私が国連をやめてコーチングを始めるようになった訳

もう同じアプローチでは限界。

いくらやっても無理。

より高い次元のアプローチを見つけたい。

 

 

南スーダンや国連ニューヨーク本部等で約10年間、国連職員として平和維持活動や元兵士の社会復帰支援に関わり、国連を辞めると決めた時のことです。

 

 

南スーダンでは、大きなプロジェクトの多国籍チームのリーダーを務め、長い間不可能だと言われていた南スーダン独立のための住民投票が実施されるのを見届け、「やりきった」と感じていました。

 

なんらかの形でまた「世界」に関わりたい。でも、何か違ったやり方があるはず。

 

 

ナイル川を見ながら、それがどういう意味か分からないけど、漠然とそう思ったのを覚えています。

 

しかし、帰国してからの私は、そんな思いとはほど遠い状態でした。

 

 

それまでの緊張の糸がプッツンと切れてしまったのでしょう。

私の身体は空っぽになってしまったかのように、まったく力が入らなくなってしまいました。

 

 

一日のルーティンといえば、ゆっくり起きて近くを散歩するのがやっと。

 人に会う気力もないし、こんな姿を誰にも見られたくない。。。

 少しよくなったと思ったら、また起きられない。。。

 

 

ともかく身体が「重い」のです。。。

 

 

当時、私が「二次的外傷性ストレス」(secondary trauma)と呼ばれる症状を受けていたことを知ったのはもう少し後のことでした。

 

 

 緊張状態が長く続いたり、また身体が常に危険を察知するような環境に長い間身を置くと、または、そうした紛争の影響を強く受けた人たちに関わることによってトラウマと同じ症状を受けることは『二次的外傷性ストレス』(secondary trauma)と呼ばれます。

 

self-care

 

同じ頃、私はカナダ人のカウンセラーを紹介されます。

 

科学と霊性に関する世界学会(ISSEEM:International Society for the Study of Subtle Energies and Energy Medicine)にも招聘される世界的なカウンセラーとして評価を受ける人でした。

 

彼女に知り合って、共感能力が高く、周りの環境に影響を受けやすいエネルギー的に非常に微細で敏感な構造を持つことを改めて知りました。

 

私が紛争地の現場で試行錯誤しながら学び発揮されていったリーダーシップのスタイルや自分の強みがより大きな視点でわかり、同時に、同じ特質が、洞察力や直観力として発揮されるためには、自分のエネルギーの状態について知り、自分の状態が安定していることが重要であるとも知りました。

 

また、燃え尽き症候群といった現象は、紛争地でなくとも、医療従事者やソーシャルワーカーといった対人援助職でも多く見られることで、自分と他人との間に健全な「境界線」(boundary)を持つことが大切だと学びました。

 

 

そして、今度は心の中の整理が進みました。

 

 

なんで人は争いを続けるのか?

なぜ憎しみあうのか?

 

 

私は長年の疑問や現場での葛藤を、全ていったん外に出す必要があったのでしょう。

彼女は毎回ただ落ち着いて受け止めてくれました。

 

 

「世界の平和を望むなら自分の中で平和でいなさい。」

 

 

彼女の紡ぐ言葉はシンプルながら私の心に響き、より大きな秩序や新しい世界があるように感じました。

 

今自分が体験していること、または世界で起きていることには、もしかしたらなんらかの「意味」があるのかも知れない。。。

 

 

魂レベルでの癒しが起き、少しづつ身体にも気力が戻り始めていました。

 

そして、要らないものが「削げ落ちて」いったのでしょう。

 

気がづいたら、心身が回復しただけでなく、直観力とヒーリング能力が開花し始めていました。

 

 

誰もがただ「自分」が「自分」であることを認め、互いを尊重し合う世界があれば、争いも戦争もなくなると思う。そんな世界を見たい。創りたい。自然にそう思いました。

 

私は、その人本来の才能を引き出すサポートをしたいと思い、コーチ・カウンセラーとして、活動を始めました。

 

「クーリエジャポン」(講談社)で連載を始め、「世界」と「より大きな秩序」との接点について書き始めました。

 

こうして、私の活動は「世界の平和」と再び「交差」したのでした。

 

同じ頃、私の元には若い人たちが相談に訪れるようになりました。

 

