安全のリスクレベルの考え方 = 脅威(threat)× 脆弱性(vulnerability)

安全(情勢分析)面でのリスクレベルの考え方を一つご紹介します。

やや専門的な話しになりますが、全体的なリスクレベルを、脅威(threat)× 脆弱性(vulnerability)と捉える考え方です。

1、まず、何が脅威なのか?という点においては 能力×意図×機会の3点に注目します。

例えば、ある勢力の脅威のレベルを検討する場合、

そのグループの能力、意図、機会にそれぞれ注目します。

 

◯ 能力⇒ 人員、リソース、資金源、統制能力はどうなのか?

◯ 意図⇒ こちらに危害を与える理由があるとしたら何か?動機は何か?グループ全体の目的、歴史的背景は何か?

◯ 機会⇒ 最近の例や前例からパターンがあるか?それによると機会は増えているのか減っているか?

その国によって、明らかな勢力がいる場合、個人がゆるく繋がった意図のはっきりしない組織など様々なケースがあります。

 

2、次に、脆弱性(vulnerability)は、個人または組織の能力や社会的、環境的要因が含まれます。

この場合の能力には、安全に対する知識、住居や車両といった設備や手段が含まれ、

個人的またはコミュニティの社会的要因には、歳、性別、民族、宗教、政治的属性、社会的地位、国籍などが含まれます。どの国籍や宗教や政治的属性がリスクになるかはその時々の政治的な情勢などによって変わります。

環境的要因は、その国の中で住んでいる地域がどこであるのか(都市の中心地なのか、空港の近くなのか、軍の設備などの近くなのか)などに関することです。

これらを総合して、安全面でのリスクレベルを脅威(threat)× 脆弱性(vulnerability)と捉えることができます。

 

やや難しい言い方になりましたが、コントロールできない面はあっても、

リスクは脆弱性(vulnerability)を下げること = 予防出来る面を増やすことで下げることができる、

つまり予防の大切さがこの式からも確認することができます。

予防・予防・予防です!

 

IMG_1528

赴任国に着いたら安全対策のために家族全員で確認する場所

海外に赴任されている方の「安全対策」が見直されています。

今年1月以来、世界情勢の影響で個人旅行でさえキャンセルをする例もあり、海外赴任者とご家族の不安が高まっているという背景があります。海外赴任者に対する安全対策という点ではまだまだ意識が薄いと言わざるをえないのが現状のようです。

過度に不安になる必要はありませんが、知っておくのと知らないのでは全く違います。

では簡単に安全対策に関するクイズをしましょう。

 

Q1. まず赴任国に着いたら安全対策という面において、家族全員で確認する場所を3つ挙げて下さい。

Q2. 赴任国に着いたら子どもに◯◯の使い方を教えましょう。

Q3. 出張で泊まるホテルの部屋は何階のどの辺がいいですか?

A1. ①職場、学校、スーパーなど家族が立ち寄る場所を地図上で確認し、②家からその途中にある警察や同僚、友人など関係者の住居を地図上で確認する。

⇒ 万が一の時に途中で助けを求めることの出来る場所を事前に頭にいれておくため。

A2. 家族に公衆電話の使い方を教える。

⇒ 携帯電話を盗まれた、混線している時などのための連絡手段を複数確保しておくため。

A3. ホテルの部屋は2階~7階の間のエレベーターから近い部屋を予約する・選ぶのが好ましい。⇒ 2階以上は侵入を防ぐと同時に7階以下で階段による移動を簡単にするため。エレベーターから近い部屋を選ぶと、廊下で長い間一人になる時間を避けることができる。もし、不安になるようだったら部屋を変更してもらうこと。

 

安全=命ですから、

海外に人を送る企業・組織が海外に送られる人の安全を考えるという姿勢は当たり前ながらとても大切だと思います。

海外に派遣される人が大切に扱われれば、海外というただでさえチャレンジが多い環境の中で、

より自信と誇りをもって働けることに繋がると思います。

 

赴任してから家族全員で安全のための確認すべきことはまだまだあります。

 

