こんなこと大きな声で言えないけどトランプ時代はチャンスでもあるんじゃないかと感じている人へ

find-your-center

 

米国次期大統領がもうすぐ就任しますね。

 

ふたを開けてみないとどうなるのか分からない「様子見」的な世界情勢ですが、

 

明日以降、就任式初日の政策関連の決定と発言でしばらくニュースが忙しくなるように思うので、私が感じる「心がまえ的」なことをシェアしたいと思いました。

 

なんというか、彼という存在は、よくもわるくも私たちをいろんな意味で「刺激する」存在であるのは確かのようです。

 

去年のクリスマスシーズン(アメリカ人が日本のお正月のように帰省する前)の頃には、家族のテーブルで政治が話題にあがった場合の対処法というメールが送られてきて、その影響の深さを感じました。

 

彼の差別的発言や彼のトーンを聞くやいなや、嫌悪感を刺激されることは確かにあるし、もちろん、差別的な発言も彼の攻撃的なトーンも(少しはトーンダウンするかも知れませんが)聞いていて、けっして心地いいわけではないのだけれども、

 

でも、同時に、

 

彼はある意味、誰もが心の中で持っている部分や思っていることをただ声に出して言っているだけじゃないのかな、と思うこともあります。

 

なんと言うか、「ああ、でもたしかに、人間ってそういう差別的な思考ってあるよね」と思ったりです。

 

誤解のないように言っておきますが、私は175カ国もの人たちが働く国連という組織で働いてきたので、これまで一緒に働いた上司や同僚の国はパキスタンからコソボからリベリアからシエラレオネまで、本当にいろいろでした。

 

独立前の南スーダンなど職場に日本人が一人もいない環境も数年ありました。

 

私が国連で働くのが好きだった理由は、実はとても単純で、紛争解決にかかわれるからでもなく、いろんな国の人がいる環境が好きだったから、でした。

 

でも、それは、けっして楽チンなユートピアな世界だったわけではなくて、誤解も差別的な考えもフツーにあって、それが直接的には言葉にはされなくても、ちょくちょく垣間見られるそんなリアルな場でもありました。

 

もちろん、国連という組織の性格上、そういうことを容認することはできないので、いろんな人事規則やら異議申し立ての制度もあって、人権条約や国際規約さえあるのですが、やっぱり規則で人のこころは制約できないよねー、と思ってしまうのです。

 

というか、仮に、地球に住む人全員が同じ肌の色をして、同じ宗教を信仰していて、同じ言葉をしゃべっていたとしても、

 

人間って誰かを区別する(差別する)なんらかの理由をつくるなんて、すごく簡単そうとも思っちゃいます。

 

あいつのマユゲはオレより太いとか?(笑)

 

マユゲ惑星と地球人との交流とかまったく比較の対象にならない場合はどうなるのかわかりませが (笑)

 

interstellar

 

でも、日常的(表面的)にはどうかというと、たとえば、イギリスといった国などは特にこういう傾向が強いと思うのですが、その人がどう思っているかよりも、そういう風に発言すべき、という規範がありますよね。

 

とくに、公的立場にいる人や社会的地位の高い人は、ポリティカリーコレクト(politically correct)でなければならない、ので、この傾向がさらに強いと言われています。

 

そういう場合、社会的地位と自分のアイデンティティーが同一視されていく傾向も強いそうです。

 

私もそうでしたが、「国連職員とはこうあるべき」、という具合ですね。

 

そして、「自分はこうあるべきだ」という自分の理想像もさらに加えられていきます。

 

なので、対外的な「鎧」やら、公的な「マスク」などの「ペルソナ」(パーソナリティー)のレイヤーは実はかなり沢山ありそうです。

 

 

こういう場合、シャドーを含む自分の「ありのままの姿」(嫉妬をしたり傲慢だったりする部分も)を認めるのが難しくなる、という指摘もあります。

 

 

この構造ゆえに、アメリカでは特に、社会的な地位の高い人、またはポリティカリーコレクト(politically correct)な人たち(であるべき人?)ほどトランプ発言を毛嫌いする傾向が強いと言っている人もいます。

 

自分のこうあるべき像にそぐわない、という訳でしょうか。

 

ただ、実際には人間っていろんな面を持ってる存在です。

 

 