そして、よりはっきりと自覚できるようになりました。

 

そして確信しました。

 

彼らの想いや悩みこそが彼らの才能の源泉であり、その全てが「自分自身である」ことを表現する事をほぼ同義語なんだと。

 

アインシュタインは、「問題をつくりだした時と同じ考え方では、その問題を解決することはできない。」と言いました。

 

その感性こそが今の社会の閉塞感を打ち破るのに求められているものであると。

 

誰もがただ「自分」が「自分」であることを認め、互いを尊重し合う世界

 

自由で

 

本当に大切なものが大切にされる世界

 

そんな世界を創りたい。

 

 

これが私がコーチングを始めた理由です。

 

 

グレーテストショーマンダンス

 

2018年に世界的にヒットしている映画にグレーテストショーマンがあります。

 

ストーリーはレビューにもあるようにかなり単純化されていますが、それでも映画を際立たせているのは、歌とミュージカルです。

 

この映画でブレークしたというキアラセトルさんの歌う「This is Me!」ー「これが私!」というメッセージが心にズンズンきます。

 

ヒットする映画やドラマはその社会や時代の流れを象徴していると言われています。

 

この歌のメインはこう言います。

 

“This is Me” 

 

I am who I’m meant to be, this is me
これが私のあるべき姿なの これが私よ
 
I’m not scared to be seen
見られることなんか怖くない
 
I make no apologies, this is me
謝ったりしない これが私だから

 

I am who I’m meant to be, this is me                                                                                          これがほんとうの私。 これが私よ!

 

THIS IS ME!!!

これが私!

 

自分の考えは求められずただ言われたことだけをやっていればいいという時代は終わりました。

 

職業に自分を合わせる時代も終わりつつあります。

 

それには二つの意味があります。

 

一つ目は、自分を殺して働かないといけないような働き方では自分の才能や可能性に気付くこともできないし、活かすことも自分のほんとうの価値も能力もみつけることはできない、ということ、

 

そして、自分が望むことをほんとうにしようと思った時には、それは既存の職業のリストにあるとは限らず、肩書きを複数持ち、あくまでも自分という存在が先にあって、それを活かすのに最適な機会が与えられて、それを表現するのに一番近い職業や肩書きがその時々に選ばれ、つくられていく、という意味です。

 

関連記事⇨なぜ職業に自分を合わせる時代は終わりなのか

 

自分が自分であることが価値となる時代です。

 

ただ、自分に与えられた才能や能力を活かすというと、私たちの中には大きな誤解があって、スキルから自分の才能や方向性を探ろうとしたり、自分とは違うタイプの人と比べて、自分には「できない」と落胆しがちです。

 

ただ、人の強み、人生の方向性やミッションといったものは、その人の想いや経験や情熱、能力、ギフトなどをあわせたより全体的なものです。

 

自分の人生の方向性や目的・ミッションを教えてくれるのに「SHAPEの法則」と呼ばれるものがあります。

 

S (spiritual gift=ギフト)

H (heart=情熱、感情、興味)

A (abilities=能力)

P (personality=個性)

E (experience=経験)です。

 

この法則が示す通り、その人を「オンリーワン」にするものは、その人の経験、特質、情熱、能力、悩みといったいろいろな要素の組み合わせなのです。

それには、 例えばこうしたものも含まれます。
◎自分が一番夢中になること
◎自分が一番こだわり大事にしていること
◎これだけは譲れないと思っているもの
◎自分だけが気づいている社会への違和感
◎自分が一番喜びを感じること
◎自分の視点や感覚、世界観
◎経験(ポジティブ&ネガティブ)
◎自分が一番人に伝えたいこと
 
このコーチングセッションでは、自分の特性を理解し、自分にあった方法を一緒に考え、自分の望む方向に向かって着実に向かっていくいくことをサポートします。

 

Onaka 2016 March pic

 

⭕️8回コース(90分) 16万円

⭕️6回セッション(90分)12万5千円

⭕️3回セッション(90分)6万5千円

 

⭕️ 初回単発 2万5千円  (90分)

 

2回目以降(単発の場合)

⭕️90分 2万2千5百円 

⭕️60分 2万円

 

学生料金

⭕️ 90分 1万2千円 (税込)

各税込み 
  
 

 

 

