海外へ行く人必見!ー安全を創る3つの視点①

 

誰と誰が争っていて何が原因なのか?

 

最近の世界情勢をみていると、なんだか紛争やテロが多いようだけれども、ニュースでも「ホームグランドテロ」という言葉は聞いても、断片的な情報ばかり。

 

民族が違うと人は争うのか?

いったい何が原因なのか?

私たちは何を知ったらいいのか?

 

本質的なことを知りたいと思っている人はけっこういるんじゃないか?

大学の講義での反応などを見るととても強く感じます。

 

そんなことを自分の体験を含めてただ今、執筆作業を進めていますが、その中から今日紹介したいのは、

 

このような世界情勢の中、

なんらかの危険が実際にあるのかどうか、

何に目を配り、意識を向け、

どう判断したらいいのか?

ということに対する視点です。

2 083

 

 

実際、私が南スーダンで働いていたと言うと、よく危ない目にあったことはありますか?怖くないですか?と聞かれます。

もちろん、日本に比べれば直接的な被害に巻き込まれるという可能性だけでなく、医療施設の有無から病気にかかる可能性まで「リスク」レベルは格段に上がります。

 

例えば、南スーダンで働いていた時には、万が一人質にとられた時のための訓練を受けましたし(アフガニスタン、南スーダンやソマリアなどに派遣される人は現地に赴任してから受けることが義務付けられています。国連だけでなくNGOの人もこうした研修を受ける体制がとられています)、

東ティモールでは銃が発砲された場面で近距離に居合わせたこと、また、南スーダンでは兵士に直接銃を突きつけられたことが一回だけありますが、相手はお金をせびってきた兵士だったと判断できたので落ち着いて対処できました。

 

私たちは知らないことに対して必要以上に「不安」を覚えます。いわゆる「未知の恐れ」と呼ばれるものです。

 

まず、現状を確認をすることから始めたいと思います。

 

さて、質問です。

私がいた南スーダンを例にとります。南スーダンの場合の国連要員の死亡原因と割合はいったい何だったと思いますか?

 

① 病気 68%

② 事故 18 %

③   分類不明 6.65%

④   直接的原因 6.65%

(UNMIS 南スーダン国連PKO 2010年度の場合)

 

病気の原因の多くはマラリアです。病院施設が限られていること、インフラの不備で輸送手段が限られるため、状態がひどくなった時に搬送まで時間がかかる(場合によってはヘリコプターを使う)ことが理由として挙げられます。

実際、現地でのストレスレベルが日常的に高いことが認識されないまま、毎日「がんばってしまう」こと、積み重なったストレスが免疫レベルを下げてしまうこと、マラリアくらい大丈夫だと思ってしまうこと、マラリアだと気づかないこと、があります。実際、母国では実戦を経てきた頑強そうな軍人たちがマラリアで命を失くしたケースが私の周りでもありました。

二番目の原因は、交通事故です。PKOの場合は、軍事オブザーバーや文民を含め、日常的に視察やパトロールのために自分で車を運転する必要のある職種が多々ありますが、交通事故は大きな死亡原因の一つです。

南スーダン(独立前)の場合、直接的原因での死亡は6.65%ということになります。そうした出来事が組織的なものなのか、突発的なものなのかという点で「脅威」の認識は大きく変わりますが、まず、アフリカで一番長い内戦をしてきた南スーダンでされ、国連要員の人たちの一番の死亡原因が93.35%紛争ではない、と事実を確認したいと思います。

 

その上で、

なんらかの危険が実際にあるのかどうか、

何に目を配り、意識を向け、

どう判断したらいいのか?

という視点です。

 

その中から、例えば、リスク分析や脅威分析と呼ばれるものを、紛争地での情勢の分析に応用し、

安全面でのリスクレベルを脅威(threat)× 脆弱性(vulnerability)と捉える考え方を見ていきます。

海外へ行く人必見!安全を創る3つの視点③

ここまでは、リスクは、脅威のレベルを適切に認識し、脆弱性(vulnerability)に対して働きかけることができるという考え方を紹介しました。

ただ、こちらは脅威に対して、こちら側の脆弱性に対して対応するという受身的な対策しかできないのでしょうか?