多様性や移民の受け入れを前提とする『多様な価値観を認める英国像』は、政策的にも道徳的にもすっかり定着し、もはや疑問を持つことの許されない価値観であるかのように見えました。

 

 

移民や多様性を否定するような意見は『ポリティカリー・コレクト』でないとされ、不安や本音を口に出すことが難しくなっていったという背景がありました。

 

…(略)…

 

ただ、「こんなことを言ってはいけない」「こんな風に見られてはいけない」という自制や抑圧は、実際には誰のなかにもありうる「怖れ」や「偏見」を地面の下に押しとどめるだけです。

 

「反テロ」や「反差別主義」も、その問題に取り組むことをかえって難しくしてしまいます。

 

人間は誰もが怖れや偏見を持っていることを受け止め、それを一度浮上させ、自覚する必要があるのです。」

 

クーリエジャポン Vol.3  「チンパンジー化」が進む地球の上で、未知の恐怖に打ち勝つ方法|大仲千華「答えを求めない勇気」より

 

 

グッドニュースは、そういうものは一旦自覚されたら「力」を失って、統合されると、今度は自分のパワーになってくれるのです。

 

そして、その領域にこそ、自分の本当の力だったり、ギフトと呼ばれるいろんな才能が同時に埋もれていると言われています。

 

そういう領域は心地悪いのでつい避けてしまいがちですが、そこにこそ「宝もの」があるのです。

 

新しい時代の始まり。

 

どうせなら力をつけ、新しい「宝もの」をみつける ー そんな機会にしたいものです。◕‿◕

人間に対する激怒も絶望も原理主義も受け入れた境地で体験中のブレークスルー

heartsutrafeature

 

丸5年たって一つの「ブレークスルー」に達したように感じます。

年末に、ある大学に呼ばれて、130人のクラスで講義をした時の感想をいただきました。

 

 

「南スーダンの紛争は、一見、自分たちの生活からは離れたものに思いました。けれど、特別な支援が必要という訳ではなく、当たり前の日常をおくれるように人間的な部分に寄り添っていく姿勢が大事だと改めて思いました。」

 

 

「今日の授業を受けて『人としてそこにいること』という言葉にすごく重みを感じました。当たり前のことを当たり前に行い、中立の立場であることの重要さを強く考えさせられました。自分の視野をもっと広げて物事を見ていく必要があると感じました。」

 

今年で5年目(5回目)。私の中でも一つの「手ごたえ」がありました。

 

自分で言うのもなんですが、内容は自分の体験してきたことが中心なので、それなりに面白いと思います。

 

有難いことに、学生さんのアンケートでも「一番印象に残った授業」に何度かあげられたそうです。

 

ただ、自分でも覚えていますが、たった一年前の授業は「ぜっ不調」でした。

 

実際の体験を交えてお話しください、ということなので、私の場合、南スーダンを事例として話すことになるのですが、ちょうどその頃、私の南スーダンでのトラウマ・PTSDの「未完了」が浮上していたのだと思います。

 

無意識的に、表面的な話しで終わらそうとするのです。

 

こんなことを話したら相手の「絶望」や「トラウマ」を刺激するんじゃないか?と。

 

相手は大学二年生。中学3年生のもうすぐ卒業という時に、3.11を体験して、卒業式をすることもなく大学に入学した人もたくさんいたそうです。

 

そして今私が話そうとするのは南スーダンという国のことについて。

 

南スーダンは、世界の中でも、シリア内戦で伝えられるようなことに近い人間による蛮行が現在進行形で起きている国の一つです。

 

だからといって、その惨状について、いかにひどいことが起きているかを話すことが求められていた訳でもありません。

 

そして、個人的にもそれがいい方法だとも思わないけれども、

 

とはいえ、「希望的エンディング」で無理やり終わらせようとしている自分がいました。

 

 

無意識的にですが、きっと自分の奥深い部分にあった「絶望」に触れるのを避けていたのでしょう(確かに南スーダンでも、簡単な解決策は見えていませんが)

 

 

それ以来、数ヶ月が経ち、一見「平穏」のようだったのですが、私を「揺さぶる」出来事が続きました。

 

昨年の初夏にバングラデシュで日本人が亡くなるテロ事件が起こった時、私の知人が現場に呼ばれ、

 