対面 または Skypeにて。

スカイプにて、日本国内、海外在住の方も対応可能です。

*時差14時間圏内ともセッションを行っています。具体的な時間帯に関してはご相談しましょう。

 

 

*セッションの時間を有意義なものにするために、事前にいくつかの簡単な質問にお答えいただくことがあります。

 

⭐️ギフテッドコーチングお申し込み方法はこちら⭐️

 

   

《大仲千華プロフィール》

 

国連ニューヨーク本部、南スーダン、東ティモール等で、元兵士の社会統合支援や現地国政府の人材育成に約10年間従事。

 

国連の平和支援の最前線である南スーダンでは80人強の多国籍チームのリーダーを務める。紛争国での現場でリーダーシップや仲裁について研鑽を積む。米海軍大学院付けの専門家として、世界的な研修プログラムで唯一の日本人女性として講師を務める。

 

燃え尽き症候群と紛争地での体験から二次受傷になり、起きれなくなる。心理学やカウンセリングを学び始め、科学と霊性に関する世界学会に招聘される世界的カウンセラーと出会い、直伝メンタリング・トレーニングを受ける。

 

自分の人生の方向性や目的を模索し、発見し、自分を解放していく統合と再生の過程で直観能力とヒーリング能力が開花する。

 

その過程で「ギフテッド」という概念に出会い、帰国後、相談に来る人たちがギフテッドであることに気づき、ギフテッド、スターチルドレンに向けた情報発信を始める。

 

コーチ、カウンセラー、分筆家。

 

クーリエジャポン(講談社)で好評連載中⇨答えを求めない勇気

 

⭐️ギフテッドコーチングお申し込み方法はこちら⭐️

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

info(at)peaceblossom.net

 

 

%e6%96%b0%e5%b9%b4%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%81%94%e6%9d%a5%e5%85%89

 

《体験談》

 

⭐️この間の講座を受けてから、プロジェクトと向き合う姿勢が変わりました。千華さんのリーダーシップのあり方をお聞きできたことが大きいです。正式な役職に関係なく、関わる人たちの間を調整するのは、私の役割であるということに気が付きました。また、明らかになっていない課題に目をむけることを学び、手応えを感じています。

 

東京都在住  政府機関勤務 M.H.さん

 

 

⭐️ 職場で自主的な勉強会を立ち上げました。安全で安心できる医療を提供できるようにするためです。2か月しないうちに当初の予定よりも何倍もの人が参加してくれました。

チームとしての意識が上がると同時に、学ぶ楽しさを体験してもらっています。自ら考え、主体性に行動できることにもつながっています。医療職の人達は程度の差はあれ、皆、人の役に立ちたいと思っている人達ばかりです。参加する人が優しさや思いやりを取り戻し、眼を輝かせているのを見るのはとても嬉しいです。

 

大阪府在住 医師   S.H.さん

 

 

⭐️ 千華さんとお会いしてからほんとうに物事の変わるスピードが早くなりました。多くの気づきがあり、世界がグルンとなっています。一回一回のセッションの後に起きる「気づき」の出来事もほんとに多くて、なんとなく分かっていたつもりのことが「腑」に落ちてきます。自分が自分に向き合うことのできる時間と体験を大切にしていきたいです。

 

東京都在住 クリエーター・作家 A. K. さん

 

 

⭐️大仲さんには、自分の思っていることを素直に話せる雰囲気があります。コーチングを受けて、ぼんやりしていた自分の課題が具体的に見え、では何をしようか?というふうに変わりました。それを職場で実践する中で新たに見えてくることもあり、転職を決めました。自分の言葉で考え、納得できる選択をする後押しをしていただいたなと思っています。ありがとうございました!

