ほんとうに成功している人は神さまに応援される人ー神さまが味方する人の持っている18の特徴

自分のキャリアを改めて振り返ってみると、「あーよくがんばったなあ」と改めて自分を承認したいのは、国連に入ったことでも、南スーダンで働いたことでも、多国籍チームのリーダーを務めたことでもありません。

 

それは、「自分の中の感覚」を信じることができたことです。

先祖や神さまの応援を受けることができたことです。

数年に一回行われる国連に入る正式な筆記試験(と面接)というのもあって、こちらの倍率は五千倍~一万倍だと言われていました。

 

私はこの試験を20代半ば~30代前半にかけて、計3回、バンコク、ニューヨーク、アディスアベバ@エチオピアで受験をしました(当時の勤務先から一番近いところで受験。渡航費、宿泊費は本人負担)。それらの試験は合格はしなかったものの、私の国連でのキャリアは繋がれていきました。

 

前回、自分にとって100%愛の選択を求めましょう、と言いましたが、

なんの問題もない完璧な職場や仕事が与えられるわけではありません。

100%完璧な同僚や上司、職場や仕事があるわけではありません。

 

でも、この人とはご縁を感じるというような同僚がいたり、魂が満たされるような深い友情を体験したり、魂のファミリーと感じる人に会ったり、最初は大変だったけれどもすごく鍛えられたというような直感的に「ああ、ここには導かれてきたなあ」という職場のことです。

 

すぐにわかる時もあれば、後からわかるようなこともあると思います。

ただ、いつも楽なワケではありません。

 

東ティモールでは平然と女性差別をするリーダーの元でしばらく仕事をしなければいけなくて、電気のない環境でそれは大きなストレスだったのですが、

 

そこで学ばざるをえなかった「アサーティブネス」や「自己主張をするべきときを知ること」は、のちに国連という組織で働くという覚悟と強さを身につけさせてくれました。

 

一番、勇気がいったのはニューヨーク本部のある部署からポストをオファーされたのにもかかわらず、南スーダンへ行くという選択をしたときでした。

 

周りの人には本当にいいの?と何度も聞かれましたが、それでも私のハートはそれを願っていたのです。

 

実際の現場は予想どおり大変な環境で、南スーダンの大変な環境に耐えられず、実際に辞める人もいました。

 

それだけでも大変なのに、足を引っ張られたりハラスメントを受け、最初の数週間はさすがに選択をあやまったかもしれないという思いがよぎったこともありました。

 

そして、そのままふてくされることもできましたが、私は相手を同じように攻撃したら私も同じになってしまうと思いました。

 

そして、南スーダンの環境に対していくらでも文句を言うこともできましたが、私は当時の南スーダンがおかれた状況を思うと、やるべきことはいくらでもあると思ったので、正式な仕事かどうかにかかわらず、自分に与えられた以外のことでも、国や組織に必要だと思うことを淡々とやることにしました。正式な同僚とも助け合って、お互い様だから励ましあっていました。

 

当時の写真をみると、電気もない大変な環境でよくあんなにニコニコ笑っているな、と自分でびっくりします。

 

たぶん、そういう姿勢を神様が見ていてくださるのだと思います。

 

そして、関連プロジェクトのリーダーに抜擢され、上司と同僚に恵まれました。

 

そのプロジェクトが終わったときには、その南スーダンでの体験が評価され、国連特使に国連平和維持活動について教える世界的なプログラムの講師としての仕事をオファーされました。

 

どんな仕事であっても、そのときに自分に与えられた仕事を一生懸命にやるしかないのですが、その時々にさまざまな選択の局面というのが来るのだと思います。

 

その中にはここは大事!という局面もあります。

 

常々、自分がどちらに導かれているのかのサインに敏感になりましょう。

 

そして、神さまに応援される人になりましょう!

