優等生は報われないー「我慢すると怒りがわく」「わがままをすると成功する」

私たちはいつの間にか洗脳されています。

 

どんな洗脳かと言うと、

めいわくをかけちゃいけない

わがままな人になってはいけない

ちゃんとやらなきゃいけない

仕事とは「がまん」してやるもの

がまんして一生懸命がんばれば幸せになれる

という洗脳です。

 

 

ここには、より根本には何かをしたから認められる、という前提があります。

そこには何かをしたことで褒められるという構図が植えつけられています。

 

勉強ができたからえらい、

ご飯を全部ちゃんと食べてえらいね、

泳げるようになってえらいね、

という具体です。

 

そして、それは私たちが大人になってからも、深い部分での「動機」となって私たちを動かし続けています。

 

大人になっても私たちは「何かをしたから愛される」と思っています。

 

こんなに偉く(肩書きに)なったから

こんなに収入があるから。。。

いいお母さんだから(こんなに料理をしているから)

 

 

同時に、同じくらい愛されなくなることも恐れています。

その愛は何かを達成したことやなんらかの行為に根ざしているからです。

 

でも、そうやって私たちは心をすり減らしてしまいます。

 

なにより、自分がやりたいことが分からなくなってしまいます。

ほめられることと優先するばかりに、自分の焦点を他人の価値観に合わせてきたからです。

 

しかも、実際はそんな人ほど心の中で怒っていたりします。

 

または、体中でがまんをためて、病気になったり、うつになったりすることもあります。

意欲も気力も感じられない、という人もいます。

 

 

しかも、さらに悪いことに、我慢し続けるとわがままで傲慢になったりします。

 

どういうことかと言うと、

自分はこんなに我慢しているのに

自分はこんなに尽くしているのに

 

という思いがつのってきて、

相手から褒め言葉やお返しが思うように返ってこないことに常に心の中でイライラや不満をためるからです。

 

これは非常にストレスです。

 

なぜなら、自分の満足は相手の反応次第だからです。

 

もちろん人の言動はコントロールできません。

 

コントロールしようとすればする程ストレスは上がるでしょう。

 

わがままはいけない」と蓋をすることで皮肉なことに心の中では「超わがままちゃん」になっているのです。

 

 

 

ではどうしたらいいでしょうか?

 

「わがままでもいい」といったんわがままをゆるすことです。

 

人間には誰でもある程度わがままな部分があります。

それは本当にそうです。

それを前提にすると「ああ、自分にはこんなわがままなところがあるな」とただ受け入れることができます。

 

そう言うと、

「わがままであることを認めたらもっとわがままになるんじゃないですか?」

という反応が返ってきたことがあります。

 

確かに、一時的にはそういうこともあるかもしれないけど、それを受け止めるとより楽チンな人になります。

 

楽チンな人という意味は、自分の弱みもわがままなところもただ受け入れている人、という意味です。

 

自分を受け入れている人は、周りの人にとっても、無理やりこちらに合わせてお返しを水面下で期待している人よりも、一緒にいて楽チンで、なにより魅力的です。

 

 

 

そして、もう一つ大事なことがあります。

めいわくをかけてはいけない=なんでも人に合わせればいい、という訳ではないことです。

 

もしかしたら、めいわくをかけてはいけないという理由で、自分の意見を持たない、自分の意見を伝えない、自分で自分の選択に責任をとらない言い訳になっていませんか?

 

 

人に合わせることの一番の弊害は、自分の行動や選択の責任をとらず、誰かのせいにしていることです。

 

上司のせい、政府のせい、会社がわるい。。。

 

つねに誰かしら「悪い人」がいます。

 

いくらでも何かや誰かのせいにすることはできますが、自分の幸せも誰かや何かに依存しています。それは本当の幸せや充足感とは違います。

 

そんな終わりのないストレスにさらされるよりも、小さなことを一つづつでもいいから自分で決めていく方が、自分で決めている、自分の足で人生を生きている、という感覚を得られます。

 

わたしたちはもっと自分に正直に「わがまま」に生きていいのです!

