにいると落ち着きを取り戻していくことが知られています。

 

また生物界では「同期現象」としてこのような現象が知られています。

 

●心臓をつくっている筋肉(心筋細胞)がリズムをそろえて、心拍数を一定に保つ。

●臓器が互いに影響しあって、起床や就寝時間などの体内リズムを作る。

●何万匹もの蛍がいっせいに発光を始める。

●像の群れは同じリズムで歩く。

●一緒にいる女性の生理周期が同じになる。

 

「同期現象」については、ハーバード大学のサイトでも紹介されています。

 

または、「SYNC: なぜ自然はシンクロしたがるのか (ハヤカワ文庫 NF 403 〈数理を愉しむ〉シリーズ)」をご覧ください。

 

セッションでは、「ハートメタ」メソッドを使って、この『コヒアレンス』(coherence)の状態を創ります。

 

不安やフラストレーションを感じる人がいても、調和した状態にある人のそばにいると、落ち着きを取り戻していきます。バラバラだったものが調和の状態に同期されていきます。

 

これが、コヒアランスを通じたトラウマケア・エネルギー解放の仕組みです。

 

自然治癒力や活力、調和を取り戻すことは人間の本来の本能的な力なのです。

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

元国連職員でカウンセラー・セラピスト大仲千華

国連勤務を経て、海外でトレーニングを受けた信頼と実績を持つコーチが、安心と効果を直に実感できる「ハートコヒアランス」を使ったメソッドを提供します。

https://peraichi.com/landing_pages/view/krgi1

 

info@peaceblossom.net までお気軽にお問い合わせください。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

脳中心からハート中心の文明への「心臓に脳と知性があった!」記事が面白しろかったのでまとめてみたよ

メンターの先生と「ハートメタ」が雑誌で紹介されています。

⇨ 頭脳中心から ハート中心の文明へーメンターの先生と「ハートメタ」が雑誌で紹介されました!

 

「脳中心の文明からハート中心の文明へ」特集の一つです。

 

ハートの効果についての研究が急速に進んでいて、その中で紹介されているハートマス研究所(heartmath institute)の発見がとても面白いので内容をまとめてみました。

 

何が面白いかというと、心臓にも、脳と同じような、学習し、記憶し、決定する能力があることが解明されてきたからです。

 

これまで身体への指令は脳が担っているとされてきましたが、心臓にも脳とは別の指令系統があることが分かってきたのは、革命的です。

 

 

例えば、身体がなんらかの危機を感じると、心臓は脳の指令を受けずとも心拍や血圧を上げて対応します。

 

そして、臓器としての心臓と心のあり方としてのハートが密接にかかわっていることも分かってきました。

 

例えば、ハートのコヒアランス(心が調和の状態にあること)は、他の臓器の心拍リズムを同期させ、若返らせ、さらには、脳の機能(生産性)も高まります。

 

ハートのコヒアランスは、愛情ホルモン、絆ホルモンと言われる授乳中に出ると言われるオキシトシンを分泌させると言われています。

 

 

コヒアランス②

 

脳の知性はいわゆるIQと呼ばれるもの。

 

ハートの知性は、EQ(感情知能)、SQ(精神的知能)、HQ(人間性知能)に近いものです。

ハートは、個人を超えた普遍的な知恵、宇宙の叡智を直感的として受信する入り口(ポータル)と言えます。

 

例えば、いわゆるシンクロ現象や未来を予知する直感は、実際に出来事が起こる4.8秒前に心臓が感知します。

 

その1.5秒後に心臓から脳へ伝わることが心拍変動の実験によって確かめられているのです。

 

それから、心臓から電磁場を通して脳へ送られる情報量は、脳が心臓へ送る情報量よりも1000倍多いのです。

 

電場は脳の60倍、磁場に至っては、100倍も強いのです。

 

その電磁エネルギーは、身体の周り2.5メートルも広がっているそうです。

 

 

「ハートコヒアレンス」(heart coherence)とハートマス研究所については、昨年8月に「ハートメタ」認定プラクティショナーのトレーニングを受けた時に聞いていました。

