人道援助・平和構築にとってストレスと燃え尽き症候群は、職務に対する適正のなさではなく職務上のハザード

人道支援や平和構築従事者にとって、ストレスとバーンアウト(燃え尽き症候群)という現象を、職務に対する適正のなさではなく、職務上のハザードとして認識することが求められています。

 

人道支援や平和構築従事者をめぐる治安状況はこの10数年で劇的に変わっています。人道支援を必要としている受益者が増えると同時に、人道援助・平和構築従事者に対する直接的な危害等はこの10年で倍以上に増えています。

 

また、そうしたリスクのある環境に長い間身をおくこと、なんらかのトラウマ的な体験を経た人と一緒に働くこと、または、トラウマ的な体験をした人たちの支援に関わることによって、人道支援や平和構築従事者が二次的外傷性ストレス(secondary traumatic stress)、または代理トラウマと呼ばれる、直接紛争を体験するような影響 (PTSD)を受ける可能性があることが知られています。

 

2013年にUNHCRによって行われた調査によると、47%のスタッフがなかなか寝付けない、57%の職員が空虚感を感じたことがあると回答しています。現場で人道援助に関わった人の5%~10% (30%という指摘もある)がなんらかの形でPTSDのリスクを抱え、40%以上の人が燃え尽きのリスクに晒されているという指摘もあります。

 

実際、職務の性質上、心的に混乱している人、腹を立てている人、悲嘆にくれる人、攻撃的な人、トラウマ的な兆候を示す人など、さまざまなストレスを抱えた人たちと接することは援助者に強い負担を伴います。また、あまりの課題の大きさや目の前の状況の過酷さに圧倒されると、自分の無力感や罪悪感が引き起こされ、必要以上にシニカルになったり、無感覚になることもあるかもしれません。

 

この数年において、人道援助や平和構築に関わる人たちが現場で直面するストレスや燃えつき症候群(バーンアウト症候群)に関する課題がクローズアップされています。2015年12月10日には、国連総会において、国連と人道援助従事者の安全に関して十分な配慮を行うことを求める決議(A/RES/70/104)が採択され、2016年の人道サミットにおいても、援助従事者のバーンアウトの課題が話題にされました。

 

このようなことが示すように、現場でのストレスやバーンアウトの課題は、職務に対する適正のなさではなく、職務上のハザードとして認識されているのです。

 

援助者と援助者を送り出す組織が、紛争地におけるトラウマの課題と援助者側の心身に起こり得る心理的・精神的反応を知っておくのは、自身の安全を確保する上でも喫緊の課題と言えるでしょう。

 

この講座では、ソーシャルワーカーや医療従事者などの対人援助職でみられる「対人援助疲労」・「共感疲労」「燃え尽き症候群」と呼ばれる現象とその予防策を、人道支援・平和支援従事者向けに整理してお伝えします。

 

平和構築関係者が多く受講することで知られる紛争地でのトラウマケアプログラム、Strategies for Trauma Awareness and Resilience (STAR)のエッセンスを交え、紛争後の社会の心理的適応・回復メカニズムを紹介しながら、それが、援助者にどう影響しうるのかー現場での心理的・精神的反応を国連職員としての現場の体験を交えてお話しします。

 

最後に援助者と組織ができる予防策と対策、「心的外傷後の成長(post-traumatic growth: PTG)」という概念をお伝えします。

 

star-trauma-healing-model

⬆️ 紛争後の社会が体験する心理的な適応・回復プロセスについて(STARより引用)

 

《この講座で学ぶこと》

⭐️ 紛争国における心理的適応のメカニズム(無感覚、怒り、無力感など)

⭐️ 援助者が現場で体験する・示す心理的・精神的反応(圧倒感、イライラ、怒り、無力感など)

⭐️共感疲労・燃え尽き症候群の特徴について

⭐️ 対人援助疲労・共感疲労と援助者のタイプについて

⭐️ 援助者としって知っておくべき健全な「境界線」(boundary)を持つということ

⭐️ 援助者と組織が今すぐにできる「共感疲労」予防策と対策

⭐️ 心的外傷後の成長(post-traumatic growth: PTG)について

 

