「職業」に「自分」を合わせる時代は終わりー自分が先にあって、自分という存在から表現されるものが「存在意義」であり「価値」になる時代!じぶんに乾杯!

わたしは、いろんな国で子供たちに「将来何になりたい?」と聞いて気がついたことがあります。

 

どんな国でも、不思議なくらい答えは同じだったのです。

 

サッカー選手、エンジニア、医者、学校の先生。。。

 

そう。知ってることしか見えない。

 

私たちは、自分が知ってる事、見たことがある事、親が言うことしか知らないのです。

 

そんな「小さな自分の世界」だけで将来を決めようとしています。

 

「2011年に小学校に入学した子どもの65%は、いまはまだない職業に就くでしょう」と指摘したのは、デューク大学のキャシー・デビッドソン教授でしたが、AIの急速な進化でその意味が急に現実味を帯びてきています。

 

「職業」に「自分」を合わせる時代は終わりつつあります。

 

自分はどんなライフスタイルを望んでいるのか?

自分はどんなことを大切にしたいのか?

 

「職業」が先にあるのではなく、自分が先にあって、自分という存在から表現されるもの、それこそが「存在意義」であり「価値」となる時代です。

 

それが先にあって、結果的にそれに近いものが肩書きとして使われていくのです。そして、複数の肩書きを持つ人たちが増え、既存の肩書きではおそらく表現しきれなくなっていくので、自分でタイトルをつくる人たちが増え、もっと言うと、

 

自分という存在自体が「ブランド」になっていくでしょう。

 

だから、突き抜けた人が輝いていく時代です!

 

自分が自分に戻るだけです!

 

自分が自分であること

 

自分に正直に、思いっきり自分らしくいきしょう!!!(笑)

 

自分に乾杯!

 

いえーい!

 

 

これまでの経験の中に、人生の目的をみつける時、スキルとはまったく違レベルで洞察、自己価値を受け取ります

私たちの中には大きな誤解があって、スキルや才能からやりたいことや人生の方向性を探ろうとします。

 

自分のタイプを知らずに、世間一般的な成功者に自分を合わせようとしてイライラします。

 

自分の中にあるものが見えずにないものばかりに目がいきます。

 

そして、自分には「才能がない」と落胆します。

 

もちろんある程度スキルは要ります。

 

でも、人生の方向性とはその人の経験や視点、感じ方など全てを含んだより全体的なものです。

 

今回の講座では、SHAPEの法則を使って自分のこれまでの経験、とくに「マイナス体験」に
注目しました。

 

自分のこれまでの経験中に、自分の人生の目的をみつけるとき、スキルといったレベルとは
まったく違う洞察、人生の方向性、自己価値を受け取ります。

 

世間でいわれる才能とはまったく違う視点でその人独自の「才能の源泉」に焦点をあてていきます。

 

「ぼくの中で新しい感覚が芽生えています」

 

「自分の中の才能に関する理解がまったく変わりました」

 

「瞑想中に浮かんだアイデアがあるのでご相談させてください!」

 

「自分の中の心のバイアスが外れて、いつもだったらしないところに電話しました」

 

「心理的な敷居が低くなったのを感じています」などなど

 

この寒さの中でじわじわと静かに、でも確実に「熱い熱量」が生まれました。

 

2018年2月4日(日)
LIFE シフト講座 ①

 

「新しい時代を生きるあなたの無形資産をみつけよう」での体験でした。

 

次回は3月4日午後の開催です。

どうぞ予定を空けておいてください!

またお知らせします。

 

世界の思想家トップ100に選ばれ難民問題に積極的に発言するアレクサンダー・ベッツが来日、講演(無料)します!

オックスフォード大学教授アレクサンダー・ベッツが来日、講演(無料)します!

 

アレクサンダー・ベッツについて

 

世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーズのメンバー、雑誌 “Foreign Policy”では2016年世界の思想家トップ100に、ビジネス界のインフルエンサーThinkers50に選出。TEDトークのネット視聴者は300万人を超える。

 

ポール・コリエと共に執筆した著書 “Refuge: Transforming a Broken Refugee System” はエコノミストの2017年ベストブックの一冊に選ばれる。

 

ポールコリエは経済学者として実務問題に積極的に取り組み、私が国連NY本部で働いたときでも 紛争と経済の関係などを講義をしてくれました。

 

さて、TEDスピーカーはどのように話すのか?

 

オックスフォードの教授はすごいのか?(彼は最年少でオックスフォード大学難民研究センターの所長になった人です)もしすごいとしたら何がどうすごいのか?

 

それともイメージほどすごくないのか?(笑)

 

どちらにせよ、自分の世界を広げ、自分の目でみて聞いて感じてみるいい機会だと思います!

 

 

詳細は以下より→http://oxfordujapan.org/economic-lives/?lang=ja

 

 

 

ミシュラン三ツ星シェフピエール・ガニェールに学ぶ「創造性」とは?ー新しいものを生みだすヒント

私はいい音楽に触れると、文(書きたいこと)が浮かぶことがあります。

今回、初めて食べ物を口にしてそのような感覚を受けました。

 

ウェルカムプレートを口にした瞬間、身体が振動するように、インスピレーションがおきたのです。

 

ミシュラン三ツ星、ピエール・ガニェールさんでの体験でした。

 

「こんな料理をつくる人はどんな人だろう?」

「どうしたらこんな料理が生まれるんだろう?」

「このインスピレーションはいったいなんと表現したらいいんだろう?」

 

そんな心地よい感動を覚えながら、私の中からいろいろな質問が湧き出るほどでした。

 

「このままではどうしても帰れない!」と思い、お願いしてシェフの方にお話しを聞かせていただくことができました。

 

毎日新しい料理を生み出すコツとは何でしょうか?

