これって「燃え尽き症候群ですか?」ー仕事や人間関係、人生を次のステージにあげてくれるもの

「燃え尽き症候群」の特徴は単に身体的に単に疲れているだけではない、ということです。

 

 

自分は燃え尽き気味なのでしょうか?

これは燃え尽き症候群と言うんでしょうか?

 

 

となんらかの自覚症状としてあげられるのは例えば以下のような症状です。

 

ーやる気・意欲が湧かない

ー身体に力が入らない

ーこのままでいいんだろうかと憂鬱になる

ー突然感情的に不安定になる

ー急にとても寂しくなる

ーむなしい。。。

 

 

特に、こうした体験や感情が積み重なった場合です。

 

・これって本当に私がやりたかったことなんだろうか?(失望)

・私が求めていたのはこんなもの?(失望)

・なんでこんな扱いを受けなければいけないのだろう?(人間関係における不当な評価や扱い)

・これって意味があるんだろうか?(無意味感)

・本当に自分がやりたいことってなんなんだろう?(焦り、虚無感)

・この状況をどうすることもできない(無力感)

・どこまでやっても終わりがない(圧倒感)

 

・でも、自分の悩みはとるに足らない。(対人援助疲労)

・「自分がいなければならない」「もっと〜べきだった」(〜べき)

・「あの時はもっとこうできたんじゃないか?」「なんであの時はああしなかったんだろう?」(後悔)

 

 

もう一つの大きな特徴は、「頭」では「もう大丈夫。もう十分休んだはず」と理解しているつもりでも「身体」が思うように動かない、という点です。

 

 

これは、部活から就活まで、または、「もうキャリアも15年以上を超えるけどなぜか最近身体に力が入らない」というケースまで程度の差はなんであれ、いつでも起こりえます。

 

こうした兆候を必ずしも「燃え尽き症候群」と呼ぶ必要もありませんが、ポイントはこの時点では一見「周り道」のようにみえることが、人生の次のステージに持ち上げてくれるための鍵だ、ということです。

 

 

そういう意味で、私自身は、「燃え尽き症候群」自体は必ずしも「悪い」こととは思っていません。ただ、人生のフォーカスやルールが変わってきます。

 

 

キーワードとしては、

 

セルフケア

バランス

感情

関係性(人間関係)

受容

ゆるし

でしょうか。

 

 

人生のゲームのルールが変わってくるという意味は、

 

⇨「がんばる」だけでなく自分の限界や弱い部分も「受け入れる」ことを学ぶ

⇨「感情」は排除したりコントロールしたりするものではなく、魂からのメッセージであると捉え、その本当のメッセージに耳を傾けること

⇨他人を喜ばすことから自分を喜ばすことに焦点を向けること

などです。

 

 

この段階では、それまで溜められていた感情的な体験や傷が噴出することがあります。

そうした感情面での「未完了」を「完了」することが大切です。

 

 

 

特にこれまでの職場での人間関係や、これまでの人生におけるバランス(バランスが欠けている部分)がよりハイライトされてくることがあります。

 

 

私たちは、こうした感情を扱うことを私たちは習っていないので、なんとか「ないこと」にしようとしたり、排除しようとしたり、大抵「ワーカホリック」になってこうした体験や感情を押し殺そうとします。

 

 

ただ、私たちは人間なのでそれを無視し続けることは健康的ではありませんし、心と身体は繋がっているので、それが気の流れを邪魔してのちに「身体の不調」として体験する人もいます。

 

 

また、感情を押し込めることは情熱や喜びまでも押し殺してしまうことになります。ますます、「やりたいことが分からなく」なってしまいます。

 

 

ネガティブな感情もポジティブな感情も両方合わせて受け入れることを学ぶことができます。

 

 

 

あなたの直観力は「フェラーリ級」。でもあなたの「自信」はさくらんぼ位 ー 燃えつき症候群だった私が自信を取り戻すまで

 

%e6%96%b0%e5%b9%b4%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%81%94%e6%9d%a5%e5%85%89

 

 

もう同じアプローチでは限界。

いくらやっても無理。

より高い次元のアプローチを見つけたい。

 

 

 

南スーダンや国連ニューヨーク本部等で約10年間、国連職員として平和維持活動や元兵士の社会復帰支援に関わり、国連を辞めると決めた時のことです。

 

 

南スーダンでは、大きなプロジェクトの多国籍チームのリーダーを務め、長い間不可能だと言われていた南スーダン独立のための住民投票が実施されるのを見届け、「やりきった」と感じていました。

 

なんらかの形でまた「世界」に関わりたい。でも、何か違ったやり方があるはず。

 

 

ナイル川を見ながら、それがどういう意味か分からないけど、漠然とそう思ったのを覚えています。

 

