「学び」の本質は、能力や知性の問題ではなく、自分のオープンさや恥、失敗への向き合い方の課題(失敗へのおそれへの対処)

2021年は、緊急事態宣言の発令で幕が開けました。

前回の緊急事態宣言の発令から、もうすぐで一年。

気が付けば、わたしたちの生活はすっかり変わってしまいました。

友人たちと一緒におしゃべりをしながら食事を楽しめる日々は戻ってくると思いますが、働き方や価値観が根本的に変わりつつある中で、コロナ前とまったく全く同じ方法とマインドセットで同じことだけを続けていけばいいということにはならないと思います。

誰であっても、なんらかの形でこれまでとは違うやり方を試すこと、新しいことを試す、チャレンジしていく必要性が大なり小なり生まれていると思います。

私の場合には、去年の4月からほぼ強制的に大学の授業が、オンラインに移行することになりました。

当初は、対面の時よりも準備に2-3倍の時間と労力がかかり、大変な面がありましたが、前期と後期を経て、オンライン授業のメリットとオンラインになってから起きたこと、その限界と対面のメリットなど、実際の経験則を含めて、かなり客観的にわかるようになってきました。

対面でやっていることをそのままオンラインに移行するのではなく、オンラインのよい面を活かしながら、学びの質をあげることを目標としましたが、一年間で前期と後期合わせて約120回分の講義を担当したので、やはり回数をこなして分かってくる部分があります。

zoomのブレークアウトルームでディスカッションを成立させる等、「初めての状況」では、新しいことや学びに対して「オープンな姿勢」を持つことが一つの鍵になると思いました。

今、このコロナの時代ほど、学びと成長が求められている時代はないと思います。

学び(learning)の類義語が、discover(発見)、wisdom(知恵)、insight(洞察)、あるいはcultivation(耕作・教養)、culture(文化・文明)、illumination(光を照らす・光をあてる)であるように、学びは広がりを持つものですから、学ぶ姿勢があれば状況がどう変わっていっても、日々学びをみつけ、成長をすることができます。

では、逆に、学びを邪魔してしまうものはな何でしょうか?

勉強に対する苦手意識やトラウマ、学校の先生との過去の関係から学びに積極的になれない、というケースもあるかも知れませんが、それは、勉強と学びの違い、適性や好奇心、自分の好きなことをみつけることの課題、権威(学校、先生、親)との関係の癒しの問題であって、趣味など自分が好きなことを含めた「より広い学び」にはオープンな人はいるでしょう。

ただ、今のようにビジネスパーソンが大なり小なり誰もがこれまでとは違う状況に対処しないといけない、という状況の中で、より本質的な意味での学びを得ようとすることを邪魔してしまうのは、「恥」、「どうしても失敗をしたくないという守りに入る姿勢」、そして、「プライド」だと思います。

つまり、「学び」の本質は、能力や知性の問題ではなく、自分のオープンさや恥、失敗に対する向き合い方(失敗に対するおそれといったマインドセットの課題)とも言えます。

これは私が実際に体験したことですが、英語のスピーチを教える大学での授業で、ある言葉がけを続けることで、失敗に対する恐れが和らぎ、英語力が変わらないのに、学生のスピーチが劇的に変わったことがあります。

その「言葉がけ」とは、「この授業の課題には正解も間違いもありません。スピーチの内容が正しかったかどうかで評価することはありません」という言葉がけでした。そして「誰でも根源的に価値がある」ことを何度も強調するマインドセットへの働きかけでした。

授業に取り組む姿勢は重要です。そして、スピーチの型もある程度合わせて伝えます。同時に、「誰でも根源的に価値がある」ことを何度も強調します。

これは、「自分の価値はどれだけ達成したかで決まる」という思い込みと成果主義の影響が日本ではとても強く、その恐れがパフォーマンスや能力に大きく影響を与える傾向があるためです。そうした囚われから一旦自由になるとパフォーマンスも自然とついてくるのを見た体験が多々あるからです。

教える側が「誰でも根源的に価値がある」という確証に立ち、学生がそれでいいんだ!、と一旦受け取り始めると、人が変わったように顔が変わっていく人もいます。

「正解や間違いはないんだ。なにをしゃべってもいいんだ。」(それでも安全なんだ、それでも自分の価値は変わらないんだ!)と認識すると、学生たちは、それこそ自信を持って活き活きと英語でスピーチをするようになっていきます。

この例からも、学びには、能力や知性、英語力というよりは、考え方やマインドセットが大きく影響することがあり、とくに、失敗への恐れへの対処、そのマインドの変換によって学びの成果が大きく変わり得ることが分かります。

人の根源的な価値は、試験といったある時期だけに受ける狭い限定的な評価基準で左右されることはありません。人の根源的な価値はこれまで達成したことで変わるものではありません。