 

埼玉県在住 メーカー勤務 E.M.さん

 

 

⭐️感受性はプラスになるというお話は本当に驚きでした。今まで私のいた環境では自分の分野や悩みがあまり理解されない面が多かったように思います。「迷い」や「恐れ」は、想像以上に膨大なエネルギーを私の中から奪っていたのかもしれません。理解してもらえることによる大きな安心感を感じました。 有難うございました。

 

岐阜県在住 政府機関勤務 T.O.さん

 

 

⭐️ギフテッドコーチングお申し込み方法はこちら⭐️

 

広告

“私が国連をやめてコーチングを始めるようになった訳” への 6 件のフィードバック

  1. はじめまして。
    今、自分の気持ちがよくわからないので
    コメントさせていただきます。女子中学生です。

    突然ですが、私は自分がギフテッドかどうかについて
    ここ数ヵ月悩んでいます。
    ギフテッドの特徴などには当てはまることが多いのですが(インターネットなどで調べた)
    それだけで決めつけることはできないし…
    勉強、考え方が他の人よりも
    勝っていると思うことがありますが
    これも自信過剰なのかも。と悩んでしまいます。

    そして考えることが人と違う。
    あの人はあのように考えてるから
    自分は違う可能性を探す為にあえて
    違う考え方をする癖があります。
    根本的に考えが違う場合も多々あります。

    そして、感情の起伏が激しい、感受性が強いなどは
    母親からよく言われます。
    そう言われることは前向きに受け止めていますし自分でも人より喜怒哀楽が少し
    激しいことは自覚しているつもりです。

    ですが時々頭おかしいんじゃない?
    みたいなことを言われることがあり、
    言い過ぎとも思いましたが
    そう言われてみれば小学生の時人とのコミュニケーションが全くとれず
    1人でいましたし、空気が読めなかったのか
    いじめられていましたし、
    しかもいじめられていた時はいじめられているという自覚がなく、一方的に暴力をふるわれても、なんだか嫌だなー 痛いなー程度でした。
    今考えてみるとちょっとおかしいかな?
    と悩んだりもします。

    集団行動が大嫌いで、小学校高学年の時は
    登校拒否になってました。
    ですがたまに学校に行って
    テストを受けてみればどの教科もほぼ全て満点。

    飛び級のある国にうまれていれば小学生なんて…
    と考えると悔しいし ばからしくなってきます。

    その勉強もいまは周りより遅れています。
    やってないので当然ですけど…
    勉強は嫌いではありません。
    むしろ好きです。知らないことを
    知れるのはとても素晴らしいことですが
    学校の勉強はテストのための勉強であり
    物事を知るための勉強ではないから
    やろうと思えないしスピードも自分に
    合わせることができないので頑張ると
    とても辛いです。

    私は自分がギフテッドであってもなくても
    自分にある種の才能があると思います。
    自惚れや現実逃避と言われればそれまでですが
    自分にあったベストな環境で頑張れば
    自分が思う以上の成果を成し遂げると
    心のどこかで信じています
    信じていたいだけかもしれないですけど…
    もちろん今の自分の生活がどれだけ恵まれているかも
    わかっているつもりです。
    自分にもし才能があるならその才能を
    埋もれさせたくはありませんし、
    大仲千華さんのお話を読んで涙が出てきました。
    私はかなり涙脆いほうだと思いますが
    なんといったらいいのか…
    ほっとしたような感じの涙でしょうかね。
    私の周りには知的好奇心を満たしてくれる大人はいませんでした。
    もちろんギフテッドを知っている大人も。
    疑問に思った事を聞いてもごまかされるだけでした。
    横暴なことばかりで私の考えがおかしいのかな?と思いましたが
    やはりそうは思えませんでした。
    ですが周りと比べると自分がすこし
    おかしいのはわかる。
    でも、自分の中ではこれが普通。

    何かがおかしいな?と思い
    自分と向き合いながらも
    調べてみるとギフテッドと出てきました
    私の知ってるギフテッドといえば、
    本は1度読むと全て覚える天才
    といった感じでしたから 驚きましたが
    よく調べてみると長所と短所が出てきて
    長所も短所も人それぞれで
    いろいろな才能があって、でもその才能は
    その人を苦しめる事がある。
    私は少し人と違う考えを持ってうまれました。
    少し人と違う 自分がギフテッドかどうかは
    今の私にはわかりません。
    ですがギフテッドでなければ説明がつかないのです。
    だからこそ自分がどういう人間なのか
    気になります 自分がどのような人間なのかを
    しりたいです。もしただの勘違いなら
    自分の考え、気持ちに説明がつきません。
    人と違うことで嫌なこともたくさんありましたし
    これからもっといろんなことが
    あるとおもいます。
    今はまだ自分の長所と短所を探っている途中ですが
    自分はどうすればいいのでしょうか。
    就職 進学 本当にわかりません。
    しかも私はバイセクシャルです。
    時々死んでしまえば楽になるかな…
    生まれ変わったら 普通の考え方
    というものができるのかな?
    と、ばかな事を考えてしまいます。
    色々と考えすぎて、抱えすぎて辛いです。
    自分の器が小さいことも自覚しているつもりです。
    アドバイスをくだされば嬉しく思います。