 

そして、表現が少し違いますが「同期現象」については、先月クーリエジャポンでの記事に書いたところでした。

 

Vol.12 内なる「才能」を呼び覚ましたいなら一流との「同期現象」を活用せよ!|大仲千華 「答えを求めない勇気」

 

 

例えば、上の記事の中で、

・心臓をつくっている筋肉(心筋細胞)がリズムをそろえて、心拍数を一定に保つこと

・臓器が互いに影響しあって、起床や就寝時間などの体内リズムを作ること、

 

そして、

最初はバラバラに動いているのに、全体がなぜかそろってしまう「同期現象」とメトロロームの実験を紹介しました。

 

 

その前後に、ナチュラルスピリット(雑誌 STAR PEOPLEや書籍アナスタシアなどを刊行)の今井社長にお会いすることがあって、「今度の特集ではハートコヒアランスについても紹介しますよ」と聞いてはいました。

 

そして雑誌が届きました。

 

今回の記事を読んで初めて、 IQじゃなくてHQというものがあることも知りました。

 

ハートのコヒアランスによってオキシトシンが分泌されるなど、なんとなく直感的に感じていることが解明され、言語化されていくのを見るのは面白いです。

 

なにより。ハートコヒアランスについては、日本語で紹介されたものは初めてだったので、それだけでも意義深いと思いました。

 

ハートの効果はこれからますます科学的に解明されていくように思います。

 

これからも楽しみです!!!🌟🌟🌟

頭脳中心から ハート中心の文明へーメンターの先生と「ハートメタ」が雑誌で紹介されました!

メンターの先生と「ハートメタ」が雑誌で紹介されました!

今月号の特集の一つは、

「頭脳中心からハート中心の文明へ」です。

 

ハート中心の文明へ②

 

ハート中心の文明へ③

 

頭脳中心からハート中心の文明へという意味は、すごく簡単な言い方で言うと、頭で考えることからより感じることへ、という意味だと思っています。

 

または、複雑で分断された世界から、本質をつかみつながる世界へ、みたいな方向性でしょうか。

 

本当に大切なものを豊かにみんなで一緒に味わいましょう、というニュアンスだと思います。

 

以下の記事より引用です。

 

「ハートメタは施術をする人を通して、施術を受ける相手のコアな部分につながっていきます。

 

すると、自分でも気づかない奥深くにあるブロックや制限が浮上し、内なる自分の最も深い部分からいま自分に降りかかっている問題の理由や原因が伝えられるのです。

 

その人自身が、「自分の中にすでに答えがある」という感覚にたどり着くことができるので自分で自分を癒すツールと言えるでしょう。

 

また、すでに科学的にも証明されていることですが、肉体の細胞にもさまざな記憶があります。

 

これらの記憶を変容させることで、感情レベル、メンタルレベル、スピリチュアルレベル、肉体レベルの4つから根本的な変化をもたらすことも「ハートメタ」の特徴です。

 

その人の細胞レベルでの周波数を変えることができるのです。

 

 

。。。

 

中略

 

ハートメタトレーニングは日本から始まりました。

 

香港、アメリカと続いています。

 

日本から始めたのは、あるときそういうメッセージが届いたからです。

 

日本という国はピュアなエネルギーを持っているのです。

 

私は、東日本大震災の直後の2013年に初来日したのですが、その時に受け取ったメッセージは、フェニックス(不死鳥)が灰から起き上がるという内容でした。

 

このメッセージからも、日本は純粋性が高く、力強く、不屈の精神にあふれている国だとわかります。

 

そして、日本という国は感情を解放する準備ができていて、それがすでに始まっています。

 

日本では何世紀も感情というものは内側に隠されてなければいけないという美徳や教育がありました。

 

しかし、今こそさまざまな感情に気づき、外に出していくべきだと気付き始めた人、目覚め始めた人がとても増えてきています。

 

感情を解放するためにも、この「ハートメタ」のツールは非常に役立つものになるでしょう。

 

引用終わり

***

 

ハートメタセッション受付け中です!!!