 

広告

「世界のトップ」はなぜ東北を目指すのか? ハーバードとウィーン・フィルが教えてくれた世界の中の「東北」②

sem5y3103

⬆️ 福島県郡山市内の中高生合同オーケストラ・合唱団によるベートーベン第九の演奏。2016年10月16日東京赤坂サントリーホールにて (写真提供: SUNTORY HALL)

 

ウィーンフィルといえば、元旦に行われるニューイヤーコンサートが世界40カ国に同時中継される言わずも知れた世界最高峰のオーケストラです。

 

ウィーンフィルは、震災以降、5年間東北を訪れ、これまで計42人の団員が東北で演奏活動を行い、中高生に音楽を教えてきました。

 

その中でも、フロシャウワーは、過密なスケジュールにもかかわらず、毎年続けて東北を訪れ、津波に襲われた海岸では献奏も行っています。彼を毎年東北に足を運ばせたのは何だったのでしょうか?

 

フロシャウワー.jpg

⬆️ 東北の学生たちに音楽指導をするウィーン・フィルのバイオリン奏者フロシャウワー(中央)
(写真提供: SUNTORY HALL)

 

 

私は、それを彼の口から直接聞きたいと思い、2016年10月16日、東京で開かれた「こどもたちのためのコンサート特別公演」に出かけました。これは被災3県の中高校生が、ウィーン・フィルと共演する夢の舞台です。そして5年間の集大成の日です。

 

 

舞台中央にひときわ人目を引く姿があります。演奏者全員をまとめるコンサート・ミストレスの15歳の高校一年生の隣で、彼女が送る合図にぴったりと意識を合わせ、あたかも全身で彼女をサポートするかのようなバイオリニスト。それがフロシャウワーでした。

 

彼の真剣な様子から、弱冠15歳のコンサート・ミストレスを一人前の奏者として、そして、共にステージを創り出す仲間として尊重しているのが客席にまで伝わってくるのです。小学校5年生のときに震災にあい、それからも音楽を続けてきたという15歳の彼女とステージに立つ中高生全員の勇気をたたえているようでもありました。

 

 

私はその四日前にも、ウィーンフィルの演奏を聴いていました。世界的指揮者ズービン・メータを迎えての公演は、それは素晴らしいものでしたが、私の目の前には、その日にも劣らないくらい懸命に、いや、もしかしたらそれ以上の力で演奏するフロシャウワーにどんどん引き込まれていきました。

 

 

そして、指揮者として言葉を超えたリーダーシップについて教えたシャルル・ミュンシュの言葉を思い出していました。ミュンシュは、その後世界的指揮者となる小沢征爾に、影響を与えたと言われる指揮者の一人です。ミュンシュは言います。

 

 

「壇上に立った瞬間、あなたには無数のまなざしが向けられる。…その瞬間、音楽の知識はほとんど役に立たない。 … 大切なのは、命令をするよりも、自分が伝えたいものを自分自身がそれを身振り、態度、そして抗じ難い放射によって表すことだ。」

 

 

演奏後、フロシャウワーにインタビューをする機会を得た私が、「四日前の記念公演とも変わらないくらい、またはそれ以上の渾身の演奏でしたね」と触れると、即答がありました。

 

 

「当然です。世界的指揮者とでも中学生とでも、演奏家は常に全力で演奏するものです。
私は町民の半分が津波で流された町で演奏した日のことを、いまでもはっきりと覚えています。

そのとき、自分の音楽が誰かの役に立ったと心から感じることができました。

これは、音楽家にとって何より光栄なことです。」

 

「それに」といって、彼はニコッと笑いながら最後にこう付け加えました。

「ウィーン・フィルは伝統を重んじるオーケストラですから、たとえばモーツアルトを演奏するとしたら、その伝統的な解釈に準じます。

 

でも、東北の中高生の奏でるモーツアルトは、『ああ、こんなモーツアルトがあるんだ』と私を新鮮な気持ちにさせてくれました。だからこれはWin-Winの関係なんですよ」

舞台上で見せる「神々しい音楽家」とはちょっと違う、人間としてのフロシャウワーに触れ、私は彼の言葉を理屈を超えて理解できた気がしました。

 