    貴重なお時間ありがとうございます。
    長文失礼しました。

    1. まず、大変勇気ある投稿ありがとうございます。真愛さんの勇気に拍手したいと思います。

      まずお伝えしたいのは、さんはまったく頭がおかしい訳でもないし、真愛さんが感じていることはとても健全なことだと言うことです。そして、なかなかそういう風に感じられないかも知れませんが、こういう体験をしている人は一人だけではないということです。別に表面的な慰め的な言葉をかけようと思って言ってるわけではありませんよ。

      ちなみに、私は学校の修学旅行が大嫌いでした。どうしても大勢でぞろぞろ歩いて一緒に行動するということが楽しいと思えませんでした。

      今でも大人数でワイワイよりも気の知れた少人数の人とじっくりと関係を深めるのが好きです。

      さて、自分がギフテッドかどうかについてお悩みだということですね。

      これはまったく私の個人的な意見ですが、この文章を拝見するだけでも、ギフテッドの可能性はかなり高いと思います。

      ご自身で書いていること(意味が感じられないものにやる気を感じられない、感受性の高さ等)もそうですが、そもそもギフテッドじゃない人は自分がギフテッドかどうか、または、自分はおかしいんじゃないか、などとそれほどまでに考えたり、悩むことはないからです。

      それから、私のギフテッド体験の記事を読んでホッとする(涙が出る)というのも一つの大きなサインと言えると思います。

      「学校の勉強はテストのための勉強であり、物事を知るための勉強ではないからやろうと思えないし、スピードも自分に合わせることができないので頑張るととても辛いです。」

      私は中学2年生の時になんで勉強するのか分からないクライシスに陥り、学校へ行くのがとても苦痛になりました。大学受験があと3ヶ月という時期には、やはり受験勉強に対する「意味」が分からなくなってしまって、受験勉強はおろか、朝起きれなくなってしまいました。

      みんなそんなことは考えずにひたすら勉強していた(そのように見えた)時期に、図書館で自分にとっての「意義」を探し求めました。

      そんなことで悩む私はおかしいんじゃないかと思いましたが、幸い私に大学へ進む目的をくれた本に巡り会いました。

      少し周り道をしたように感じましたが、わたしにとっては自分が納得するような理由を自分の中でみつけないとその先に進めなかったのだと思います。

      そして、合否結果が分からないのに、当時阪神大震災が起きたばかりの神戸へボランティア活動に出かけました。よくも悪くも、私の身体はとても正直だったのだと思います。自分が嫌なものに対しては起きれない。でも、自分が興味のあるものには自分でも驚くくらい力が湧く。。。

      親の立場から見るとドキドキものだったと思うのですが、幸いに大学は無事合格しました。

      「私は自分がギフテッドであってもなくても自分にある種の才能があると思います。…

      自分にあったベストな環境で頑張れば自分が思う以上の成果を成し遂げると心のどこかで信じています。自分にもし才能があるならその才能を埋もれさせたくはありません。」

      まさにその通りだと思います!まったく自惚れとは思いませんよ。

      真愛さんはきっと自分にとって学ぶことが楽しかったり、意義が感じられる勉強ならば、誰かが止めるまで夢中になってやるでしょう。

      わたしは国連という組織での仕事を通じていろいろな国へ行ったり、100カ国以上もの人たちと一緒に働きましたが、12年以上もの海外生活を経て日本へ帰ってくると、日本という社会は「同調圧力」が強い社会だなあと改めて感じます。

      「同調圧力」が強い社会で、周りと「違う」こと(才能が高いこと)は勇気がいります。

      ただ、これは、「ギフテッド」だけでなく、外国人の人なども含めいわゆるメインストリームと違う考えをする人たちにも当てはまりますね。

      ただ、戦後の高度成長の延長にある経済成長観、男性社会的な職場環境などはとっくに行き詰まっているので、多様な考えや存在こそが、日本の社会に求められていると個人的には強く感じています。

