世界を変えるヒント!ー共感マップをネパールで使ったら

前回、共感マップ(Empathy Mapy)というツールを紹介しました。共感マップとは、スタンフォード大学のデザインスクールやMBAなどでも取り入れられいるツールで、その人たちが本当に求めているものは何かというインサイト(洞察)を探るのに使われます。

ビジネスにおける商品開発はもちろん、途上国における本当の課題は何なのか?その課題に対してビジネスはどうアプローチできるのか、に使われます。途上国向けのデザインは、design for extreme affordabilityとして知られています。

私の国連時代の上司も米国務省と国連でのマネージメント職を経て、ミッドキャリアでスタンフォードのこのコースで学んだこともあって、彼女からもいろいろな事例を聞いたものでした。

その中でも、ネパールの未熟児のための着ぐるみの例がよく知られています。

ネパールでの問題の一つとして、乳児死亡率の高さがありました。そこで、スタンフォードのチームがネパールで共感マップを元に聞きとり調査をしました。

それで分かったのは、まず病院までの距離が遠いこと。未熟児で生まれた子供のほとんどが病院に着くまでに亡くなっていたのです。保育器がある病院は数件あったものの、一台200万円もする保育器が故障した時に直せる人もメインテナンスする人もいなかった。

そこで、彼らが考えたのが、ホッカイロのような保温機能をつけた着ぐるみでした。25ドルで販売するまでにこぎつけました。

 

 

 

 

 

cropped-embrace_2-copy

embrace1

Nurse_01_MUL_13_09

http://extreme.stanford.edu/projects/embrace

保育器ではなくてシンプルな着ぐるみがあるだけでいいー共感マップを使う一つの利点は、一見複雑な事象を日常的な相手(利用者、カスタマー)の視点でシンプルにすることでしょうか。

ソーシャルとビジネスの融合の例の一つです。

ビジネスで世界を変えるスタンフォードMBAのデザイン思考をやりました

Trying out ‘design thinking’ from the Stanford D-school.  上智大学でのグローバルリーダーシップという講座の一環で、スタンフォード大学MBAのデザイン思考をやりました。スタンフォードのMBAで取り入れられてるもので、当事者が感じてることなどに焦点をあて、途上国の課題解決を図るもの。

多様なバックグランドの人とチームを組み、多様性の中からイノベーションを生もうという考えと、どんどん手を動かして作っていく中でたくさん「失敗」して、たくさん学んで「fail early」しようという考え。

スタンフォードでは、医学部の学生、MBAの学生、工学部の学生、文系の学生、などなどが同じチームを組んで、課題に取り組むそうです。

10417689_344282739076099_3440922662529728249_n

ネパールをフィールドとして選んだあるチームはネパールの乳児死亡率が高いという背景の中で、保育器がない(値段が200万円もする、輸送ができない、メインテナンスができない)という点に注目し、ホッカイロのような寝袋で直接赤ちゃんをくるむことを考え、実際に商品化されているそうです。したそうです。

10678830_344283212409385_1396632978931579571_n

食べるとマラリアに対する耐性ができるお米など、私一人では思いつかない案がいくつも提案されました。これがグループでやるダイナミックスですね !

講師はスタンフォードのMBAで学んだ笠輪裕美さん。「MBAやるならぜひ途上国の課題にも目を向けてください」^_^ 若い人たちのパッションと才能が世界に拡がっていくのがこれから楽しみです。