 

img_1948

⬆️ 特別公演でソロ演奏をしたフルート奏者ディータ・フルーリーに質問をする学生。「どうしたらあんなに透き通った音色を出せるんですか?」「自分の出したい音を想像するんだ。そしてそれを技術や呼吸、自分の持っている全部を使って表現する。その音に近づくために一生練習し続けるんだよ」写真: CHIKA ONAKA

 

アフリカには、「人は人を通じて人となる」という格言があります。

 

人間は誰もが誰かの役に立ちたいと願う生き物。人は、他者の存在を通じて自分を知ります。

他者の存在を通じて、自分の想いや能力、存在意義を発見していきます。

自分の才能も能力も、それを必要としてくれる人がいて成り立つとも言えます。

 

私自身、南スーダンなどの紛争地で働いていた時、困難を乗り越えようとする人たちを目の前にしていたからこそ、「私もベストを尽くそう」と、自分の力を「引き出して」もらったと感じたことは何度もありました。

 

では、最後に、東北の中高生は何を感じ学んだのでしょうか?

 

ベートーベンの第九の合唱を一生懸命に練習してきたという福島の女子中学生に、今回の体験を通じて学んだことについて聞くと、こんなことを言ってもいいのかなと、一瞬周りの顔を探るように見渡した後で、こう伝えてくれました。

 

 

「合わせるのは大切だけど『自分』を出すことです」と。

 

 

「世界」との交わりは、世界という「鏡」を通じて「自分」をより浮き彫りにするのかも知れません。

 

 

「世界」が東北を知り、東北も「世界」を知る。

そして「世界」を通じて自分を知る。

東北と世界との間で生まれ始めた化学反応。

 

 

震災による被害や、高齢化や過疎化、人口減少などといった「課題先進国」と呼ばれる東北の問題を決して軽く捉えているわけではありません。でも、震災があったからこそ生まれることがあるのも事実のようです。

 

 

世界とのつながりの最先端でもある東北に注目し続けていきたい、と思います。

 

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%81%a8%e4%b8%ad%e9%ab%98%e7%94%9f

⬆️ 特別公演後、ウィーンフィルメンバーと中高生との記念撮影。インタビューをした団員全員が「満たされる体験だった」と語ってくれた。(写真提供: SUNTORY HALL)

「世界のトップ」はなぜ東北を目指すのか? ハーバードとウィーン・フィルが教えてくれた世界の中の「東北」①

ハーバード・ビジネス・スクールとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団には、「ある共通点」があります。両者とも震災後の5年間、東北を訪問し続けているのです。なぜ世界最高峰の2つの組織は東北に通うのでしょうか? そして地元との出会いは何を生みつつあるのでしょうか? 

 

d6y_3045_%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%a4%89%e6%9b%b4

⬆️ 岩手県の浄土ヶ浜で行われたウィーンフィルの団員による鎮魂のための献奏。これまで計42人のウィーン・フィルの団員が東北を訪れ、宮城県仙台市・岩沼市、岩手県山田町、福島県郡山市・南相馬市で演奏活動を行っている。招待客の数は6300人にのぼる。(写真提供) SUNTORY HALL

 

「ハーバードで教わった事がまったく当てはまらない。」

「自分たちが予想した回答とは違う答えが返ってくる。。。」

 

学生は混乱し、焦りをつのらせるが、この体験をハーバードビジネススクール(HBS)の学生は、最高の学びだったと言い、5年間で計150人もの学生たちが東北を訪れ、HBSで反響を呼ぶ授業として成長しているのです。彼らは東北で何を体験するのでしょうか?

 

 

ハーバード・ビジネススクール(HBS)が東北を訪れることになった背景には、HBSが100周年を契機に行った「深い反省」があるそうです。

 

それは、世界金融危機の震源地となったウォール・ストリートに多くの卒業生を輩出してきたことに関してでした。

 

そして、そこから生まれた「HBSは、果たして世界をよりよい方向に導くリーダーを育成できていたのか?もしできていたら、そもそもあの危機は起こらなかったのではないか?自分たちの教育がむしろ原因を作ってしまったのではないか?」という問いかけでした。

 

ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか?」(山崎繭加著、ダイヤモンド社)によると、その反省から導かれた結論の一つが、現場での実践と体験、そして自己理解を重視する「フィールド・メソッド」への変換でした。

