日本のママの中東での奇跡「この国で生きていくためのキーワード」

最近の世界情勢で海外は危ないと感じる人は少なくないかも知れません。

 

もちろん、流動的な最近の世界情勢の中、場所によっては夜遅くになったら外出しない、デモなどの人ごみを避けるなど基本的な対策は守ることは大切です。

 

ただ、必要以上に心配することは、現地での生活が苦痛になってしまいますし、個人的にはせっかくそこでしか体験できないことを楽しんで欲しいなと思います。

 

安全対策として知っておくべきことを知ることはもちろんですが (http://赴任国に着いたら安全対策のために家族全員で確認する場所とは?)

 

現地社会のことを知ること、地道に現地の人たちと信頼関係を築いていくことは、ますます大事になってくるんじゃないかと思います。

 

姉(魂の姉)のご家族は、国際機関や政府で働く旦那さんの仕事で、15年以上ファミリーとして、イスラエルやエジプト、東ティモール、インドネシアなどたくさんの国に赴任してきました。

 

エジプトのカイロに在住の私の姉より 、素敵な体験を聞いたのでご紹介したいと思います。

 

エジプトの政情不安で一時避難帰国した体験なども経て、エジプト(中東)で暮らすキーワードを挙げてくれました。

 

 

 

~以下抜粋です~

 

嬉しかった今朝の出来事です。

 

毎日息子を学校に連れて行くのですが、こちらから挨拶するのもあって、毎日たくさんの人が挨拶をしてくれます。

ご近所の人、商店の人、門番の人、護衛の人。。。けっこう沢山の人と挨拶をかわします。

そんな日常の中、毎日同じポイントである男性とすれ違うことに気づきました。

彼と出会い始めて1か月。毎日同じ時間に同じ道を歩いているから、その方と出会った日を覚えているほど。

ちょっと不思議な雰囲気。ひげもじゃでちっちゃな帽子をかぶっていてイスラム服を着てる人。なぜか、イスラム服のすそが他の人より少し短いんです。古いリュックを肩にちょって速足で歩く。目つきが鋭くて、なんというか忍者みたいな雰囲気。

 

何度も挨拶をしようと、めを合わせようとしたり模した1か月。

そして、昨日。なぜか目があい。お互い微笑んだ。

息子と「特別な笑顔だったね」と。

 

そして、今日。

また、彼とすれ違う。すたすた、飛ぶように歩く彼。

すれ違い様に、お互い目があって初めて「サバアルヘール」と挨拶をした。

きれいな笑顔だった。

 

彼はきっとイスラム同胞団の人だと思う。

それから、いつも出会う近所のお店や護衛さんたち。

なんだか、イスラムさんとあいさつを交わせた嬉しさに、私も息子もなぜか嬉しくてにこにこ。

それを察してか、出会ういつもの護衛さんたちも、大きな声で、にこやかに「おはよう」と言ってくれた。

 

エジプトー笑顔・挨拶。

 

これが、この国で生きていくためのキーワード。

 

~以下、抜粋終わり~

 

ちなみに、このご家族の旦那さんは、通勤途中に毎回50人位に声をかけるそうです。

「こちらからみんなに笑顔で挨拶をしていれば泥棒位なら止められると思うんだ」と。

だんなさんの一言に妙に納得してしまいました。

 

 

関連記事:

◯  奇跡のファミリー「なんでアラブの子たちはトマトを投げてきたのか?」

◯ 中東での奇跡「あなたにどうしても伝えたいアラビア語があるの」

あなたにどうしても伝えたいアラビア語があるの」 ー パレスチナと日本のママの奇跡の体験

 

 

 

パレスチナと日本のママの奇跡ー「あなたにどうしても伝えたいアラビア語があるの」

私のお姉さんとご家族が中東で体験した奇跡のお話しです。

 

私の姉(魂のお姉さん)は、この数年は旦那さんのお仕事の関係でイスラエルとエジプトにいました。

私の初任地の東ティモールの山奥で知り合い、ご一緒させていただいて以来、その後私がいろいろな国で平和支援に関わろうと思えたのは、お姉さんと旦那さんが電気のない環境でも明るく、温かく分け隔てなく現地の人とかかわる姿勢を見せてくださったお陰でした。

 

さて、2年前にカイロにご家族を訪ねた時、お姉さんの栄さんとご近所を散歩することになりました。

 

