知っている人は知っている❗️ーどんな業種でも仕事でも自分を「次の段階」に進ませるにはある共通のプロセスがあるということ

昨日、ある方の奇跡についてお伝えしました。

 

自分にとことん正直になって自分が望むことを書き出したら、世界にはほんとうにそんな仕事が存在するのか!とびっくりするような仕事の話しが来たのです。

 

あまりに想定外の方法でわたしはことばを失ってしまうほどでした。

 

わたしたちの想像をは・る・か・に超えた解決法を招き入れるための秘訣 ーあなた特注オーダーメイドで注文すること❗️

 

その内より詳しいことをお知らせできる時があると思いますが、その話しを聞いたらきっとたくさんの人が「わたしもそんな仕事したい!」と思うと思います。

 

仕事観や人生観さえもが、一掃されてしまうかも知れません。

 

そして、さらにエキサイティングなのは、これからもっとそういう人が増える!という時代の流れも合わせて受け取ったことです。

 

 

わたしはコーチングを自分のギフトを世界に輝かせて活きるリーダーの育成として取り組んできました。

 

コーチングは単なるメンタルケアではなく、課題やチャレンジを通じて(たいていそういう形で機会はやってくるからです)その人のほんとうの自分の役割を発見することをガイドするものです。

 

そして、そういう人たちがこれからの時代のリーダーになっていく、という方向性があっている!という感覚も合わせて受け取ったのです。

 

今は時代の変わり目です。

 

大きな制度が行き詰まりこれまで価値があるとされたものに価値や希望を見出せなくなる人が増えている中で、目覚めた個人と個人がつながっていきます。

 

例えばパーカーを来たお兄ちゃんのテクノロジーと誰かのアイデアが結びつけられてベンチャーが生まれ、世代の差を超えて、そうした人たちのゆるいつながりから新しいサービスや価値が生みだされていくような時代の流れが来ています。

 

その有機的なつながりと相乗効果がジワジワとでも確実に新しい流れを生み出していくこと、そういうことがすでに起き始めているのだというインスピレーションを受け取りました。

 

さて、

 

次のステップに大きく飛躍した人、自分らしい働き方やライフスタイルを見つけた人たちを見てみると、次のステップに移るまでに、自分にとっての人生のコアの課題に取り組んだという共通点があることがわかります。

そして、どんな業種や仕事も関係なく自分を「次の段階」に進ませるには、誰もが「課題を通じて学び自分を発見していって力をつけていく」という共通のプロセスがあることが改めてわかります。

人それぞれ人生の「コアの課題」は違うので、これとはいえませんが主なものは以下のようなものです。

 

1、今の職場を通じて現れている人間関係の課題

(上司とのコミュニケーション、あるタイプの人がどうしても嫌だ等)

⇨人生の大きな「宿題」の一つは人間関係を通じて成長することです。だから、これを避けたままでは次が開けないようです。人を判断する傾向が強かったり、すごく苦手な人がいるという場合、人間関係の改善に真摯に取り組むことはとても重要です。ヒントは、理解すること、自分が相手に投影している資質に気づくこと、(自分も他者も)受け入れること、ゆるすことです。

 

2、今の職場で与えられている機会を通じて自分の強みや才能、ギフトを発見する・確認する

⇨自分が当たり前だと思ってやってきたけど自分には強みがあることを確認・発見すること。それは目の前の課題の解決を通じて発見することが多いので、一生懸命に取り組むことが大切ですし、過去の仕事や体験を整理することで、自分でわからなかったら第三者のコーチングを受けるのは一つの有効な手段です。

 

3、親の価値観や観念を手放す

⇨親や親の親から引き継かれてきた観念や重荷を解放する。「仕事は苦労して当たり前」「人生はたいへんだ」そんな観念を無意識レベルで私たちは引き継いています。それが私たちの仕事観や人生観を邪魔して新しい可能性が入ることを難しくしていることも多いのでそうした観念を書き換えていきます。

 

4、親への怒りや言えなかったことを手放す(いい子タイプは特に当てはまる)

「いい子」「いい人」をやっていると、自分がほんとうに望んでいることを抑圧してしまって、自分はほんとうに何を望んでいるのかわからなくなってしまいます。長女で我慢することになれてしまった人、いい子優等生タイプだった人ほど、この傾向が強いです。反抗期をやらなかった人が20代、30代になってこの影響を感じる人もいます。そして、30代、40代、50代、または60代になっても、心の中で親に怒りを覚える人が実は多いのですが、これは自分の中で怒っていたり、我慢して言いたいことを言えていない小さい頃に傷ついたままの自分がいるからです。安全な場で表現できなかったことを表現し、自分の中の傷ついた部分を受容し統合すると、今度は新しいギフトとして自分の一部になってくれます。

 

5、過去あきらめてしまったこと、挫折体験を整理、解放する

過去にあきらめてしまったことや挫折体験があると、傷つくのを避けようとするので、次のステップを自由に発想したり、考えることを無意識に止めてしまいます。過去の体験を整理することはとても大切です。

