こういう時だからこそよい種を蒔き100倍の収穫を得る

新年明けましておめでとうございます!

A Happy New Blessed Year!!!✨✨✨

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆さんにとって祝福にあふれた素晴らしい年でありますようにお祈り申し上げます。

さて、昨年4月日本で初めての非常事態宣言が出される頃、アメリカでも COVID-19(コロナウイルス)が猛威を奮い始めていた頃に、米カルフォルニア州在住のBill Johnson氏から聞いた話を年頭に改めて思い出しています。

コロナが始まり、いろんなことが言われ始めてから、彼が調べて気づいたこと。

まず、大恐慌の後のアメリカでは100倍の億万長者が生まれたということでした。

そのポイントは、その一見暗い困難な時期に種を蒔いた人たちがいた、ということでした。

そして、彼は飢饉や大災害に打ち勝った人はどう行動したと、聖書では書かれているかを合わせて紹介してくれました。

聖書には、何回も疫病や飢饉の話しが出てきますが、その中の一つ創世記より。

イサクがが住んでいたところ(ゲラルの地)に飢饉が襲った。イサクはエジプト(富や娯楽の地の象徴)へ逃げようかと思ったが、エジプトへ行かずここに留まるように神に言われた。その地には彼が恐れていたものがあったが、そこから逃げるなと言われたようだった。そして、彼は逃げずに「イサクはその地に種をまいて、その年に百倍収穫を得た。主が彼を祝福してくださったからである。こうして、この人は彼は富み、ますます栄えて、非常に裕福になった。」創世記26:12-13より

‘And Isaac sowed in that land and reaped in the same year a hundredfold. The LORD blessed him, and the man became rich, and gained more and more until he became very wealthy.’(Genesis 26:12-13) 

私はこの話に勇気づけられ、去年4月に非常事態宣言が出るとなった時に「私もこういう時だからこそよい種を蒔こう」と思っていたら、その数日後に編集者さんから電話がかかってきました。彼に開口一番、「今こそあの本を出しましょう」と言われ、数年間原稿のままだったものがあっという間に書籍となって次の月には本屋に並んだのでした。本当の話しです。今改めてこの話しを思い出しています。

新しい年の始まり。今年や来年の状況や展望がすぐに先が見えなくても、仮に予期せぬことが起きたとしても、その状況に関わらず、よい種を蒔き続ける人には大きな収穫があるということー

これを今お伝えしたかったのでした!

私の場合には、昨年5月末に本を出版してから、朝日新聞の書評、雑誌anan(マガジンハウス)、日経ビジネス(雑誌)、東洋経済(雑誌)、Study Hucks等で取り上げられ、取材をいただきました。

「こういう時だからこそよい種を蒔こう」という気持ちが始まりだったかも知れません。

チャレンジの多い状況ではありますが、目の前のことに忠実に誠実に取り組む人にはサポートも恵みもいつにも増して注がれていることも実感しています。

忠実に一歩一歩着実に歩んでいきましょう。

May your 2021 be filled with JOY, PEACE and HAPPINESS!!!

ビルジョンソン氏の本、「励ます力」お勧めです!

毎日留学ナビ「グローバルキャリア塾」にて、『留学と国連-世界8カ国で学んだブレずに自分の軸で生きる力』というテーマにて、コラムの連載しています。留学が一つの切り口ですが、初めての土地での出会いをきっかけにどうやって人生やキャリアが導かれていったのかーという視点で書いています。今の時代にも活きるヒントがあると思います。ご覧いただけましたら幸いです。

第1回:あなたの自信と力を一歩引き上げてくれるマインドセットの力

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/index.html

第2回:私高校三年生だけどこれでいいの??ー揺さぶられる「自分」

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/2.html

第3回:「何者でもない自分」から生まれた新しい原動力

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/3.html

第4回:答えは一つではない時代のオックスフォード式自分の頭で考える力

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/4.html

第5回:その人の人生を導いてくれる「なぜ」の力

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/5.html

第6回:最初はまったく高尚じゃなくていい。「楽しい」から始まった出会いと導き

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/6.html

May protection, peace and wisdom be with you in coming years ahead!✨✨✨

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中