しかし、帰国してからの私は、そんな思いとはほど遠い状態でした。

 

 

それまでの緊張の糸がプッツンと切れてしまったのでしょう。

私の身体は空っぽになってしまったかのように、まったく力が入らなくなってしまいました。

 

 

一日のルーティンといえば、ゆっくり起きて近くを散歩するのがやっと。

 人に会う気力もないし、こんな姿を誰にも見られたくない。。。

 少しよくなったと思ったら、また起きられない。。。

 

 

ともかく身体が「重い」のです。。。

 

 

当時、私が「二次的外傷性ストレス」(secondary trauma)と呼ばれる症状を受けていたことを知ったのはもう少し後のことでした。

 

 

国連時代に受講した「トラウマケア」に関する研修の資料にこう書いてあります。

 

「安全を脅かすような出来事に会ったり、極度の緊張状態が続いている時、それは脳の神経系統に影響を及ぼします。

 

それは竜巻のようなエネルギーが身体の中に溜まっている状態で、そのエネルギーが解放されるか統合されないと、いわゆる『トラウマ』の状態を引き起こします。」

 

そうした環境に長い間身を置くこと、または、そうした影響を強く受けた人たちに関わることによっても同じ症状を受けます。それは『二次的外傷性ストレス』(secondary trauma)と呼ばれる。」

 

holistic beauty

 

同じ頃、私はカナダ人のカウンセラーを紹介されます。

 

科学と霊性に関する世界学会(ISSEEM:International Society for the Study of Subtle Energies and Energy Medicine)にも招聘される世界的カウンセラーとして世界的に評価を受ける人でした。

 

その方からこんなことを言われるのです。

 

 

「あなたの直観力は『フェラーリ級』。でもあなたは自分のことを『カローラ』のように扱ってる。」

 

そして今のあなたの自信の大きさはさくらんぼ位。」

 

 

!!!

 

 

燃え尽きると、引きこもりがちになって、さらに自信をなくすという悪循環にはまります。。。

 

 

なんてこと言うんだ!と一瞬思ったけれども、正にその通りだったのです。

 

 

同時に、自分自身が共感能力が高く、周りの環境に影響を受けやすいエネルギー的に非常に繊細・敏感な構造を持つことを知りました。

 

私が紛争地の現場で試行錯誤しながら学び発揮されていったリーダーシップのスタイルや自分の強みがより大きな視点でわかり、同時に、同じ特質が、洞察力や直観力として発揮されるためには、自分のエネルギーの状態について知り、自分の状態が安定していることが重要であるとも知りました。

 

また、燃え尽き症候群といった現象は、紛争地でなくとも、医療従事者やソーシャルワーカーといった対人援助職でも多く見られることで、自分と他人との間に健全な「境界線」(boundary)を持つことが大切だと学びました。

 

 

そして、今度は心の中の整理が進みました。

 

 

なんで人は争いを続けるのか?

なぜ憎しみあうのか?

 

 

私は長年の疑問や現場での葛藤を、全ていったん外に出す必要があったのでしょう。

彼女(カウンセラー)は毎回ただ落ち着いて受け止めてくれました。

 

 

「世界の平和を望むなら自分の中で平和でいなさい。」

 

 

彼女の紡ぐ言葉はシンプルながら私の心に響き、より大きな秩序や新しい世界があるように感じました。

 

今自分が体験していること、または世界で起きていることには、もしかしたらなんらかの「意味」があるのかも知れない。。。

 

 

全く新しい次元のものの見方が存在し、それを教えてくれる人がいて、それを可能にしてくれるツールがある❗️💡💡💡

 

 

心からそう感じられた時、長いトンネルの先に光が見え始めました。

 

平和観音

 

 

魂レベルでの癒しが起き、少しづつ身体にも気力が戻り始めていました。

 

そして、要らないものが「削げ落ちて」いったのでしょう。

 

気がづいたら、心身が回復しただけでなく、直観力とヒーリング能力が開花し始めていました。

 

 

誰もがただ「自分」が「自分」であることを認め、互いを尊重し合う世界があれば、争いも戦争もなくなると思う。そんな世界を見たい。創りたい。自然にそう思いました。

 

 

私は、その人本来の才能を引き出すサポートをしたいと思い、コーチ・カウンセラーとして、活動を始めました。

 

「クーリエジャポン」(講談社)で連載を始め、「世界」と「より大きな秩序」との接点について書き始めました。

 

こうして、私の活動は「世界の平和」と再び「交差」したのでした。

 

 

アインシュタインは、「問題をつくりだした時と同じ考え方では、その問題を解決することはできない。」と言いました。

 

 

私の例は少し極端かも知れませんが、人生では予期せぬことが起こります。 

 