 

神さまに応援される人というのは、たとえばこういう特徴を持っていると思います。

自分にも改めて伝える意味も込めて、以下に挙げてみます。

 

ー仕事を通じて人間的に成長したいと願う人

ー自分に正直な人

ー感謝の気持ちを持っている人

ー愛のある言葉を使う人

ー自分を大切にする人

ー素直な心を持つ人

ー心をこめてする人

ー人に親切にする人

ー相手の欠点ではなくいい点をみようとする人

ー自分の情熱(神さまの声)にしたがう人

ー自分の弱さや限界を認める人

ー相手をゆるせる人

ー自分をゆるせる人

ー世間が大切だと思うことではなく神さまが大切だと思うことを大切にする人

ー自分の見方ややり方ではなく新しい見方や機会にオープンになれる人

ー神さまを求める人

ー時間をとって神さまとコミュニケーションを持とうとする人

ーお祈りする人

 

これを全てできなければ、神さまに応援されないという意味ではありません。

 

何か行き詰まっている、自分の力でがんばることなんてたかが知れている、自分を超えたより大きな力のサポートが必要だと思ったら、できるところから始めましょう。

 

神さまはあなたを応援し、祝福したがっています。

 

神さまに味方になってもらうように求めましょう。

 

広告

75%案件に注意❗️「転職エージェントの勧めにしたがったけれどもまったく幸せになれなかった」ケースー「なに」を選びかよりも⭕️⭕️で選ぶか

転職エージェントの勧め通りにしたがったけれども、まったく幸せになれなかったという方の相談にのったことがあります。彼女はベンチャーと大企業の両方の勤務経験を持つ転職エージェントから誰もが羨ましがるような経歴をお持ちでした。

 

別の方では、30代半ばの女性で、今は子育てに専念したいという方がいらっしゃいました。

 

仕事は好きでバリバリ働いてきましたが、今は定時通りに帰れることを優先基準にしました。

優秀な方なので、できたら自分の興味のある分野だったら嬉しいということでした。

子育てをしながらの転職活動中はたいへんだったのですが、幸い旦那さんの協力も得て、幸いすぐにいくつかの案件があがって、面接も通りました。

 

前の職場から今の職場への移動もズムーズにいったのですが、彼女が今悩まれていることは、定時通りに帰れることを基準に選んだはずなのに、帰れないことが続いているという状態です。

 

日本の会社でそんなことは当たり前だよと言い捨てるのは簡単ですが、今思えばその点についての判断がブレたかもしれない、と振り返ります。

 

数件の中から選ぶことになったのですが、「どこも定時に帰れます」という条件の中で、最終的にポイントとなった点の一つは、その会社が業界で有名だったことです。

いくつもの大会社とのコネクションを持っていることでした。

そういう場に身をおくことで、次の転職に役に立つかもしれないと思ったのです。

その判断自体は、しごくまっとうな理由だと思います。

 

ただ、だからこそ、本当に定刻通りに帰れる職場環境で上の方の理解がありそうなのか、その点について見極めるのが甘かったかもしれないと言います。

 

とくに日本人は、前ほどではないとはいえ、まだまだ大企業主義や権威主義があります。

 

わたし自身、国連をやめようかということが頭によぎってから、実際に辞めるまでに2年半もかかりました。

 

自分のことを振り返ってもよくわかりますが、人は弱いので大きな組織、有名な組織のかさの下にいることで安心したいと思います。

 

自分の中に自信のない部分があったり、なんらかの過去の体験やコンプレックスを持っていると、肩書きや組織など華やかな業界などで「そこで働いているわたし」という外のイメージでそれを埋めようとします。

 

そういう部分は誰にでもある程度あると思いますが、何か重要なことを決めるときの自分の状態に気づいていることがとても重要になるのは、それによって自分の判断がぶれることがあることです。

 

しかも、それは「75%案件」といって、一見ほぼいい案件なのです。

「ほぼいい案件」なので、それが悪いわけではけっしてありません。

 

ただ、残りの25%が思っていたよりもけっこう重要だった、ということがあります。

 

彼女の場合、苦労をして転職活動をしたにもかかわらず、まだ苦労の日々が続いています。

 

人間ですから、そういう選択をすることはあります。

 

実際に体験してみてわかることもたくさんあります。

 

そういうことも含めて、自分で選択することこそ、生きるということを学ぶことなのかも知れません。

 

ただ、なんだか同じようなことを繰り返しているなと思ったら、自分が「なんで」それを選んでいるのか気づきましょう。

 

孫子の兵法には、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。

 

もちろん、 100%完璧な同僚や上司、職場や仕事があるわけではありませんし、問題もない完璧な職場や仕事が存在するわけはありません。

 

でも、この人とはご縁を感じるというような同僚がいたり、魂が満たされるような深い友情を体験したり、魂のファミリーと感じる人に会ったり、最初は大変だったけれどもすごく鍛えられたというような体験があったり、その先につながるようなスキルを身につけさせてもらっているような体験があったりと、直感的に「ああ、ここには導かれてきたなあ」という感覚のある職場のことです。

 

仕事だけではなく、日々「選択」は続きます。

 

転職、仕事、パートナー、マンション買うか買わないか、どこで買うか、どこに住むのか。。。

 

自分の選択がどこから来ているかに気づきましょう。

「愛」か「おそれ」か?

