世界携帯普及率100%を超えてーマサイ族も難民も携帯電話を持っている時代に日本に住む私たちは何をすればいいのか?

日本だけしか知らない問題点の一つは、「イノベーション」とか「クリエーティビティー」というものがなかなか実感として感じられないことだと感じます。

 

私がもう10年近く前ケニアに行ったときには、すでにマサイ族も携帯電話を持っていたし、
南スーダンの難民が食料と寝床の次に求めたのは携帯電話でした。

 

つながりと情報はサバイバルに直結するからです。

 

2015年に世界全体の携帯電話普及率が100%を超えて、タイの農民もウガンダの難民もスマホで送金やビジネスをする時代です。

 

Mobile penetration 2015 worldbank

 

タイの農村の人たちが使っているプラットフォームを見ると日本のオンラインバンキングよりもよっぽど簡単で使いやすい時代になっています。

 

まさに、世界のイノベーションの流れを肌で感じます。

 

そんな時代に生きる私たちは、もう日本の常識だけでものを考えていたらまったく行き詰まってしまうでしょう。

 

日本という社会がいかに規制だらけかと嘆くこともできますが、反面、今は、個人が力をつければ海外でもビジネスをできる時代です。

 

だから、学生のうちに、若い時に外に出て海外にでて、そういうイノベーションの現場をどんどん見てこよう、と勧めています。

 

もちろん日本を出たら「不便」だと思うこともあるでしょう。でも、便利さを求めるばかりに、私たちはどんどん力を抑圧されている面もあるのです。

 

日本にはない活気やバイタリティー、ダイナミックな成長を肌で感じることでしょう。

 

自分の中にまだ眠っている力を感じる人もいるでしょう。

 

肌で感じて欲しいと思います!

 

 

 

medic-mobile

⬆️インドの農村で遠隔医療の研修を受ける看護師たち

 

South Sudan IDP Camp

⬆️ 南スーダンの避難民の人たちが携帯電話を充電するスポット

 

 

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中