ストレスを「力」に変え芯を生きる人のための ⭐️セルフエンパワーメント⭐️ 講座

empowered-self

 

私は長年の紛争地での国連ミッションから日本に帰国して気づいたことがあります。それは日本人の共感能力の高さです。

もしかしたら、「当たり前」のように思われているかもしれませんが、これは世界的に見ても非常に稀有な能力です。

これからの時代、「感じとることができる能力」はますます求められていくことでしょう。

 

同時に、そのせっかくの共感能力が、活かされていない、または、逆に「重荷」になっているケースもあるように思いました。

本当はなんとかしたいと思っているけれども、課題の大きさと複雑さにあまりに「圧倒される」ように感じるがために、防衛反応として、「無感覚」になっているのではないかと感じたからです。

 

ストレス研究が説明してくれているように、無感覚になることは自分を守ろうとする反応の一つです。私たちは、「心地悪さ」や「ストレス」を感じた時に、さまざまな方法で自動的に自分を守る体制に入るからです。

 

例えば、

何も感じないように自分の心を麻痺させる。。。

完璧主義になる。。。

クールを装ってみる。。。

失敗しそうなことは避ける。。。

先手を打って誰かを攻撃したり批判したりする。。。

何も問題がないふりをする。

などです。

 

 

私たちは、こういう風にすれば傷つかなくて済むと思っていますが、ただ、本当の課題を解決していることにはなりません。

 

こういう反応は、ほぼ自動的にしているのですが、まず私たちは、自分のストレスの状態をありのままに認識し、自分はどういう時にストレスを感じやすいのか、何がストレスの本当の原因になっているのかを発見し、自分にはどんな「思いグセ」があるかに気づくことができます。

 

ストレスを感じている時は、軽い不快感から、強い悲しみ、怒り、絶望にいたるまで、自覚があるなしにかかわらず、自分の中のある特定の「考え方」や「心のあり方」がそうした反応を引き起こしていると言えます。

 

ストレスに強くなるというのは、ストレスを全く失くそうとするのではなく、一旦それを受け入れて、「ストレス」を引き起こしている本当の原因に気づくことです。

 

このワークショップでは、 自身や他人をあらゆるストレスや恐れから解放してくれるメソッドとして知られるバイロン・ケイティーの「ストレス置き換えワーク」を基に、より簡単にした形式で、ストレスや不安を引き起こしてる考えを見つけ、それに対する問いかけを通じて問題を解決していく方法を学びます。

 

バイロン・ケイティーのワークは、ニューヨークタイムズベストセラー作家、ジャネットアットウッドなどからも紹介され、世界中で実践されているワークです。

 

 

 

《このワークショップで扱うこと》

⭐️  自分の自動反応を知る「ストレス・リアクション」テスト

⭐️  抵抗と受容の宇宙の法則とストレスの関係

⭐️  あなたのストレススイッチを発見する「かくあるべき」ワークシート

⭐️  ストレスの「本当の原因」をみつける

⭐️ こんなことが起きたら嫌だなと思った時にできる自分への伝言

⭐️「ストレス置き換えワーク」実践編

 

 

《この講座を受けていただきたいのはこんな方です》

◎ 職場での人間関係に葛藤をストレスを感じている

◎ 焦りや「~しなければいけない」という感覚に急き立てられてリラックスできない

◎ 頭の中がいっぱいで考えられない。整理したい。

◎ 気力や意欲が持てなくて、心因的な原因があると感じている方*

◎ 自分よりも他人を優先させてしまう方

◎他人や社会の価値観ではなく自分の価値観を優先に生きたい方

◎自分を大切にしながら、かつ社会や人の役に立ちたいと思っている方

 

 

《日程》

⭐️第一回 日時: 2016年11月23日(祝) 13:30-16:30 

場所: スクエア荏原第一小会議室 

 

お申し込みはこちら⇨ お申込みフォーム

スクエア荏原アクセス: http://goo.gl/VNzroL

 
 

⭐️第二回 日時: 2016年11月27日(日)13:30-16:30 

場所: スクエア荏原第一小会議室

お申し込みはこちら⇨ お申込みフォーム

スクエア荏原アクセス: http://goo.gl/VNzroL

(南北線、三田線、目黒線武蔵小山駅、戸越銀座より徒歩10分)

 

 

 