 

「愛」を選びたいですか?「おそれ」を選びたいですか?

 

愛とはワクワクする状態、広がりを感じる状態、穏やかさを感じる状態です。

 

おそれとは「ちゃんとしないといけない」といった義務感や世間像にあわせること、自分の過去やコンプレックスからその選択が生まれている状態です。

 

前者は軽やかでスムーズです。守られているような感じがします。

 

後者は重荷をかつぐような重い感じがします。

一生懸命にやらないといけないというふんばりやがんばらないといけないと感じます。

 

愛からの選択を求めましょう。

 

あなたは愛を受け取るのにふさわしい存在です!

 

愛から選ぶと決めましょう。

世界の荒野でたった一人でもがいているような孤独感におそわれたらー30代から自分らしく幸せに成功するために知っておくこと

数年前ある方に言われたことを思い出します。

「まだまだわたし大丈夫ですって顔してるわね」

 

はい?大丈夫だって顔して何が悪いの?と思うかも知れません。

 

わたしは赴任地の南スーダンはもちろん、リベリアやシエラレオネなどいろんな国へ出張もし、羽田から3回乗り継ぎ(羽田ー関空、関空ードバイ、ドバイーハルツーム、ハルツームージュバ)なんて丸48時間を越す日程を何度も往復しながら、一度も「ロスバゲ」(途中で荷物がなくなること)もしたことがないなどいつも「大きな力」に導かれ、守られている感覚を持っていました。

 

国連でのキャリアにしろ、もちろん本人の努力は前提ですが、点と点がつながり道が拓かれていったのは、けっして自分の力だけではありませんでした。

 

ただ、ある種の成功体験が自分の中でできると、人間はそれを繰り返そうとします。

 

それまで上手くいったやり方を繰り返そうとします。

 

ただ、私の場合、それまで上手くいっていたことがまったく上手くいかなくなってしまいました。

 

自分の努力が足りないのだと思い、さらにがんばろうと思いました。

 

それでも、結果はさんざんで、いくらがんばっても、疲労困憊と達成感のなさと孤独感だけが残りました。

 

そして、ようやく本当に気づき始めました。

 

物事が順調に進んでいる時にはなんでも自分の努力の結果だと錯覚してしまいますが、国連時代の自分の経歴はけっして自分の力だけではなかったこと。

 

自分の情熱・意思と「大きな力」の意思が一致していたからこそ「結果」となったこと

 

いま、自分で正しいと思っている方向へ一生懸命に進もうと思っても、そこに大きな力のサポートがない時、この世界の荒野でたった一人でもがいているような孤独感におそわれているように感じること、でした。

 

ただ、パタリと運がとまってしまったように物事が行き詰まってしまい、今までのやり方がまったく通用しなくなってはじめて、今わたしはどうしたらいいんだろうか?と真剣に求め始めたのです。

 

それにはなんとなく気づきながらも、「がんばればなんとかなる」という考えを変えるのはそれでもしばらく時間がかかりました。

 

このあたりは人の性格にもよると思いますが、わたしはけっこう頑固なタイプだったのだと思います。

 

冒頭のまだまだ「わたし大丈夫ですって顔してるわね」という言葉は、

「まだまだわたし一人でがんばります」、「自分でやります」、「自分の努力でできると思っています」と思っているでしょ、という意味でした。

 

皮肉なのは、能力のある人ほど自分でふんばってがんばってしまうことです。。。

もっと楽なやり方があるのにもかかわらず。。。

 

そのことを本当にわかるまでに私は数年を費やしました。

 

もちろん、10代や20代は、社会で自分の役割を果たすために必要なことを学ぶためにがんばることも努力をすることはおおいに必要です。

 

ただ、「わたし一人でがんばります」、「自分でやります」、「自分の努力でできると思っています」の別の言い方は「自我」です。

 

ただ、人生は自我の果てしない欲求を満たすためにあるのではありません。

 