次には、脅威のレベルを適切に認識し、それに対する脆弱性(vulnerability)を下げると同時に、どうしたら相手の動機に働きかけることができるか?

 

別の言い方をすると、③ こちらは相手にどう働きかけることができるのかという視点を見ていきたいと思います。

 

リスクは脆弱性(vulnerability)を下げ、また相手の動機に影響力を及ぼすことによって、予防の割合をより高くすることができます。それをここでは、「仲裁的予防」と呼びます。

仲裁的予防とは、相手の関心やニーズ、心配事を含め何が相手のインセンティブになるかを全体的に捉え、能動的に働きかける考え方です。 そのための視点は以下の5つの点です。

◯ ポジション (Position)⇒ 彼らの公式な見解・ポジションは何か?

◯ 心配事 (Concern)⇒ 彼らの心配事は何か?

◯  ニーズ (Needs)⇒ 彼らのより深いレベルにおけるニーズは何か?

◯  動機 (Motivation)⇒ 相手にとっては何がインセンティブになるか?

◯  圧力 (Pressure/Disincentives)⇒ 相手にとっては何が圧力になるか?

 

これらをまとめると、脅威は脅威のレベルを適切に認識し、それに対する脆弱性(vulnerability)を下げ、相手の動機に働きかけることにより、積極的に紛争を予防することができる、ということができます。

 

ここまでをまとめると以下のようになります。

 

ある状況が本当に危険なのか?を判断するためには、

① 相手の意図や動機、目的は何なのか?を理解すること (脅威)

②こちらが相手にどう見られているのか(脆弱性)

③ こちらは相手にどう働きかけることができるのか (影響力)

の三点です。

特に、自分が思っているイメージ、または、こちらが伝えたい印象と現地の人が受けとっている印象の間にギャップ?があることがあります。例えば、このような質問が役に立ちます。(続)

ベルリン3

話さないのに世界を変えるスピーチ⑧チームが周り始めた時

「話さない部分」がスピーチでいかに大切かを学んだ実体験の一つに多国籍チームのリーダーになった時の体験があります。

 

国連の平和支援の最前線であった南スーダンで多国籍チームのリーダーに抜擢された時のことです。

「わたしに務まるんだろうか?」という思いの中で、わたしの肩を押してくれたのは上司の応援と南スーダンの現状に触れる中で募っていた「私ならもっとこうするのに」という想いでしたが、それは思った以上の難関でした。

 

アメリカ、アフリカ、アジア等国籍がばらばらの人たちが突然何もない南スーダンに召集され一緒にチームを組むことになるのです。しかも、紛争が終わったばかりの南スーダンです。場合によっては、住居もシャワー等の設備さえ限られた極めてストレスベベルが高い中での生活と勤務です。

 

「さあ、チーム会議だ。」

「いいところを見せよう。」

 

こちらの意気込みとは裏腹に、会議では全員がストレスを発散するかのような発言や、チームとしての議論にならない自己アピールばかりが続きました。。。

コミュニケーションもかなりギスギスした感じでした。

メールも仕事も山のように貯まる一方でした。

毎晩疲れ果てて宿舎に戻る毎日。

 

すぐにこのままでは燃え尽きるのは時間の問題だと気付きました。

 

さてどうしよう??

 

ようやく気づき始めました。。。。

 

私は「優秀なリーダー」に見られたくて、無理して空回りしていたのだと。

 

「『リーダー』とはかくあるべき」像に勝手に自分を合わせようとして、そうならない!と一人で落ち込んでいたのです。でも、当時の南スーダンで誰もが大変なストレスを抱えている訳ですから、相手が必要としてたのはもっと違うことだったでしょう。考えてみれば「優秀に見られたいリーダー」なんて迷惑な話しですね。(笑)

 

その時から、「リーダー」うんぬんよりも先に、一人の人間同士として相手と誠実に関わろうと決め、チームが周り始めました。

Uganda2

あなたにとっての「リーダーとはこうあるべき」「スピーカーとはこうあるべき」はどんなイメージですか?