《講師 大仲千華》

国連ニューヨーク本部、南スーダンなどにおいて、元兵士の社会復帰支援など国連の平和支援に10年従事。国連支援の最前線で多国籍チームのリーダーに抜擢される中で、聞く力や共感力が大きな力となること、自分の強みを活かしたリーダーシップのスタイルを発見していく。

国連退職後は、米国政府の専門家として、国連の平和支援に参加するアジアの軍隊に派遣され、講師を務める。

帰国後、燃え尽き、何もやる気がしない・起きれない・働けなくなり、心理学やスピリチュアリティーを学び始める。

自分の「弱さ」やシャドー受け入れ、統合していくことを学び、直感能力とヒーリング能力が飛躍的に開花する。

外からの評価を求めるのではなく、自分が自分でいられる安らぎとエンパワーメントを広げたいと思いコーチングを始める。

ワークショップ参加費:5,000円

 

 

《体験談》

◎ この前の講座を受けてから、プロジェクトと向き合う姿勢が変わりました。正式な役職に関係なく、関わる人たちの間を調整するのは、私の役割であるということに気が付きました。千華さんのリーダーシップのあり方をお聞きできたことが大きいです。ありがとうございました。

東京都在住 政府機関勤務、M.H.さん

◎ 職場で自主的な勉強会を立ち上げました。安全で安心できる医療を提供できるようにするためです。2か月しないうちに当初の予定よりも何倍もの人が参加してくれました。チームとしての意識が上がると同時に、学ぶ楽しさを体験してもらっています。参加する人たちが眼を輝かせているのを見るのはとても嬉しいです。

大阪府在住 医師  S.H.さん

◎ 大仲さんには、自分の思っていることを素直に話せる雰囲気があります。コーチングを受けて、ぼんやりしていた自分の課題が具体的に見え、では何をしようか?というふうに変わりました。それを職場で実践する中で新たに見えてくることもあり、転職を決めました。自分の言葉で考え、納得できる選択をする後押しをしていただいたなと思っています。ありがとうございました!

◎ 国際映画祭のディレクターに決まりました!講座の3日後が面接で、アドバイスされたことを意識して相手を見つめていると、なんと相手が涙目になって自分の夢を語り始めるという前代未聞の展開になりました。そして2時間後に採用の電話が来ました!これから世界を相手に活躍できるのが本当に夢のようです!

◎千華さんには、現場に立った人独特のパワーを感じます。自分の視点が広がりました。自分が学んできたことを世界で生かしたいです!

◎ 今まで私のいた環境では自分の分野や悩みがあまり理解されない面が多かったように思います。理解してもらえることによる大きな安心感を感じました。「迷い」や「恐れ」は、想像以上に膨大なエネルギーを私の中から奪っていたのかもしれません。受け入れいただけたことが支えになっていると思います。 今本当に充実しています!

 

heart5

 

《最後にー国連職員だった私がなぜコーチング・カウンセリングを始めたのか?》

長年の紛争地での国連ミッションから日本に帰国して気づいたことがありました。それは日本人の共感能力の高さです。

もしかしたら、「当たり前」のように思われているかもしれませんが、これは世界的に見ても非常に稀有な能力です。

これからの時代、こうした「感じるとる能力」はますます求められていくと思います。 

ただ、同時に、自分が思うように出来ないことに無力感を感じて、その感覚に圧倒されるばかりに「無感覚」になっている人も多いんじゃないか?とも感じました。

もしかしたら、私が南スーダンなどで見てきた紛争とは形は違えど、「根っこ」は一緒なんじゃないか?

私自身、帰国して気がついたら燃え尽き症候群になっていましたが、何のやる気も感じられず、働けなかった状態から、少しづつ気力を取り戻していくに従って、要らないものが「削げ落ちていった」のでしょう。

自分が自分を受け入れ、認めていることの安らぎ、自分がただ自分であることの安心感を感じるようになっていくにしたがって、外からの評価を求めるのではなく、自分が自分でいられることによる安心感や本当の「力」を伝えたいと思い始めました。

 

自分が自分であること。

誰かと比べる必要もなく、ただそれぞれが自分であること。

その安心感とエンパワーメントが広がっている世界。

 

そんな人が一人でも増えたら世界はもっと優しいところになると思う。 

これが私がコーチングを始めた理由です。(*^-^)ニコ

広告

変化の激しい時代こそいかに学ぶか②: オックスフォード流「考えるステップ」

 

この変化の早い不確実性の高いこれからの時代においてはもはや決まった正解はなく、正解のないような問いに対してどうやって考えるか・アプローチするかがますます問われるようになること、

そういう時代においては、一つの正解を求めるのではなく、

新しい解を導き出すための「考え方」(思考プロセス)を学ぶことがますます大切になるだろうとお伝えしました。

 

ではその考えるステップとはどういうものなのでしょうか?