 

https://chikaonaka.com/ハートインテリジェンス/

 

《新年ご挨拶》明けましておめでとうございます!

%e6%96%b0%e5%b9%b4%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%81%94%e6%9d%a5%e5%85%89

新年明けましておめでとうございます!

 

A Happy New Year!!!

 

2016年は、私にとって「書く」という、大きな表現方法をみつける年となりました。

 

「世界」と「より大きな秩序」との接点を書くという一つの試みが徐々に形になっているのを感じています。

 

また、世界で二人目のハートメタテクニックのプラクティショナーとして認定をいただきました。

 

新しい時代・次元に私たちが移行することをサポートするためのツールであるこのテクニックを大切に使っていきたいと感じています。

 

2017年に向けて、拡大のエネルギーを感じています。

 

2017年は、執筆の場を広げ、講座とコーチング・カウンセリングセッションをより多くの人にお届けしたいと思っています。

 

さっそく今月下旬より、私の先生が来日します。今回は、第2期生となる認定講座や初めての宿泊となるリトリートがあります。

 

とても大きな飛躍の機会になると感じています。

 

今年もたくさんのインスピレーションと喜びを共有できることを楽しみにしています ⭐⭐️⭐️

 

2017年がみなさんにとって素晴らしい年でありますようにお祈り申し上げます。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

(^ー^* )♪♪♪

人が本来持った才能を輝かせる時ホール全体さえ振動させる

metha101216b

 

私のハートは完全にオープンになっていました。。。😍

 

ヤクブ・フルシャの指揮するベートーベン「第九」を聴きながら。。。

 

 

ヤクブ・フルシャ(Jakub Hrůša)は、2011年に『グラモフォン』誌で「大指揮者になりそうな10人の若手指揮者」に選ばれた一人。

 

 

彼が指揮棒を振り下ろした瞬間からすっかり引き込まれてしまい、演奏が第三楽章に入る頃には、私のハートは完全にオープンになっていました。

 

 

そして、私のハートが叫ぶのが聞こえました。

 

 

私も彼みたいに全ての才能を思いっきり表現し尽くしたい!!!

 

 

 

 

人が本来持った才能を輝かせる時、それは周りの人に伝わるのですね。

 

 

あたかも、満席のサントリーホールが振動するかのようでした。。。

 

 

第九は何度も聴いていて、聞きなれたメロディーなのに「えっ?!第九ってこんな曲だったっけ?」と新鮮なおどろきの連続でした。

 

 

2ヶ月ちょっと前に聴く機会のあった世界的巨匠、ズービンメタのような熟成さはないけど(まだ30代ですからね)、でも彼には音楽の神様がついてて、おそらく彼にもその自覚があって、一見軽やかなのに、触れる人の天才性を目覚めさせる魂をゆさぶる演奏でした。

 

 

素晴らしい演奏でした!

 

 

音楽を奏でる人たち&運営する人たちに感謝 です!!! 🙏💛💝

 

サントリーホール⑤.jpg

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a0

 

⬆️ 写真はカラヤンのサインとサントリーホール創設者佐治前社長

 

 

 

人間がものごとを学ぶのは 「自分のストーリーを再検討し、新しいストーリーに書き直そうとする時」

 

いつもは聞く側(カウンセラー)の私。
今回は聞いてもらう側(インタビュー受ける人)。

 

似たような話しは何度かしたことがあるのですが、

話し手と聞き手との間に理解・受け止め感があるかどうかで、

こんなにも話す体験も伝わった感も違うものかと、驚きました。

 

上手に聞いてもらったことで、

自分の体験を一段上のより普遍化された場所でとらえ直すことのできた自分をがいました。

 

 

人間がものごとを学ぶのは、

「自分のストーリーを再検討し、新しいストーリーに書き直そうとする時」だそうです。

 

聞き上手な人はそのための「空間」を創ってくれるのですね。

 

「聞く力」の奇跡についてはこちら で紹介しています↓↓↓
https://chikaonaka.com/2015/12/03/2296/

 

 

%e6%92%ae%e5%bd%b1%e4%bc%9a0915a

⬆️タイアップ記事写真撮影中。@アカデミーヒルズ

 

クーリエジャポン担当編集者さんは、一見華奢ですが、シリア難民取材から帰国したばかり。

いつも的確な指摘をくれます

 

 

互いに理解や共鳴がある人と一緒に仕事ができるのは本当に本当に有難いことです。

 

聞き上手は創造性も生む〜。

 

お楽しみに〜!(*^-^)ニコ

 

 

 

地球の加速化とはどういうことですか?これからはどういう時代なのですか?

