国連の採用面接なんて簡単だー ◎◎◎ を正当化すること

 

実は国連の採用面接は簡単です。

 

なぜなら、ほとんど知られていないことですが、質問される項目がウェブサイトにアップされているからです。

http://www.umid.info/united-nations-competency-based-interview-questions

 

なぜ質問される項目がアップされているのか?

 

これは、国連という組織がどんな組織であるかを理解すると分かります。

 

国連という組織は、2015年11月現在193カ国の国連加盟国が分担金を払って運営されています。

 

これはどういうことかと言うと、国連という組織では、全ての国が納得するように、お金の使い方から人を雇う時の基準までありとあらゆることが文章化されています。

 

どんな分野に関わっていようが、このプロジェクトの根拠は、この安保理決議です、または、この総会決議です、という「バイブル」的な文章が存在します。

 

さて、人事にもそういう明確な基準が存在します。

 

国連という機関は、Core values (コアな価値観)とCore Competency(コアな資質)と言われる価値と資質を大切にしています、したがって、雇う人はこういう資質を持っている人です、ということが文章にされています。

 

ちなみに、Core valuesとCore Competencyとしては以下のような資質が挙げられています。

 

Core values:

Integrity

Professionalism

Respect for Diversity

 

Core competencies:

Communication

Teamwork

Planning and Organizing

Accountability

Creativity

Client Orientation

Commitment to Continuous Learning

Technological Awareness

 

私の時代にはなかったですが、今では国連のウェブサイトにも載っているので、採用のプロセスを透明化して、より優秀な人材を引きつけようという意図があると思います。

https://careers.un.org/lbw/home.aspx?viewtype=AYI

 

しかも、質問例まででています。

実際の質問も多少の表現も違ってもトピックとしてはほぼ同じものが出ると思ってもいいと思います。

http://www.umid.info/united-nations-competency-based-interview-questions

 

さーて、面接官が面接の後にまとめないといけない書類とはどんなものでしょう?

 

国連という機関は、こういうと価値と資質を大切にしています。

             ⬇️

雇う人はこういう資質を持っている人です。

⬇️

国連が雇う人はこの人です。なぜなら、この人はこの資質を持っているからです。なぜならこの質問に対してこういう応えをしたからです。

 

この人はこういう答えをしたので、この基準を満たしています、とあなたの質問に対する「応え」を文章の基準に合わせて「正当化」する文章です。

 

だから、面接の時には、あなたの応えがどうこの基準を満たすのか、という視点で答えてくださいね。

 

Good Luck!

 

https://chikaonaka.com/2015/11/06/面接なんて簡単だ-内向型こそ「失敗」について-3/

 

面接で「リーダーシップ」について聞かれたら

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

海外留学・面接・国連応募 パワーアップコーチング

1秒で横のトレーに片付けられてしまう何百もの履歴書がある一方で、なぜか惹きつける履歴書があります。英語の履歴書とはただ経歴を羅列するものではなく、自分という人はどんな人なのかをプレゼンするもの。自分とはどういう人なのかを世界に向けて表現する大切なツール。あなたの魅力を引き出し、表現するお手伝いをします。

海外留学・面接・国連応募 パワーアップコーチング

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

《ご感想》

細かいコメント本当にありがとうございました!!自分の英文履歴書のやカバーレターの印象や内容に関して、誰かに客観的にコメントをしてもらったことはなかったのでとても新鮮です☆  ずばり指摘のとおりです・・!とても参考になりました!

海外留学・面接・国連応募 パワーアップコーチング

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

 

DSC05183

人が二人以上集まると自動的にどちらかがポジティブかネガティブになる?!

先日、海外でインターンをする人たちを送り出し、海外に派遣されている人達をサポートする立場にいる方々にワークショップをする機会がありました。

お悩みを聞くと、

自分にはあまり出来る事がなくてもどかしいと感じることがある。。。

相手を何と言ったら励ましてあげられるのか分からない。。。

相手にこちらのアドバイスが伝わっているのか分からない。。。

などが挙りました。

なるほど。。。頷きながら聞いていました。

海外に派遣されている人のサポートに限らず、日常的なやり取りや対人職の方は少なからず似たような体験がありますよね。

まず、二人一組になってお互いに「サポート」をし合うということをしました。

「サポートする側」は、ついなんとかしたいと相手をサポートすることに一生懸命になってしまうものですが、自分の「サポートされる側」としての自分自身の体験を思い出すと、少しそこにスペースが生まれ、自然に今起きていることに気づいたり、思い出したり、なにより「腑におちる」ものです。

◯ 何があったのですか?

◯ それはなぜですか?

◯ その体験から何を学びましたか?

とお互いに「振り返り」(リフレクション)を促す質問を何度か繰り返し、

時には「それはなんで?」「それはなんで?」とさらに掘り下げ、

同じことを別の角度から聞いてみたり、とさらに掘り下げるということをしました。

 

そして、どんな質問が効果的でしたか?と「振り返り」自体を振り返りました。

 

シェアされた感想や気づきやまとめをまとめると、このような点が挙げられました。

 

① 相手はまず聴いて欲しい

こちらは聞くだけしかできない、と感じたり、つい相手の問題を解決したくなってしまうものですが、「聴く」ということがもたらしてくれる効果を体験しました。何もできないと感じる時には、相手のことを聴いてあげることができます。こちらが思う以上に、相手にとって「聴いてくれる人がいる」ことは大きな助けになります。

② 相手のことを聴く時の自分のくせー「ポジティブーネガティブのシーソー」に気づく

相手のことを聞こうと思っても、相手に対してもっとこうすればいいのに、なんでこうなんだろうと批判的な考えが浮かんだり、またはアドバイスしたくなったりすることがあります。

人が二人以上集まると、自動的にどちらかがポジティブ、どちらかはネガティブになるダイナミックスがあると言われています。相手がポジティブな発言をすればする程、なんだか「そんな事言われてもねー」とシニカルになったり、ネガティブになるという具合です。

いずれの場合も、本当は相手と同じだけ自分もポジティブでありネガティブであるのですが、じぶんの癖の方を表面的に表現しやすいという捉え方です。

あなたは悩み事を聞くと、つい相手を励ましたくなる方ですか?

そうであるならば、自分の中のネガティブな部分を受け入れると過剰に相手を励ます必要を感じることなく、自然と相手のネガティブな発言を含め受けとめ、聴くことができます。

あなたは、もっとこうすればいいのにと相手に対して思ったりする方ですか?

そうであるならば、あなた自身が自分自身に対して厳しい傾向があるかも知れません。にんげんどんな人でも完璧な人はいないので、相手のよい面に意識をフォーカスすることが助けになります。

③ 今・全て「解決」しなくてもいいー相手を信頼することの力

今、問題や課題と見えることも、長期的なスパンで見れば、必要なことが起きていると考えることもできます。

自分が生まれた時から今までの自分年表を書いたことがあるのですが、自分にとって大変だった出来事と嬉しかった出来事は前後で「対」になっていることを発見しました。

あの時は大変だったけど、それがあったからこそ次の体験に繋がった、というのはあながち単なる慰めの言葉でもないのです。

なにより、問題を「解決」することはその方本人が決めることです。

こちらが相手との関わりで自分のベストを尽くし、相手のことを信頼する。

信頼は大きな力です。

 

IMG_1747