宇宙の視点から地球を見たら❓自分が目を向け愛を向ける世界を広げるとそこから愛が返ってくる

約10年国連で働きました。

 

忘れもしない初任地東ティモールに赴任する前に送られてきて、署名した書類の一つが「国連事務総長への宣誓」でした。

 

コフィーアナン国連事務総長(当時)宛てに、どの国の利益も優先せず国連憲章の理念をなによりも最優先することを誓ったのでした。

 

今では国連は離れたけれども、一つの国を超えて物事を考える視点はかわっていません。

 

そもそも一国の利益を考える発想がなかったので国連で働くことはわたしにとっては自然な選択でした。

 

今思えば、一つの国を超えた視点で物ごとを見て感じていたので、国連という「世界を舞台とする職場」を引き寄せたのでしょう。

 

自分の才能を発揮して自由に思いっきり生きたいと思ったら世界全体を見ること

 

世界を舞台に才能を発揮して自由に思いっきり生きたいと思ったら、宇宙の視点から地球を見ること

 

一段上の大きな世界に視点を合わせることが自分を引き上げてくれます。

 

物理的に世界を駆け回らなくても、地球的な視点を持つと身近なことが「世界的な仕事」になっていきます。

 

一番もったいないのは、自分の周りだけの小さな世界にいること。

 

自分が目を向け愛を向ける世界を広げるとそこから愛が返ってくるよ。

 

 

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中