同じ頃、南スーダンでは再び内戦が勃発し、銃弾が飛び交う中「たった今も銃弾の音が聞こえる」と南スーダン人の友人からメッセンジャーが送られてきました。

 

今度は、バングラデシュ人の友人から「テロ事件にショックを受けている」と相談が来ました。

 

 

 

 

まあ、なんとも「世界」はほんとうに小さいです 😅

 

 

こうして、私は、自分の中の「未完了」に向き合わざるをえなくなりました。

 

ただ、たった今、心から安堵を感じるのは、そんなこんなさえも含めて、私は「谷」の「向こう側」に到達することができたという事です。

 

人間に対する激怒も絶望も原理主義も紛争もいったん受け入れることにしたのです。

 

これは賛同するとも、諦めるという意味でもなくて、人間の強さも弱さも美しさも醜さも含め、人間という存在を受け入れた、自分が変えられないことに対して闘うことをやめた、というニュアンスの方が近いでしょうか。

 

 

モラル的に正しいからという意味でもなくて、それが私にとって楽になる方法だったからです。

 

そして、人を「インスパイアー」したいのなら、自分が「インスパイアー」されていよう、と。

 

 

今回の講義では、南スーダンでの仲裁についての私の体験談を中心にお話ししましたが、

 

言葉を超えて伝わったのは、そんな私の心境だったかも知れません。

 

「実際に紛争を見てきた人の話しを聞いたことで、戦争をする人への見方が変わりました。その人が子どもの時から紛争が起きていて隣に銃があって、紛争が起きているのだとしたら、それが当たり前になってしまって、解決策が分からなくなってしまうのだと思いました。」

 

「紛争地域でのお話は一つ一つがとても印象的だった。争っている人たちは、その生活が当たり前となっていて、ただ話しをきくだけでいい、それだけで心は変わるという言葉にとても感銘を受けた。」

 

IUHW感想文.jpg

 

そんなことも受け入れると(今の私でできる範囲ですが)、逆にそこから伝わるものがあるということ ー これは今回体験した大きな発見でした。

 

私の目的の一つは、悲惨さを伝えるのでもなく、残虐さを伝えるものでもなく、人間として感じてそれぞれ考えて欲しいということだったので、そういう意味では私にとっては大成功でした。

 

 

そして、この「ブレークスルーな境地」をまだまだ体験中です。◕‿◕。

 

映画監督のスティーブン・スピルバーグは、「戦争は人間を極限の状態に置き、人間の選択を問う」と言いました。

 

「人間は悲しみも苦しみも受け入れるほど、喜びを受け取る器も大きくなる。」という賢人の言葉もあります。

 

 

世界はあいからず激動のようですが、自分の中にそれと同調するものがなければ、そうしたことに心乱されることはありません。

 

自分がコントロールできないことを変えることはできないのだとしたら、自分の中で穏やかでいる方法をみつけたいものです。◕‿◕。

 

 

人間の意識のレベルと「力をくれる考え方」

前回のメールではオリンピック選手に学ぶ「力をくれる考え方」と「力に弱める考え方」を紹介しました。

例えば、実力のある選手に、相手を打ち負かすことや有名になること、たくさんのお金を稼ぐという願望を頭に思い描いてもらうと、キネシオロジー(筋肉反射を利用したテスト)を使ったテストでは、その鍛えられた筋肉は、私たちが軽く押すだけでも下がってしまう位弱い反応をする、という実験結果があります。

 

では「一番になる」という動機はどうでしょうか?

こちらも、ある時期には力になるように見えるものの、本当の力はくれないという結果も出ています。

 

では「力を与えてくれる考え方」とはどういうなのでしょうか?

 

 

愛する人に捧げること

自分が出来る限りのベストを尽くすこと

最高の努力をできる機会を持てることを喜ぶこと

周りの人たちに希望や勇気を与えるため

人間の限界にチャレンジし、人間の潜在能力や偉大さを示すこと

などでした。

詳細はこちら⇨https://goo.gl/IRGr1a

 

この実験は、デンマーク王室から称号を授与され、マザーテレサからも賞賛されたデービッド・ホーキンス博士の著書『パワーかフォースか』の中で紹介されているものですが、ホーキンス博士は、芸術などでの意識のレベルの高いもの(周波数の高いもの)や「力をくれる考え方」を紹介してくれています。

 

