スリランカ内戦の当事者と話しをしたら(1)

スリランカに軍のトレーニングの仕事で行ったことがあります。スリランカでは長い間、シンハラ人とタミル人の間で内戦があり、当時、スリランカ軍と言えば、内戦を「制圧」した際に何千人もの一般市民を犠牲にすることをゆるしたとして、人権団体や国連の人権委員会などから批判を受けている対象でした。

内戦の終結から2年が経っていましたが、ちょうど、スリランカの人たちが戦争の傷に向き合い始めた時期と重なっていたようです。

「もう戦争はたくさん」「なんで自分の家族が?」「この内戦にはどんな意味があったのか?」「なんでこんな戦争を許してしまったのか?」「『制圧』は正しかったのか?」ー

シンハラ人もタミル人も、政府も軍もLTTE(タミル解放戦線)も、それぞれに苦しみがあるのを感じました。同時に、もう二度と内戦には戻りたくないという共通した思いも強く感じました。

そんな環境にいたので、私は気づいたら「どうしたら人は和解に向かえるのか」と考えていました。内戦を「制圧した」と批判されていた軍ではありましたが、研修で彼らと過ごすうちに、「彼らも和解に向かいたいのではないか?」と感じ、彼らと一緒に和解について考えてみようと決めました。

もしあなたが国連要員として、とある紛争が終わったばかりの国(架空の国)に派遣されたら?という想定で、南スーダンの事例を少しアレンジすることにしました。架空の国という文脈を使うことで、より軽く自由に発想ができるようになる効果があります。

「被害者」は加害者に事実を認めて欲しい、どんな影響があったのか理解して欲しいと望み、「加害者」は、被害者に対面するのが怖く、やはり「加害者」の傷を理解して欲しいと望みます。「両方が傷を負うという意味においては、両方ともが被害者なのです」ーそのような話しをしたと思います。

彼らの中には内戦の前線で重傷を負ったり、仲間を殺された人もいたのですが、彼らの中にさえ(だからこそ)「相手を赦したい」「和解・平和を選びたい」という思いがあるのをはっきりと感じました。

そのトレーニングには、スリランカ軍の訓練センターのセンター長の大佐の方も参加してくれていたのですが、そのテーマの後、その方が私に伝えてくれました。

「私は自分の目の前で部下を何人も殺されたのだけれども、タミールタイガーを赦したいと思っている。自分が楽になるためにはそれが必要だと感じるから。」

戦争に「勝者」はいないと思いました。

そのうち、スリランカの経験について学んでいたと思っていたのに、日本のことについて学んでいたかも知れないことに気づきました。。。スリランカを通して学ぶ日本のこと(2)に続く

南スーダンが世界に教えられること(3)

世界で一番新しい国の一番新しい大学の生徒に書いてもらったエッセイが手元にあります。住民投票で独立が決まって間もない2011年1月だったので、自然と独立に関連したものになりました。

「『南スーダン』が『スーダン』の体験から学び、新しい国の国づくりに活かすことは何ですか?」「部族化を超えて国をまとめるものは何ですか?」「南スーダンのビジョンは何ですか?そのためのあなたの役割は何ですか?」「独立が決まったばかりの南スーダンが世界に教えられることは何ですか?」その中からテーマを自由に選んでもらいました。

南スーダンの人たちが望んでいることはとてもシンプルなこと ー 彼らの想いが、独立後内紛を始めた南スーダンのリーダー達に届くことをを願います。

米米米

私は今の南スーダンにとって一番必要なのは教育だと思います。なぜなら、教育を受けることで農村に住む人にも街に住む人にも礼儀正しく接することができるからです。礼儀正しく接するということは、違う考えを持っている人たちを理解するということです。相手を理解することができれば、部族の間の争いも無くなると思います。そうすることで、南スーダンは世界の様々な活動に参加できるようになると思います。

米米米

私が望むのは、全ての子どもたちが学校へ行けるようになることです。全ての子ども達が学校へ行けるようになるので、字が読めない人・書けない人がいなくなります。それによって全員が社会に役に立てることをみつけます。教育は特に女の子にとって重要だと思います。なぜなら、女の子が平等に扱われるための手段だからです。学校へ行くと悪い影響があると考える親たちがいますが、それは間違った考えだと思います。私はそのような偏見をなくしたいです。

米米米

私は農業を拡げたいです。たくさんの物資を輸入している南スーダンですが、もっと肥沃な土地がを活用して、農業を輸出資源とすることができると思います。

米米米

私は教育が南スーダンをまとめる鍵だと思います。教育があれば、理解が生まれます。教育があると民主的な制度ができます。民主的な制度があると、誰かが抑圧されたり搾取されたりすることがなくなります。汚職もなくなります。新しい国では誰もが平等に扱われるようにしたいです。

Wau March 08 061