 

きっとあなたのスタイルがあるかも知れません。無理に合わせる必要はないのです。あなたらしいスタイルを見つけてくださいね

海外に行きたいのに親に反対されたら (3)

大学2年生の時に香港に交換留学してから日本に帰ってきたのは大学3年生の時でした。

せっかく勉強の楽しさに目覚めはじめた時期でしたが、夏休みが終わるとすぐに慌ただしく就職活動が始まりました。

 

さて、私は何をしたいのだろう?

リクルートスーツとヒールといった外見はなんとか揃えたものの、いざ、就職活動をはじめようとすると、さっぱり分からなくなってしまいました。

「とりあえず」エントリーシートを数十件記入し、何件かは筆記試験も受けに行き、面接も受けました。

 

「なぜ弊社に興味を持っていただいたのですか?」

採用の面接なら必ず聞かれるであろう質問なのに、上手く答えられなかったり、それなりに答えたと思ったのに不合格の通知を受けました。。。

 

私は何をしたいんだっけ?

私には何が向いているのか?

 

周りのクラスメートが内定をもらい始める中、面接で相手に受けそうなことも言えない私ってなんでこんなに不器用なんだろう。。。日々「焦り」がつのる日々でした。

ここの企業に落ちてもここならと最後の望みをかけていたJICAや協力隊にも落ち、自信はさらにガラガラと崩れ落ちていきました。。。

音がガラガラと聞こえるようでした。。。(_ _)

 

就職スーツを着はじめた時には紅葉深まる秋だったのに季節は一週し、秋から冬に、桜も咲き、内定を一件もないままついに夏になりました。

悩みを抱えたままでしたが、夏休みにミャンマーに一人旅に出ることにしました。「旅に出る」といったら聞こえはいいかも知れないけど、ともかくどこか違うところに行きたいー心の中は泣きそうな気持ちで一杯でした。

 

行きたかったパガンというクメール遺跡の地で、

美しい遺跡がポツポツと目の前にいっぱいに拡がっているのを毎日一日中ただ眺めていました。

本当に毎日ただ遺跡を眺めていました。

 

 

100330

 

burma-pagan-1-1998

 

遺跡を眺めて丸3日位が過ぎた位の頃でしょうか、

なんだか突然自分の問題がちっぽけな問題に見えてきたのです。。。

 

そして気づいたのです。

本当は「国連で働きたい」という深い部分での想いがあったことを。

ただ自信がないのでそれを「封印」してきたまま就職活動を始めたことを。

いざ就職活動を始めたものの面接にも落ちまくり、すっかり自信をなくしてしまったことを。

 

そして、国連で働くなんてどんな確率で可能なのかさっぱり分からないけど、

そんな叶うかどうかも分からないことにチャレンジしたいと。

 

「ははは、私ってバカかもしれない。でもそんな自分なんだからしょうがないな」。

ようやく就職活動ができない自分を「諦める」ことができました。

 

海外に行きたいのに親に反対されたら(5)に続く。

20年経ってカンボジアが「援助する側」になる舞台

国連という現場の面白いところの一つは、「援助を受けてきた側」が「援助する側」になる「国際舞台」でもということ。

例えば、冷戦の終結後ヨーロッパではボスニアやコソボで、またアフリカではシエラレオネやリベリアという国で紛争が起きましたが、そこの国出身のスタッフがその後、例えば南スーダンなどに支援する側として派遣されるということが起きます。彼ら自身、紛争の経験者だから、その国の人のことを理解できたり、寄り添える部分もあると思うから、面白い循環だと思う。

部隊レベルでもそれが起きていて、カンボジアの例が興味深いです。

カンボジアは長年のポルポト派による支配と内戦で国が荒廃し、1993年に国連が選挙を含めた国づくりを支援した国でした。教師や医者などの層が虐殺されてしまったカンボジアで、国を担う人材の育成は長年の課題だったのですが、そのカンボジアは、20年経ってアフリカでの平和維持に貢献する側として、地雷除去を行なっています。

DSC01240

ニューヨークやジュネーブ本部といった政治的な舞台でカンボジアという国が示せるプレゼンスはあまり強くないかも知れないけれども、カンボジアが自分の国での地雷除去の経験を活かしアフリカで支援する側に回っているということは象徴的な意味でも面白いと思う。