ある有名なビジネスマンは彼にとってビジネスとは自我をなくすことを学ぶ手段だった、と言っています。自我をなくした時成功は自然についてきたと言います。

 

ある程度の成功者には「自分でがんばって」なれるけど、ほんとうの成功者は自分を超えた力によって与えられた恩恵や祝福にたいする感謝の言葉を語っています。

 

自我があると他力が入ってこれません。

 

聖書には「わたしは、高く聖なる所に住み、心砕かれて、へりくだった人とともに住む。へりくだった人の霊を生かし、砕かれた人の心を生かすためである」という箇所があります。

 

わたしはこういう苦労はほんとうにいるのだろうか、と何度も思った末に、ようやく頑固な自分も受け入れて、「ゆだねる」ことの軽やかさを体験しています。これは本当に楽です。

 

今でも「自分でがんばろう」とするくせはまだあって、

 

時々、疲労困憊と達成感のなさと孤独感を感じたら、そんな時は、こっちじゃないなと思ってさっさと方向転換をします。

 

「またやっちゃった」と一瞬思いますが、昔のやり方をやってしまう自分も受け入れて気軽に軌道修正することを学んでいます。(*^-^)ニコ

 

今では、なんでもっと早くこの楽な方法をやってこなかったんだろう、と思っています。

 

なにか悩んでいることがあったら、「この件が宇宙とわたしにとって最善の結果になりますように」とお祈りしてみてください。

 

どうぞお気軽にやってみてくださいね。

 

あなたの人生の次のステップをみつけるコーチング受付中です。

https://chikaonaka.com/coaching/

今の時代は「何をするか」よりも「何のためにするか」の方が大事なワケー自分にとっての⭕️⭕️を持っている人は魅力的

わたしは国連や海外で働きたいという人のためのコーチングも行っています。

 

p.11と呼ばれる国連応募用の書類やカバーレターについての書き方についても面接官を務めた視点からアドバイスしています。

 

海外で働きたいという人たちがいたら叶えて欲しいと思いますし、若い人たちにはどんどん現場を体験して欲しいと思っています。

 

とはいえ、「ライフコーチング」という視点では、わたしは国連や平和構築、国際協力といった体験をもっと広い視点から捉えています。

 

国連や国際協力が視野を広げてくれ、新しい体験をさせてくれるのはそうだと思いますし、わたし自身貴重な体験をさせてもらったと思っています。

 

当然自分のキャリアについて書こうとすると国連時代の体験談が多くなるのですが、

わたしが今一番伝えたいことは、今の時代は、「何をするか」よりも、「何のためにするか」の方が大事だということです。

 

なんのためにがあれば視野も広がり、チャンスも引き寄せますし、なにより自分にとっての「なんのために」(ミッション)を持っている人は魅力的です。

 

「なんのために」(ミッション・存在意義)があれば、形や組織は変わってもそれが自分の軸として自分の中で育まれ、一つのことが次のことを生み出してくれ、人生100年を楽しく豊かに生きていけるでしょう。

 

わたし自身、南スーダンでやりきったと感じ、国連を離れて「何か違うやり方があるはず」と思いながら、しばらくそれが何なのかがわからなくなってしまった時には「なんのために」生きていけばいいのか、さっぱりわからなくなってしまいました。

 

生きる気力さえ失ってしまい、まったく起きれなくなった時期がありました。

 

国連時代にわたしの言動力となってくれた「なんのために」はあったのですが、

それさえも一度崩壊してしまい、これからの自分を支えてくれる「なんのために」がわからなくなってしまいました。

 

そして、わたしは自分の人生の支えとなる「新しいなんのために」を選択することになったのです。

 

ある時期、自分を奮い立たせてくれる目標は必要だと思います。

 

ただその目標は20代、30代、40代と変わっていく可能性はおおいにあります。

 

自分を無理やりふるいたたせるのではなく、

安心感とやすらぎの中で自分の指針となる「なんのために」を持つことができます。

 

国連や平和構築、国際協力を仕事にしようとする人、仕事にしている人、または次のステップを探している人は、とくにこの「なんのために」を改めて意識することをお勧めします。

 

大学やこれまですべての職務経験を踏まえて、「分野や職種は変わってもこの視点にいつも興味を持ってきた」「自分にしかできないこと」「存在理由」(ミッション)はなんだと思いますか?

