「自意識過剰」や「自己嫌悪」にとらわれているときには自分を明け渡す時ーGOOD to GREATという法則

Good to Greatという題名の全米ベストセラーの本(邦題「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」)があります。

 

Good to Great

 

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則.jpg

直訳すると、「グッドから素晴らしいへ」「よいから偉大へ」とでも訳することができるでしょうか。

 

人の真似ではなく、なんとなく周りと一緒でもなく、自分が「自分の人生」を生きることは、今の「個の時代」を生きるために土台となるスタンスだと思います。

 

同時に「自分」にばかり焦点をあてていると、「自意識過剰」になったり、「自己嫌悪」や「自己満足」になってしまったり、逆効果となる時もあります。

 

「自分」が苦悩の原因であるという表現さえあります。

 

または、そこそこまでは自分の努力や自分の力でがんばってできるけれども、グッドからその先に行くにはどうしたらいいのか?という問いにも繋がっていきます。

 

モーツアルトはたった数年の間に何百曲も素晴らしい曲を作曲をして天才音楽家と呼ばれました。

 

彼にとっては、音の塊(かたまり)がメロディーがとしてまさに彼の上に降ってきた、というような体験だったそうです。

 

作曲をすることは、もちろん彼の努力を土台にしていますが、彼の能力を超えた、彼に与えられた役割とまさにギフト(贈り物)でした。

 

わたしはクラシック音楽のコンサートに行くのが好きですが、一生懸命に努力して指揮棒を振る指揮者と、自分が導管(conduit)となってその人を通じて音楽が醸し出されていくかのようにオーケストラ全体から音色を引き出す人の両方を体験したことがあります。

 

簡単にいうと、前者の人は力が入っていて、後者の人は軽やかです。

 

前者は「Good」ですが、やはり「Great」にはたどり着けません。

Greatな演奏は、その人個人を超えたより大きな力と一体になったようなものです。

それがまさに「Great」=「偉大な」と呼ばれるゆえんだと思います。

 

「Good to Great」という本のタイトルは、まさにその違いを見事に一言で表現しているなあと思います。

 

自分を超えたより大きな力である「偉大さ」(Greatness)とつながることを意図しましょう。

 

でも、これは大きなことをするという意味ではありません。

 

仮に「大きな仕事」をしていても中途半端な気持ちで取り組んでいたら、まったく偉大さを発揮できません。

 

逆に聞こえるかも知れませんが、自分ができることの「小ささ」を認めて、大きな力に道を譲って働いてもらうのです。

 

掃除でも、料理でも、一見小さな仕事と見えるものでも、そこに自分を通じて今やっていることに「偉大さ」(Greatness)がもたらされるようにと自分を明け渡すのです。

 

そして、より大きな力に道をゆずるときに、私たちは自分を通じて働く大きな秩序を体験し、畏敬の念を感じ、心が満たされ、充足感を感じるのです。

 

心をこめて何かに取り組んでいるとき、またはその人が情熱を感じていることに取り組んでいるときには偉大さが自然に表れています。

 

だから、自分が好きなこと、情熱を感じることをやりましょう、と言われるのですね。

 

それがもし人と関わるときには、自分を通じて相手の人に対してより大きな力によって愛や慈愛、安らぎがもたらされるように意図しましょう。

 

それは自分の力でできることではありません。

 

明け渡しましょう。

 

より大きな力に働いてもらいましょう。

 

自分が努力をするというレベルでは満たすことのできない部分が私たちのDNAの中には組み込まれています。

女性だからこそ軍人相手に講師ができたわけ

「どうしたら究極の男性社会の代表みたいな軍人の人たち相手に講師ができたの?」と最近友人から聞かれました。確かに女性として軍人に関わる苦労はあるけど、女性だからこそ軍人相手に講師が出来たという面もあると思うのです。

私が軍人対象のトレーニングの講師として雇われた理由の一つは私が女性だからでした。

それは、この人達が国連要員として派遣される国の住民の半分は当たり前ながら女性なので、女性のことをよく理解しないといけないよね、ということが認識されつつあるからです。

そして、私自身トレーニングに関わるうちに女性だからこそ相手に伝わることがあることに気づきました。

相手は軍人。

実際に内戦にかかわった人もたくさんいる。

とは言え、当たり前だけど彼らも人間。

1週間、2週間と一緒に過ごす内に彼らの葛藤が見えてくるのです。

 

「被害者も加害者も両方苦しみますよね」

そんな言葉はたぶん女性から発せられる方が相手は受け取りやすいのだと思います。

そして彼らはポツリポツリと話しだすのです。

 

「自分の国に帰ったらこんなことは言えないけど、僕はずっと『反政府勢力』と対話をするべきだと思ってたんだ。」

「僕はやっと最近気づいたんだ。『敵』も人間として扱うべきだって。」

そんな言葉を2回もイラクに派遣されたアメリカ人の軍人の人の口から聞くとは思いもよらず。。。

「長年軍隊にいて葛藤があったけど、『人間』らしくあることを自分に求めていいんだって思えた。」

「僕、バングラデシュ軍を辞めようと思っていて。。。」ついにはお悩み相談まで。。。

 

そんな事をボソっと言ってしまうのは、相手が女性だからという部分もあるんじゃないかなと思いました。

私も軍人という人に対して、かなりの偏見と思い込みがあったのですが、この体験は、相手がどんな人であろうと、相手に対する判断や偏見を超えて繋がることができるという自信になりました。

分野は違いますが、最近受けた運転免許証の更新講習の講師の方がちょっと年配の女性の方でした。少し前は警察官のおじさんがちょっと偉そうに講義をしていた記憶があるのですが、この女性の方が話してくださると、ああ交通事故に気をつけよう、命を大切にしようと思えるのです。

男性社会のさなかにいる本人たちも葛藤している。争いをやめたいと思っている。人間らしくなりたいと思ってる。

それには女性的な力が必要とされているんじゃないかな ー つい何でも解決したくなるけど、まず聴く、理解する、葛藤を葛藤のままにいったん受けとめる。。。そこで生まれるスペースがある。

これから増々こういうリーダーシップのスタイルが求められていくんじゃないかな。

それがすごく腑に落ちた体験でした。

さて、どんな相手にでも通じて、打ち合わせや会議、会話の結果がガラッと変わる10分の「秘密の準備」とは?⇒ https://chikaonaka.com/2015/02/12/打ち合わせや会議の結果をガラッと変える「秘密/

Bali 2010 637