海外赴任者のための安全対策②に続く

IMG_1494

海外赴任者にとっての最大のストレス要因は、◯◯との関係

海外赴任者にとっての最大のストレス要因は、現地スタッフの関係・マネージメントだと言われています。

安全対策という視点においても、現地スタッフとの関係が今までに増して重要にっています。

以前は、海外赴任をされる方は比較的英語も得意で、海外生活に興味のあるようなタイプの方が多いものでした。

一方、近年は、製造業の製造拠点が海外に移ったため、技術者の方の海外赴任が増え、マネージメントやコミュニケーションの面でストレスを体験される方も多いようです。

例えば、技術職としての専門性が買われ海外に赴任したものの、文化やコミュニケーションスタイルの違いから、現地スタッフとの間に距離や誤解が生じるというケースです。

そこに生じるのは「なんでそんなことまで言わなきゃ分からないんだ」「だから○○○人は困る」と今までのやり方が通じなくストレスをためる海外赴任者と、「日本人は何考えているのか分からない」とやはりストレスをためる現地スタッフとの関係です。

これが、モーチベーションの低下、ミスの増加、期限を守らない、といった受動的な形での抗議という形で現れることもあれば、場合によっては、処遇への不満・抗議、出勤拒否、賃上げ紛争・デモの実施といったより積極的な形での抗議という形で出る場合もあります。

 

上手くいっていない時…

もしかしたら、こんなことは当てはまりませんか?

 

◯「解決」モードになって、彼らの言っていることを「聴いて」いない (自分の要望が理解されたと感じられないの で不満が残る)

⇒ 彼らが本当に理解して欲しいと思っていることは何ですか?

◯ 彼らが伝えようとしていること、なんでそう言うのかを理解していない

⇒「報酬を上げて欲しい」の下にある欲求は 何ですか?

◯ どちらかの意見が「正しい」と思っている。

⇒選択肢がどちらでは解決しない。win-winな方法とは?!
◯ 文句を言わせたままにしている。(現地スタッフの依存的態度を助長している)

⇒どうしたら現地 スタッフに責任を共有してもらえるのか?

◯ 日本人が全てを背負ってしまう

⇒ 現地スタッフの関与を拡げるにはどうしたらいいか?

 

赴任者は本社と現地スタッフとの間の「板挟み」におかれがちであり、さらに帯同家族のケアをしなければならないなど、その重圧は相当なものです。

 

赴任者の方が現地に着いてから充分に本来の力を発揮できるよう、想定される課題に対して事前に準備をするお手伝いをいたします。

詳しくは、http://peaceblossom.net

info(at)peaceblossom.netまでお問い合わせください。

お手数ですが、(at)を@に置き換えてご連絡くださいませ。

IMG_1493

海外赴任者が安全対策のために現地スタッフに聞くこと

安全対策は、海外赴任者の方、特にご家族で赴任されている方にとって日々の生活に直結する課題です。日々安心に過ごすことができることは、赴任されている方が仕事に集中できる土台でもあり、海外赴任自体の体験をも左右することになるでしょう。

ただ、過度に心配したり不安になることは逆効果ですし、なにより、せっかく海外でいる間にご自身が体験できること、またお子さんに体験させていただきたいなと思います。

安全対策という視点においても、現地スタッフとの関係が今までに増して重要になるでしょう。

 

◯ 私たち・私たちの会社・組織はこちらの社会においてどういう風に見られていますか?

◯ 何を改善したらいいですか?

 

ー彼らは本音でそれを伝えてくれますか?

ー現地スタッフとの信頼関係をより強めるには何ができますか?

ー現地スタッフはどんなことを求めていますか?

 

海外赴任者にとって、グローバルなコミュニケーション能力がますます求められています。

真のコミュニケーション能力を身につけることは、自分自身のストレスを軽減し、安全を確保することの一番堅実な手段だと思います。

クライアントのどこが悪いのかではなく「助言する」立場にある自分に焦点を当てる

講師やカウンセラーや先生といった分かりやすい立場でなくとも、人間が二人集まると私たちはどちらかが自然に「アドバイス」を始めたりするようです。

 

フラストレーションを感じたり、

こちらの意図が伝わらなかったり、

コミュニケーションが噛み合なかったり、

こちらが早く成果を出したくて焦ってしまい

相手の反発を招いたり、

そんな失敗を重ねて、気づいたこと。

 

それは ー

 

相手のどこが悪いのかに焦点を当てるのではなく、

「講師を務める」「助言する」立場にある自分に焦点を当てるということ。

 

この人は何を感じ、

何を必要としていて、

 

わたし自身はこの人に対して何を感じているのか?