 

音楽家や料理人、執筆家など「クリエーティビティー」の過程には、なにか共通点があるのでしょうか?

 

そんな質問を探求する前に、さて、その前に一緒に料理を堪能したいと思います。

 

ANAインターコンチネンタルホテル赤坂 最上階。

 

サントリーホールがあるカラヤン広場の隣に位置しています。

 

フロアーには明るい日差しが差込み、レストランの入り口には、ピエール・ガニェールの写真があります。

 

ピエール・ガニェール②

 

彼が笑顔で「ようこそ」と迎えてくれているようです。

 

スタッフの方が入り口の「大きな扉」が開けてくださいます。

 

文字通り大きな扉なので、「この先にはどんな世界があるんだろう?」と、ワクワク感が刺激されます。

 

うす紫を基調にしたエレガントなインテリア。

 

それなのにどこか「遊び心」を感じるところが新鮮でした。

 

ピエール・ガニェール ⑤

 

 

ピエール・ガニェール①

 

 

ピエール・ガニェール③.jpg

 

 

ピエール・ガニェール⑤.jpg

 

 

ピエール・ガニェール⑦.jpg

 

ウェルカムプレート

前菜

メイン

デザート

最後のプレート

ドリンク

 

 

素敵なステッフの方々がサーブしてくださり、どれも美味しく、堪能させていただきました!

 

さて、身もココロもすっかり満たされて、落ち着いたところでシェフ赤坂洋介氏がやってきてくださいました。

 

世界の中でもピエール・ガニェールの冠のついたレストランは数えるほどしかない中で、ピエール・ガニェールから絶対の信頼を受ける一人。

 

ピエール・ガニェール ④

(写真) ピエール・ガニェール東京さんより

 

正直、思ったよりも若くてびっくりしました。

 

が、彼がいったん口を開くと、ミシュランの星を持つシェフの世界とはこういうものか、とすぐに彼の話しにに引き込まれていくのがわかります。

 

毎シーズンごとにメニューを一新するので、彼は、常に何百ものメニューを考え、試食し、創作するそうです。

 

一年で何百という数のレシピを生みだしながら、

 

旬の素材を選びに全国を訪れるという赤坂シェフ。

 

その中でも特に面白いと思ったのは、赤坂氏の素材の選び方です。

 

彼は素材を選ぶ時にどこを見ているのか?

 

まず先に見て回るのは、周囲の環境です。

農場の周りにはどんな景色が広がるのか?

どんな空気なのか?

牛・豚・鳥はどんな空気を吸い、どんな環境に囲まれて過ごしているのか?

 

そして、素材選びで次にすることは、

 

どんな思いで鳥を育てているのか?という農家さんの「想い」を聞くことです。

 

おそらく、ここが一番大切な点で、試食をするのは「最後の最後」なのです。

 

試食をする段階というのは、「確認する」作業に近いのかも知れません。

 

そして、料理をする時になによりも一番先に考えることは、メニューでも素材でもなく、「お客さんにどんな体験をして欲しいのかを決めること」。

 

「楽しんで欲しい。そう思って決めています。」

 

料理人の腕や素材の良さはあっても、原点は「楽しんでもらいたい」

 

一見シンプルに聞こえますが、そのために自分の持つ全てを出すかける一流に仕事人の気概も感じました。

 

同時に、私は何か「それ以上」のものを料理から感じていました。

 

それが私の中で共鳴を引き起こし、何かを訴えかけてくるので、私はそれが何かをどうしても「掴みたい」と思ったのです。

 

 

「たった一皿でも前のシーズンと同じものを出すことはないんですか?」

私は質問の角度をちょっと変えて、もう少し粘ってみました。

 

 

「ありません。」

彼はきっぱりと答えました。

 

「僕も進化し続けているので、自分が生み出すものは毎回変わります。

 

その時に自分が出せる最高のものを出したいと思っています。」

 

「料理人には突き詰めることを得意とする人もいます。でも、僕は新しいものを創り出すのが好きなタイプです。

 

1日たりとも前日と全く同じ料理を出したことはありません」(❗️)

 

そして、さっき私がいただいたばかりの一品を挙げて、ここが今日新しく「創作」したところです、と教えてくれました。

 

毎シーズン、新メニューを決めるまで何十回も何百回も試食を重ねるそうです。

 

それだけでも大変な「仕事」だろうと想像するのに、

彼はなんと毎日少しでも違うものを出していると言うのです!

 

それを聞いたときに、私は自分が知りたかったことの答えをいただいたと思いました。

 

 

「革新的」、「斬新」「芸術的」といった形容詞がつくピエール・ガニェールの世界。

 

「革新的」「斬新」「芸術的」といったものはひらめきや特別な才能によって生み出されると思いがちですが、実は、そうした小さな毎日の「積み重ね」から生まれるのですね。

 

一日一日の「新しいポイント」は小さい部分かも知れないけれども、彼らは毎日その「一ミリ」でも自分が日々進化することを怠らないのです。

 

すごく「当たり前」のように聞こえるかも知れませんが、「創作活動」・「クリエーティビティー」は基礎やしっかりとした土台の上に築かれるという創造性の本質を改めて教えてもらったように思いました。

 

私自身も執筆にしろ日々の仕事にしろ、日々進化していきたい、改めてそう思ったのでした。

 

ピエール・ガニェール

 

また行きたいです!

 

ピエール・ガニェール⑥.jpg