数年後には南スーダン軍が他の国の平和に貢献する側になっていることを思い描いてます。

グローバルリーダーシップ講義

上智大学で「グローバルリーダーシップ」というタイトルの講座を持つことになりました。その第一回目のテーマは、南スーダンでの国連の平和活動の事例と最近の教育分野におけるイノベーションを合わせて紹介しながら、今の世界の課題とチャンスを考えるという内容でした。

意欲的な学生さんが集まりました。「紛争現場でどんなことが行なわれているの?」「国連は現場で何をやってるの?」「ソーシャルビジネスに関心がある」「民間としてアフリカに関わりたい」「国際協力に関わりたい」ーなど。

携帯電話の世界の普及率は何パーセントだと思いますか?と聞くと、高いと思うけど70%くらいかな?という答え。2014年で100%となったと言うと改めてびっくり!という反応。それによって可能になっているオンライン授業や無料の4年生大学の開設の例などを紹介すると「チャンス」という言葉がリアルに感じられてきます。たくさんの課題はありますが、こうしたツールが今までにはない解決策を生むのではないかという予感を感じさせてくれます。

medic-mobile

こんな興味深い質問も寄せられました。 「なぜ南スーダンは独立して同じ多民族国家のナイジェリアは独立しないの?」 「国連は『選挙』のモデルを当てはめていくの?」

なるほど、ソコ、たしかにつっこみたくなります(≧∇≦)

質問してもらうことで、私自身も好奇心が刺激されて、凝り固まっていた頭をほぐしてもらいました。これらのテーマには別に書いてみたいと思います。

2回目は、紛争解決について。心のケアや和解について。国をまとめるものは何か?暴力の連鎖をとめるものは何か?紛争を止めるためにはこれしかない!とスーダンの女性たちが行なったこととは?LTTEとの内戦の前線にいたスリランカ軍の大佐が伝えてくれたこととは?

3回目は、スタンフォード大学のMBAで教えられているデザイン思考を紹介して、途上国の課題に当てはめて実習します。

そして、リーダーシップというテーマ。「人々の関心を真の課題に向けることができる」、というリアルリーダーシップの視点から。

とても数回の講義ではカバーしきれない一生のテーマかもしれませんが、今わたしができるベストなものを提供していこうと思います。

 

IMG_0896

はじめて富士通に入社するウガンダ人

本当の話し。アフリカフェスティバルで、あるおじさまが隣の友人に話しかけてきました。

「あのウガンダの子ね、すごくえらいの。孤児で大学行けないから育英会で日本に呼んだんだけど、早稲田ですごい優秀な成績おさめたの。 六年前に空港に降り立った時から面倒見てるからかわいいんだ。黒人で初めて富士通に入社するんだよ。ヘンケンに負けないで頑張って欲しいよ。」

そばには息子夫婦とお孫さん達の大応援団がいました。日本とアフリカを超えた絆がありました。思わず目から涙がポロポロ…

「小学校さえ行きづらい私たちにとって、大学など夢のまた夢。」実際これまで高校を卒業したエイズ遺児は村でたった1人だったそうです。学校へ行く諦めていたところに出会ったのが育英会の支援制度だったそうです。

エイズで親をなくしたウガンダの子たちが対象で、今や京大の医学部で勉強中の人もいるとか。彼ら・彼女たちの奮闘でたくさんのウガンダの子たちが日本への留学を希望しているそうです。

みんながんばれ!!!

Uganda April 2007 014

2050年には4人に1人が【 】大陸の人になる。平均年齢は25.7才!

2050年の世界人口は96億人になり、今の1.4倍になると言われています。4人に1人が【 】地域(大陸)の人になり、その平均年齢は25.7才。さ〜て【 】には何が入るでしょう?!

答え ⇒ 2050年には、地球の4人に1人が【アフリカ大陸】の人になると予測され、その平均年齢は【25.7】才!