ただ、そうした体験は、自分の方向性を見直す機会だったり、自分の才能を発見し開いていく機会でもああります。

 

 

⭕️人生の転機にあると感じている人、

⭕️より効果的に人に関わり援助するツールを身に付けたい人へ

⭕️この時代の転換期に地球に生まれてきたなんらかの意味があるはず、と感じている人へ

 

「あなたの人生の次のステップをみつけるコーチング」

https://chikaonaka.com/coaching/

 

お気軽にご連絡ください。

 

大仲千華

 

 

私がセッションを受けたサンドラスウィートマンを紹介します。

SANDRA ITENSON SWEETMAN

サンドラ・スウィートマンについて
sandra

 

SANDRA ITENSON SWEETMAN

カウンセラー、セラピストティーチャー

 

カナダ生まれ。3歳より香港で育つ。理学療法士として障害を持つ子どものリハビリに従事した後、身体におけるこころとエネルギーの作用に興味を持ち、サウンドを使ったヒーリングなど各種のヒーリング手法を確立する。

 

アメリカ、ヨーロッパ、香港、マレーシア、日本など世界各地にクライアントを持ち、弁護士から音楽家まで、彼女の持つ実践的なツールに助けられてきた人は何万人におよぶ。

 

30年以上にもわたるセラピストとしての体験の中で、より根本的なレベルでシフトをサポートできるツールはないか?と模索してきた中で、細胞レベルから変容をもたらすツール「ハートメタ」(Heart Metta)を開発。世界各地でハートメタ・プラクティショナーの育成を始める。

 

霊性と科學の融合に関する世界学会 (ISSSEEM)でも「ハートメタテクニック」について発表。EFTやエネルギー心理学をさらに先に進めたツールとして注目され、霊性と科學の融合に関する研究や実践にも貢献している。

 

スピルバーグもそうだった❗️ー2017年に「感受性」を強みとして発揮するために知っておくこと②

スティーブンスピルバーグ監督、メリル・ストリープ、ハリーポッターの作者 J・K・ローリング、アルバート・アインシュタイン、デール・カーネギー、アガサ・クリスティーンなどは「感受性」を強みとしている人たちです。

 

%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0%e2%91%a1

 

2017年から「新しいサイクル」がはじまります。

 

新しいサイクルにおいては、「競争社会」の基準ではあまり強みとは思われてこなかった特質が大きな武器となっていくでしょう。

 

例えば、「感受性が高い」という特質です。

 

このシリーズでは、「感受性の高い」人の強みとチャレンジ、そして、そういうタイプの人が自分の特性を強みとして活かすために知っておくべきポイントをお伝えしています。

 

 

では、「感受性が高い」ことの「強み」とはどういうものでしょうか?

 

前回の記事、「2017年に「感受性」を強みとして発揮するために知っておくこと」では、

 

一の情報かららより大きな全体像を掴む能力、深層の部分を掴む「洞察力」、より深い表現力=エネルギーを伝達する力をお伝えしました。

 

さらに、「感受性が高い」人たちの大きな強みは、相手と感情レベルでつながれること=共感能力が高いこと、別の言い方をするとコミュニケーションをより深いレベルでもてることです。

 

 

例えば、こういう人たちは、誰かと話している時、自然に相手の感情に自分の意識を合わせることができるので、相手側にどれだけ自覚があるかは分からなくても「なんだか気持ちが楽になった」または、相手の人が「理解された」と感じるようなことを体験することがあります。

 

 

人と一緒にいながらも、または、なんらかの言葉が交わされながらも、「理解された」という体験は必ずしも体験できることではないので、この能力が人にもたらすことのできる価値というのは、このSNSの時代において、とくに貴重なものじゃないかと思います。

 

会って間もないのに、相手に相談ごとをされるタイプの人たちは自然にこの能力を発揮しているかも知れません。

 

 

私の例ですが、米軍の専門家をしている時、出張先やレセプションで出会う米軍太平洋司令部 (US Pacific Command)の司令官級の偉い人たちが、

 

「実は3.11の時ね・・・」「僕がアツギにいた時なんだけどね・・・」と、私に向かって個人的な話しを始めるのがとても不思議でした。

 

 

南スーダンにいた時には、ある大臣(政府閣僚)からよく電話がかかってきて、何かと思えば、彼のお悩みを聞いた事もありました。

 

 

人は相手に理解されていると感じると心の中にあることを話したくなるのかも知れません。

 

これもまた共感能力の高い人、感受性の高い人が持つ大きな力の一つです。

 

 

最近では、私のセッションにいらした方で、90分間ほぼ口を開かなかった、というケースがありました。

 

私は普段は聞き役なので、言葉で相手からの反応がないというのはちょっと難しいことです。

 