 

急がば回れのようだけど、「なんのために」がほんとうの力をくれるのです。

 

あなたの人生の次のステップをみつけるコーチング受付中です。

https://chikaonaka.com/coaching/

コーチ・講師・伝える人必見❗️世界を舞台に学んだ「人を動かす伝える力」ー人は正論では動かない?!それならどんな時に動くのか?

人間はそれほど理性的ではありません。

 

例えば、「経済は感情で動く」という本では、人は何かを選ぶときに、合理的に判断しているつもりでも実際には感情といった要素の方が強く判断に大きく影響するという例がたくさん紹介されています。

 

世界累計200万部のベストセラー作家であるマルコム・グラッドウェルは、34カ国で翻訳された「『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」で、長時間考えてたどり着いた結論よりも、『最初の2秒』でもたらされた直感やひらめきの方が正しい、と言っています。

 

これまでの教育制度や従来のビジネス慣習では、感情などの主観的なものは出来る限り排除して考え、説明し、対処できることがプロフェッショナルだと思われてきました。

 

ただ、最近は商品の性能だけでなく共感といった要素が購買の基準になっていることに見られるように、「人が何かを選び、判断する理由は合理的な要素だけではない」ということ、そして、この合理的な要素でない部分の方がビジネスやプレゼン、人間関係の成功に大きく影響している、と言われています。

 

とくに、今の時代に大きな価値となるのは「信頼」です。

 

なぜなら、スマホと一緒に寝起きをするような「情報洪水の時代」を生きる私たちは常に「この情報が正しい」「これを買えば幸せになれる」「これを信じれば上手くいく」、といった無数のメッセージや広告にさらされ、大量にやってくる情報に対して守りの姿勢にあるからです。

 

相手は常にアンテナをはっていて、「あなたの情報は耳を傾けても大丈夫なのか?」「あなたの情報は信頼できるのか?」とあなたのことを判断しているのです。

 

つまり、まずあなたと相手との間にある溝に橋をかけないと、こちらが相手にとってどんなに有益な情報や商品、サービスを持っていたとしても耳を傾けてもらえないのです。

 

同時に、人は信用したいと思っています。

 

人を信じたい、善を信じたい、世界はいいところだと信じたい、なにより自分を信じたい、と思っています。

 

でも、そう思えない時もあるからこそ、人は信頼できる人や対象を常に求めています。

 

だからこそ、信頼が大きな価値となる時代なのです。

 

信頼してもらうには、あなたの人となりを知ってもらうことです。

 

聞き手があなたに求めているのは知識だけではありません。あなたの本音から生まれる言葉やあなた自身の個人的な経験です。

 

私は米軍の専門家としてスリランカ軍に派遣され、国連の平和維持活動について教えるトレーニングの教官・講師をしていた時に、ある難しい質問をされた時に、「正しく答える」をやめて、国連の公式見解も米軍の専門家という立場もすべてとっぱらって、自分がどう思うかという個人的な体験を語ったことで、逆に信頼を勝ち得たことがあります。

 

少しその時にお話しをしたいと思います。

 

スリランカ軍といえば、26年も続いたわたる内戦の当事者で、内戦終結時には制圧を断行したことで何十万人もの犠牲者を出し、国連の人権委員会などから批判を受けていた張本人でもありました。

 

研修は始まったものの、 最初の数日は、相手は紛争解決や国連PKOについてどれだけ本気なんだろうか?と、しばらくお互いに「腹の探りあい」のような状況が続きました。

 

さて、今日もそろそろ研修が終わりという時、講義の最後の最後に質問の手があがりました。

 

「とはいっても、国連はシリアで何も出来ていないじゃないか?」

 

部屋全体に緊張が走り、

部屋にいた全員の視線がいっせいにこちらに向けられたのを感じました。

 

なるほど。。。

 

この予期しなかった質問に一瞬ドキっとしましたが、同時にこの質問はしごく健全なコメントだとも思いました。

 

なぜなら、私自身を含め、全く同じようなフラストレーションを感じていましたし、もし逆の立場だったら、私もまったく同じような質問をしたかも知れなかいと思ったからです。

 

その質問に対してはいろんな角度から答えることはできましたが、この発言の真意は別のところにあると感じました。

 

その質問の真意とは、

「公式意見じゃなくてあなた個人の意見を聞きたい。」

 

もっと言うと、

「あなたはどういう意気込みでこの課題を捉えているんだ?」

 

