世界で一番完璧主義が強いのは日本人⁉️ ー国連で見た仕事を丁寧にすることと「完璧主義」は違うということ

日本人は世界的にも完璧主義の傾向が強いそうです。

 

わたしがそれは肌で感じたのは、国連ニューヨーク本部で行われる年に一回の国連総会で各国要人が集う様子を見ていた時でした。

 

各国の首相や大統領を総会に迎えますからその国の担当者としては大責任の大仕事だと思います。

 

その機会に合わせて会談やレセプションが行われたりすることもあります。

 

それが、ロジ(ロジスティック)計画が分刻みで事細かく計画されていて、全員がぜったいに間違ってはいけないというような緊張感に包まれている国もあれば、それで国連外交が成り立つんだ?!と言ってしまいたくなる位ゆるい感じで仕事が進められているように見えた国もありました。

 

いろんな国の当日の流れを記した計画表やロジブックを比較したことがあるわけではありませんが、日本国の仕事ぶりはあきらかに細かく(おそらく世界で一番こまかく?)、当日の流れを記した計画表は分または秒単位で作成されていると思われます。

 

日本人の仕事の丁寧さや細かさは国際機関でも重宝されますから、それはとても大事なことなのですが、仕事を丁寧にすることと「完璧主義」は別けていく必要があります。

 

「完璧主義」が仕事の進歩を邪魔してしまうからです。

 

わたしにとって完璧主義をこえていくための一つのいい訓練の機会となったのは突然通訳を務めることになったことでした。

 

直観医療に関する世界学会などでも講演する世界的なカウンセラーの方が日本で講座をすることになり、最初は一参加者として参加するはずだったのが、いろんなことがあって急遽通訳として呼ばれることになったのです。

 

わたしは約10年ほど英語で仕事をしてきたので、分野によっては英語で話す方が楽とはいえ、通訳をするというのはまったく別のスキルが必要です。

 

幸いわたしが通訳を務めた一番初めの講座の参加者は6名ほどで、知っている人がいてしかも彼女は何度も通訳をしている方だったので、初日はとくに彼女に何度も助けてもらいました。全体の意味はわかるのだけれどもとっさに言葉が出てこなことや、適切な言葉がすぐに浮かばないこともあって、次の日もやはり彼女に何度も助けてもらい、私は初の「デビュー戦」をなんとか終えることができました。

 

その後は計丸30日以上通訳を務めました。

 

なんでも一番初めが一番ドキドキしますし、緊張します。

 

わたしは完璧主義の傾向があって、必要以上にがんばろうとする面があるのでそれで疲れたこともありました。

 

でも、蓋をあけてみると、小さい間違いをしたとしても全体の意味は通じるし、小さい間違いをしないように気を使うよりも話者の意図を理解して全体の流れを切らせない方が大事だというのがわたしの体験でした。

 

正確さはもちろん大事ですし、業種やシチュエーションによってもその辺りの幅はまったく違うと思います。

 

ただ、私にとってなにより学びになったのは、「完璧にできなくても、間違っても死なない」し(笑)、人は助けてくれるし、「それでも自分は受け入れられる」という体験でした。

 

私たちは新しいことにチャレンジするのが「こわい」と思ったり、億劫になってしまいがちです。

 

それは「自分ができない」というシュチュエーションにおかれることが「こわい」のだと思います。

 

でも、最初からぜんぶ出来なくても、間違っても、周りの人が助けてくれたり、思ったよりもなんとかなりました。

 

もちろんずっと同じままではいけませんが、何か新しいことを習い始めるときや初心者のときには、自分は完璧じゃなくても、または、自分でがんばろうとするよりも、わたしは初心者なので教えてください、という姿勢の方が上手くいくのだと思います。

 

最近ある勉強会に参加し始めたので改めてこのことを感じています。

 

完璧主義は向上心ではなく「守りの姿勢」です。

 

「完璧主義」があなたの人生や仕事を邪魔させるのをやめさせましょう。

 

大丈夫。

間違っても死なないから(笑)

 

なにより、周りの人たちはあなたが思っている以上に優しいです。

 

そして、周りに人たちは、マスクを何重にかぶったあなたよりも「ありのままのあなたを見せて」と思っていたりします。

 

間違ってもぜんぜん完璧じゃないあなたでも大丈夫です。

 

そのままのあなたで愛されています。

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中