ぜひこれを読んでくださっている皆さんにもそれを受け取って欲しいと思います。

才能は能力じゃないー才能の語源(talent,gift)が意味する本当に大切なこと

前回、Studying (勉強)と、Learning? (学び)という意味がまったく違うということ、ビジネスパーソンにとっては、学び(発見、知恵)こそが大切だとお伝えしました。

「学び」には新しい発見があります。新しいことを知る喜びがあります。

やはり、人間の中には、成長したい、知りたい、出来るようになりたい、という根源的な欲求があるのだと思います。

人間の持つ根源的な欲求の一つは、自分の適性、性格、才能、強みを知りたい、ということだと言えます。

このご時世の中、生活をしていくだけで、生計をたてるだけで精一杯なのに、「自分の適性や才能を知りたい」なんて贅沢だと思う方もいるかも知れませんが、もしそうだとしたら、才能の意味についての誤解があるからだと思います。

才能と言うと、なにか最初から誰の目にもわかるくらいに秀でている能力といったイメージを持っている人が多いかも知れませんが、才能の語源は、古代ギリシャでタラント(talant)、英語でいうとtalentやgiftです。

タラントという言葉は元々、ギリシャ語で金・銀の重さを示す単位でした。その単位が、一生涯分の賃金に相当する金・銀に値する量であったことから、その人の性格や資質、技量、人生の役割など全てを含めてすべてを活用していくことによって一生の糧を十分に得ることができるように、と「その人にすでに分け与えられている資源」という意味も表しました。

「ギフト」という単語は、神から授けられた贈り物というニュアンスがあります。

つまり、ここから分かることは、才能とは能力だけを指すのではなくより全体的なものであること、誰にでもすでに貴重な資源である才能が分け与えられていること、それは人や社会のために役立つために授けられているものである、ということです。

こうした視点から見てみると、究極的な学びとは、自分がまだ気づいていない才能や強み、資質(性格)、人生の方向性を発見していくこととも言えるかも知れません。その意味で、仕事とは、人とのかかわりや具体的な職務やさまざまな体験を通じてそうした発見や確認を積み重ねていく「場」と言えるかも知れません。

人は一人では自分を知ることができませんし、他者の存在とそうした場があることで発揮される能力というのもあるからです。

また、時には難しいと感じる仕事を通じて自分の中から引き出される能力もあります。私自身も、南スーダンといったチャレンジのある国での職務を通じてこれまではわからなかったような力が引き出されたのを体験しました。

もちろん、仕事は楽しいことばかりではないですし、最初から自分のやりたいことができるというのも稀だと思います。

そんな時には、ぜひ「この仕事を通じて自分について新しく発見したことはなんだろう?」と問いかけてみてください。意外なことで人から褒められることで、自分はこんなことが向いているかもと新しい発見があるかも知れません。

逆にやる気が削がれることを体験しているとしたら、それだけで終わらずに「自分がやる気になる時はどういう時だろう」、「自分がほんとうに望む仕事はなんだろう」と問いかけてみてください。

いつも上手くいっていることが「成功」ではなく、日々発見や学びがあり、自分が自分について知り、成長している人に成功がついてこない訳はありません。

どんな状況であれ、学びの視点があれば、自分についての発見や成長のための視点を得ることができると思います。

ビジネスパーソンに求められるのは「勉強マインド」ではなく「成長マインド」

社会人にとって必要なのは、どちらでしょうか?

Studying (勉強)?またはLearning? (学び)でしょうか?

日本では、一般的に「勉強」と「学び」という言葉が同じような意味として使われていることが多いのですが、実は、この二つの言葉の意味はまったく違います。

勉強と学びのちがいは、英語にしてみるとよくわかります。

勉強は英語では、Study. その類義語としては、examination, investigation, evaluation, inspectionが並びます。

これらは、「試験」や「検査」を表す言葉です。つまり、決まった答えや型があるものに対してその解答が合っているかどうかを調べるといったニュアンスを持つ言葉です。
まさに私たちがが持つ勉強のイメージだと思います。

他方、学びを表すのは、「learning」です。その類義語には、discover(発見)、wisdom(知恵)、insight(洞察)、あるいはcultivation(耕作・教養)、culture(文化・文明)などが含まれます。さらにはilluminationという「光を照らす、光をあてる」といった単語も含まれてきます。

ここから分かるように、勉強は直線的であるのに対して、学びには勉強とはまったく違った広がりがあります。

つまり、いままでわからなかったことがわかるようになったり、経験から生まれる知恵によってできなかったことができるようになったり、自分の経験をもとにあることが自分のなかで腑に落ちるといったふうに、勉強と比べて非常に広い意味を持つものなのです。学びとは、ただ知識を得ることではなく、「発見」や「成長」という意味合いがもっとも近いといえます。

学校教育までは、(本文)「一つの答えがある」問題に対して正しい解答をするのが勉強でしたが、社会人になると、教科書など決まった定型がないなかでも日々試行錯誤をしながら成果を出していくことが求められてきます。ですから、社会人にとっては、「勉強マインド」から「学びマインド」へのシフトが必要になると言えます。

