2万人の幸せにかんする調査結果が発表!ー所得や学歴より⭕️⭕️が幸福度を上げる

国連は2018年3月14日、最新の「世界幸福度報告書2018」を発表しました。

 

幸福度ランキングの第1位はフィンランド、最下位はブルンジで、日本は54位で、昨年の51位から後退しました。

 

同報告書は、国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」がまとめたもので、156カ国を対象に、1人当たり国内総生産(GDP)、社会支援、健康余命、社会の自由度と寛大さ、汚職の頻度などについて分析し、一位にあげられたフィンランド人は暗く厳しい冬にもかかわらず、自然、安全、児童の保育、良い学校へのアクセスの良さと、ヘルスケアが無料であることなどが高い評価となりました。

 

経済大国3位の日本がなぜ幸福度ランキングでは54位なのか?という問いに関してはいずれ取り上げたいと思いますが、

 

今回フォーカスしたいのは、ここでの幸せを指標化する要因としてあげられている幸せにかんする公式な指標は何か?という点です。

 

所得?

学歴?

健康?

人間関係?

 

ほかには何でしょうか?

 

この順番は何だと思いますか?

 

神戸大学の西村和雄特命教授と同志社大学の八木匡教授による国内2万人に対する幸福にかんするアンケート調査の結果があります。

 

この研究は、オックスフォード式の心理的幸福感を測る質問を用いて、所得、学歴、自己決定、健康、人間関係の5つについて幸福感と相関するかについて分析を行いました。

 

この、2018年8月31日に発表された研究によると、

http://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/news/2018_08_30_01.html

 

一番にあげられたのは、(1位)健康、次に(2位)人間関係でした。

 

そして、個人的に面白いと思ったのは、3位に挙げられたのが、所得よりも学歴よりも先に「自己決定」でした。

 

自己決定は「自分で決めること」です。

 

一般的には所得が多いとより幸せになると思われがちですが、所得よりも「自分で決めること」の方が、幸福度への影響は強いという調査結果が明らかにされたのです。

 

自己決定度を評価するにあたっては、「中学から高校への進学」、「高校から大学への進学」、「初めての就職」について、自分の意思で進学する大学や就職する企業を決めたか否かを尋ね、幸福感に与える影響力を比較したところ、健康、人間関係に次ぐ要因として、所得、学歴よりも「自己決定」が強い影響を与えることが分かりました。

 

その結果に対して、この研究は、「自己決定によって進路を決定した者は、自らの判断で努力することで目的を達成する可能性が高くなり、また、成果に対しても責任と誇りを持ちやすくなることから、達成感や自尊心により幸福感が高まることにつながっていると考えられるため」と結論付けています。

 

2018年5月5日の記事

10年働いても指示待ち&自分で考えられない人 vs どんどん自信をつけていく人ーその差は普段自分はどうやって○○○しているかを意識しているかにあった!の中で、

 

「自分で決めると納得感がありますし、なにより自分で決めたという体験自体が自信になります。自分の意思で決めたので多少の困難があっても、ふんばれます。。。自分で決められるかどうかは、長い人生の質に大きな「差」がでるだろうと感じます」と書きました。

 

また、「逆に自分で決めないと誰かのせいにしたくなる気持ちがでてきて、目の前の状況や自分の人生に対してどこかで他人まかせにしてしまいます」とも書きました

 

これが幸福についての調査から、統計的にも、実証的に証明された形となりました。

 

日本は世界的にも「人生の選択の自由」の値が低い=自分で決めていない人が多いとされ、それが幸福度を下げていること、そして、そういう社会でこそ、自分で決められる人、つまり、「自己決定度」の高い人が、幸福度が高いとされるという結論は、改めて注目に値します。

 

自分で決められる人になりましょう!

 

参考資料:神戸調査ー大学所得や学歴より「自己決定」が幸福度を上げる 2万人を調査

 

自分の人生を生きるためのキャリアコーチング!申し込み受け付け中

 

広告

マインドフルネス(3): 12時間通訳してもエネルギーに溢れる時

 

最近は、googleなどの企業やイチロー選手も瞑想を取り入れていることが知られるようになって、「マインドフルネス」がビジネス界でも流行っているようです。

確かに、私自身、一日12時間通訳をしても、疲れるどころかエネルギーに溢れている状態を体験した時はたぶん「マインドフル」な状態だったと思います。

 

ちなみに、「マインドフルネス」は、意識が完全にここにある状態、または「今という瞬間に全力を傾ける」という心の在り様と説明されています。

「マインドフルネス」を高めることのメリットとしては、集中力が増すこと、創造性が上がること、ストレスが抑制され免疫力が上がること、健康になること、幸福感が上がることなどが指摘されています。

