「反政府勢力」と関わった体験から見えること:悪は排除できるのか?

南スーダンで「反政府勢力」と呼ばれる人たちの社会復帰支援に関わったことがあります。

「南スーダン人民解放戦線」(SPLA)と呼ばれる人ですが、この人たちは40年も続いたスーダンの内戦の中で、「反政府勢力」、ある時期おいては「テロリスト」と呼ばれた人たちです。

彼らと接する中ですぐに気づいたことがありました。それは彼らの中の「激怒」と「憎しみ」です。

和平合意が履行されているかどうかを当事者(南スーダン解放戦線と国民会議=NCP)と国連を交え、定期的に確認する場があったのですが、一旦彼らが発言を始めると彼らの怒りが止まらないのです。

自分たちの地域だけ学校も病院もない、南スーダン出身という理由だけで公務員試験さえ受けられない、「野蛮人」と呼ばれてきた等の歴史的背景。そして、停戦は実現したものの、独立はおろか、また紛争が再会するのではないか等、彼らの怒りと不信には根深いものがありました。

何回も会議を重ね、何時間も彼らの怒りを聴いてようやく気づいたことがありました。彼らの本当のメッセージはこうだったのです。

「あなた達はどこかで『なぜこの人たちは殺し合いを続けるのだろう?』

そして

『どうして何時間も怒り続けるんだろう?』と他人事のように思っている。

『私たちはこんなことはしない』、と見下されているようだ」と。

彼らの経験がそうさせるのか、彼らは敏感にその場の「力関係」を感じ取ります。国籍、経済レベル、肌の色、性別、教育、組織、役職といった「力」が圧倒的に強い人が、その自覚なしに、

『冷静になりましょう』とも言おうものなら、それ自体も暴力だと言わんとばかり、彼らはさらに怒り続けるのです。

それは、正式な会議を離れた時でも、一対一の関係でも同じでした。

「あなたは『正しく』て私たちは『間違ってる』?

私たちが『野蛮人』で『可哀想な人』だから助けに来た?」

言葉に出さずとも彼らはこちらの態度を感じ取ります。

同時に、彼ら自身も怒りの「中毒」や「内なる連鎖」に苦しむことにも気づきました。自身が身体を悪くしたり、内紛や派閥主義が起こるからです。例えば、南スーダンの独立後の内戦がこれの例に当たりますが、これももちろん根本的な解決になりません。

また、「力を持つ人」たちも「力を持たない人」の問題に対して無自覚であるがゆえに、彼らの影におびえるという弱さも持っています。例えば、年末(2014年)に米国のミズーリ州で白人警察官が黒人の青年を射殺した事件です。

私たちは長い間対立に耐えられないので、すぐにどっちが「正しい」「間違っている」と決着をつけようとしまいがちです。

誰かを一方的に「悪」とし、排除しようとすれば、その力そのものが更に彼らの抵抗を生んでしまいます。双方の怖れや偏見を一時期氷山の下に埋めるだけです。

9.11の時から、なぜテロが生まれるのかを理解し、根源的な原因に取り組むことが大切だ、と言われてきました。

私たちは、まず、自分の中にある怖れや悲しみに対して自覚的になることができます。

そして、世界で起きていることを知り、世界からどう見られているのか(国籍、経済レベル、肌の色、性別、教育、等も含む)に敏感になることです。

「いい悪い」ではなく、それを無視することでもなく、理解することです。もし自分が恵まれた立場にいると思うのなら、そのことを祝福しましょう。

理解することは怖れや偏見を乗り越える大きな力です。批判したり闘ったりするのではなく、自覚から生まれる力を活かすことができます。

1010428_167963556708019_1767344744_n

本当は女性ともっと話しがしたい?!バングラデシュで聞いたこと

バングラデシュのような男女の格差がある社会では男性自身はそのことについてどう思っているんだろう?と思ったことがあります。

イスラム圏では、社会的に男女の役割や規範が細かく決められていて、例えば、女性は男性が一緒に食事をしない、女性は学校に行かなくていいとされたりする地域があるなど、女性の地位はまだ厳しい状況にあります。

バングラデシュ軍対象のトレーニングの講師を務めていた時、その一環としてジェンダーについて講義をする機会がありました。国連の平和維持活動(PKO)に関するトレーニングには国連が規定した世界共通の項目があり、人権や人道法などに並んでその内の一つがジェンダーでした。 彼らが派遣先の国の治安を守るという重要な仕事を果たす上で、女性が紛争国でどのようなチャレンジに直面するものなのかを理解するという意図でした。(もちろん男性にも大きなチャレンジがあります。)

ただ、イスラム圏で、ましてや相手は軍人。さて、ジェンダーの話しがどこまで通じるんだろう??? わたしの方にまだ偏見があり、正直はじめは懐疑的でした。

「『男女の役割』というのは文化的、社会的に規定されているものです。 男女の役割は社会の変化や世代を経て変わることもあります。」と説明しました。 すると、世代で変わることもあるってどういう意味ですか?と質問があがりました。 バングラデシュではちょっと想像がつきにくいのですが。。。?! そんなニュアンスが伝わってきました。

こんな説明をしました。 「私の祖母は沖縄の片田舎に生まれました。その村で子どもを8人育てました。 その娘(私の母)は戦後、その片田舎に生まれながら、船で東京にやってきて、働き始めてすぐに男女雇用機会均等法が制定され、女性のプロフェッショナルとして定年まで働きました。孫(私)は国連に入り、ニューヨークや南スーダンで働きました。最近、ひ孫(私の姪っ子)が誕生しました。 彼女はとても活発なので南スーダンでは飽き足らず宇宙へ行ってしまうかもしれません。」
最後に笑いがおきたので通じたようです。

IMG_4002

バングラデシュで女性が何時間もトイレを我慢することにショックを受けた話しもしました。紛争の前線を経験してきた現役の軍人ばかりでしたが、親身に耳を傾けてくれました。講義の後、彼らのうちの何人かが私のところに来てこう伝えてくれました。 「実はずっとこういう話しをしたいと思っていたのです」と。

一般的に男尊女卑と言われている社会でさえも、個人的には必ずしもそれでいいと思っているわけではなくて、 男性自身、本当はもっと自由に女性と接っしたい、しかも、女性にもっと自由であって欲しいと思っている(!) 新鮮な驚きでした。

マララ・ユスフザイさんスピーチ

マララ・ユスフザイさん(16才)のスピーチを紹介します。昨年アフガニスタンの国境に近いパキスタンのスワートという町で、学校に行っているという理由でタリバーンに撃たれ、英国での治療を経て奇跡的に回復してからの国連本部でのスピーチでした。

銃撃されても「自分を撃ったタリバン兵士さえ憎んではいません。」と言い切り、ただ教育の重要さを訴えています。彼女は当時16歳ですが、彼女の針の強さとその表現力には思わず感嘆してしまいます。最近の子の「感性」にびっくりすることはよくありますが、彼女のような新世代の感性をサポートできる大人でありたちと思います。

「私たちは暗闇のなかにいると、光の大切さに気づきます。私たちは銃を見て本とペンの大切さに気づきました。1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます」by マララ・ユスフザイ

日本語字幕付きリンク→ http://www.youtube.com/watch?v=iak1X8VedW0

以下訳→

http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/12/malala_speech_n_3588163.html