世界の人口は増加し続けていて、インドとアフリカでは女性一人あたり5名前後を生み続けている計算になります。
2012年時点で、アフリカ全土の人口は10億人を超えていて、その平均年齢は19.7歳(!)です。

miss malaika EDt

アフリカの2014年度の経済成長予測は5.2%で、長期的な成長には、インフラ整備をはじめ、食料や水の確保や政情の安定など乗り越えなければならない課題はあるものの、若い労働人口が注目され、2050年には、ほとんどのアフリカ諸国が中産階級の国になるとされています。

ちなみに、2050年人口のトップ10予想は、上から順番にインド、中国、米国、ナイジェリア、インドネシア、パキスタン、ブラジル、バングラデシュ、フィリピン、コンゴ民主共和国です。

アフリカの時代は思ったより早く近づいているようです。

教育が意味するもの? ー 50才の元兵士の人が学校へ行きたいということ

前回授業料が無料の大学 University of the Peopleのことを紹介しました。

今、携帯電話の普及とテクノロジーによって教育分野で大きな「革命」が起きています。

 

カーンアカデミー(Khan Academy)は「質の高い教育を無料で世界中のすべての人に」

というミッションステートメントをあげ、4000以上のトピックの関する授業をオンラインで無料で提供しています。

 

UdacityやCourseraといったサイトでは、ハーバード大学、スタンフォード大学、MITといった世界の有名大学の授業を無料で受けることもできます。

東京大学も授業の一部を公開し始めました。

 

世界には、女の子だから、家族を養わないといけないから、国が戦争だったから。。。

世界には学校へ行きたくてもいけない人たちがまだまだたくさんいます。

 

南スーダンで除隊兵士の社会復帰支援をしていた時に出会った人で

自称50才の元兵士の人がいました。

 

40年近くも内戦が続いたことで南スーダンでは栄養状態などが悪いため、平均寿命が40歳~50歳ほどです。

南スーダンで50才と言えば日本の80代の感覚です。

 

「えっ?今さら学校行きたいの?

職業訓練や起業支援を受ける方が生活ができそうなのに。。。」

正直、私は内心つぶやいてました。

 

彼は私の目をまっすぐに見て言いました。

‘I was fighting in bush all my life. I want to go to school before I die.’

「わたしは人生のほとんどを戦って過ごしてきたのです。学校へ行ってから死にたいのです。」

 

学校へ行くということ ー

それは、彼にとって、

「人間である」ことの象徴なのだと理解しました。

 

☆☆☆

 

学校に行くこと、教育には本来それだけの価値があるのだと彼が思い出させてくれました。

「人間であること」を育む、そんな教育がもっと増えていけばいいなと思います。

ビルゲイツも応援する授業料が無料の大学が開講 !

最近、世界では教育におけるイノベーションが急激に進んでいます。

ついにこんな取り組みがはじまりました!

なんと、授業料が完全無料の大学、University of the People
(ユニバーシティー・オブ・ザ・ピープル)が開講です。

同大学のミッションは、
地球上のあらゆる人、
特に途上国の恵まれない人々に対し、
所得、居住地域、人種、年齢、性別等にとらわれることなく、
高等教育へのアクセスを提供すること。

学費の無料化を実現しているのは、ハーバード大学やスタンフィード大学など既存大学の公開講義コンテンツを用いているから。

教育ビジネスの起業家シャイ・レシェフ(Shai Resef)が、Global Alliance for ICT and Development (GAID)の支援をとりつけ、2009年に事業開始、アメリカの四年制大学の卒業資格を出せるようになったとのことです。

入学条件は高校を卒業していること、英語で授業を受けられること。

面白いのは、世界140カ国から参加するクラスメ-トが20名前後でクラスを組み、
オンラインで課題を提出しながら、互いに学び合う仕組みです。

UofthePeople

ルワンダの虐殺を生き延びてきた生徒が同じクラスになったり、
パレスチナとイスラエルの生徒が同じクラスになることもあるんだとか。

そんな中で、自然に「敵の国のやつ」が、だんだん「えっ?敵じゃないかも?」と
なっていくこともあるのでしょうね。

そんな身近な友好が一番堅実な「平和」へのステップじゃないかと思ったりします。

あなたがそのクラスの一員だとしたら何を伝えたいですか?どんな質問をしたいですか?

わざわざ大金をかけなくても意欲さえされば高等教育を受ける機会がある。しかも学びようによっては本当の意味でのグローバルな体験ができそうです。

日本からも参加する人が増えて欲しいなと思います!