例えば、モーツアルトなどのクラシック音楽、大聖堂、システィナ礼拝堂、ミケランジェロの彫刻などです。

 

「芸術作品の中でも創造主の名において生み出されるものは、人間の最も気高い精神に近づけてくれる」そうです。

 

 

サン・ピエトロ

 

歴史的な人物としてはガンジー、ネルソン・マンデラ、マザーテレサ、マーティンルーサーキング(キング牧師)、リンカーンなどが挙げられています。

 

また、人間の意識のレベル(精神的な成長)の段階がとても分かりやすく説明されています。

 

意識のレベルとは、気づきのレベル、エネルギーがどれだけ調和的な状態にあるか、に関する度合いと言えます。

 

日常的にこれがどういう意味を持つかと言うと、それぞれの意識レベルにおいて、見える世界や体験する世界が違うと博士は言います。

 

具体的にはどういうことでしょうか?

(P116~P141から抜粋)

 

エネルギーレベル 20「恥」: 「面目を失うこと」の苦しみ。低い自尊心。完璧主義。恥が大きい時、人生を続ける選択をしなくなる。

 

エネルギーレベル 30「罪悪感」: 自責の念、自己非難、犠牲心など。「許さない」という態度。

 

エネルギーレベル 50「無感動」:希望を失った状態。生きるエネルギーにも欠けている。

 

エネルギーレベル 75「深い悲しみ」: 過去に関する悲しみや死別、後悔のレベル。

 

エネルギーレベル 100「怖れ」: 敵に対する怖れ、老いることや死に対する怖れ、拒否されることの怖れなど、「怖れ」が、生活における基本的な動機づけとなっている。慢性的な高いストレス。

 

エネルギーレベル 125「欲望」:お金や名声、パワーを得ることが、優先的な動機。

 

エネルギーレベル 150「怒り」:「怒り」は、殺人や戦争に通じる面もあるが、エネルギーレベルとしては「死」からははるかに高い。創造と破壊のどちらにも通じる。

 

エネルギーレベル 175「プライド」: 自尊心が湧いてくるので苦痛が和らぐ。ただ、プライドは優越感に関わるものなので、まだネガティブな状態。

 

エネルギーレベル 200「勇気」: 人生の変化と挑戦に立ち向かう意欲。初めて「フォース」(エゴ)ではなく、本当の力「パワー」が湧く。能力が与えられ、人生のチャンスを生かすことができる。

 

エネルギーレベル 250「中立」: エネルギーを消耗させる対立(二極性)を超えた「中立」の状態。批判的ではなく柔軟さがある。

 

 

エネルギーレベル 350「受容」: 正しいか間違いかを超え、その課題の解決策を見つけだす。

 

エネルギーレベル 400「理性」:大きくて複雑な量のデータを扱うことができ、インスピレーションを概念化することができる。

 

エネルギーレベル 500「愛」: 無条件で不変な愛の発展。物事の本質を識別する能力。問題の全体性を瞬時に認識する能力。

 

エネルギーレベル 540「喜び」: 内側から湧き出る喜び。慈愛。聖者や高度な精神の探究者の領域。

 

エネルギーレベル 600「平和」: 優れた音楽や建築物。無限のパワー。優しさに満ち溢れる。

 

エネルギーレベル 700~1000「エンライトメント(悟り)」: 自他の分離がなく自己の意識と神の意識の一体化。二元性が存在しない。

 

 

意識レベルのマップ

 

簡単に言うと、パワー(200以上)は人間に力をくれますが、フォース(199以下)は人間を弱くします。フォースは苦しみを生み、パワーは成功や幸せを生みます。

 

例えば、パワーとフォースの違いはこのようなものです。

(パワー)      (フォース)

受け入れる     ⇄    拒絶 

気づいている  ⇄     思い込み

立ち向かう         ⇄      競争

 豊かな             ⇄   過多な

 

最も重要な「分岐点」とは、200の意識レベルです。

 

意識レベルが200に満たない状態は、社会で言うと、競争や奪い合い(me,me,me)の状態で、

200以上は、助け合い、思いやりのある(we)の社会です。

 

高い周波数のエネルギーは「心地よいの」で、人間がより意識の高いエネルギーに触れると、脳や身体はそのエネルギーを喜び、吸収します。脳のシノプシスの配線が変化します。

 

