About

プロフィール 

Onaka 2016 March pic

大仲千華

オックスフォード大学大学院修士課程修了。オックスフォード大学 New Century Scholar授与。

 

国連ニューヨーク本部、南スーダンなどで国連の行政官(社会統合支援担当)として和平合意の履行支援、現地国政府の人材育成と行政制度整備に約10年ほど従事。

 

米海軍大学院 (The US Naval Post Graduate School)で唯一の日本人女性の専門家として、アジア・中東8カ国の軍人に国連派遣要員向けの国際研修の講師を務め、大佐等士官を含む400人以上 に国連PKO戦略策定、交渉・対話、異文化理解、情勢分析等講義を担当。

 

紛争地での体験から燃え尽き症候群と二次受傷になり、起きれなくなるが、オバマ前大統領就任式で祈りを担ったリックウォーレン師が進めるCelebrate Recoveryというプログラムを通じて回復、再生を体験。自分が回復・再生した体験を経て、同じような体験をしている人たちをサポートしたいという思いからコーチングを始める。

 

紛争当事者とも粘りつよく関係構築を行い信頼関係を築いてきた習得されたコミュニケーション能力と粘り強い姿勢、課題を見極める洞察力を合わせ、言葉になっていない相手のニーズや願望、モーチベーションに気づき、共感をもって答えや成果を引き出す能力は、国際的にも高い評価を得ている。

 

医師、 医療従事者、 国連職員、 ビジネスパーソン(製薬、 銀行、 製造業など)、 政府機関職員、 地方公務員、 NGO職員、 通訳、 カウンセラー、 ソーシャルワーカー、 クリエーター、 学生等幅広い年齢層から支持される。

 

紛争地で体験した洞察を次世代に引き継ぐこと、自ら考え、判断し、世界に広く目を向け、自分に与えられた役割を果たすことのできる人材の育成のため明治学院大学にて教鞭をとる。広尾インターナショナルクリスチャンスクール(Hiroo International Christian School)講師。

 

著書に「自分の軸で生きる練習~オックスフォード・国連で学んだ答えのない時代の思考法」(大和書房)

内閣府「平和維持・平和構築に関する研究会」委員。

国際赤十字委員会・日本国際問題研究所共催「人道支援における文民保護」委員。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中