ほんとうに成功している人は神さまに応援される人①ー神さまが味方する人の持っている18の特徴

自分のキャリアを改めて振り返ってみると、「あーよくがんばったなあ」と改めて自分を承認したいのは、国連に入ったことでも、南スーダンで働いたことでも、多国籍チームのリーダーを務めたことでもありません。

 

それは、「自分の中の感覚」を信じることができたことです。

先祖や神さまの応援を受けることができたことです。

 

数年に一回行われる国連に入る正式な筆記試験(と面接)というのもあって、こちらの倍率は五千倍~一万倍だと言われていました。

 

私はこの試験を20代半ば~30代前半にかけて、計3回、バンコク、ニューヨーク、アディスアベバ@エチオピアで受験をしました(当時の勤務先から一番近いところで受験。渡航費、宿泊費は本人負担)。それらの試験は合格はしなかったものの、私の国連でのキャリアは繋がれていきました。

 

前回、愛からの選択を求めましょう、と言いました。

もちろん、なんの問題もない完璧な職場や仕事があるわけではありません。

100%完璧な同僚や上司、職場や仕事があるわけではありません。

 

でも、この人とはご縁を感じるというような同僚がいたり、魂が満たされるような深い友情を体験したり、魂のファミリーと感じる人に会ったり、最初は大変だったけれどもすごく鍛えられたというような直感的に「ああ、ここには導かれてきたなあ」という職場のことです。

 

すぐにわかる時もあれば、後からわかるようなこともあります。

ただ、いつも楽なワケではありません。

 

東ティモールでは平然と女性差別をするリーダーの元でしばらく仕事をしなければいけなくて、電気のない環境でそれは大きなストレスだったのですが、

 

そこで学ばざるをえなかった「アサーティブネス」や「自己主張をするべきときを知ること」は、のちに国連という組織で働くという覚悟と強さを身につけさせてくれました。

 

一番、勇気がいったのはニューヨーク本部のある部署からポストをオファーされたのにもかかわらず、南スーダンへ行くという選択をしたときでした。

 

周りの人には本当にいいの?と何度も聞かれましたが、それでも私のハートはそれを願っていました。

 

実際の現場は予想どおり大変な環境で、南スーダンの大変な環境に耐えられず、実際に辞める人もいました。

 

それだけでも大変なのに、足を引っ張られたりハラスメントを受け、最初の数週間はさすがに選択をあやまったかもしれないという思いがよぎったこともありました。

 

そのままふてくされることもできましたが、私は相手を同じように攻撃したら私も同じになってしまうと思いました。

 

そして、南スーダンの環境に対していくらでも文句を言うこともできましたが、私は当時の南スーダンがおかれた状況を思うと、やるべきことはいくらでもあると思ったので、正式な仕事かどうかにかかわらず、自分に与えられた以外のことでも、国や組織に必要だと思うことを淡々とやることにしました。同僚とも助け合って、お互い励ましあっていました。

 

当時の写真をみると、電気もない大変な環境でよくあんなにニコニコ笑っているな、と自分でびっくりします。

 

たぶん、そういう姿勢を神様が見ていてくださったのだと思います。

 

関連プロジェクトのリーダーに抜擢され、上司と同僚に恵まれました。

 

そのプロジェクトが終わったときには、その南スーダンでの体験が評価され、国連特使に国連の活動について教える世界的なプログラムの講師としての仕事をオファーされました。

 

どんな仕事であっても、そのときに自分に与えられた仕事を一生懸命にやるしかないのですが、その時々にさまざまな選択の局面というのが来るのだと思います。

 

その中にはここは大事!というものもあります。

 

常々、自分がどちらに導かれているのかのサインに敏感になりましょう。

 

神さまからのサポートを受け取りましょう。

 

そして、神さまに応援される人になりましょう!

 

神さまに応援される人というのは、たとえばこういう特徴を持っている人です。

自分にも改めて伝える意味も込めて、以下に挙げてみます。

 

ー仕事を通じて人間的に成長したいと願う人

ー自分に正直な人

ー感謝の気持ちを持っている人

ー愛のある言葉を使う人

ー自分を大切にする人

ー素直な心を持つ人

ー心をこめて仕事をする人

ー人に親切にする人

ー相手の欠点ではなくいい点をみようとする人

ー自分の情熱(神さまの声)にしたがう人

ー自分の弱さや限界を認める人

ー相手をゆるせる人

ー自分をゆるせる人

ー世間が大切だと思うことではなく神さまが大切だと思うことを大切にする人

ー自分の見方ややり方ではなく新しい見方や機会にオープンになれる人

ー神さまのサポートを求める人

ー時間をとって神さまの導きに耳と心を傾ける人

ー自分のためだけでなく関係者全員の幸せと成功を願う人

 

これを全てできなければ、神さまに応援されないという意味ではありません。

 

何か行き詰まっている、自分の力でがんばることなんてたかが知れている、自分を超えたより大きな力のサポートが必要だと思ったら、できるところから始めましょう。

 

神さまはあなたを応援し、祝福したがっています。

 

神さまに味方になってもらうように求めましょう。

 

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中