こうして、より高いエネルギーに触れることによって、その人の意識のレベルが引き上げられます。

 

すると、同じ出来事に対する感じ方(感情)や自分の自分に対する感じ方(自信や自己価値)や日常的な体験が変わっていきます。

 

これが「周波数」が変わること(frequency)=人生の体験が変わることの「メカニズム」です。

 

ちなみに、「この本に示される資料を徹底的に吸収すると、人の意識レベルが平均35ポイント上げることが出来るそうです。

 

「地球の平均的な人間が生涯の間に進歩する意識は、5ポイントに過ぎないので、個々の意識におけるそのような増大は、非常に大きな利益となる」そうです。

 

よかったら手にとってみて下さい。

 

パワーかフォースか

地球の加速化とはどういうことですか?これからはどういう時代なのですか?

地球の加速化に関してはいろいろな理論や説明の仕方がありますが、まず地球の波動、そして地球上に暮らす人たちの波動が変化しているということが挙げられます。

 

地球の振動数として知られる「シューマン共振 」(schumann resonance)が上昇しているとも言われています。

 

これは日常的に私たちにはどういう風に感じられるかと言うと、例えば、時間が「早く」すぎるように感じられます。物事が起こるスピードもより早くなっています。

 

意識がより遅く低かった時代では、地球における人間の生活は、「生き延びること」(サバイバル)が目的でした。

 

その人間の生活というのは、文字通り「弱肉強食」であって、自分が生き残るために相手を殺すという、まさに、自分の生存が優先の (me, me, me)の時代でした。

 

 

人類がより高い意識に進化するにつれて、

 

私たちの意識は、

 

「わたし」(me)から、

 

「私たち」(we)へ移ってきています。

 

 

 

その特徴とは、

 

ハートに基づいていること、

 

ミュニティーを中心とすることです。

 

自分だけでなく、他の人への思いやりがある世界です。

 

 

 

なぜ、世界やニュースで聞く出来事がより「激しく」なっているように感じられるかと言えば、今地球はこれまで体験したことのないような量の「光」を浴びているからです。愛のエネルギーが降り注がれています。

 

例えば、電気の影になっている部屋の隅に懐中電灯で光を当てると埃やゴミがみつかるようなことと同じです。

 

もし、私たちの中に「愛」と「慈愛」でない部分があるのだとしたら、そうした部分は変わることが求められています。

 

そのような訳で、最近はありとあらゆることをニュースで耳にしたり、目にすることが増えています。

 

ただ、歴史家に今私たちが目にしたり耳にしていることは今特別に「ひどい」のですか?と質問をしたならば、「人類の歴史という視点から見ればもっとひどい時代はあった」という回答が返ってくることでしょう。

 

自分の「敵」がライオンに食べられているのを目の前で見ていることはなくなり、ビデオゲームで遊ぶようになりましたから、人間は少なくとも、少しは「文明化」(civilized)したと言えるでしょう。

 

人間同士の殺し合いは続いていますが、私たちが直接相手を殺さざるをえないような状況はなくなっています。

 

そういう意味では、今、「人類」(地球)は、より「ひどく」なっていると言うよりも、今の時代の特徴は、地球で起きているどんなことも一瞬で知られ伝わることだと言えます。

 

昔はほとんど知られないことや、ようやく数ヶ月経ってから、報道されることもあったのに比べ、今は大抵のことはほぼ、即時に一瞬にして世界中に知れ渡ります。

 

私たちのコミュニケーションが瞬く間 (instant)に起こりうる時代なのです。

 

ただ、そうしたニュースを聞いたり見たりすることによって感じる「トラウマ」も同時に、一瞬にして起こり得ます。

 

ある地方で津波が起きました、というニュースを1ヶ月後に聞くことと、リアルタイムで街や家が流される状況をまさにリアルタイムで目にしているのとでは、その感じ方がまったく違うからです。

 

その感覚を、私たちは、今、世界情勢や世の中の動きが「激しい」と感じるのです。

 

 

より日常的には、私たちの中で「愛」と「慈愛」でない部分が私たちの生活の中でも浮上し、そうした部分に直面することが多くなります。

 

私たちがそうした「愛でない部分」をシフトすればするほど、集合意識の上昇に貢献することになります。

 

サンドラスウィートマン

サンドラスウィートマン Q&A