 

HBSが、創立以来100年にわたって続けてきた伝統的な教授法である、ある組織が抱える課題を教室で議論し学んでいく「ケース・メソッド」の見直しでもありました。

 

そして、「フィールド・メソッド」が初めて導入されたのは、折しも日本で東日本大震災が起きた2011年。

 

この授業を初めて履修した22名のHBSの学生たちは、震災の10ヶ月後に東北を訪れます。

 

渡航前には、靴を脱ぐ習慣、お辞儀や名刺交換の仕方など、日本文化とビジネス慣行にかんする特訓を受け、真冬の東北では、仮設住宅建設のために木や瓦礫を除去する手伝いに参加し、文字通り「教室では味わえない体験」しました。

 

 

そして、福島の高校生からは、本来なら応援団員以外には門外不出だという100年の伝統を持つ「秘伝の演舞」の直伝を受け、宮城県の中学生からは、彼女・彼らの考える女川の将来についての発表を聞きました。

 

「今まで映像やデータで震災を理解していた気になっていたけれども、中学生の言葉を聞いた時に、彼らにとって震災が何だったのか初めて理解できた気がした」

 

「高校生と会う前は、自分はどれだけロールモデルでいられるのか、とばかり考えていました。でも実際は、彼らの方が私たちにはるかに多くのことを教えてくれました。あれだけ大変なこと(震災)があったのに、高校生が夢や希望を持って語る姿はものすごくパワフルで、衝撃を受けた。」HBSの学生からは、そんな感想が続きます。

 

 

そして、彼らにとってなにより最高の「学び」となったのは、現地での「混乱」だったそうです。彼らは、現地で事業を行っている人たちと議論をし、何らかの提案を行うという課題を担っていました。

 

ただ、なにかが腑に落ちない。。。

 

この商店は全ての営業所を失くし、まったくゼロからの出発なのに、なぜこの事業を再開したい、海外展開をしたいと言うのか?ー収益性や規模の経済という観点から質問しても納得できる答えが返ってこない。。。

 

このままでは役立つ提案もできないと、もう一度だけお話しを聞かせて下さいとお願いして、相手の方が伝えてくれたのがこんな話しだったそうです。

 

 

「東北は昔から山の幸、海の幸に恵まれてきました。ただ、産業という点では、それを仕入れ、商品化している人たちのほうが成功をおさめている。東北の人は東北出身ということに誇りを持てず、むしろ恥ずかしいと思っている人もいました。

 

そこに震災が起き、若者の東北離れがさらに進むのではないかと心配しました。東北の若者が誇りを持てるものを作りたいのです」

 

それを聞いて、学生たちはようやく「腑に落ちた」と感じます。

 

学生の一人はその時の体験を通じて、「自分たちが習った方法とは相当に違った方法があること、自分が正しいと思っているやり方が必ずしも正しい訳ではないことを学んだ」と語っています。

 

東北の人にとってもHBSとの交流は、自分たちの取り組みを確認する機会にもなります。

 

 

彼らの多くは、津波で自宅を失い、当初は避難所で暮らし、今でも仮設住宅での生活を続けている人たちです。

 

それでも、地域のために何かをしたいと事業を立ち上げ、ただ目の前のことに向き合い、地道にやってきた。

 

すると、その事実が、HBSの学生の進路に影響する位に感銘を与えることを発見し、それらの事業が『小規模ながら個性と想いのつまった事業』と高く評価されることを知るのです。

 

最初は「ハーバード」という名前を聞くだけで遠慮しがちだった人たちが、徐々に自分たちの想いを語りだし、5年間交流を積み重ねるにつれ、東北の人自身が、町のことや自分のやっていることについて、堂々と胸をはって話せるようになっていった、そうです。

 

HBSの教授でこのプログラムを担当する竹内弘高は、

 

「世界金融危機の反省をもとにHBSで導かれた結論が、knowing(知識)からdoing(実践)being(自分であること)への移行」であり、この東北プログラムの目的は、まさにbeingを学ぶこと、特に自分を知ることだと言います。

 

beingは、リーダーシップに関する理論では、生き方や存在を通じて周りに影響を与えること、と訳されます。自分がそうである以外になろうとせず、自分が自分である、といったニュアンスも含まれます。では、beingを通じて影響を与えるとはどういうことなのでしょうか?