さらに言うと、

「あんたってどんな人なんだ?」

 

そして、究極的には「僕たちは内戦をしてきた軍隊なんだ。理論も単なる理想主義も信じられない。どうしたらあなたの言うことを信じられるんだ?」ということだったと思ったのです。

 

経験上、こちらの本気度が試されていることを直感的に感じとった私は、腹をくくりました。

 

私は真っ直ぐ彼の方に向きなおし、ゆっくりと一言一言はっきりと話し始めました。

 

「私個人の意見をお話しします。。。」

 

その瞬間から、流れが一気にガラッと変わったのをはっきりと覚えています。

 

私は驚くような解決策を提示したわけでもなければ、誰もがはっとするような意見を述べた訳でもありません。

 

ただ、その地球的な課題に対して今自分がどう考えているのか、何がほんとうの問題だと思うのか、どんなことが必要で大切だと思うのか、を自分の言葉ではっきりと伝えました。

 

何を言ったのかは正直もう覚えていません。

 

でも、そこから「じゃあ、あなたの言うことに耳を傾けてみようか」という相互プロセスが確かに始まったのです。

 

その日以来研修は順調に進み、スリランカ軍の参加者が個人的な体験を打ち明けることもありました。国連や外部の調査団の立ち入りを何度も拒否してきた歴史を考えると、まったく私の予想を超えた展開でした。

 

この件以来、私は正直に自分の考えや体験を伝えることで信頼を得ることができることを体験して、とても楽になりました。

 

そして、人が話し手や講師、リーダーに求めているのは知識だけでなく、その人の体験やそこから生まれたその人自身の考え方であること、そして、人は「信じられるもの」があると目の前の問題さえ克服していく力を取り戻すことができることを、この体験から学びました。

 

人は知らない人を信頼しません。

 

でも、人は信じたいのです。

 

データや分析、数字だけでなく、あなたの言葉でなぜこれがいいと思うのかを伝えてください。

 

人はクールで冷静なビジネスマン・ビジネスウーマンとしてのあなたではなく、人間としてのあなたを知りたいと思っています。

 

あなたという人はどんなことを大切にしているのか自分の言葉で伝えてください。

 

「完璧な人」ではなく「リアルな人間」としてのあなたはどんな人なのか相手に見せてあげてください。

 

あなたが自分に正直にオープンになれば、あなたの心と相手の心の間に言葉を超えた「橋」がかけられていきます。

 

相手にあなたを信じさせてあげてください。

 

今年 8〜9月に書籍を出版予定です。

その章の一つは「世界を舞台に学んだ人を動かす伝える力」についてです。

 

面白い内容に仕上がってきています。

 

どうぞ楽しみにしていてください!

 
ニュースレターにご登録ください。
➡️ ニュースレターご登録はこちら
新しい本の出版や大仲千華が開催する講座についてお伝えします。

グーグルと国連で学ぶ究極の武器ー「この人は私と同じ⭕️⭕️である」

前回、内戦をしてきた国の軍人たちがなぜ悩みを打ち明けてくるのか、というお話しをしました。

 

あるレセプションでは、たまたま会話を始めた相手が米軍のアジア・大平洋司令部付けの司令官(将校)の方で、ワイングラスを片手に彼の体験に耳を傾けたこともありました。

 

最初は、米軍でのキャリアの一番初めの海外派遣先が日本の厚木基地で、「最近は他の国に紛争の調停に行くようになったけど、僕に初めて異文化体験をさせてくれ、アメリカの田舎生まれの僕の目を世界に開かせてくれた日本に感謝してる」とおっしゃっていました。

 

そうなんですね、と話しを聞いていると、今度は話題は東日本大震災のことに及び、

 

「東日本大震災が起こった時には他人の国とは思えなくて、あの日は眠らずに指揮をとったよ」とも伝えてくれました。

 

彼は、日本を含むアジア・大平洋全域を指揮するアジア・大平洋司令部(USPACOM)司令官の一人でした(当時)。

 

レセプションという場での外交的なあいさつという面も多少はあったでしょうが、彼の口調からは当時の緊迫した状態と彼という個人として奮闘した想いが伝わってきました。

 

 

組織の上にいる人であるほど意思決定に神経を使ったり、軍隊といった組織であれば尚更立場上、実際には、口に出せない葛藤を抱えていることも少なくありません。

 

