本当は女性ともっと話しがしたい?!バングラデシュで聞いたこと

バングラデシュのような男女の格差がある社会では男性自身はそのことについてどう思っているんだろう?と思ったことがあります。

イスラム圏では、社会的に男女の役割や規範が細かく決められていて、例えば、女性は男性が一緒に食事をしない、女性は学校に行かなくていいとされたりする地域があるなど、女性の地位はまだ厳しい状況にあります。

バングラデシュ軍対象のトレーニングの講師を務めていた時、その一環としてジェンダーについて講義をする機会がありました。国連の平和維持活動(PKO)に関するトレーニングには国連が規定した世界共通の項目があり、人権や人道法などに並んでその内の一つがジェンダーでした。 彼らが派遣先の国の治安を守るという重要な仕事を果たす上で、女性が紛争国でどのようなチャレンジに直面するものなのかを理解するという意図でした。(もちろん男性にも大きなチャレンジがあります。)

ただ、イスラム圏で、ましてや相手は軍人。さて、ジェンダーの話しがどこまで通じるんだろう??? わたしの方にまだ偏見があり、正直はじめは懐疑的でした。

「『男女の役割』というのは文化的、社会的に規定されているものです。 男女の役割は社会の変化や世代を経て変わることもあります。」と説明しました。 すると、世代で変わることもあるってどういう意味ですか?と質問があがりました。 バングラデシュではちょっと想像がつきにくいのですが。。。?! そんなニュアンスが伝わってきました。

こんな説明をしました。 「私の祖母は沖縄の片田舎に生まれました。その村で子どもを8人育てました。 その娘(私の母)は戦後、その片田舎に生まれながら、船で東京にやってきて、働き始めてすぐに男女雇用機会均等法が制定され、女性のプロフェッショナルとして定年まで働きました。孫(私)は国連に入り、ニューヨークや南スーダンで働きました。最近、ひ孫(私の姪っ子)が誕生しました。 彼女はとても活発なので南スーダンでは飽き足らず宇宙へ行ってしまうかもしれません。」
最後に笑いがおきたので通じたようです。

IMG_4002

バングラデシュで女性が何時間もトイレを我慢することにショックを受けた話しもしました。紛争の前線を経験してきた現役の軍人ばかりでしたが、親身に耳を傾けてくれました。講義の後、彼らのうちの何人かが私のところに来てこう伝えてくれました。 「実はずっとこういう話しをしたいと思っていたのです」と。

一般的に男尊女卑と言われている社会でさえも、個人的には必ずしもそれでいいと思っているわけではなくて、 男性自身、本当はもっと自由に女性と接っしたい、しかも、女性にもっと自由であって欲しいと思っている(!) 新鮮な驚きでした。

インドの字が読めない層にデザインした携帯電話は売れたか・売れなかったか?

バングラデシュの友人と一緒にダッカの博物館に行った時のことです。

バングラデシュ人の友人に聞きました。

「トイレ行かないの?」

ここで行っておかないと、今度はいつ行けるか分からないから位の軽い意味でした。

「わたしは大丈夫。バングラデシュの女性は8時間くらいトイレに行かなくても大丈夫なように訓練されているから」

「???」

「バングラデシュではね、トイレが整備されてないのよ。だからバスに乗って地方に行く時などは、水もなるべく飲まないようにするの」

えっ??!!!この、暑い中で??!!

多少なりとも途上国のことを知っていると思っていた私でしたが、ワタシ何も知りませんでした。。。

ましてや出張で5週間もバングラデシュに滞在した後の出来事です。

その時滞在していたバングラデシュ軍の研修施設には女性用のトイレは一つしかありませんでしたが、女性用トイレは存在しました。

表面的に見えること、見えないことは何で、なんでそうなっているのか?その国にいても「ただいる」だけでは気づかないことはたくさんあります。

その件以来、わたしのバングラデシュを見る視点は変わってしまいました。「ここにはトイレはありますか?」「女性はどうしているんですか?」その答えにまたびっくりしました。

意識的に「観察」し始めると、同じ国にいてもまったく見えてくるものが変わります。

ノキアがインドの字が読めない層をターゲットに携帯電話をデザインしたものの、当事者たちは字が読めない人というレッテルを貼られるが嫌で、他の人と同じように扱われたかったので結局その製品は売れなかったそうです。

しかも、同じ商品でもそれぞれの国で「意味」が違うこともある。「実際にその国でその商品はどう使われていて、どんな意味を持つのか?を理解するのが大切」と世界的なデザインリサーチャー、Jan Chipchase(ヤン・チップチェイス)は言ってます。

ソーシャルビジネス、Technology for the other 99など、ビジネスと社会的課題の解決が融合していく中で、途上国で暮らしている人たちが日々直面している課題はいったい何なのか???

この問いに対する深い洞察がますます重要になっていると感じています。