 

例えば、相手はあなたのことは何も知らないし、言葉も通じない。あなたは、いったい何をどうやって伝えることができるのでしょうか?

 

私は、まさにそのbeingを、5年間東北を訪れ続けたウィーン・フィルのバイオリン奏者、ダニエル・フロシャウワーに見せてもらう機会がありました。

 

「世界のトップ」はなぜ東北を目指すのか? ハーバードとウィーン・フィルが教えてくれた世界の中の「東北」②に続く

それはあなたの本当の声ですか? 世界で2 人目の認定を受けました!

それはあなたの本当の声ですか?

「ハート・インテリジェンス」という言葉があります。

 

人は自分の直感につながっている時、より高い視点で自然に「決断」や「コミュニケーション」ができると言われています。

 

世界累計200万部のベストセラー作家、マルコム・グラッドウェルは、34カ国で翻訳された「『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」で、「長時間考えてたどり着いた結論よりも、人は『最初の2秒』でもたらされた直感やひらめきによって、人は物事の本質を見抜いている」と言います。

 

少しだけ個人的な体験をお話しすると、私の場合、自分の直感に繋がるようになったのは、燃え尽き症候群になって仕事ができなくなった後です。バリバリと働いてきた私にとって「まさか自分が燃え尽き?!」と最初はショックでしたが、それがきっかけで、自分がカウンセリングを受ける中で、心理学やセラピーのメソッドに興味を持ち始めました。

 

今、振り返れば、長年貯めてきた自分の中のくせや思い込み、「鎧」を一枚一枚脱ぎ捨てていく機会でした。

そうしたものを脱ぎ去っていくにつれて、より自由になって、気がつけば直感力が開花していることに気づきました。

 

本来、直感力は誰もが持っている能力です。そして、自分の直感に繋がるのに「燃え尽きる」必要もなければ、何か大変な体験をする必要もありません。

 

この「ハートメタセッション」は、プラクティショナーが自分の直感に繋がることで、受ける人も自分の直感に繋がりやすくなる、ハートとハートで繋がることで生まれる『ハートコヒアレンス』(heart coherence)の状態をを創ります。

 

その状態の中で、受ける方も自分の「ハートインテリジェンス」(ハート、直感、内なる知恵)と繋がりやすくなります。そして、『ハートコヒアレンス』によって生まれる空間の中で、直感を邪魔するもの(焦り、プレッシャー、「しなければいけない」といった観念など)を解放していきます。

 

heart-math

⬆️ 「ハートインテリジェンスが活発になっている時」Heart Math.Instituteより

その解放が起きた後は、同じ出来事がまったく新しく見えたり、今までは感じられなかったことが分かったりします。

 

やり方はとても簡単です。プラクティショナーが言うことを聞きながら、自分の意識を自分の直感に合わせていきます。

 

それを自覚的に感じる人もいれば、「何が起きたのかよく分からなかったけど、楽になった」という人もいます。それでも、効果は十分にあります。

 

本来は誰でも自分の直感とつながっています。それを邪魔するものが取り除かれていくと、誰でも自然に本当の自分の声と繋がり、より自由に、簡単に、楽に「決断」し、人生をより「楽しめる」ようになるでしょう。

 

《このような方に向いています》

◎ 職場や家庭での人間関係に葛藤をストレスを感じている

◎ 焦りや「~しなければいけない」という感覚に急き立てられてリラックスできない

◎ 頭の中がいっぱいで考えられない。整理したい。

◎ 気力や意欲が持てなくて、心因的な原因があると感じている方*

◎ 自分よりも他人を優先させてしまう方

◎他人や社会の価値観ではなく自分の価値観を優先に生きたい方

◎自分を大切にしながら、かつ社会や人の役に立ちたいと思っている方

*医療行為に代わるものではありません。

 

《ハートメタセッションの効果》

⭐️  よりはっきりと「決断」できるようになる

⭐️ 「迷い」や「怖れ」の正体が分かり、目の前の状況をより落ち着いて見られるようになる

⭐️  人間関係が改善する(苦手な人が苦手でなくなる)