先に一言だけ相談内容だけは聞いていて、セッションを受けたいという意思は確信していたので、私は自分の周波数を相手の周波数に合わせて、対話をするようにゆっくりと話し続けました。

 

 

相づちを打ってくれたり、顔の表情からもそれなりにサインはありましたが、言葉という反応がないままに、丸々90分間相手に周波数を合わせ、話し続けるのはさすがに集中力がいりました。

 

 

こちらが話している内容は相手にとってあっているんだろうか?と思っても、それを確かめる唯一の頼りとなるのは、自分と相手との感情的なエネルギーのやりとりと自分の直感力のみ。

 

 

最後の方には、ある瞬間に相手の方の顔色もエネルギーも「クリン」と変わったので、私は空を見上げて「Thank you」とつぶやいたのでした。

 

 

これを書きながら、「よく成り立ったものだ」と思いますが、あれはもしかしたら、「共感能力」と「感じ取る能力」(そしてそれを言語化する能力)を証明するための体験だったかも知れません。

 

 

このように、相手とのやりとりを感じながら、自分が話すことを相手に合わせていくことができる力は、特に、人前で話す人、教える人、 講演をする人、教師、スピーカー、コーチ、カウンセラーといった人たちにとっては非常に大きな力と言えます。

 

営業の世界でも成績のいい人は、決して一方的にペラペラと話す人ではなく、相手に合わせて話す人だということが言われてますよね。

 

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a5

 

 

実際、最近は、この「感じ取る能力」・「共感能力」のビジネス上の価値が科学的にも証明されつつあります。

 

 

5年連続で全世界での視聴回数ベスト5内にランクインし続け、2016年12月現在で全世界での総視聴数が27,677,409回(!)を超えているTEDがありますが、

 

そのテーマは、まさに、共感の力についてです。

(ブレネーブラウン TED Talk「Power of Vulnerability」)

 

 

世界中の企業や組織が望んでやまない、クリエティビティーやイノベーション。

 

 

それは大事だろうとは思ってはいるけど、誰もどうしたらそれが起こるのか分からない。

 

 

そして、人間はいくら理性的に判断し、行動していると思っていても(そう信じたくても)、実際には感情で動く生き物だということも私たちは知っています。

 

 

クールに装ってみたり、ロジカルシンキング的な武装もしてみるけれども、誰でも傷つくのは怖い。批判されるのも失敗するのも嫌。

 

 

見えないところで直感やイノベーション、クリエイティビティーを潰しているのはこうした「不安」や「恥」の意識だと言われています。

 

 

(ところで、米国大統領選挙でも、人を動かしたある特定の「感情」がいくつかあったのではないかと思っています。)

 

 

そして、その「解毒剤」こそが「共感」であると、このTEDの著者ブレネーブラウンは言っているのです。

 

そして、「共感」が起こる時の大きな要素として、「相手の感情がわかること」(feeling with the other)が挙げられています。

 

このTEDの後、彼女のところには、アメリカ中のCEOや企業からイノベーションを起こす秘訣を教えて欲しいと、講演の依頼が殺到したそうです。

 

 

「共感の力」とビジネスの接点が科学的に証明されつつあること、このテーマが全TEDの中でもベスト4にランクインし続けている事実そのものが興味深い現象だと思います。

 

感受性や共感能力はビジネス上でも大きな価値なのです。

 

 

 

もともと感受性が強い、共感能力の高いタイプの人たちにとって、こういった事はあまりにも「当たり前」すぎて、もしかしたら何か特別なことだとも「強み」だとも感じられないかも知れませんが、自分の特質を理解する客観的な視点を持っていること、特に、自分の強みとその価値を認識していることはとても大事なことです。

 

 

 

ただ、皮肉なことに、こうしたタイプの人たちの多くは、スピーチも自己表現も自己主張も得意ではないと思っていて、しかも「自分にはまだ無理だ」という感覚を持つ人が多いようです。

 

 

こうしたタイプの人は、他の人の評価とはまったく別に、自分の中での「自分にはまだ無理だ」「もっと準備してからでないといけない」という感覚を特に強く持っているため、一生を準備や勉強のために費やすこともありえる、とダン・ミルマンは言っています。

 

 

この「感情的な資源」が強みとして活かされるまでには、表現することの怖れと「まだ無理だ」という自分に対する「疑い」(self-doubt)を癒し、乗り越えることが魂レベルでのチャレンジとして挙げられています。

 

(ダン・ミルマン「魂の目的」ソウルナビゲーション―あなたは何をするために生まれてきたのか」より)

 

 

強みとチャレンジは表裏一体であるので、その他にも、このタイプならではチャレンジがあります。

 