お姉さんには、息子さんと娘さんがいるんですが、お母さんって毎日食事の用意をするから買い物に行ったり、子どもを学校に行かせたりと現地社会との接点が多いんです。

 

お姉さんの場合、

スーパーはあるけど、近所の商店の方が野菜が新鮮なのでそこに通う内に、そこの店員さんと仲良くなって、おしゃべり。

 

息子と娘の学校選びのため、学校を何件か見学して、自分の目と耳で確かめないといけないから、そこに通う人やいろんな人とお話し。

 

息子さんはイギリス系の学校へ、娘さんは地元のアラブ系の幼稚園に通うことに決まり、

新しい学校生活がはじまり アラブ人のママから外国人まで新しいママ友とのお付き合いがはじまり

息子さんも娘さんもなんとか新しい学校に慣れはじめ、やっと一安心。

 

ふっー、海外で子供を学校に通わせることはほんと「一大プロジェクト」ですね。

海外赴任をしているご家族のお母さん・奥さまの役割の大きさを思います。

 

 

争い事の多い土地柄、学校で相手から言いがかりをつけられたこともあったそうです。

 

息子さんと話し合い、誤解は誤解だとはっきり伝えよう、と。

「はっきり言ってやったわよ。『私は神の名のもとの真実を信じています』って」 。

 

娘さんは、アラブ系の幼稚園に通うのですが、アラビア語がペラペラになり、幼稚園で習ってきた遊びを家でもしたがるので、ついに家でもアラビア語をしゃべり出します(!)

 

近所を散歩している時には、スーダン人の人たちがやっている小さな食堂をみつけて、娘さんと一緒にふらっとのぞいてみたりもします(カイロには他の中東やアフリカからの移民の人がたくさん住んでいます)。

 

 

息子さんも娘さんもあらゆる国籍の子たちと友達になるから無邪気に聞くそうです。

 

なんで〇〇ちゃんとは同じ学校で遊べないの? (現地のアラブ系学校に行く時もあればインターナショナルスクールに行く場合もあります)

なんでパレスチナにいる◯◯ちゃんはこっち(イスラエル)には来れないの?と。

 

世界には経済、国籍、教育、移動の制限といったさまざまな「格差」が存在する事、さてなんと説明したものか?

 

子供はちゃんと大人の言うことを覚えているから親も必死です。

 

旦那さんの支援先のパレスチナで、あるご家族と仲良くなり、家族ぐるみのお付き合いが始まったことがありました。

 

パレスチナに行くには途中何カ所もイスラエル軍の検問を通らないと行けないので、旦那さんの職場の許可が必要になるので、いつも会いに行けるわけではありません。

 

あなたに会いに行きたくても行けないの、と伝えた時には、最後にあなたにどうしても伝えたいアラビア語があるの、とパレスチナ人の友人の奥さまが一生懸命に伝えてくれたそうです。

 

「I love you. I love you in God.」

 

(あなたを愛している、あなたを愛している、神の中において)

 

そして、栄さんも言いました。

 

「I love you. I love you in God.」

 

「いつか、必ず家族であなたの家族を訪ねます。

きっとその日はくる事でしょう。ありがとう、ファワーズさん一家。」

 

 

栄さんは、

 

もしかしたら、その方々にとって初めて会う日本人かも知れないー

初めて言葉を交わす日本人かも知れない ー

その人は何かの時に栄さんの言った何気ない一言を思い出すかも知れない ー

今、中東が混乱する中でこの力はなにより大きいと思うのです。

 

 

ちなみに、後ほどファワーズさん一家はその後日本に来日する機会があり、奇跡の再会を果たしたそうです。

 

当たり前だけど、全てのひとは女性から生まれる。

今世界で争っている人も、どんな人も、どんな人も。

子ども達は母が伝えたことを身体で覚えて大人になっていく。

生まれてくる子ども達に平和を伝えることができたら?