 

《この講座を受けてほしいのはこのような方です》

⭐️ 紛争国での勤務を予定されている方、赴任中の方、帰国された方

⭐️ 援助者として共感をもちつつ、かつ受益者との健全な距離のとり方を学びたい方

⭐️ 現場の同僚を支援する立場にある方、組織として赴任者をサポートしたいと考える方

⭐️ 紛争地での勤務の後に、些細なことでイライラしたり怒ったりすることが多いと感じる方

⭐️ 自分は燃え尽きつつあるかもしれないと感じる方

⭐️ 現場での課題に圧倒される感じがして、やってもやっても終わらないと感じる方

⭐️ 援助者としての役割を心理的な側面から理解したい方

 

woman meditation on the beach

 

《講師 大仲千華》

国連職員として、南スーダン、東ティモールやニューヨーク国連本部などにおいて、元兵士の社会復帰支援(DDR)や国連平和維持活動、現地国政府の人材育成に約10年従事。2011年からは、米軍の専門家として、国連の平和支援に参加するアジアの軍隊に派遣され、講師を務める。南スーダンにおける除隊兵士の動員解除・社会復帰支援(DDR)では、ソーシャルワーカーや心理サポートを取り入れるなど、社会心理面からのアプローチに興味を持つ。

帰国後、PTSDから燃え尽き、何もやる気がしない・朝起きれない・働けなくなり、心理学やカウンセリングを学び始める。現場での仲裁や対話、心理面からのアプローチを目の当たりにし、現在は、カウンセラー・コーチとして活動中。世界で二人目のプラクティショナー認定を受ける。課題の「根っこ」の部分を見据えた的確なアドバイス洞察力は評判が高い。医療従事者の燃え尽き症候群などのクライアントも多い。紛争とトラウマケアに関する研修コース Strategies for Trauma Awareness and Resilience(STAR)終了。

 

カウンセリングについてはこちら⇨コーチング・カウンセリング

 

《日程》

⭐️第一回 日時: 2016年12月3日(土)  13:30-16:30

場所: スクエア荏原第二小会議室

 

お申し込みはこちら⇨ お申込みフォーム

スクエア荏原アクセス: http://goo.gl/VNzroL

(南北線、三田線、目黒線武蔵小山駅、戸越銀座より徒歩10分)

 

講座参加費:5,000円(税込み)

⭐️第二回 日時: 2016年12月10日(土) 13:30-16:30

場所: スクエア荏原第二小会議室

 

お申し込みはこちら⇨ お申込みフォーム

スクエア荏原アクセス: http://goo.gl/VNzroL

(南北線、三田線、目黒線武蔵小山駅、戸越銀座より徒歩10分)

 

 

講座参加費:5,000円(税込み)

 

会議が苦手だと思ってる人のための職場人間関係改善術

会議での発言が苦手だと思っている人多いようです。

だとしたら「急がば回れ」のようですが、同僚との「信頼関係」に普段から「投資」するといいかも知れません。

 

 

⭐️ 毎朝笑顔で挨拶をかわす

無視されることが一番つらいように、誰もが自分という存在に気づいてもらいたいし、尊重されたいと願っています。挨拶をするということは、相手に「私はあなたという存在を認めています。あなたに関心を払っています」よ、というサインですから、当たり前のように聞こえるかも知れませんが、笑顔で挨拶しましょう。

 

⭐️ 同僚を褒める。

「投資」として効果が高いのは、相手を褒めることです。

ー○○さんのネクタイの色とても似合ってますね。

ー○○さんの色のセンスとても素敵ですね。

ー○○さんが会議で言っていた「案」とても面白いと思いました。

ー  ○○さんって資料を作るのがとても上手ですね。

ー  ○○さんって、会議で発言するのが上手ですね。

褒め上手

⭐️同僚の成果を讃える。

ー「あれは本当に素晴らしいプレゼンでした!」

ー「感動しました!」

ー「すごかったです!」

短かくても「感情ワード」が一言でも入るとインパクトがあります。

 

⭐️ 質問という形で相手にしゃべってもらう。

ー あのプレゼン素晴らしいと思ったのですけど、どうゆう準備をされるんですか?