例えば、

 

ースポンジのように周りの感情をすってしまう。(エンパスと呼ばれる人もかなり重複するところがあるでしょう)

 

ー疲れやすい(身体的だけでなくエネルギー的に)

 

ー感情に飲み込まれる・あまりにも圧倒されてしまうような感じがするのは耐えられないので無感覚になったり、クールを装う

 

ー「こうあるべき」「こう感じるべき」が強い場合、自分の本当の感情が分からなくなってしまう

 

ー「繊細さ」ゆえに、理解されないと感じることも多い。

 

ーちょっとした批判に対しても人一倍「繊細」である

 

ーもっと準備しないといけないと思っている

 

などです。

 

 

こういうタイプにとって役に立つことは、例えば、自分自身の感情と向き合うことを学ぶこと(ただ全ての出来事において感情を感じ切る必要も何かを追体験する必要はありません)、エネルギーという側面からも自分の特質を知ること、また、自分の境界線=バウンダリー(領域)を健全に持つことを学ぶことです。

 

それはどういうことかと言うと。。。

 

 

次回に続く。

 

 

⬇️ ブレネーブラウン TED Talk「Power of Vulnerability」

 

 

 

 

 

 

自分のストレスパターンを知る①ー爆発型?それとも内心怒ってる人の場合は?

何か勇気を出して相手に伝えなきゃいけない時、新しいことを始める時、昇進したいけど自信がない時、初めてデートをする時。。。

 

そうでなくても、ともかくストレスを感じる?!

 

現代人のストレスレベルは高いようですが、ストレスを感じる時、私たちはいつもの「行動」や「ふるまい」をほぼ意識することなく自動的に繰り返しているそうです。

 

なにか「心地悪さ」を感じる時、自分に負荷がかかっている時、私たちはどういう風に反応しているのでしょうか?

 

まずは、自分はストレスを感じた時にどう振る舞うかという自分の「ストレス反応」を知ることができます。

 

 

ストレス反応のパターンについて以下の5つの視点から一緒に見ていきたいと思います。

 

①ネチネチ型 vs 感情爆発型

② 外に出す vs. 内にこめる 

③ 向き合う vs 避ける

④自分優先 vs 相手優先

⑤ セルフエンパワーメント  vs 無力感

 

以下の質問に3段階(a)ほとんどそう、(b)ときどき、(c)まったくない、で答えて下さい。

 

①ネチネチ型 vs 感情爆発型

ーすぐにイライラする

ー一度怒り始めるとなかなか収まらない

ー誰かに怒りをぶつけてしまう・爆発してしまう

ー人や社会に対して批判的だと思う

ー政治家とか政府とか誰かを責めたくなる

ー笑顔を装いながら心の中で舌打ちしてる

ーある人やある仕事に対して、遅刻したり、ミスが増えるたり、どうしてもモーチベーションがあがらない

 

 

② 外に出す vs. 内にこめる 

ー自分がストレスを感じていることを周りの人に知られたくない。

ー本当は怒っているかも知れないけれどもそれを人に見せることはない。

ー初めての人に会ったらその人を信用できるかどうか慎重に見極める。

ーストレスを感じていても誰かにそれを伝えることはない。

ー困難なことがあっても自分の感情について表現することはない。

ー誰かと意見が違ってもそれを言うことはない。

ー誰かとの関係で傷つくような体験があると人との関係を避けて一人になる。

 

これらの質問の意図は、ストレスを感じる時、私たちはどういう風に反応しているのかという自分のパターンや、さらにストレスを増大させる自分の中の「信念」や「考え方」に気づくということですが、それぞれの点で少しだけ補足したいと思います。

 

①ネチネチ型 vs 感情爆発型

 

いかにもわかり易く、怒ったりする人もいますが、日本社会では、一見おとなくしくて礼儀正しいように見えても、朝の満員電車で、周りにぶつかって降りていくような人を見かけるように、黙ってはいても密かに「怒っている」人たちはけっこういるようです。

 

また、だらだらと歩いたり、遅刻したり、ミスが増えたりといった形で怒りを表現している、「受動攻撃」と言われるケースも多くあります。ちなみに、私の先生は、世界中にクライアントを持っていて、世界中でワークショップをやっていますが、日本人は「受動攻撃性」が強い方だと言っていました。

一般的に(とくに日本では)、怒りを持つこと自体が悪いことのように思われがちですが、怒りを誰かにそのままぶつけるのは適切ではないですが、「怒り」というエネルギー自体が悪いわけではなく、怒りがない振りをするのも、ただ抑圧するのも逆効果です。

人間誰しも、「怒り」は感じるものなので(逆に感じない方がおかしいのです)、ただ、自分が怒りを感じる時に気づくこと、そして、何に怒っているのかに気づけばいいだけです。