⭐️ 大変だと思っていた状況に意味をみつけたり、ポジティブに見ることができるようになる

⭐️  自分に対する「自信」を感じることができる

⭐️  自分を責めたり罪悪感を感じるのではなく、その状況は何について「学ぶ機会」なのかが分かる

⭐️  自分を止めているブロックや思考を解放することができる

⭐️  古い傷やトラウマが解消される

⭐️  自己理解や自己認識が増し、自分の才能や人生の方向性について分かっていく

 

Woman-at-peace

 

《ハートメタテクニックの特徴》

ハートメタテクニックは、氣の流れをよくする、エネルギー心理学、経絡療法(けいらくりょうほう=身体を巡る経絡を通じて働きかけ身体のエネルギーを調整するもの)を基本にしています。

例えば、エネルギー心理学を起源とするメソッドにEFTがあり、EFTは、身体面におけるエネルギーの不調の解放に大きな効果を持つことが知られています。ハートメタテクニックは、EFTと同様の効果をより簡単にもたらすことができ、さらに、魂の領域においても扱うことができます。

魂の領域とは、例えば赦し(forgiveness)に関することです。ハートメタテクニックはとてもシンプルながら、赦しを促し、ハートを開くことに大きな効果があります。

 

メタは古代パーリ後で慈悲 (compassion)を意味します。

 

heart-6

 

《体験談》

会社での人間関係に心が乱されることが多くあったので、ハートメタセッションを受けることにしました。

ハートメタセッションを受けて特によかったなと思うのは、 心に引っかかっている出来事を、すべて具体的にプラクティショナーに話す必要もなく、それでもセッションの流れの中で言葉を聞いているうちに、または繰り返しているうちに、自分が会社で体験していることに共通点があること、そして、自分の心の奥にある感情に気づくことができたことです。

その後の職場での体験には自分でもびっくりしました。それまでこちらが挨拶しても、無視されたこともあったのが、相手の方から声をかけてきたからです。相手の方のフレンドリーさも感じますし、感謝さえ感じています。

ハートメタセッションは受ける人に優しく寄り添ってくれるメソッドです。安心して受けることができました。

なんだか分からないけど、モヤモヤするという方、人生にもう少し軽やかさをもたらしたい方にぜひ受けていただきたいです。

東京都在住 保険業界 Y.M. さん

 

職場と家庭における葛藤とストレスがあったので、ハートメタセッションを受けることにしました。

ハートメタセッションを受けて特によかったなと思うのは、 自分自身の内なるの声に耳を傾け、気づくことができたことです。そして、どんな出来事にも、より良い視点を持つことができるようになりました。

セッション後においても、自分自身の調和が日常のあらゆる場面に反映されていくことを日々実感しています。本気で自分に向き合いたい方、人生を変えたいと思う全ての人にハートメタセッションをお勧めします!

東京都在住 医療従事者 K.F. さん

 

《このような方が受けています》(これまでの講座やコーチングの参加者)

医師、看護師、医療従事者、カウンセラー、講師、政府機関勤務、NGO勤務、元国際機関勤務、ビジネスパーソン、公務員、イラストレーター、主婦、大学生など。

 

対面 または Skypeにて。

スカイプにて、日本国内、海外在住の方も対応可能です。

*時差14時間圏内ともセッションを行っています。具体的な時間帯に関してはご相談しましょう。

 

《料金》

60分 18,000円(税込み)

90分  22,000円(税込み)

 

それはあなたの本当の声ですか?

あなたの内なる声に優しく寄り添う

ハートメタ・セッション。

今すぐお申込みください!