ー あのアイデアはどこから生またのですか?

ー この前会議でおしゃっていた○○はどんな意味なんですか?

人は自分のアイデアや発表に興味を持ってもらること自体が嬉しいので、聞くだけでも大きな効果があります。

 

⭐️ お礼を伝える。

ー「実はこの前○○さんのおしゃっていた〜の件からヒントをもらいました。」

ー「実は○○さんのあのプレゼンが刺激になりました。」

ー「あの時の○○さんの発言が参考になりました。ありがとうございました。」

 

直接言うのが苦手だったら、メールででも伝えるのもいいですね。

もしかしたら、実は相手も会議やプレゼンが苦手だと思っているかも知れないし、相手も人間ですから、褒められたら嫌な気持ちはしないですよね。

自分のことを褒めてくれる人、よく思ってくれる人には大切にしたいと思うものなので、一見、遠回りなようだけれども、確実な「投資」かも知れません。

なにより、自分が発したポジティブな言葉は巡り巡ってあなたに還ってくると思いますよ!

 

⭐️⭐️⭐️

大仲千華のキャリアコーチング受付中

南スーダン、ニューヨーク国連本部などにおいて、元兵士の社会復帰支援や現地国政府の人材育成に10年従事。国連支援の最前線である南スーダンで、多国籍チームのリーダーに抜擢され、元兵士たちからも強い信頼を寄せられる。

自動昇進も自動更新もない国連という組織で、毎回面接を経て次々とキャリアを開拓していく。

帰国後、燃え尽きて何もやる気がしない、朝起きれない、働けない「どん底」を体験。心理学やコーチングを学びはじめる。キャリア相談件数多数。国連での採用面接官の経験から採用側の視点も熟知。

 

今の若い人達は思う存分に自分の才能を発揮できる仕事を求めています。彼らの才能を引き出すには、まず彼らの関心や興味をありのままに理解する人の存在が大きな力となります。自らが安心すると、もともと持っていた好奇心や才能が現れ始めるというのはとても自然なことです。

コーチングのご案内⇨ https://chikaonaka.com/about-2/

クライアントのどこが悪いのかではなく「助言する」立場にある自分に焦点を当てる

講師やカウンセラーや先生といった分かりやすい立場でなくとも、人間が二人集まると私たちはどちらかが自然に「アドバイス」を始めたりするようです。

 

フラストレーションを感じたり、

こちらの意図が伝わらなかったり、

コミュニケーションが噛み合なかったり、

こちらが早く成果を出したくて焦ってしまい

相手の反発を招いたり、

そんな失敗を重ねて、気づいたこと。

 

それは ー

 

相手のどこが悪いのかに焦点を当てるのではなく、

「講師を務める」「助言する」立場にある自分に焦点を当てるということ。

 

この人は何を感じ、

何を必要としていて、

 

わたし自身はこの人に対して何を感じているのか?

私自身が必要としていることは何か?

 

相手と私が必要としていることを両方満たす方法がみつかるとたいてい上手くいくということ。

 

 

これがPeace Blossomが研修を提供する際の心構えになっています。

 

Peace Blossomが提供している研修のテーマ例です。

◯ 法人・海外赴任者向けの研修(現地スタッフ育成、安全対策、CSR、メンタルヘルス・ストレス対策)

◯ 若い人(中学生や高校生も含む)向けの世界の課題を実践的に学ぶプログラム

◯ 自分の意見を伝えたり、互いに違う意見でもいいと体験することを学ぶ教育プログラム

などです。

http://peaceblossom.net

 

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

IMG_2345