      「自分がどういう人間なのか気になります。…今はまだ自分の長所と短所を探っている途中ですが自分はどうすればいいのでしょうか。」

      私たちは、「他者」という存在を通じて「自分」を知っていきます。もし仮に周りがみんな自分と同じような人ばかりだと自分のことが分からないからです。他者との「違い」があって「自分」が分かります。

      もし、他の人と「違う」なと思ったら、自分はなんでそう思うんだろう?自分にとってはどんなことが大切なんだろう?と自分に聞いてみて下さい。

      最初は難しいと感じるかも知れませんが、少しづつでもいいので自分を知る機会なんだと捉えることができるといいと思います。

      これは自惚れとは違います。自分を客観的に認識するということです。ぜひ、気楽にやってみてください~ 。

      そして、みんなに自分のことを分かってもらう必要もないし、全員に理解されるのは無理だと思ってください。自分がギフテッドだろうかなかろうが実際そうなのです。少し、冷たいように聞こえるかも知れませんが、そう思えると実はずいぶん楽になります。

      ちなみに、これを読む大人の中には「なんて難しいことを中学生に」と思うかも知れません。でも、すぐに出来なくても、ギフテッドの子は「表面的な解決法」ではなく「本質的な『解決法』」を求めていると感じるのでこうお伝えしています。

      そして、テストのために勉強するのではなくて、自分のために勉強して下さい。

      真愛さんはどんなことに興味がありますか?

      環境問題ですか?
      戦争についてですか?
      人間が生きる目的についてですか?
      科学技術についてですか?
      宇宙についてですか?

      自分の興味のあることについて調べてください。自分のために調べてください。

      そして、それを自由に自分の言葉でまとめて下さい。
      自分のためにそうして下さい。

      私自身が「ギフテッド」について調べてブログに投稿し始めたのも、最初はまったく自分自身の関心からでした。自分で自分について知りたかったからです。

      そして、偉大な人たちの自伝を読んでください。
      ネルソンマンデラ、ガンディー、マザーテレサ。。。

      例えば、インドを独立に導いたガンディーはなぜ植民地主義を倒すことができたのでしょうか?

      それから、テレビのニュースは見なくていいので、(最近の研究ではニュースの映像を見るだけでもトラウマになったり、人を落ち込むませることが研究結果でも明らかになっています)TEDで自分をインスパイアーするストーリー探すのはどうでしょうか?

      英語だけは意識して勉強して損はないと思います。なぜなら、日本で「当たり前」なことはまったく「当たり前」じゃないからです。テストのための英語ではなく、自分の世界を広げるため勉強だと思えるといいですね〜。

      いくつかTEDを聴いて、自分のお気に入りのものがみつかったら、よかったらその感想となんでそのTEDが気に入ったのかを私に教えてください〜。

      自分が興味を持って調べたテーマについてのまとめができたら、よかったらこちらについてもどんなテーマについて調べたのかお知らせください。(info@peaceblossom.net)。

      日記をつけるのもいいですね。一行でもいいからその日にあったこと、自分が感じたこと、その日体験したちょっとしたいいこと、自分について発見したことなど書いていくといいでしょう。毎日書きたくなる自分のお気に入りの日記をみつけてください〜(*^-^)ニコ

      学校の勉強はしなくていいの?と思う時があるかも知れません。

      これはまったく個人的な意見ですが(一般的な親御さんは心配はされるでしょうが)、さんは、きっと学校や卒業・学位が自分にとって必要だと思う時がきたら、本来の能力と集中力を発揮して、一気に追いつき、必要な単位を取り、試験にも合格するでしょう。ちなみに、私の周りには、例えば、中学・高校にはほとんど行かなかったものの、大検を受けて自由なスタイルの大学でのびのび勉強している人がいます。

      最後に。

      私のところには似たようなお悩みや体験を持った人がけっこういらっしゃいます。なかなかそう思えないかも知れませんが、ギフテッドの人たちや似たような意識を持つ人たちは思っているよりも多いんじゃないかな?と個人的には感じています。

      さんよりも一回り上の世代ですが、そうした人たちの中には個人的に繋がって新しい価値観を創り始めている人もいます。そんなことも合わせて発信できたらいいなと思います。

      ぜひまた様子をお知らせください〜😊

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中