軍隊というと、強健な肉体を持ち冷静に任務を遂行していく人たちのように思われるかも知れませんが、人間ですから、時にはそんな想いをほんの少しだけ口にしたくなることもあるでしょう。

実はここに相手との距離を縮じめるヒントがあります。

社長でも頭取でも、首相でも大統領でも、ゲリラ軍の司令官でも、当たり前ながら同じ人間です。

 

生産性やクリエーティビティーが上がるとの理由でGoogle内で大人気となり、シリコンバレー発の「マインドフルネス」ムーブメントを起こすことになったマインドフルネス研修がありますが、その研修ではどんな人に対しても「この人は私と同じ人間である」という瞑想とマントラを学ぶそうです。

 

上司とは自分よりも上の立場にあるのだから自分に対してもっと気をくばるべきだ、と思ったり、日本人は一般的に、上司や上の立場に対して完璧な人物像を求める傾向が高いように思いますが、上司も部長も社長も同じ悩みを持った人間なのです。

 

その上で、相手の状態を観察する、配慮する、相手の悩みを理解しようと努める、相手のことを知ろうとするということに意識を向けて見てください。

 

例えばこのような質問です。

 

あなたの上司の方はどんな人ですか?

仕事ではどんなお悩みがありますか?

上司のお悩みの解決にあなたはどのように役立つことができますか?

週末は何をして過ごしていますか?

仕事以外ではどんなことに興味がありますか?

 

そのように理解を向けてくれる人がいて相手も心づよいと感じてくれることでしょう。

 

一生懸命働いているのに『自分ではどうすることもできない』と感じるときー気力を取り戻すための5つのヒント

「自分の希望の職種についたのですが、毎日忙しく徐々に気力が無くなってしまいました」、という人はけっこう多いようです。

 

上司に改善を求めても何も変わらない。

 

一生懸命働いているのに、『自分ではどうすることもできない』と感じてしまう。

 

「燃え尽き気味」の人に見られる一番大きい特徴は、単に物理的に忙しいだけでなく、『自分ではどうすることもできない』という「心理的な重荷」を持っていることです。

 

ではそういう時にはどうするのがいいのでしょうか?

 

まず自分を責める必要はまったくありません。

 

女性には子どもを産み育てるというDNAが組み込まれているので男性よりも(うつになる前に)早く身体が「もう無理です」と信号を発します。

 

モーレツ社員的な働き方に身体も心もNOと言うのはある意味健全なことだと思います。

 

まず気力を取り戻すことに集中しましょう。

 

忙しかった時にフタをしてきた感情を解放しましょう。

 

自分を責める気持ち、失望、くやしさ、無力感。。。
意識している以上にあるかもしれません。

 

そうした感情(エネルギー)は身体から気力や活力を奪い、身体全体の気の流れに滞りとなります。

 

逆の言い方をすると、そうした感情が解放されると気力が戻ってきます。

 

そして、いろいろな業界の働き方を知りましょう。

 

仕事ができることは大事だけれども、「使い勝手のいい人」として自分を使わせる必要はありません。

 

そして、自分はどんなライフスタイルや働き方を望んでいるのか知りましょう。

 

別の言い方をすると、自分の人生の優先順位を明確にし直すことです。

 

誰かにとっては理想の職場でも自分が望んでいることではないかもしれません。

 

自分の人生のバランスを見直すサインでもあります。

 

こういう時期は、神さまから与えられた贈り物と考えましょう。

 

そして人間や組織のダイナミックスを知りましょう。
人はなすり付けをしたり、競争したりします。
人は自分を守ろうとします。

 

上司がどうしてそういう行動しかできなかったのか分かるでしょう。

組織全体で何が起こっているのかという視点、そしてその中での自分の立ち位置をあらためて客観的に理解しましょう。

 

その上で、自分はどうしたらいいか判断できるようになります。

 

なにより、自分にとって大切なことを大切にしながら仕事ができるような「強さ」と「賢さ」、「しなやかさ」を身につけましょう。

 

人生では次に飛躍するために、一度立ち止まって「知恵」を身につける時期があります。

 

ただ、一人でこれをやる必要はありません。

 

コーチやカウンセラーは自分も同じような苦労した体験を持っています。そうした人たちも誰かのサポートがあって、乗り越えることができました。

 

そして乗り越えた時にその体験は文字通り自分にとって糧となってくれます。

 

適切なサポートと共に一緒に前に進んでいきましょう。