 

また、日本特有の事情としては、地震を体験した時、または地震のニュースを聞くだけでも、わたし達の意識は瞬間的に「飛びがち」だということなので、

地震の多い国に住む私たちとしては、そういう視点からも意識が散漫だと感じた時に意識を戻すグラウンディング・エクササイズ、または感情を落ち着かせるエクササイズを一つは知っておくとよいのではないかと思います。

 

そういう訳で、一昨日の

セラピストやコーチなど人と深く関わる人のためのエネルギースキルを飛躍的にアップさせる『エネルギーマネージメント講座』では、

すぐに出来るグラウンディング・エクササイズもいくつか習いました。これをやった後では、「わあ、身体に芯が通ったみたい!」とあちこちから声が上がりました。

 

続けて、自分で自分のエネルギーの状態を調整するセルフエネルギー・クリアリングのエクササイズを習いました。

その内の一つは、サンドラ先生が直観医療やエネルギー心理学の学会で発表したという誰でも簡単にすぐにできる手法だったのですが、

その場で全員で一緒に体験していく中で、ずっと調子の悪かった身体の部分がよくなったとシェアしてくださった方もいました。

実際、先生のクライアントで慢性的な腰痛に悩まされていて、いろいろな所で診てもらったけどよくならず、半信半疑でこの手法を試してみたら、3分でよくなった、という方もいらしたそうです。

 

そのシェアしてくださった方の状況を実際に目撃した会場の方々からは、「えー!こんな簡単な手法でどうして?!」との声があがりましたが、サンドラ先生は落ち着いたままこう応えられました。

 

「あなたが癒されるという選択をしたからよ。たとえ、どんな素晴らしいテクニックがあったとしても一番大事なのはあなたの意図だから。」

 

また、ある方からは、「ある時期、体調を崩した時があったのですが、エネルギーのバランスの影響が大きかったと思います。」という感想もよせられました。

 

サンドラ先生によると、グラウンディングしていないこと、またはエネルギーのバランスが崩れている状態は、疲れやすい、病気になりやすいということだそうなので、

やはり、自分のエネルギー(意識)の状態と健康の関係はかなり大きいのでしょう。

 

また、「自分が講座を提供する側なのにも関わらず、今まで『エネルギーマネージメント』ということに無頓着でした。」

「クライアントに会うと疲れてしまうという状況に対してどうしたらいいのか分からなかったのですが、これからは何をしたらいいのか分かりました。」という感想も寄せられました。

 

私もまったく同感、そして個人的にはかなり「ホッと」したのでした。

 

まず、エネルギーという側面について、とても分かりやすく、かつ、体系的に説明してもらったことで、それがどう日常の生活やパフォーマンスに影響を及ぼしているのかが少しづつ分かり始めたこと。

身体、感情、メンタル、スピリチュアル面のすべてが日々のエネルギーの状態を構成していて、全体が繋がり合っていることー

その上で、

自分の身体や感情やエネルギーの状態を最善に保つために簡単にできるエクササイズを習ったことで、自分の身体とエネルギーの状態に対して、自然とより所有し始めています。

 

なぜある時とても疲れやすい時があって、今はどんなエネルギーの状態の時に疲れやすくて、逆にどういう状態の時にエネルギーに満ちた状態になれるかを少しづつ体験しています。

 

自分のエネルギーの状態をケアするということは、

一日の最後にシャワーを浴びたり、自分の身体に取り入れるものに気を配るのとまったく同じことー

 

全部がつながりあっているから、全部が「セルフケア」なんだと腑に落ちた一日でした!

 

 

今回は、以前にサンドラの講座を受けた方々から「エネルギーマネージメント」を習いたいとのリクエストがあがり、急遽追加開催が決まった講座でしたが、

(株) ボディーマインドスピリットの渡邊愛子さんの「これを必要としている人はたくさんいる!」との呼びかけで、定員を超えるたくさんの方にお集まりいただきました。本当に有難うございました!(⌒-⌒)

 

==============================

2015年10月18日開催、

セラピストやコーチのためのエネルギースキルを飛躍的にアップさせる

「エネルギーマネージメント講座」は盛況のうちに終了いたしました。

 

オンラインコースを含めたサンドラスウィートマンの講座の受け付けを近日中に開始いたします。

今後のサンドラスウィートマンのワークショップやオンラインコースの情報を受け取りたいという方は、こちらよりご登録をお願いいたします。

 

ご登録⇨ サンドラスウィートマン登録

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。