本気で人生変えたいと思う人へー自分の人生の体験や「パターン」について知る深い方法

わたしたちはそれぞれ自分の人生のストーリーを持っていて、そのストーリーに従って人生を体験している、と言われています。

 

さて、あなたはどんな人生のストーリーを持っていますか?

 

一昨日から実家に来ていて、姪っ子と一緒にみた実写ハリウッド映画2015年版「シンデレラ」を見ながら、「人生のストーリー」ということについて改めて思ったことがあるのでこちらで書き記すことにしたいと思います。

 

さて、シンデレラといえば、誰でも知っている有名なお話しですが、わたしの記録の中ではシンデレラがいじめられた印象の方が強くて、あまりハッピーなストーリーとして記憶していませんでした。

 

しかも、こんなに有名なお話しなのに、12時を過ぎたらその先どうなってしまうんだったけか?とわたしの記憶はまったくあやふやでした。

 

このシンデレラはグリム童話にあるお話しの一つですが、世界各地に似たようなお話しが残っていて、古くは紀元前のエジプト神話に類型があって、また、ジャンバッティスタ・バジーレの『ペンタメローネ(五日物語)』に採録されたチェネレントラ (Cenerentola) として、日本の落窪物語や、中国にも楊貴妃がモデルと言われる掃灰娘や、民話に基づいていると思われる唐代の小説「葉限」などの類話があるなど、古くから広い地域に伝わる民間伝承である、とも言われています。

 

その世界各地ににみられるお話しのあらすじはこのようなものです。

 

  1. シンデレラは、継母とその連れ子である姉たちに日々いじめられていた。
  2. あるとき、で舞踏会が開かれ、姉たちは着飾って出ていくが、シンデレラにはドレスがなかった。
  3. 舞踏会に行きたがるシンデレラを、不可思議な力(魔法使い、仙女、ネズミ、母親の形見の木、白など)が助け、準備を整えるが、魔法は午前零時に解けるので帰ってくるようにと警告される。
  4. シンデレラは、城で王子に見初められる。
  5. 零時の鐘の音に焦ったシンデレラは階段を落としてしまう。
  6. 王子は、靴を手がかりにシンデレラを捜す。
  7. 姉2人も含め、シンデレラの落とした靴は、シンデレラ以外の誰にも合わなかった。
  8. シンデレラは王子に見出され、妃として迎えられる。

 

子どもが絵本を大好きなのは、ストーリー性が好きなのと、そのストーリーに自分を投影して、お気に入りの展開と結末になるのを確認することで安心するからだ、と言われています。

 

実はこれは人生にも当てはまります。

 

私たちはそれぞれなんらかの自分の無意識の「人生のストーリー」を持っていて、そのストーリーに従って人生を体験している、とも言われています。

 

人生とはこういうものだ、という観念をたくさん持っています。

 

それに気づくために体験が起きていることもあります。

 

しかも、必ずしもハッピーエンドで終わるストーリーとは限りません。

 

絵本を読むとわかりますが、けっこうえげつない絵本もストーリーもたくさんあります。

 

 

例えば、「男はつらいよ」という映画は、男性がもっている「男はつらいよ」という心境とストーリーをまさに映画にして寅さんのキャラが受けて大ヒットしたと言われています。

 

自分がどんなストーリーを持っているのかを知るための一つのヒントは、自分はどの部分を一番覚えているか?(どんな点にフォーカスをあてている?)という点です。

 

同じ映画を見ても、同じ本を読んでもみんなそれぞれ覚えていることも、お気に入りのシーンもまったく違うからです。

 

ちなみに、「イタリアの詩人シャンバティスタ・バジーレが残したとされてるシンデレラの原作と呼ばれるものの一つでは、シンデレラと王子はめでたく結ばれますが、結婚式の最中に参列した義姉2人は飛んできた鳩に目をえぐられて盲目になってしまいます。そこにフォーカスを当てれば「因果応報」を描いた作品とも読めます。

 

あなたにとって印象に残っている映画や本やお話しは何ですか?

 

それはなんでですか?

 

それはあなたの人生のどんなストーリーを表していると思いますか?

 

 

なんでいつも同じようなことを繰り返してしまうんだろう?と思ったら、自分がどんなストーリーをもっているのかに意識を向けてみてください。

 

 

もしそのストーリーを体験したくないと思ったら、別のストーリーに置き換えましょう。

 

 

ところで、実写版映画シンデレラは主役のリリー・ジェームズが美しかったです。(*^-^)ニコ

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中