 

⬇️ ハートメタセッションお申込み方法は以下の通りです。⬇️

 

① メールにてinfo@peaceblossom.net宛てに以下についてお知らせください。

お名前:

ハートメタセッション希望の日程 (第三希望までお知らせください): 

携帯電話番号 (当日ご連絡が必要な場合のみ使わせていただきます):

ご相談されたいこと:

 

② 日程と場所についてお知らせいたします。

 

③ セッション料を以下の口座宛にお振込みください。

振込先名義: 株式会社 Peace Blossom

カ) ピースブロッサム

ゆうちょ銀行

【店名】〇〇八(読み ゼロゼロハチ)

【店番】008 普通 6766130

ゆうちょ銀行から振り込みの場合

記号 10030 口座番号 67661301

 

④ セッションの当日お会いしましょう。リラックスしてお越しください。

あなたとの出会いを笑顔でお待ちしています。(*^-^)ニコ

お申込み・お問い合わせは info@peaceblossom.netまでお願いいたします。

Onaka 2016 March pic

 

⬇️「ハート・コヒアレンス」の効果についてHeart Math.Instituteより

 

オリンピックか予選敗退か?ー「力を弱める考え方」と 「力を強める考え方」

 

昨日は、「水の怪物」と呼ばれ金メダル23個という神業 (?!)を成し遂げたアメリカのフェルペス選手が、北京とロンドンオリンピックで圧勝した後に目標を失い、一時期は自殺も考えた時期から、どうやってその「逆境」を乗り越えることができたのかという彼のストーリーを紹介しました。

記事はこちら⇨フェルペス選手はどうやって逆境を乗り越えることができたのか?

 

 

高校野球を見ていても、一回戦で圧倒的な勝利を収めたチームが二回戦では気持ちが緩んだのか、同じチームとは思えない位ぼろ負けをすることがあります。

 

最初は、純粋に上手くなりたいと思い、練習し、挑戦することを楽しんでいた選手たちが、予選で上手くいったり、新記録を作ったりすると、期待に応えないといけないプレッシャー、または、プライドや誰かを打ち負かしたいなどの気持ちがむくむくと沸き起こってきて、彼らの調子を狂わせる。。。

スポーツではそんな様子をとても分かりやすく目の当たりにします。

では、そんな時に「人の力を弱める考え方」、または「人の力を強める考え方」とはどういうものなのでしょうか?

 

 

 

デンマーク王室から称号を授与されたデービッド・ホーキンス博士は、著書『パワーかフォースか』の中で、キネシオロジー(筋肉反射を利用したテスト)を使って、どんな考え方(意識のレベル)が私たちに力となるのか、をスポーツや芸術、政治などいろいろな分野で実験し、その結果を紹介してくれています。

 

 

例えば、実力のある選手に、相手を打ち負かすことや有名になること、たくさんのお金を稼ぐという願望を頭に思い描いてもらうと、その鍛えられた筋肉は、私たちが軽く押すだけでも下がってしまう位弱い反応をする、そうです。

 

では、「一番になること」はどうでしょうか?

 

「一番になること」という目標も弱い反応しかくれず、「一番になること」や相手を打ち負かすことは、ある時期には力になるようにな見えるものの、本当の力にはならず、必ず限界を迎えるそうです。

 

ゴルフチャンピオンのタイガーウッズは、対戦相手がパッドを打つ時にでも、「このボールが入りますように」と心の中で祈っている、と言われています。

 

彼は、自分自身のために、そういう意識のあり方の方が効果的だということを体験しているのでしょう。

 
では、逆に、力を与えてくれる考え方とはどういうものでしょうか?

 

 

愛する人に捧げること

自分が出来る限りのベストを尽くすこと

最高の努力をできる機会を持てることを喜ぶこと

チームを勝たせること

周りの人たちに希望や勇気を与えるため

 

 

等、だそうです。

 

今朝方、接戦の上で銅メダルを勝ち取った卓球女子チームは、まさに自分よりも「チームを勝たせる」というあり方が力になっていたように見えました。

 

 

オリンピックの決勝レベルになると、身体の大きさが圧倒的に有利になる一部の競技を除いて、身体能力の「差」はごく僅かで、身体能力や技術がある段階に達成すると、その先の能力を決めるのは「意識のレベル」だと言われています。

 

 

深海ダイバーとして世界一の記録を持ち、映画『グランブルー』で映画化されているフランス人のジャック・マイヨールという人がいますが、彼が潜っている時の意識というのは、瞑想をしている時と同じような意識の状態だそうです。

 

 

その瞑想のような意識の状態の中で、生理的な「変性状態」が起き、肉体の通常の限界を越えることが可能になる。。。

 

 