また、怒りは、「恥」や「絶望」よりも周波数的にはより高い(喜びに近い)エネルギーです。この怒りというエネルギーを、例えば「パッション」としてクリエイティブに表現することも学ぶことができます。

 

 

② 外に出す vs. 内にこめる 

 

私たちは、社会の中で長年積みあげられてきた「~は~べきである」といったメッセージに常にさらされています。例えば、「女性はいつかは母親になるべきだ」「いい母親というものは、髪を振り乱してあくせくせずに、スマートにいつも優しくニコニコとしているものだ」「男性とは『弱み』を見せるものではない」「男性は不安になることはゆるされない」などです。

 

そして、日本社会はよくも悪くも「空気を読むこと」「和」を重んじることを重視する社会なので、そういう意味でも、ストレスを感じていることを誰か信頼できる人に個人的にこっそり打ち明けることはたまにはあっても、「どちらかと言うとそういうことは周りに知られたくない」という感覚が強いかも知れません。

 

ちなみに日本という社会は世界的にみても「恥」という感情がとても強いそうで、「自分はもっと~であるべきだ」といった観念が強いそうです。

 

その社会(自分)が求める像と実際の自分が違う時、私たちはそういう自分に対して「がっかり」したり「失望」したり、「恥」を感じたりします。

 

そして、そのイメージと現実の自分との「ギャップ」が、ストレスになります。

 

「恥」は感情の中でもとても強い感情です。絶対失敗をしたくない、失敗する可能性があることはともかく避ける人がいますが、自覚はなくても、実は深いところで、この「恥」がある場合があります。

 

リラックスできない、いつも「焦り」っている感じがある人、いつも「自分は~しないといけない」という強迫観念に追われている感じがある人は、なんらかの形でそうした観念と感情が作用している可能性が高いでしょう。

 

私自身もこれがとても強かったのですが、何か自分が思うように事が進まなかった時、または間違えた時、「だから言ったじゃないか」「そんなこともできないのか」といった「内なる批判の声」の声が発生することに気づき、「起きたこと (事実)」と「恥 (感情)」を分けることを学んできました。

 

私たちは誰かに批判されることも嫌ですが、実際のところ、もっと私たちを困らせているのは、自分の中の内なる批判の声なのです。

 

起きた事に対して、「事実」と「感情」を分けること、その事実をまず客観的に確認できること、そして、自分の中の感情に気づき、それを生じさせている自分の中の「観念・思考・ビリーフ」に気づくことができます。

 

 

次回は、

③ 向き合う vs 避ける

④自分優先 vs 相手優先

⑤ セルフエンパワーメント  vs 無力感

 

 

というパターンについて見ていきます。

 

続く

 

ストレスに強くなるというのは、ストレスを全く失くそうとするのではなく、

「ストレス」を引き起こしている本当の原因に気づくことです。

ストレスを「力」に変え

芯を生きる人のための

⭐️セルフエンパワーメント⭐️

講座

https://chikaonaka.com/講座・イベント/

 

◎ 焦りや「~しなければいけない」という感覚に急き立てられてリラックスできない方へ

◎ 自分よりも他人を優先させてしまう方

◎他人や社会の価値観ではなく自分の価値観を優先に生きたい人へ

 

このワークショップでは、 自身や他人をあらゆるストレスや恐れから解放してくれるメソッドとして知られるバイロン・ケイティーの「人生を変える4つの質問」(Loving what is)を基に、よりわかり易くした形式で、ストレスや不安を引き起こしてる考えを見つけ、それに対する問いかけを通じて問題を解決していく方法を学びます。

バイロン・ケイティーのワークは、ニューヨークタイムズベストセラー作家、ジャネットアットウッドなどからも紹介され、世界中で実践されているワークです。

今すぐお申し込みください。

⭐️ 日時: 2016年11月27日(日)13:30-16:30 

⭐️場所: スクエア荏原第一小会議室

 

お申し込みはこちら⇨ お申込みフォーム

スクエア荏原アクセス: http://goo.gl/VNzroL

(南北線、三田線、目黒線武蔵小山駅、戸越銀座より徒歩10分)

 

詳細はこちら⇨https://chikaonaka.com/講座・イベント/

 

ストレスがかかる時の自分の反応を知る

私たちは自分の「行動」や「ふるまい」をほぼ意識することなく自動的に繰り返しているそうです。

 

私たちは、とても論理的にロジカルに考えて動いているつもりでも、人間は「感情の生き物」なので、実際には「傷つきたいくない」や「恥をかきたくない」といった動機の方が強く影響するからです。

 

そうしたパターンがより顕著になるのは、ストレスがかかった時です。

 