私自身が必要としていることは何か?

 

相手と私が必要としていることを両方満たす方法がみつかるとたいてい上手くいくということ。

 

 

これがPeace Blossomが研修を提供する際の心構えになっています。

 

Peace Blossomが提供している研修のテーマ例です。

◯ 法人・海外赴任者向けの研修(現地スタッフ育成、安全対策、CSR、メンタルヘルス・ストレス対策)

◯ 若い人(中学生や高校生も含む)向けの世界の課題を実践的に学ぶプログラム

◯ 自分の意見を伝えたり、互いに違う意見でもいいと体験することを学ぶ教育プログラム

などです。

http://peaceblossom.net

 

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

IMG_2345

海外赴任先でご家族で安全のために確認すべき3つのことは?

海外に赴任されている方の「安全対策」が見直されています。

安全対策は、海外赴任者の方、特にご家族で赴任されている方にとって日々の生活に直結する課題です。日々安心に過ごすことができることは、赴任されている方が仕事に集中できる土台でもあり、海外赴任自体の体験をも左右することになるでしょう。

過度に心配したり不安になることは逆効果ですし、なにより、せっかく海外でいる間にご自身が体験できること、またお子さんに体験させていただきたいなと思います。

例えば、

◯ 赴任される国に着いて、ご家族全員で安全のために確認すべき3つのことは何でしょう?

現地社会との関わりの多い奥様が知っておくべきことは何でしょうか?

◯ 安全対策としてお子さんに伝えることことは何でしょうか?

最近の世界情勢で、赴任に対する不安はもちろん、個人旅行でさえキャンセルをされる例があることを身近に耳にしました。

なにより強調したいのは、日々安全に投資をするという視点です。

Peace Blossomの提供する研修では、例えば、このような項目を扱います。

① 海外赴任者のための安全対策 : 基本編

② 海外赴任者のための安全対策:家族で確認すること

③ 海外赴任者のための安全対策: 住居編

④ 海外赴任者のための安全対策 出張・移動編

⑤ 海外赴任者のための安全対策運転・公共交通編

⑥ 海外赴任者のための安全対策: お子さんに伝えること

⑦ 海外赴任者のための安全対策: 現地社会との関わり

そして、なりより帯同される奥さまに安心してもらい、味方になってもらうという「戦略的な投資」です。

Peace Blossomは帯同ご家族向けの研修も行っています。

安全対策を扱える点では日本の中でも数少ない会社です。

奥様に味方になってもらえるならばその価値は、それこそ何十倍だと思いませんか?

お気軽に info(at)peaceblossom.net までお問い合わせください。

(at)を@に変えてください。

IMG_2345

人が二人以上集まると自動的にどちらかがポジティブかネガティブになる?!

先日、海外でインターンをする人たちを送り出し、海外に派遣されている人達をサポートする立場にいる方々にワークショップをする機会がありました。

お悩みを聞くと、

自分にはあまり出来る事がなくてもどかしいと感じることがある。。。

相手を何と言ったら励ましてあげられるのか分からない。。。

相手にこちらのアドバイスが伝わっているのか分からない。。。

などが挙りました。

なるほど。。。頷きながら聞いていました。

海外に派遣されている人のサポートに限らず、日常的なやり取りや対人職の方は少なからず似たような体験がありますよね。

まず、二人一組になってお互いに「サポート」をし合うということをしました。

「サポートする側」は、ついなんとかしたいと相手をサポートすることに一生懸命になってしまうものですが、自分の「サポートされる側」としての自分自身の体験を思い出すと、少しそこにスペースが生まれ、自然に今起きていることに気づいたり、思い出したり、なにより「腑におちる」ものです。

◯ 何があったのですか?

◯ それはなぜですか?

◯ その体験から何を学びましたか?