地球の加速化に関してはいろいろな理論や説明の仕方がありますが、まず地球の波動、そして地球上に暮らす人たちの波動が変化しているということが挙げられます。

 

地球の振動数として知られる「シューマン共振 」(schumann resonance)が上昇しているとも言われています。

 

これは日常的に私たちにはどういう風に感じられるかと言うと、例えば、時間が「早く」すぎるように感じられます。物事が起こるスピードもより早くなっています。

 

意識がより遅く低かった時代では、地球における人間の生活は、「生き延びること」(サバイバル)が目的でした。

 

その人間の生活というのは、文字通り「弱肉強食」であって、自分が生き残るために相手を殺すという、まさに、自分の生存が優先の (me, me, me)の時代でした。

 

 

人類がより高い意識に進化するにつれて、

 

私たちの意識は、

 

「わたし」(me)から、

 

「私たち」(we)へ移ってきています。

 

 

 

その特徴とは、

 

ハートに基づいていること、

 

ミュニティーを中心とすることです。

 

自分だけでなく、他の人への思いやりがある世界です。

 

 

 

なぜ、世界やニュースで聞く出来事がより「激しく」なっているように感じられるかと言えば、今地球はこれまで体験したことのないような量の「光」を浴びているからです。愛のエネルギーが降り注がれています。

 

例えば、電気の影になっている部屋の隅に懐中電灯で光を当てると埃やゴミがみつかるようなことと同じです。

 

もし、私たちの中に「愛」と「慈愛」でない部分があるのだとしたら、そうした部分は変わることが求められています。

 

そのような訳で、最近はありとあらゆることをニュースで耳にしたり、目にすることが増えています。

 

ただ、歴史家に今私たちが目にしたり耳にしていることは今特別に「ひどい」のですか?と質問をしたならば、「人類の歴史という視点から見ればもっとひどい時代はあった」という回答が返ってくることでしょう。

 

自分の「敵」がライオンに食べられているのを目の前で見ていることはなくなり、ビデオゲームで遊ぶようになりましたから、人間は少なくとも、少しは「文明化」(civilized)したと言えるでしょう。

 

人間同士の殺し合いは続いていますが、私たちが直接相手を殺さざるをえないような状況はなくなっています。

 

そういう意味では、今、「人類」(地球)は、より「ひどく」なっていると言うよりも、今の時代の特徴は、地球で起きているどんなことも一瞬で知られ伝わることだと言えます。

 

昔はほとんど知られないことや、ようやく数ヶ月経ってから、報道されることもあったのに比べ、今は大抵のことはほぼ、即時に一瞬にして世界中に知れ渡ります。

 

私たちのコミュニケーションが瞬く間 (instant)に起こりうる時代なのです。

 

ただ、そうしたニュースを聞いたり見たりすることによって感じる「トラウマ」も同時に、一瞬にして起こり得ます。

 

ある地方で津波が起きました、というニュースを1ヶ月後に聞くことと、リアルタイムで街や家が流される状況をまさにリアルタイムで目にしているのとでは、その感じ方がまったく違うからです。

 

その感覚を、私たちは、今、世界情勢や世の中の動きが「激しい」と感じるのです。

 

 

より日常的には、私たちの中で「愛」と「慈愛」でない部分が私たちの生活の中でも浮上し、そうした部分に直面することが多くなります。

 

私たちがそうした「愛でない部分」をシフトすればするほど、集合意識の上昇に貢献することになります。

 

サンドラスウィートマン

サンドラスウィートマン Q&A