世界はよりよい場所になっていくと思うのです。

Thailand May 09 047

⬆️ 母なるナイル川@南スーダン・ジュバよりーカイロで地中海に合流

関連記事:

⭕️ 奇跡のファミリー「なんでアラブの子たちはトマトを投げてきたのか?」

⭕️ 中東での日本のママの奇跡「この国で生きていくためのキーワード」

 

奇跡のファミリー「なんでアラブの子たちはトマトを投げてきたのか?」

奇跡のファミリーです。

初任地でご一緒して以来、親しくさせてもらっている黒田一敬さんと黒田(船橋)栄さんです。私にとってお兄さん、お姉さんのような存在です。

私が10年近くもいろんな国で平和支援に関わってこれたのは、黒田さんご夫婦のお陰でした。

国連も官僚組織。しかもいろんな人がいる。ともかく手当をもらえばいい人、現地の事に全く興味のない人、ただ自分の業績をあげたい人ー

 

初任地の東ティモールでそんな「リアル国連」に戸惑う中で、

黒田一敬さんは私に「周りがどんなでも自分の納得することをしなさい」と背中で見せてくれました。

奥様の栄さんは、電気のない山奥で暮らしながら、地元の女性に織物を教えたり、マッサージを施術してあげたりと、温かく分け隔てなく現地の人とかかわる姿勢を見せてくれました。電気のない生活に文句を言うどころが、そこにあるものでクリエイティブに美味しい料理をつくる様はまさに奇跡でした。

 

そして!!!

東ティモールにいる間に妊娠が分かり、オーストラリアのダーウィンで出産するつもりが陣痛が早まったため、東ティモールで第一子を出産されました。

その東ティモール生まれの一遣くんもすくすくと育ち、もうすぐ高校生。次女はイスラエル生まれ。まさに奇跡のファミリーです。

 

イスラエル・パレスチナにいた時には、アラブ人の子ども達にトマトを投げられるといった嫌がらせを受けたこともあって、イスラエルとパレスチナの対立について肌で分かることがあると言います。

 

その時には、お子さん達と一緒に話し合ったそうです。

 

なんでアラブ人の子たちはトマトを投げてきたのか?

 

自分達はイスラエル側にもパレスチナ側にも行けるけど、アラブ(パレスチナ)の人達はそうではないこと

 

んでアラブ人の子たちはトマトを投げてきたのか?

 

自分たちはお互いを行き来出来るからそれぞれの言い分が分かるけど、イスラエルの人はパレスチナ領に行くことはないし、パレスチナの人はイスラエル領に行けないこと

 

 

なんでアラブ人の子たちはトマトを投げてきたのか?

 

パレスチナ(ガザ)が空爆されていること

 

 

 

なんでアラブ人の子ども達はあんな風に振る舞うのか?

 

一つ一つ一緒に考えたそうです。

 

2年前に今はエジプトのカイロにいらっしゃるご家族を訪ねたことがあるのですが、そこでも現地の人たちと丁寧に関わるお姿は健在でした。中東という土地に来てその大切さは更に大きくなっているように感じました。

 

「通勤途中に毎回50人位に声をかけるよ。こちらからみんなに笑顔で挨拶をしていれば泥棒位なら止められると思うんだ」ーだんなさんの一言に妙に納得してしまいました。

 

争いのある地域だからこそ、そんな人がそこに一人でもいるこは大きな光だと思います。

 

黒田さんご家族の存在に感謝を込めて。

 

関連記事:

中東での奇跡「この国で生きていくためのキーワード」

パレスチナと日本のママの奇跡の体験ー「あなたにどうしても伝えたいアラビア語があるの」

赴任国に着いたら安全対策のために家族全員で確認する場所

 

10930121_383281855176187_7390691777597443123_n

あのエジプト文明を育んだいのちの川

突然クイズです。エジプトに金を運び、エジプト文明の発展を支えたエジプトを河口にして南から北に流れ込む世界で最長の川はなんでしょう?この川の上流にはどこの国がありますか?

その通りナイル川です!

上流がウガンダのビクトリア湖で、南スーダンとエチオピアから流れる青ナイルがスーダンの首都ハルツームで合流し、エジプトのカイロで地中海にたどり着きます。

220px-White_Nile_and_Blue_Nile-ja

72871_152659374905104_810049084_n

↑ 上流のビクトリア湖のナイル川が湧き出るところです。

Uganda April 2007 014

↑ 上流ウガンダのカンパラ近郊

Bali 2010 929

↑ 中流 南スーダンのジュバ近郊

エジプト文明の金もこのナイル川の上流より発掘されました。

あのエジプト文明を育んだのもナイル川です。

ナイル川ともかく壮大です。命の源のようなエネルギーを感じます。