とお互いに「振り返り」(リフレクション)を促す質問を何度か繰り返し、

時には「それはなんで?」「それはなんで?」とさらに掘り下げ、

同じことを別の角度から聞いてみたり、とさらに掘り下げるということをしました。

 

そして、どんな質問が効果的でしたか?と「振り返り」自体を振り返りました。

 

シェアされた感想や気づきやまとめをまとめると、このような点が挙げられました。

 

① 相手はまず聴いて欲しい

こちらは聞くだけしかできない、と感じたり、つい相手の問題を解決したくなってしまうものですが、「聴く」ということがもたらしてくれる効果を体験しました。何もできないと感じる時には、相手のことを聴いてあげることができます。こちらが思う以上に、相手にとって「聴いてくれる人がいる」ことは大きな助けになります。

② 相手のことを聴く時の自分のくせー「ポジティブーネガティブのシーソー」に気づく

相手のことを聞こうと思っても、相手に対してもっとこうすればいいのに、なんでこうなんだろうと批判的な考えが浮かんだり、またはアドバイスしたくなったりすることがあります。

人が二人以上集まると、自動的にどちらかがポジティブ、どちらかはネガティブになるダイナミックスがあると言われています。相手がポジティブな発言をすればする程、なんだか「そんな事言われてもねー」とシニカルになったり、ネガティブになるという具合です。

いずれの場合も、本当は相手と同じだけ自分もポジティブでありネガティブであるのですが、じぶんの癖の方を表面的に表現しやすいという捉え方です。

あなたは悩み事を聞くと、つい相手を励ましたくなる方ですか?

そうであるならば、自分の中のネガティブな部分を受け入れると過剰に相手を励ます必要を感じることなく、自然と相手のネガティブな発言を含め受けとめ、聴くことができます。

あなたは、もっとこうすればいいのにと相手に対して思ったりする方ですか?

そうであるならば、あなた自身が自分自身に対して厳しい傾向があるかも知れません。にんげんどんな人でも完璧な人はいないので、相手のよい面に意識をフォーカスすることが助けになります。

③ 今・全て「解決」しなくてもいいー相手を信頼することの力

今、問題や課題と見えることも、長期的なスパンで見れば、必要なことが起きていると考えることもできます。

自分が生まれた時から今までの自分年表を書いたことがあるのですが、自分にとって大変だった出来事と嬉しかった出来事は前後で「対」になっていることを発見しました。

あの時は大変だったけど、それがあったからこそ次の体験に繋がった、というのはあながち単なる慰めの言葉でもないのです。

なにより、問題を「解決」することはその方本人が決めることです。

こちらが相手との関わりで自分のベストを尽くし、相手のことを信頼する。

信頼は大きな力です。

 

IMG_1747

打ち合わせや会議の結果をガラッと変える「秘密の準備」

どうしたら究極の男性社会の代表みたいな軍人の人たち相手に講師ができたの?と最近友人に聞かれました。彼女に自分の体験を話しながら、これは難しい会議とか打ち合わせといったシチュエーションにも当てはまると思いました。

今回は、感情的な事前準備という点にフォーカスしてみたいと思います。

資料の準備とか、自分が扱うテーマに関する事前のリサーチはもちろん大切ですが、この場合の感情的な事前準備(若干大げさな表現ですね)とは、これから関わる相手に対して自分が感じていること、

相手に対するなんらかの判断、思い込みや過度の期待がないかに気づくことという意味での準備です。

心理学的に言う相手に対する投影を自覚すること。

そういうものは言葉に出さなくとも伝わってしまうので、もしなんらかの判断があるなら自分の認識を正しておくと後ですごく楽になりますよね。

例えば、

あの人のいばってる感じ嫌だな、あの人威圧的、あの課長って優柔不断でイライラしちゃう、誰も本音言わなくて困るなあ。。。等です。

私が軍人相手の研修の講師を勤めることになった時、私の最初の感想は「えー軍隊?!」でした。

例えば、スリランカ軍は当時、人権侵害の当事者として批判されていた対象でした。

わー怖いなあ、ひどい、この人たちも内戦でさんざんなことをやったんじゃないか。。。等、

さすがに私の場合、自分にとって感情面での内的な準備をしておくことは「死活問題」でした。

事前の準備のお陰か、そんな相手でさえ、現地に着いたら相手をまず一人の人間として見れる余裕を持つことができました。

もし、そんな気分にいたれない時、また初めて会うので全く相手のことが分からない時は、これから会うであろう相手を想像してただ「祝福」するといいよ、と、あるベテラン同時通訳の方に教えてもらいました。