 

6、過去にあきらめてしまったことに取り組む・許可する

過去の後悔やあきらめはエネルギーや自分の本来のパワーを奪います。自分のパワーを取り戻すために過去あきらめたことを自分に再度「許可」します。実際にやってみると、案外もう興味がなかったりします。でも、そのアクションこそが大事なのです。

 

7、自分が興味のあることを改めて自覚し始める

自分は何に興味があるのか、どんな時に心が動かされるのか、どんな体験を望んでいるのか?どんな人間関係を望んでいるのか?昔は興味があったけれどもある程度仕事もできるようになって経験も積んだからこそ今のわたしが求めているものは何なのか?

 

過去の体験を整理した段階で改めて見えてくるものがあります。ただ、過去の体験を整理していないと、例えば過去の体験を無意識に避けるような決断をしたり見方をしてしまうので、過去を「フラット」にすることが大切です。

 

8、自分のシャドーやパターンを知る

誰の中にも自分の中の弱さや(悲しみ、不安、孤独感)誰にも知られたくない隠したい負の部分「シャドー」(嫉妬、傲慢さ、負けず嫌い等)があります。自分のシャドー抑圧しておくと自分の才能・ギフトまで抑圧してしまいます。ユングは、「シャドーの中に黄金がある」と言いました。自分には能力も才能もない、という人がいますが、あらゆる面での抑圧が強いのかも知れません。逆説的に聞こえるかも知れませんが、自分を知ること、自分の思考や行動パターンに自覚を持つこと、自分をありのままに観察できること、自分の弱さを受け入れることは、自分の才能やギフトを知ることにも繋がります。もしかしたら、今の職場での課題は、問題を通じて自分の弱さ、思考・行動パターン、シャドーに気づいて、さらには、ギフトを発見していくための機会かも知れません。

 

9、上司を受け入れる

自分が新しいレベルで能力を発揮したい、自分の力を思いっきり発揮できる仕事をしたいと思ったら一つの鍵は上司との関係です。上司にすごい高い基準を設けたり、不満を言っていると、自分がリーダーシップをとるのを恐れてしまいます。自分がしたことが返ってくるという無意識のおそれがあるからです。上司を受け入れ、助けることは自分を助けることになります。

 

10、自信のなさからしがみついているものを手放す

自分に自信がないと、大組織や会社の肩書きといったものにしがみついてしまいます。これは決して会社を辞めなさいという意味ではありませんが、自分が不自由になっている部分に気づいて、心理的にそこから自由になっていると新しい機会や出会い、仕事を招き入れやすくなります。

 

11、自分はただ愛されていいということを体験する

何をしたからではなく、ただ自分は愛されていい、ということを体験すると、いいもの・いい体験をただ受け取ることにオープンになります。長女・長男の人にはがんばらないと報われない、という観念を持っている人がけっこう多くいます。がんばらなくても、何かをやったからでもなく、自分はいいことを受け取っていいのだということを自分に許可することです。

 

さて、どうでしょうか?

 

こんなにたくさんあるの!?と思う人もいるかも知れません。

 

でも、今の時代の流れは自分を押し殺して生きていく人には大変ですが、自分らしく生きようとする人にはたくさんのサポートがあります。

 

たったの12回のセッションでこれらの大きな部分を解放した人もいます。

いくつかのポイントを数回重点的に扱うだけで大きく人生が変わっていく人もいます。

当然仕事ぶりも人間関係も日々の感覚も変わります。

 

人によってコアの課題がそれぞれ違うことと、人のタイプ、性格やタイミングも関係するので、何回とは言い切れませんが、12回のセッションを持つと、その方の大きな課題が根本的に改善され、かなり方向性が見えてくると思います。

 

12回もやるの?!と思うかも知れませんが、

 

ただ、いくつかのコアの課題がクリアになると文字通り人生の「重荷」から解放されるので、人生が楽になっていきますし、ある段階を経ると、どんどん楽に軽やかになっていくので意欲も湧いてきます。人生を楽しめるようになってきます。

 

情熱ややる氣を失っていた人でも、だんだんと気力を取り戻してきて、3回~4回あたりから顔つきが変わってくる人を何人も見ました。

 

結果や効果が感じられにくい場合は、最初の1回~4回は少し辛抱がいるかも知れません。

 

すぐに結果を出したい方には転職エージェントをおすすめしています。

 

結果を出さなければいけない、というプレッシャーが逆に自由な展開や広がりを邪魔してしまうことがあるからです。

 

ただ、もちろん一番大切なのはご本人の意思とオープンさです。この点は改めて強調しておきたいと思います。

 

今の職場で体験している課題を整理しながら、それを通じて次に導かれているステップを探っていきます。

 

一つ一つ確実に進めていきましょう。✨✨✨

 

 

連絡先:info(at)peaceblossom.netまでお願いいたします。

 

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中