マイヨールの友人も彼と同じ深さに挑戦しますが、肉体の限界を超えるのに必要な意識のレベルに達していなかったために死んでしまいます。

 

 

マイヨールにとって、潜ることは、

個人的な記録への挑戦から、人類にとっての「未知の世界への挑戦」となり、

その目的は、「人間の潜在能力や偉大さを示すこと」になる。

 

 

ホーキンス博士は言います。

 

究極的に力をくれる考え方とは、

 

『自分の力は人間の能力を表す人類すべてのものである』というもの。

 

 

ちなみに、彼の映画を観ると、観る人は彼が潜水中に体験しているのと同じような変性状態になり、至福の状態で映画館を出てくるのだそうです。

 

 

武道の世界では、「動機」と「原理」が究極的に重要である、と言われています。

 

 

そういう意味では、私たちがスポーツ選手のプレーに感動し、讃えるのは、こうしたより高い原理に自らを捧げ、弱気になる自分も含め、個人的な欲望やエゴに打ち勝ったことを、彼らの内に直感的に感じ取るからなのかも知れませんね。

 

 

ビバ! Human Being!!!😊

 

ボランティアに行かなくても今すぐに被災した人のために出来ること

すでに必要な助けが届いていて、
被災した人たちが逆行を乗り越えた
勇気あるストーリーが新聞一面を
飾っているのを思い浮かべることー

 

先日、ある講座の中で体験したことです。

なぜなら、

相手を大変な状況にある人、
支援を必要としている人、
かわいそうな人として
見ること自体、

相手を弱体化させる
エネルギーを
送ってしまうから。

もし、自分の中に

誰かを『助けなきゃ』と
感じる衝動があるなら
それを癒すこと。

 

南スーダンやら
紛争地の最前線にいた
私にとっては
大きなテーマでした。

 

より効果的な関わり方は、

 

相手の完全な姿を見ること。
相手の中にある強さを見ること。
そういう逆行を
乗り越えられる魂なのだから。

 

マザーテレサと一緒に働いた
世界一のファンドレーザーの
リンツイストさんも言ってました。

 

エチオピアで飢餓が起きた1980年代、

資金集めに関わった後、

彼女はエチオピアで「助けが来るのをただ待っている人達」に直面します。

 

飢えた赤ちゃんを掲げてアピールする人さえいました。

彼らのアイデンティティーは「助けがないと生きられない人」になってしまっていたのです。

 

今までは、どんなことが起きても何とか乗り越えていた人たちが、

自分たちの自立心を投げ出してしまっていたのです。

 

かわいそうな人たちに寄付する・支援する側とその支援を待つ側ー

「助ける人」と「助けが必要な人」の構図がつくられてしまっていたのです。

 

だとすると

「難民支援」
「貧困問題」
教育や
コーチング

どれも

きっと基本的な構造は一緒。

 

マザーテレサと一緒に働いた
世界一のファンドレーザーの
リンツイストさんも言ってた。

たとえ何万ドルを寄付された
としても断ることがある。

なぜなら、

何をやるかよりも、
支援する側とされる側の関係性が大切だから。

最近、この意味がより分かります〜。

(*^-^)ニコ

 

「押し付け」や一方的な提案や支援でもない、相手の成長につながるプロセスを創り出していくための関係性とはどういうものなのでしょうか?

 

コミュニティーワーク
ビジネス
組織変革
国際協力
地域おこし

関わる人たちの主体性を
引き出し解を生み出す
ファシリテーションスキル講座
https://chikaonaka.com/講座・イベント/

 

⭕️ 第四回 日時: 2016年6月19日(日)9:30-17:00

場所: スクエア荏原第一小会議室

 

⭕️ 第五回 日時: 2016年7月10日(日)9:30-17:00

場所: スクエア荏原第一小会議室

 

⭕️ 第六回 日時: 2016年7月17日(日)9:30-17:00

場所: スクエア荏原第五小会議室

 

本講座は(株)Peace Blossomが提供する民族や宗教の違いを超えて人をつなぐことのできる
リーダー育成事業の一環です。

お申し込みご希望の方はinfo@peaceblossom.netまでお知らせください。

https://chikaonaka.com/講座・イベント/