自分が感情的に落ち着いていられると、一息つける余裕が生まれます。

余裕ができると、相手のことや今何が起きていているかを観察できるようになります。

観察できるようになると、じゃあ何をしたらいいのか、何を言ったらいいのか、ということがより分かるようになります。

なにより自分がよりリラックスしてその場を楽しめるようになりますよ。

難しい会議、打ち合わせやファシリテーションがあると思ったら、10分でも15分でもいいのでこうした事前準備をしてみて下さい。

きっと結果が楽になりますよ!

 Bali 2010 708

もしあなたが国連要員としてアフリカに派遣されたら?

国連PKOのもう一つ面白いダイナミックスは、それぞれの国の軍人の人たちが、自分の国ではないアフリカというコンテクストで、自分自身が「国連」という立場になることで、自分の国の課題が違う目で見えるようになること。

フィリピンで、フィリピン軍を対象に2週間半の国連に派遣される候補者向けのトレーニングの講師を務めていた時のことです。

国連のPKOに関するトレーニングは国連が設定した基準があって、人権、住民の保護、ジェンダー、人道支援など国連軍として派遣されるためのマインドセットを学ぶのですが、国連みたいな理想主義なかなか信じられないんだよねーっという雰囲気が強くありました。

なんだろうコレ?と、質問を受けたり、話しをしていくうちに、どうやら、実際にミンダナオに実際に派遣された人も少なからずいたみたいで、口に出されずとも「僕たちはアフリカより先に、ミンナダオ(軍と武装勢力が内戦中)の問題で困ってるんだよね。」という心境なのだと分かってきました。

そんな時にやったのがこんなエクササイズ。「もしあなたが国連要員として南スーダンの派遣されて、武装解除される元反政府勢力の元兵士の人に支援する立場になったら」という設定で、①「彼らが困っていること・心配事はなんですか?」②「彼らが必要としている支援は何ですか?」

彼ら自身も兵士だから、元兵士が武装解除されるというシナリオに共感したのかも知れません。南スーダンという第三国のコンテクストがよかったのかも知れません。「国連」という役回りでいつもの視点からはなれたのもよかったかも知れません。各チーム議論がとても盛り上がり、気づけば、彼らの中で、自然と反政府側の元兵士たちのは「まったく理解できない敵」から「少しは理解できる相手」に変わっていったようです。

それ以来、トレーニングは順調に進み、大成功な研修となりました。彼らは国連のPKOというコンテクストを使って、自然にミンダナオのことに対してもたくさんのヒントを受けとったようです。

ビジネスで世界を変えるスタンフォードMBAのデザイン思考をやりました

Trying out ‘design thinking’ from the Stanford D-school.  上智大学でのグローバルリーダーシップという講座の一環で、スタンフォード大学MBAのデザイン思考をやりました。スタンフォードのMBAで取り入れられてるもので、当事者が感じてることなどに焦点をあて、途上国の課題解決を図るもの。

多様なバックグランドの人とチームを組み、多様性の中からイノベーションを生もうという考えと、どんどん手を動かして作っていく中でたくさん「失敗」して、たくさん学んで「fail early」しようという考え。

スタンフォードでは、医学部の学生、MBAの学生、工学部の学生、文系の学生、などなどが同じチームを組んで、課題に取り組むそうです。

10417689_344282739076099_3440922662529728249_n

ネパールをフィールドとして選んだあるチームはネパールの乳児死亡率が高いという背景の中で、保育器がない(値段が200万円もする、輸送ができない、メインテナンスができない)という点に注目し、ホッカイロのような寝袋で直接赤ちゃんをくるむことを考え、実際に商品化されているそうです。したそうです。

10678830_344283212409385_1396632978931579571_n

食べるとマラリアに対する耐性ができるお米など、私一人では思いつかない案がいくつも提案されました。これがグループでやるダイナミックスですね !

講師はスタンフォードのMBAで学んだ笠輪裕美さん。「MBAやるならぜひ途上国の課題にも目を向けてください」^_^ 若い人たちのパッションと才能が世界に拡がっていくのがこれから楽しみです。