例えば、オックスフォード大学のチュートリアルでは実際に何をどのように学ぶのでしょうか?

 

チュートリアルは、週に1回1時間程度、教授と学生が1対1もしくは1対2になって行われ、学生が、毎週与えられたテーマについて事前に調べ、そのテーマに対する回答を小論文として書いて臨みます。

 

チュートリアルでは、

そのテーマについてはすでにどういう事が言われていて(先行理論のレビュー)、

その点で大切だとされていることは何かをまとめ(論点の整理)、

課題の質問に答えることになります(議論の結論)。

 

1、これまでの論点をを理解し・整理し、結論を出す

 

毎週新しいテーマが与えられ、毎回新しい文献を読み、新しいテーマを理解し、整理し、言語化します。そのテーマに関する、それまでの何十年もの(何百年、何世紀もの)洞察の積み上げを、自分の言葉で表現していく作業です。小論文を通じ、これまでの研究では何がすでに明らかになっていて、何が重要なのか、まだどんな課題があるのか、について全体を構成し、結論を出します。

この作業を一年で、一学期8週間×3学期=計24回を繰り返します。

 

2、その結論にいたったプロセスを確認する

完成した小論文を教授に渡し、チュートリアルが始まります。教授に質問されたことは主に三点でした。

 

「それはどういう意味なのか?」

「そこをもう少し説明してくれる?」

「どうしてそういう結論になったのか?」

(私、もしくは、もう一人の学生に対して)

 

「どうして」「なぜ?」と質問されることによって、

または説明を求められることによって、

 

不明確なところは明確にし、

意見の根元にある前提を確認し、

その結論にいたったプロセスを確認しています。

 

 

3、洞察を深める

その上で、一つの意見を掘り下げ、洞察を深めていきます。

このテーマに関して言えば、今の時点ではこうだけど、この点に関してはまだ足りない、という認識の上で、あなたはどう思う?「こういう意見もあるけど、それ対してはどう思う?」と、自分の意見が求められ、時には、自分とは異なる意見に対する意見が求められます。

 

4、何が分かっていて何が分かっていないのか?

そのような質問をされると、自分の中で理解できている時には答えることができても、理解が足りない時には上手く言語化できなかったり、説得力のある答えができなかったものでした。こうした質問のやりとりによって、どこを分かっていてどこを分かっていないのかが明らかになっていきます。

 

5、理解を「積み上げる」

オックスフォードでのチュートリアルでは、ある問いに対する答えや解が一つでないこと自体は問題にされません。

 

むしろ、

解は一つとは限らないこと、

誰も一人では理解を深めることは出来ないという前提の上で、

 

お互いに意見を交わし、自分とは違う意見についても聞くことによって、自分はなぜその結論にいたったのか、という自分の思考プロセスを確認する、という作業が求められました。

 

オックスフォード David Parkin.jpg

⬆️ デービッド・パーキン学部長とクリスマスパーティーにてー授業がパブで行われたことも

 

理解や解はある日突然やってくる訳ではありません。「閃き」も、何千回、何万回もの地道な作業の延長にやってくると言われるように、この時の体験から「理解」とは「積み上げる」ものなんだと学んだように思います。

 

「考える」という作業にも「型」があり、

新しい解やオリジナルな解も「型」を経て到達すること、

一つ一つ成功体験を積み重ねていくこと、

 

そして、

多様な意見があってよいこと、

誰も一人では理解を深めることができないという前提は、

 

変化が激しく、不確実生の高い時代に生きる私たちに大きなヒントを示してくれているように思います。

 

(まとめ)

⭐️解はまったくゼロの状態から導き出すのではない。

⭐️ 新しい解やオリジナルな解にも「型」を経て到達する。

⭐️理解を積み上げる先に解がある。

⭐️解は一つとは限らない。

⭐️ 誰も一人では理解を深めることは出来ない。

main_oxfofrd