とくに、「生身をさらすように (vulnerable)」感じる時です。

 

例えば、

・昇進したけど成功する自信がない時

・初めてデートをするとき

・新しいビジネスを始める時

・新製品に何の反応もないとき

・批判やうわさに立ち向かうとき

・自分の作品や文章を発表するとき

・愛していると伝えたけど、相手の気持ちが分からないとき

・妻・夫・パートナーをセックスに誘うとき

・3度流産した後で妊娠がわかったとき

・恋に落ちたとき

・新しいことに取り組むとき

・一般受けしない意見を言うとき

・家族をなくしたばかりの友人に電話をかけるとき

などです。

 

なんというか、このような状況って必ずしも「心地いい」ものではありませんよね。

 

できたら避けたいなあ。。。

なーんて、思いますよね。

 

だから私たちは、こういう「心地悪さ」や「ストレス」を感じた時に、ほぼ自動的に自分を守る体制に入るするそうです。

 

例えば、

何も感じないように自分の心を麻痺させる。。。

完璧主義になる。。。

クールを装ってみる。。。

先手を打って誰かを攻撃したり批判したりする。。。

何も問題がないふりをする。

などなど。

 

こういう風にすれば、傷つかなくて済むと思っているのです。

一種の「精神的な武装」と云えます。

 

でも、本当の意味では自分の課題を解決したとはまったく言えないですね。

 

こういう反応は、ほぼ自動的にしているので、まずは、自分はストレスを感じた時にどう振る舞いがちかという自分の「ストレス反応」を知ることが大切です。

 

自分の反応のパターンを知っておくことによって、負荷がかかった時の自分の状態や反応を客観的に見れるようになるからです。

 

自分の反応を客観的に見えるようになれば、より落ち着いて目の前の状況を理解できるようになる「スペース」を持てるようになりますね。

 

そうした観点から、よくあるストレス反応のパターンについて一緒に見ていきたいと思います。

 

表現する vs. 内にこもる

感情をコントロールできる vs 感情爆発型

向き合う vs 避ける

自分には出来ることがある vs 自分には何もできない

自分優先 vs 相手優先

 

続く

疲れやすい人が 自分のエネルギーや身体の バランスを保つにはどうしたらいい?

ともかく疲れている。
意欲が湧かない。
朝起きれない。
疲れやすい人が
自分のエネルギーや身体の
バランスを保つにはどうしたらいい?

 

 

たった3年前には
重たい身体を引きずるようで
朝も起きれず働けなかった私が

一日12時間を連続で通訳しても
エネルギーに満ちるようになったお話しです。

 

 

さて、私が通訳をしている先生がいます。

直観医療やサトルエナジーの国際学会にも

招聘されるサンドラスウィートマンです。

 

今回で6回目の来日です。

先生の講座は計30回を超え、
随分と慣れてきた通訳ですが、

初めて通訳をすることになった時には
かなり不安がありました。

 

技術的なこともそうですが、
丸1日も体力と集中力を保てるかなあ
という心配でした。

 

サンドラの通訳を始めた頃、
私はいつも疲れていました。

 

「燃え尽きた」体験で
身体に力が入らない状態だったのです。

(≧∇≦)

 

 

私はどうやら繊細なタイプらしい
という自覚が芽生え始めていたので、

 

「エネルギー」のバランスも
関係しているんだろうなあとは
漠然と感じていました。

 

とはいえ、エネルギーについて、
部分的に教えてくれる人はいても、

 

エネルギーに敏感なタイプの人が
どうやって自分のエネルギーや身体の
バランスを保つにはどうしたらいいのか、
正直分からなかったのです。

 

サンドラの通訳を務めることになって、
面白い「偶然」となったのは、

 

100%の集中力が求められる通訳という仕事を通して、
自分の癖やエネルギーの状態が
明らかになっていったことでした。

 

特にショックだったのは、
意識が「とんでしまう」癖でした。

 

意識が飛んでしまうと言葉が口から
出てこなくなるのです。

 

私の課題は通訳の間に意識を
「いま」「ここ」に保っていることでした。

(最近は「マインドフル」という表現がされますね。)

 

 

意識を保つエクササイズをやるなどをして

かなり集中力を保てるようになりました。

 

 

そして!

ある時、

ついに、

 

自分が疲れるどころか
エネルギーに溢れている状態な
ことに気づいたのです。

 

しかも朝から夜まで続けて
12時間通訳をした後のことです。

 

わっ!!!

わたし疲れてない!!!

世界中に向けて
叫びたくなりました~ (*゚▽゚)ノ

(笑)

 

これは私にとって大きな
「ブレイクスルー」でした!