それまでまったく知らなかったことを調べたら楽しかったというような瞬間や経験は誰にでもあると思います。たとえ、すぐに仕事や成果、収入に直結しないとしても、そうした学びの楽しみをやめないで日々もって欲しいと思います。

そうした発見の喜びは学びの醍醐味です。

そして、それらが将来どのように役立ってくるかは誰にもわからないからです。

実際、こうした楽しみや学びの中でこそ、自分の資質(personality)や強みや才能を知るということがあります。

才能と言うと、なにか最初から誰の目にもわかるくらいに秀でている能力といったイメージを持っている人が多いかも知れませんが、才能の語源は、古代ギリシャでタラント(talant)、英語でいうと「talent」や「gift」です。

この意味は。。。

次回に続く。

こういう時だからこそよい種を蒔き100倍の収穫を得る

新年明けましておめでとうございます!

A Happy New Blessed Year!!!✨✨✨

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆さんにとって祝福にあふれた素晴らしい年でありますようにお祈り申し上げます。

さて、昨年4月日本で初めての非常事態宣言が出される頃、アメリカでも COVID-19(コロナウイルス)が猛威を奮い始めていた頃に、米カルフォルニア州在住のBill Johnson氏から聞いた話を年頭に改めて思い出しています。

コロナが始まり、いろんなことが言われ始めてから、彼が調べて気づいたこと。

まず、大恐慌の後のアメリカでは100倍の億万長者が生まれたということでした。

そのポイントは、その一見暗い困難な時期に種を蒔いた人たちがいた、ということでした。

そして、彼は飢饉や大災害に打ち勝った人はどう行動したと、聖書では書かれているかを合わせて紹介してくれました。

聖書には、何回も疫病や飢饉の話しが出てきますが、その中の一つ創世記より。

イサクがが住んでいたところ(ゲラルの地)に飢饉が襲った。イサクはエジプト(富や娯楽の地の象徴)へ逃げようかと思ったが、エジプトへ行かずここに留まるように神に言われた。その地には彼が恐れていたものがあったが、そこから逃げるなと言われたようだった。そして、彼は逃げずに「イサクはその地に種をまいて、その年に百倍収穫を得た。主が彼を祝福してくださったからである。こうして、この人は彼は富み、ますます栄えて、非常に裕福になった。」創世記26:12-13より

‘And Isaac sowed in that land and reaped in the same year a hundredfold. The LORD blessed him, and the man became rich, and gained more and more until he became very wealthy.’(Genesis 26:12-13) 

私はこの話に勇気づけられ、去年4月に非常事態宣言が出るとなった時に「私もこういう時だからこそよい種を蒔こう」と思っていたら、その数日後に編集者さんから電話がかかってきました。彼に開口一番、「今こそあの本を出しましょう」と言われ、数年間原稿のままだったものがあっという間に書籍となって次の月には本屋に並んだのでした。本当の話しです。今改めてこの話しを思い出しています。

新しい年の始まり。今年や来年の状況や展望がすぐに先が見えなくても、仮に予期せぬことが起きたとしても、その状況に関わらず、よい種を蒔き続ける人には大きな収穫があるということー

これを今お伝えしたかったのでした!

私の場合には、昨年5月末に本を出版してから、朝日新聞の書評、雑誌anan(マガジンハウス)、日経ビジネス(雑誌)、東洋経済(雑誌)、Study Hucks等で取り上げられ、取材をいただきました。

「こういう時だからこそよい種を蒔こう」という気持ちが始まりだったかも知れません。

チャレンジの多い状況ではありますが、目の前のことに忠実に誠実に取り組む人にはサポートも恵みもいつにも増して注がれていることも実感しています。

忠実に一歩一歩着実に歩んでいきましょう。

May your 2021 be filled with JOY, PEACE and HAPPINESS!!!

ビルジョンソン氏の本、「励ます力」お勧めです!

毎日留学ナビ「グローバルキャリア塾」にて、『留学と国連-世界8カ国で学んだブレずに自分の軸で生きる力』というテーマにて、コラムの連載しています。留学が一つの切り口ですが、初めての土地での出会いをきっかけにどうやって人生やキャリアが導かれていったのかーという視点で書いています。今の時代にも活きるヒントがあると思います。ご覧いただけましたら幸いです。

第1回:あなたの自信と力を一歩引き上げてくれるマインドセットの力

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/index.html

第2回:私高校三年生だけどこれでいいの??ー揺さぶられる「自分」

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/2.html

第3回:「何者でもない自分」から生まれた新しい原動力

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/3.html

第4回:答えは一つではない時代のオックスフォード式自分の頭で考える力

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/4.html

第5回:その人の人生を導いてくれる「なぜ」の力

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/5.html

第6回:最初はまったく高尚じゃなくていい。「楽しい」から始まった出会いと導き

https://ryugaku.myedu.jp/edit/chikaonaka/6.html

May protection, peace and wisdom be with you in coming years ahead!✨✨✨