 

自分がエネルギーの導管になる
自分を通じてエネルギーが通っている、

という体験でした。

 

 

ちなみに、
このエネルギーが通る状態というのは、
エネルギーが上にも下にも
両方に繋がっている状態だそうです。

私の場合、下との繋がりが強化されたようです。

 

私自身、通訳をしながら、
毎回新しい情報を受け取っていますが、

身体とエネルギーの状態は
格段に変わっています。

 

エネルギーがクリアリングされていく中で、
自然に直感や内なる力に繋がっていくのを感じます。

 

疲れやすい、
身体に力が入らない時、

もしかしたらエネルギーが漏れていたりするせいで
自分のパワーを十分に活かせてない可能性があります。

 

私にとって特に役に立ったのは
セルフエナジークリアリングです。

 

 

たった3分で

自分のエネルギーフィールド漏れや歪みを

確認してクリアリングできるのです。
誰でもできるようになるメソッドです。

 

講師を務める時、コーチングのセッションを始める時にとても役立っています。

      ↓↓↓

エネルギーマネージメントについて習いたい方は

info@peaceblossom.netまでご連絡ください。

 

ある程度社会経験を積むと、

特に女性は「がんばる」ことから

 

「人にお願いすること」

「弱みも強みを全てを認めること」

「頑張っても望むような結果がでないことも受け入れること」

などを受け入れながら

 

「個人の目標」をより高次の人生の目的に

合わせていくことが求められていくようです。

 

その時により直観的になったり、自分の直観の力に目覚める人もいます。

 

直観力は誰もが持っている力ですが、人生の大きな目的が決まってこそ、開いていく力や才能というのがあるようです。

 

 

マインドフルネス(1): 12時間通訳をしてもエネルギーが溢れる時

この日曜日に全日程計8日間のメンターの先生の通訳を終えました!

今回で来日5回目で計30日を超えて、随分と慣れてきた通訳ですが、実は、初めて通訳の依頼を受けた時にはけっこう不安がありました。

技術的なこともそうだけど、えー、12時間も集中力を保てるかなあ?と。

 

だって、南スーダンで4年も働いた私だけど体力はあまりない方なんです。

 

スリランカやバングラデシュなどあちこちで講師をしていた時、

私の悩みは「疲れやすい」ことでした。(≧∇≦)

 

もちろん、フライトやら乗り継ぎやら、時差やら、毎回違うホテルや宿舎に泊まるということによる身体な負担はもちろんあったのだけれども、

 

多分、それだけではなくて、

私はどうやらエネルギー的に繊細なタイプらしいという自覚が芽生え始めていたので、

たぶん、自分の「エネルギー」のバランスが関係しているんだろうなあと感じていました。

 

とはいえ、エネルギーという側面に対して、部分的に教えてくれる人はいても、

エネルギーに敏感なタイプの人がどうやって自分のエネルギーや身体のバランスを健全に保つにはどうしたらいいのか、正直分からなかったのです。

 

サンドラ先生の通訳をさせていただくことになって、面白い「偶然」となったのは、

100%の集中力が求められる通訳という仕事を通して、

自分の日常のくせが日々の自分のエネルギーの状態やパフォーマンスにどう影響しているかがくっきりはっきりと明らかになっていったことでした。

 

特に、ショックだったのは、

いかに日常的に意識が「とんでしまう」癖があるということが明らかになったこと。

 

そういう癖があるとは頭では分かっていたとはいえ、一瞬でも意識が飛んでしまうと言葉がまったく口から出てこなくなるのです。

 

ただ、実際には、自分の意識がふと「飛んでいる」ことにさえ自覚がない人がほとんどで、そういう癖のある人はけっこう多いそうです。

 

そこで、まず、サンドラ先生から朝起きた時に一番初めにやる「夢心地の状態から自分の意識を完全に目覚めさせる」というエクササイズを習いました。

 

先生のクライアントさんにいつも仕事が片付かないと嘆いている人がいたそうですが、その方が「半分夢心地」の状態から完全に覚めるのはようやく午後の4時だったそうです。

出勤途中で朝一に急ぎ足でコーヒーを求める人は、コーヒーを飲むということによって、意識を戻そうとしている、という指摘にも納得でした。

 

そういう訳で、サンドラ先生のワークショップでは、一番初めに全員で「完全に起きる」エクササイズをやるのですが、確かに、意識がしっかりと起きている状態で受けるのと、半分まだ意識がベッドにいるような状態でやるのとは全く効果が違うだろうなあと思います。

 

ちなみに、気功など中国の伝統医療では、肝臓や腎臓など身体の中の臓器が健康に機能するには、一日最低5時間連続で意識が完全に身体の中にあることが大切だと言われているそうです。

 

1日12時間通訳してもエネルギーが湧き出る時 (2) に続く